私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 21日

ウォッシュロトムをゆるーく考察

○ロトム(フォルムチェンジ後) 50-65-107-105-107-86
※フォルムチェンジによって、水/電、炎/電、草/電、氷/電、飛/電に分岐します。今回取り上げるのは水&電の通称「ウォッシュロトム」です。
d0220451_22165054.gif
霊/電の通常時から5種類にフォルムが分岐するロトムの中でも圧倒的な採用率を誇るのがウォッシュロトムです。何故他のロトムと比べて強いのか?などといったところも含めて考えてみます。

FCロトム5種の中でのウォッシュ
各FCロトムの専用技はこちら。一応ランダムバトルで見る頻度の順です。
ウォッシュロトム(水電)→ハイドロポンプ
ヒートロトム(炎電)→オーバーヒート
カットロトム(草電)→リーフストーム
スピンロトム(飛電)→エアスラッシュ
フロストロトム(氷電)→吹雪

ハイドロポンプが威力120で命中80の技です。対してヒートとカットは威力は140ある技ですが、発動後に特攻が下がってしまうので、相手に読まれてしまったりすると起点にされかねません。
スピンのエアスラは怯みがありますが、FCロトムの素早が微妙であり、ロトム専用技の中では威力が低いです。フロストの吹雪は命中が低く、霰パで使うとしてもユキノオーと仕事が被りがちです。
ウォッシュロトムは
・専用技の性能が5匹の中で最安定
・水/電のため弱点が草だけで、水タイプも地タイプも呼びにくい(=ボルチェンを無効化されにくい)

技候補
攻撃技
10万ボルト 雷 ボルトチェンジ ハイドロポンプ 目覚めるパワー(氷or炎)
補助技
電磁波 鬼火 トリック 痛み分け リフレクター 光の壁

・目覚めるパワー炎の仮想敵
ナットレイ ユキノオー
・目覚めるパワー氷の仮想敵
対ドラゴン

一応草という選択肢は無きにしも非ずですが、ほとんど水/地で水無効のトリトドン&ヌオーと避雷針アズマオウ専用であり、さほど意識するほどの相手でもないように思います。めざパを何にしようと、同タイプのランターンは無理と考えた方がいいでしょう。
候補技は多くはないですが、型が豊富であり対処の仕方がそれぞれ違うのが厄介なところです。
具体的には拘りスカーフや眼鏡を持たせてアタッカー風に使うのがひとつです。トリックもあるので、単純にハピナスとかを出して止まるポケモンでもありません。
あるいはオボンを持たせて耐久寄りに振ってボルトチェンジ→相手のポケモンに有利なポケモンを押し付ける流れにしたり、光の粘土を持たせて壁サポートからボルトチェンジで後続の積みポケモンに繋ぐのも魅力的です。

まとめ
本文中で書いた「地面タイプを呼ばない(トリトドンやヌオーを除く)」電気タイプであることが非常に重要な子です。そんな訳でこの子のボルトチェンジは他の電気タイプのボルトチェンジとは一線を画す強さになっています。例えばラグラージなんかもウォッシュロトムに対する有効打を持たないので、後出しはしにくいです。鬼火も脅威ですし。
以前書いたキャラランクでAに入れたのもこの辺の事情を考えた結果です。この子自身が相手を倒すというより、他のキャラに繋ぐ能力に優れたポケモンと言えます。
[PR]

by genbu-toro | 2011-11-21 22:53 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「NEWラブプラス」の発売日が延期      「あたらしいみかんのむきかた ... >>