私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 03日

ドラゴンタイプについてゆるーく考察

ポケモンの中で強いタイプと言われるのがドラゴンです。
今更ながらその理由を考えてみたいと思います。

・攻撃面
抜群 
半減 鋼
この他は全て等倍という非常に分かりやすい相性。火力が安定して出しやすいというメリットがあります。また、唯一半減できるのが鋼タイプですが、ドラゴンは炎や地面技をサブウェポンとして持っていることも多いのでなかなか安定して出せるポケモンは少ないのです。

性格陽気でAS252H6振り逆鱗/地震/大文字/剣の舞の構成のガブリアスを例に取ります。
コイツに対する後だしは、逆鱗を読んでドータクンやナットレイなどの堅い鋼ポケモンを出したいです。しかし、読み外すとHP252ナットレイは大文字で確定2、特防に特化しても高乱数2とまるで安定しません。浮遊のドータクンは大文字を確定3発ですが、ガブに対する有効打もないのが難点。
準伝説ありなら防御特化クレセリアが逆鱗を乱数3発に抑え、冷凍Bで2発で落とせるので残飯持ちなら対策にならなくもないかな、と。
ただ、これらの交代を読まれて舞われたりする可能性があるので「安定した後出しは厳しい」と言えます。

・防御面
弱点  
半減    草
耐性も割と優秀な部類に入ります。ただ、恐らく今の環境下では氷タイプの技を一切入れていないパーティというのはかなり稀だと思われるので油断は禁物。思わぬポケモンから目覚めるパワー氷が飛んでくることも。

・竜同士の対峙について
互いに弱点を突けるので基本素早い方が有利なのは当然。
ここで最終進化で準伝説以外の伝説を除いたドラゴンの素早さを見ると

ラティオス、ラティアス(110)>ガブリアス(102)>ボーマンダ、フライゴン(100)>サザンドラ(98)>オノノクス(97)>キングドラ(85)>カイリュー、チルタリス(80)>クリムガン(48)

しかし、オノノクスから上の素早さのポケモン(フライゴンは除く)にはスカーフ持ちの可能性があり、雨パではキングドラが素早くなるので何とも。
私自身600族ドラゴンを孵化が面倒だというものぐさな理由で使っていないのでドラゴン同士の対峙という状況にはなったことがないです。

・まとめ
とりあえずドラゴン対策は必須。上の素早さ表にあるポケモンではフライゴンとチルタリスとクリムガンはマイナー寄りのようですが、それ以外のポケモンは結構な数を対戦で見かけるのでパーティを組むときに意識しておいたほうがいいと思います。
[PR]

by genbu-toro | 2011-03-03 10:52 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 祝!3DSマリオ新作発表      マッギョさんをゆるーく考察 >>