私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 14日

格闘タイプをゆるーく考察+受けループについて

タイプ考察第3回は格闘タイプとなります。
初代はエスパーに狩られるだけの存在でしたが、第2世代で相性のいい悪と鋼タイプが登場、第3世代で安定技「瓦割り」、第4世代で「インファイト」、第5世代で「飛び膝蹴り」の強化や「ローキック」の登場など世代が進むごとに強くなってきました。

タイプ相性
・攻撃時
抜群 無 氷 岩 悪 
半減 毒 飛 超 虫 
無効 霊

受けタイプとして割とメジャーなのは鋼くらいなものの、5つものタイプの弱点を突けるのが大きな強みです。今作進化の輝石で強化されたラッキーやポリゴン2の弱点を突けるのが非常に重要です。
また、格闘タイプの殆どがストーンエッジor岩雪崩を覚えることができるので、格闘を半減する飛行や虫は安定して受けることができません。
そんなわけで唯一無効化できるゴーストは現在重要な存在ではあります。

・防御時
抜群 超 飛
半減 虫  悪

半減は多くないものの、弱点が現在さほどメジャーではない2タイプなのが大きいです。

対策ポケモン
多分現環境ですと筆頭はこの子。
d0220451_22293215.gif



ヤドラン
<長所>
・特性「再生力」なら繰り出し能力が非常に高くなる
・「マイペース」ならカイリキーに後出しが安定する
・ゴツゴツメットとの相性がいい
・夢特性と再生技「怠ける」の両立が可能
・「しっぺ返し」も遅い素早のおかげでそこまで痛くない

<短所>
・ヘラクロス、ズルズキン、キノガッサ、ビリジオンは無理
・コジョンドやゴウカザルにはとんぼ返りを喰らう可能性がある

ただ、拘り眼鏡を持たせれば火力もかなり出るので非常に厄介です。

多分2番手がこの子
d0220451_22345199.gif



グライオン
<長所>
・ヤドランが無理なキノガッサ、ヘラクロスを対処可能
・ポイズンヒール+毒毒玉で状態異常に強い
・飛行ながらエッジも等倍
・身代わり+ハサミギロチンで圧力をかけられる

<短所>
・冷凍パンチを覚えられていると不安定、というか氷4倍が痛い
・ニョロボンは無理
・まもみがのどちらを使うか読まれると積まれる隙がある
・技スペース的に飛行技が入らない場合があり、格闘に対する遂行が遅れやすい

最近はこの2体を両立して互いの弱いところを補い合ってるパーティもあり非常に厄介です。
エアームドやラッキーなどと合わせて苦手な子を補い合う「受けループ」という戦術です。
しかも、エアームドこそ入っていませんでしたが、今日サークルの後輩にそのパーティを使われて負けたのでバトルビデオを。

40-65423-50755

・・・注意点としてはこのバトルは112ターンかかっていますのでお時間のある時にご覧いただきたいということですね。
ゴウカザルはめざパ氷を入れることでエアームド、グライオン、ラッキーすべてに打点を持つことができるので、受けループを少しでも崩せるようにと入れた子です。
ところがゴウカザルは現在、ヤドランに対する唯一の打点である「草結び」を入れる技スペースがなくなっている状況であり、ヤドランで止まります。このゴウカザルのウェポンが
大文字、インファイト・・・本来倒せる相手への遂行技であり必要です。
めざパ氷・・・氷4倍のドラゴンすべてに素早で勝っているのでその辺りに撃ったり、グライオン破壊も大文字よりも安定します。
ストーンエッジ・・・第5世代でウルガモスやシャンデラが登場したことによって優先度が高くなってしまった技です。
そしてこのビデオで選出した3体のうちラッキーを倒せるのはゴウカザルのみ、水ロトムとフシギバナが両方落ちるとヤドランで詰みます。

これで無道が入るとかでステロを撒かれちゃってるとどうしようもないので対策しないといけないんですがどうしたらいいんでしょうか。でも、無道ラキグライの3体ならゴウカザルで対策可能なのは事実ですね。
分かりやすい対策は今作の3闘などといった格闘にもめざパ氷を入れるなどがあるでしょうか。厳選難易度がハンパじゃないので乱数でも使わないと厳しいですが。ヤドランを考えるならビリジオンが一番安定しそうです。
しばらく対策に頭を悩ませることになるでしょう。
[PR]

by genbu-toro | 2011-11-14 22:57 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「THEATRHYTHM FI...      平成23年大相撲九州場所 展望 >>