私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 15日

進化の輝石ヌマクローを育成してみる

○ヌマクロー 70-85-70-60-70-50 合計405 水/地
d0220451_20491125.gif
今回、久しぶりに輝石を持たせたいポケモンとして見出したのがヌマクローです。多少ネタ臭いですが、そんな隠れた彼(彼女)の実力を見ていきたいと思います。

能力値
参考:ハクリュー 61-84-65-70-70-70 合計420
種族値合計はハクリューに劣りこそしますが、それは素早と特攻によるもので、耐久値では完全にヌマクローが上回っていることが分かります。
ただ、ヌマクローはハクリューよりも進化後との違いを出すことに留意する必要がありますね。タイプ・特性共に同じですので。ラグラージにオボン持ちの劣化にならないように注意を払う必要があるわけです。
えー、またどうでもいいですが、前回考察のヤミラミはこの2体よりも種族値合計低いんですね。

輝石を持った時の耐久
計算はヌマクロー、攻撃ポケともに6V前提です。
防御補正ありでHP252 防84と振ると
陽気で攻252振りテラキオンのインファイト&同条件のガブリアスの逆鱗 確3
意地っ張りで攻252振りドリュウズの地震 確3 ※命の珠持ちなら確2

ヌマクローでこれらのポケモンに攻撃しますと
冷凍ビームで
通称205ガブリアス 確2
攻撃28振りの地震で
HP4振りテラキオン 防1段階ダウン前提で確1
攻撃140振りの地震で
HP52振り珠ドリュウズ 珠ダメ込みで確1

つまり、この辺のポケモンに割と安定してタイマンでなら勝利が見込めるというわけですね。
非オボンのラグラージでテラキのインファとガブ逆鱗を2回耐えるにはほぼ防御特化が必要なのでこれは差別化できていると言えるかもしれません。
特殊耐久に関しても、補正なし特攻252振りバンギラスの悪の波動はHP振りのみで確3です。
このように、砂パでよく使われるであろうポケモンとのタイマン性能がラグよりも少し優っているようです。ヌマクローの段階で地面タイプがついて砂嵐ダメが入らないのも大きいですね。
また、これだけの物理耐久を確保しつつ、HP252+特防140振ることで補正なし特攻252振りシャンデラのエナジーボールを耐えることができ、反撃の激流ハイドロポンプで倒すことができたりもします。因みにHP振りのみだと確1です。

そんなわけで技は地震/ハイドロポンプ/冷凍ビームの3つはかなり欲しいです。個人的に残り1つは吠えるが欲しいのですが、ラグにならないと覚えてくれないのでナンスなどを意識して毒毒とかを入れることになるでしょうか。
また、性格は「のんき」がいいと思います。特殊技の威力も落としたくないですし。

努力値
上記の計算結果を基にどう振るべきか考えてみます。
最低限の物理耐久を確保するためのHP252 防84までは確定できますが、残りが結構難しいです。
確定技の2つが特殊ですが、弱点を突くことが前提ですし、特攻種族値は60しかありません。
少しでも攻撃力を持たせるために攻撃に入れるか、上記のシャンデラに対する役割を重視して特防に入れるか、もうちょっと物理耐久を高めるかの選択になることでしょう。個人的には防御にもうちょっと入れたい気がします。

まとめ
輝石は、ポリゴン2・サマヨール・ラッキーが3大巨頭かと思いますが、それ以外のポケモンにも着目してみるとヌマクローのように結構面白い計算結果が得られることもあるので、今後も色々模索していきたいです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-10-15 21:45 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< どうすべきでしょうか?      PS Vita 明日から予約開始 >>