私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 07日

ガブリアスを育成してみる

○ガブリアス 108-130-95-80-85-102 龍/地
d0220451_2221982.gif
ついに環境のトップに君臨していると言っていいコイツを育成してしまいました。まぁ、どっちにしろ考察することに関しては避けられないと思っていましたし、使うことで弱点も把握できるかと思いました。

強さ
改めて言う必要もないかと思いますが一応。こいつが強い理由を箇条書きしてみます。
・龍/地という複合属性により、龍技を唯一半減する鋼タイプに地震をタイプ一致で叩き込むことができる
・激戦区の100族をあざ笑うがごとく抜き去る素早102
・氷こそ4倍だが、耐久値もかなりのもの
・種族値合計600のうち、特攻が下降補正でも大文字で最低限役割破壊のできる80であり無駄がない
・そこそこの高速アタッカーでありながら電磁波が効かない
この辺ですね。あらゆる型が存在することも相まって安定してコイツに繰り出せるポケモンは皆無といっても過言ではないです。型さえ分かってしまえば対処はそれなりにできるんですが、その時点では手遅れになってしまっていることもよくあります。

調整
環境トップに立つが故、最も研究されているポケモンです。そして努力値で「どれくらい耐久を確保するか」についても多くの調整が誕生しています。例外はありますが、基本的には素早には252割きたいので残りの256が工夫する余地となります。
有名なのは通称「201ガブ」。6V前提ですと、HP140、防4、特4と振ることで50レベでの実数値H201B116D106にする調整です。この振り方で意地っ張り鉢巻ヘラクロスのインファイトを最高乱数以外で1発耐え、臆病ライコウのめざパ氷は確定で耐えられます。この辺の調整は耐えることで倒すことが目的ではなく、他の技読みで繰り出す時に事故とか交代を読まれた時に落ちてしまわないようにする意味合いの方が強いです。役割としては「エース」以外はできないですし。

私が育成したガブリアス
そんなガブリアス、私の場合は砂パを使うつもりはないので砂隠れでの嫌がらせは最初から選択肢の外として考えた結果
----------------------------------------------------------------------
性格:陽気
努力値:攻172 素早252 残り耐久
技:逆鱗/地震/ダブルチョップ/ストーンエッジ@拘り鉢巻
----------------------------------------------------------------------
鉢巻を持たせると火力がかなり出るので威力が低めなダブルチョップの使用価値もだいぶ上がります。目安としては、襷を持たせることの多いゲンガーとゾロアークのH4振り程度なら確1で倒すことができます。残念ながら、H252振りマルスケカイリューはこれでも倒すことはできません。
耐久は上記の201ガブよりは落とし、意地っ張り鉢巻ヘラのインファイト、ライコウのめざパも高乱数耐え程度の耐久に落ちます。ただ、この2匹はAやCにぶっぱせずに耐久調整されることが多いので、現実的にはほぼ耐えられることでしょう。
攻撃はこれだけ振るとHP振りのみのナットレイは地震2発で落とせてしまうので、安易に後出しをすることができないのは大きなポイントです。
一応この型のガブならエアームドや浮遊のドータクンで止まりますが、ガブは炎技も警戒しないといけないので型を見極めるまでは繰り出しにくいです。

まとめ
コイツに関しましては、私ごときの考察よりももっと有用な考察はいくらでも転がっているので記事を書こうか迷いました。
それでも冒頭で挙げたように、前作からトップに君臨し続けるポケを考えないわけにはいかないですし、結構これまでの考察のダメ計算で指標にしてきたこともあり駄文投稿と相成りました。
[PR]

by genbu-toro | 2011-11-07 22:47 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< オーダイルを育成してみる      "再構築"... >>