私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 07日

進化の輝石ハクリューを育成してみる

d0220451_15564244.gif現在、「強ポケじゃないと思われるドラゴンタイプ」育成2匹目(1匹目はクリムガンでした)となるハクリューを育成しています。
カイリューがマルチスケイルとかいう壊れ特性を得たこともあり、輝石ポケモンとしてはポリゴン2やサマヨールの陰には隠れてしまいますが、この2体の耐久がおかしいだけなのでコイツが使えないというわけじゃありません。

○輝石ハクリューがカイリューに比べて優る点
・HPが減った状態なら耐久は上
・脱皮なら状態異常に強くなる
・電に抵抗、岩が等倍、氷2倍で済む

輝石を持った時の耐久は大体ズルズキンぐらいというイメージ。

個体値:31-31-26-×-22-25 意地っ張り
本来ならもうちょっと耐久を粘るべきでしょうが、私の妥協点は超えているのでコイツにしました。
性格も耐久上昇でもよかったんですが、ポケモンは耐えるだけじゃ勝てないバランスなのである程度決定力も持たせたいと思いました。

努力値:HP252 防御152 特防48 残り攻撃
HPに振り、耐久調整。防御は確か攻撃252振りゴウカザルのインファイトを確3。特防は特攻4振りシャワーズの冷凍ビームを確3。この2つの調整にどれくらいの意味があるかは分かりませんが。

技構成:ドラゴンダイブ 滝登り 電磁波 眠る
龍技はドラゴンテールと迷いましたが、前述したようにある程度決定力を持たせたいという意図があるのでダイブに。鋼に無償で出てこられるのも癪なので滝登りも一応採用。電磁波と併せてまひるみを狙ってみます。
[PR]

by genbu-toro | 2011-07-07 21:35 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「矢倉の急所」を読んでみた      私自身の将棋をゆるーく考察7 >>