私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 25日

サザンドラを育成してみる

○サザンドラ 92-105-90-125-90-98 悪/竜
d0220451_2374022.gif
これまで600族を育てずに来ましたが、自分で使ってみないと弱い部分も見えてこないかと思ったので、現状600族で一番おとなしい性能と思ったコイツを育ててみました。

能力値・技
「おとなしい」とした理由は、竜の中では微妙な98という素早です。ガブリアス、ラティオス、ラティアス、雨キングドラ、ボーマンダといったドラゴン達に悉く勝てず、600族の中でもタイマン性能が最低クラスと言われたりします。環境の中心にいるテラキオンやウルガモスに勝てる要素がないのもコイツの評価にマイナス要素となってます。
とはいえ、ラティオスを除けばドラゴン中最強の125という特攻からの威力140のドラゴン技流星群は脅威であり、半減される鋼タイプ対策となる炎技も完備していますので強いことには変わりなさそうです。また、タイプ的に氷が2倍弱点で済んでいることを含め、ドラゴン中では特殊耐久が高い方に入ります。

使えそうな技列挙。
特殊技:流星群(竜の波動)、悪の波動、大文字、気合球、大地の力
物理技:ドラゴンテール、噛み砕く、ストーンエッジ(岩雪崩)、諸刃の頭突き、とんぼ返り、地震
補助技:電磁波、挑発、身代わり

特攻が高く、攻撃が微妙なので基本的に特殊技メインとなりますが、ウルガモスピンポイントのエッジや拘りスカーフならとんぼ返りが候補になりえます。
大地の力は悪の波動と両立ができないので優先度は低いです。というか個人的には不要だと思います。

運用とか
他の竜殆どに勝てないので、パーティに入れる場合は他のメンツで竜対策を厚くしてやる必要性は出てきます。自分より遅かったり、有効打のないポケモンに後出しして流星群などをぶっぱしたりすることが基本になると思うので、持ち物は拘り眼鏡・スカーフ・ジュエルなんかが合うんじゃないでしょうか。
スカーフを持たせてもスカーフ竜やキングドラには勝てないですが、どうもスカーフガブリアスに関しては減少傾向にあるようなのでそこは若干追い風かもしれません。

私の今回の育成は
性格:控えめ 努力値:耐久調整 素早調整 残り特攻
流星群 大文字 気合球 悪の波動@拘り眼鏡
となりました。

この子自体の素早が微妙なので、相手のパをきっちり見て使うべき時に使ってやりたいですね。
以前育成したジャローダなどで麻痺でサポートしてやるとよさそうかも。

※以下10/30追記文
ゴーリキー育成にて、ダメ計算でこのサザンドラに対するダメ計算を入れましたがサザンドラの努力値の詳細を載せていなかったので一応。サザンドラはH188、B4、C116、D12、S188振りで計算しました。

一応バトルビデオを撮ってみました。
22-18887-22376
このサザンドラは努力値を若干ミスしてしまい、HPが少し高くなって特攻が少し削れています。
初手スカーフジバコが、サザンドラにとって有利なシャンデラを見てボルトチェンジを決めて後出ししています。この後の展開で素早実数値142のサザンがシャンデラに抜かれているので、おそらくこのシャンデラは最速です。なおかつジバコで抜けたのでスカーフではありません。
ジバコ&サザンだと格闘に弱いのでカイリキーが選出されましたが、そこにヤミラミが結構刺さったバトルとなりました。私のヤミラミの威張った後の被弾率の低さは異常。

・・・ゴーリキーは霊であるシャンデラを見ると入れにくくて選出できませんでしたとさ。
[PR]

by genbu-toro | 2011-10-25 23:25 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 進化の輝石ゴーリキーを育成してみる      今使っているパーティについて >>