私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 26日

モロバレルをゆるーく考察

○モロバレル 114-85-70-85-80-30 草/毒
d0220451_1642298.gif
3匹目の「キノコの胞子」を使うポケモン。100%眠りというぶっ飛んだ性能かつ個性でもあります。


攻撃面
覚える技は典型的な草タイプで草と毒タイプの技ぐらいしか覚えません。また、こういう種族値のポケモンだと「宿木の種」も欲しくなりますがこの子は覚えません。
ギガドレインとかでじわじわ押していくことがメインになります。

防御面
弱点   飛 超
抵抗    草
※メジャーと思われる攻撃技タイプは太字になってます
毒タイプが入ることで耐性が多少まともになっています。耐久をどちらかに特化する場合どちらにするかは結構難しい問題です。防御だと対格闘が割と安定しますし、特防だとよく飛んでくる大文字や冷凍ビームを割と耐えたりします。これはパーティ次第としか言えないですね。まぁ、特殊に関してはHP振りだけでC125の不一致大文字を耐えたりするものはありますんでそれ以上にしたいかどうかが重要といえると思います。

ダブルに関して
私はダブルをやらないので知識があまり無いですが、この子はイッシュ限定ダブルだとかなりメジャーなポケモンのようで。
胞子に怒りの粉があって耐久も信頼できるというのが大きいんでしょう。

まとめ
眠らせてじわじわがメイン。積みには一応クリアスモッグがあったりしますし結構嫌らしく立ち回れるんじゃないかと思います。これまでの胞子使いの2匹ともだいぶ違う性能のポケモンなので面白いんじゃないかと。
タマゲダケから「どうしてこうなった」って感じの進化ではありますが、個人的にはモロバレルの方が好きだったりします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-26 11:08 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「!」が増加      四間飛車穴熊といえば・・・ >>