私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 11日

バッフロンをゆるーく考察

○バッフロン 95-110-95-40-95-55 無
d0220451_17448.gif
・特性
捨て身:反動でダメージを受ける技の威力1.2倍
草食:草タイプの技を受けても無効かつ攻撃1段階up

今回は、そのアフロの見た目の強烈さと野生でのアフロブレイクという技の強さの両面でインパクトに残ると思われるバッフロンを考察してみます。

攻撃面
専用技「アフロブレイク」は捨て身タックルの上位互換でありタイプ一致技なので必須。他の技としては地震、ストーンエッジ、メガホーン、リベンジ、しっぺ返しなど結構充実しています。
特性「捨て身」の補正がかかるのはアフロブレイクとワイルドボルトのみ。ワイルドボルトの方は悪くはないんですが、範囲的に有効なのは水/飛とエアームドとブルンゲルの他にあまりいません。
個人的に特性は「草食」の方が厄介だと思ってます。まぁ、捨て身+一致で鉢巻とかノーマルジュエル持ってのアフロブレイクもかなり脅威なんですけど。

防御面
ノーマルなので格闘弱点でゴースト無効です。また、「草食」なら草も無効です。耐久種族値はバランスがとれており安定しています。HP振りだけでも弱点を衝かれなければたいてい一発耐えてくれる頼もしいやつです。
個人的に草食の方が優秀だと思っている理由としては、後出し性能の向上にあります。100%眠りという「キノコの胞子」や一撃が重い「リーフストーム」、長期戦になると効いてくる「宿木の種」など厄介な技を使ってくる相手に対しこれらの技を読めれば後出しが可能です。更に、攻撃が一段階上がりメガホーンで返り討ちというパターンが理想になります。

まとめ
奇抜な見た目ながら安定した性能を持つ鈍足アタッカー。タイプ的にゴーストタイプ相手は辛いですが、特性次第ではノーマルでありながら草に強くなれるのは魅力ですね。
[PR]

by genbu-toro | 2011-06-11 23:33 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< プリペイドカードをDS、3DS...      E3で映像が出展された3DSの... >>