私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 02日

輝石モンジャラについてゆるーく考察

○モンジャラ 65-55-115-100-40-60 草
輝石所持の相当種族値(無振り):65-55-182-100-70-60
(参考)モジャンボの種族値:100-100-125-110-50-50
d0220451_22265957.gif
今回は、進化の輝石シリーズとしてモンジャラを考察してみます。圧倒的な防御種族値を手に入れたこの子はいかに使うべきなんでしょうか。


耐久
この圧倒的な防御力で一体どれだけ攻撃を耐えるのでしょうか。モンジャラ側はH252振りの図太いで計算してみましょう。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
A252振りガブリアス 逆鱗 3回連続最低乱数引かない限り3発
意地っ張り黒帯(プレート)持ちA156振りローブシン アームハンマー 確3
意地っ張りA252振りハッサム 蜻蛉返り 最高乱数×2引かれない限り3発
A252振りムクホーク ブレイブバード ムクホの特性が威嚇でも捨て身でも確2
意地っ張り鉢巻持ちA無振りシュバルゴ メガホーン 中乱数1発
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
いやぁ固いですね。固すぎて引いちゃうレベルですねぇ・・・。あと特筆すべき点は、「再生力」ならば最大HPの30%は引っ込めるだけで回復して戻ってくるということです。これにより、強化アイテム持ちでないテラキオンへの繰り出しがほぼ無限にできてしまうという恐ろしい子です。
特殊方面は弱点の冷凍ビームや大文字を撃たれる機会が多く、輝石を持っても大した数値にならないので相変わらず脆いです。物理相手に出しましょう。

進化後との違い
前回輝石ポケで考察したゴーリキーと同様、型としての違いはあまり出せません。耐久もHPの違いが大きくモジャンボ@食べ残しとほぼ同じレベルとなります。また、モンジャラの状態では攻撃が低く物理型という選択肢がないのもマイナスポイントとなります。
進化後より優位に立てる点を挙げてみましょう
・HPが低いので、宿木の種で相手から吸収するHPの効率がいい
・素早で勝る
この辺でしょうか。つまり輝石によって高い耐久力を持ったまま素早に振る努力値をモジャンボよりも確保できるわけです。

技構成
技候補はこの辺でしょうか。

攻撃技:ギガドレイン、リーフストーム、原始の力、めざパ(氷or炎)、ヘドロ爆弾
補助技:宿木の種、眠り粉、痺れ粉、毒毒、リフレクター、身代わり、痛み分け、光合成
※モジャンボが使える「気合球」はこの子の段階では覚えません!

・ギガドレインorリーフストーム
モンジャラはやどみがとの相性も良好なので、その戦法をとりつつ嫌らしく立ち回るならギガドレインですが、この子の夢特性「再生力」とのシナジーと威力を考えるならリーフストームが優ります。
この選択は好みになりますね。

それぞれを選択した時の私なりの技構成案を。
A:ギガドレイン めざパ 宿木 身代わり
典型的なやどみが。耐久と火力共に優秀なので悪くないと思います。不利な相手に逃げる時も特性「再生力」が発動して身代わりの分のHPを回収できるのもいいです。
B:リーフストーム めざパ 状態異常技 宿木
リフスト選択する場合は居座りづらいので身代わりは外す方がいいかなと。状態異常技も毒毒に関しては遅効性でリフスト選択との相性がよくないので痺れ粉と眠り粉の選択になるでしょうか。

まとめ
恐るべき物理耐久で有利な相手にはモジャンボ以上に有利に立ち回れてしまうのがモンジャラです。
火力に関しても特攻100で最高火力のリフストの威力140あるので十分なものがあります。
輝石ポケモンの課題である回復手段に関しても特性「再生力」、宿木、光合成、痛み分けと豊富に揃っているのも魅力的です。
[PR]

by genbu-toro | 2011-11-02 23:04 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「スーパーマリオ 3Dランド」...      3DダンジョンRPG新作「ラビ... >>