私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 22日

ヒートロトムを育成してみる

○ロトム(フォルムチェンジ後) 50-65-107-105-107-86
※フォルムチェンジによって、水/電、炎/電、草/電、氷/電、飛/電に分岐します。今回取り上げるのは炎&電の通称「ヒートロトム」です。
d0220451_1550305.gif
今回、なんか掲示板で控えめ31-×-31-31-27-29という個体値の子をもらえたので急遽育成してみることにしました。めざパは使えるものじゃないので今回は入れませんが、一応めざパに関しての考察もしてみます。

能力値
耐久値はミカルゲとほぼ同等です。これをどう見るかは人それぞれですが、私個人の感想としては「それなり」だと思います。
フォルムチェンジ前の霊/電のロトムと比べると素早を5落とした代わりにHP以外の能力をアップさせた感じですね。・・・HP伸びてたらウォッシュロトム辺りは今以上に大変なポケモンになってたかもしれません。ヒートロトムが一番特性「浮遊」の恩恵は大きいですね。

技候補
炎技はオーバーヒートのみとやや尖っています。ロトムということで、補助技が結構あります。
まず、炎タイプ唯一のトリック使いです。拘りトリックもいいですし、全ポケ中ただ1匹、火炎玉トリックを火傷のリスクなしかつマイナス特性なしで使うことができます(不器用ミミロップでも一応可能)。
あとは電磁波・鬼火・壁2種・痛み分け辺りが候補でしょうか。

めざパ考察
炎と電気の組み合わせは相性がよく、等倍の範囲がかなり広いですが、それでも両方半減されてしまうポケモンもいるのでそのタイプと代表的なポケモンをリストアップしましょう

水/電(+蓄電) ランターン
水/地 ラグラージなど
炎/地 バクーダ
岩/地 ドサイドン ゴローニャ
竜/地 ガブリアス フライゴン
竜/超 ラティオス&ラティアス
竜/悪 サザンドラ
竜単色 オノノクス クリムガン

私の調べた限りではこの辺りです。バクーダは意識する必要のある対人戦出現率ではないので、他のポケモンを意識してめざパを選定することになります。
ぶっちゃけの2択なわけですよ。

1:草
上の表で、ランターン・水/地・岩/地に抜群となります。範囲としては微妙に見えますが、かゆいところに手は届いている感じがします。
2:氷
炎電だと、ドラゴンの多くに沈黙してしまう怖さがあるので、氷はかなり欲しい気もします。コイツで倒すように意識する必要はあまりないですが、何もないとガブに無償剣の舞とか暴れられてしまうので。
そんなわけで、氷の方が優先度は高いんじゃないでしょうか。

努力値
これが悩みどころ。耐久は高いわけではないので最低限に留めたいんですが、半減物理には後出ししたいので、HPに252振って、いじっぱり攻撃無振り拘り鉢巻持ちシュバルゴのメガホ確3調整というポケモン徹底攻略の調整はかなり有力そうに見えますね。
鉢巻シュバルゴのメガホ、つまり135族の鉢巻持ち半減120技に後出しできるのでいいですね。これは私もマネしようかなと考えてます。
HP252、防28までは確定して、あとは好みで素早調整でしょうか。最速カイリキー抜きくらいで問題ないのかどうか。あるいは、火炎玉トリックでスカーフ入手した時のことを考えてもっと入れるべきか迷いますね。難しいところです。

今回の育成
技:オバヒ/10万orボルチェン/トリック/リフレクor光の壁@火炎玉
努力値:HP252 防28 素早調整 残り特攻
戦う電子レンジとしての活躍を祈って記事を締めてみます。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-22 23:16 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< ポケモンゆる考察&育成してみる...      マルチ発売の功罪 >>