私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 28日

カイリューを育成してみる ~カイリュー考察~

○カイリュー 91-134-95-100-100-80 竜/飛

昨日はマルチスケイルの考察のみで終わってしまったので、今日はいよいよカイリュー自体について考えてみようと思います。昨日のマルスケ考察はこちら

技レパートリー&型
とりあえず使えそうな技を列挙。※は前作教え技や技マシンでマルスケとの両立不可。

物理技
逆鱗(ドラゴンダイブ、ドラゴンクロー) 神速 ストーンエッジ 地震 炎のパンチ ※馬鹿力 瓦割り
特殊技
流星群(竜の波動) 暴風 雷(10万ボルト) 大文字 気合玉 波乗り 
補助技
竜の舞 電磁波 羽休め ※追い風

・・・他の夢特性ポケモンは前作の教え技がないことで失う技が痛いことが多いですが、この子はさほどでもありません。羽休めと炎のパンチともにカイリューに進化してからハートの鱗で思い出すことができるので夢特性との両立が可能なのです。

そのため非常に技候補が多く、主な型として
・竜舞型
竜の舞/ドラゴン物理/炎のパンチor地震/神速@ラムor命の珠orドラゴンジュエル
性格:意地っ張り 努力値:H148 A132 B12 D12 S204
がテンプレ。A182(陽気ぶっぱ)ガブリアスの鉢巻逆鱗高乱数耐え、C161(控えめぶっぱ)キングドラの眼鏡流星群耐えという耐久で、素早さ竜舞1回でスカーフバンギラス+2であり、素でも最速バンギラス+2となります。 余りを攻撃に回した形。
・鉢巻型
逆鱗/神速/エッジor地震or炎のパンチから2つ@鉢巻
性格:意地っ張り
努力値は竜舞型よりも素早に振る必要性が少し薄くなります。最低限Sに振って、削った分を攻撃に振るか耐久に振るかの選択となるでしょう。
・特殊型
流星群/上記の特殊技や神速から3つ選択@スカーフやジュエルや白いハーブなど
性格:控えめor臆病 努力値:HCorCSベース
雨パなら必中暴風をメインにできます。ただ、物理メインの上2つと比べると出現率は低め。
・耐久型
電磁波/羽休め/竜の舞/ドラゴンクローorダイブ@残飯とかラム
性格:特攻↓で攻撃or耐久↑の性格 努力値:耐久ぶっぱ
電磁波撒いて相手が痺れを引けば羽休めでマルスケを何回も復活させる面倒な型。しかし、使ってて面白くなかったり、流石に決定力を削ぎすぎてたりで特殊型以上にレア。

タイマンでカイリューに勝てるポケモン
そんなわけで上の型紹介を見るだけでも、技が豊富で非常に対策のしづらいポケモンであることがお分かり頂けたかと思います。
タイマンで勝てるポケモンも以下のものに絞られます。

オノノクス、ラムパルド
型破りでマルスケを無視します。
パルシェン、マンムー
タスキかスカーフで氷柱針。
ポリゴン2
トレースでマルスケを取ります。冷凍Bで弱点付けるので有利です。サーナイトは耐久が足りません。
サマヨール
やや特殊な構成ですが、鬼火+瞑想+冷凍ビームで何とか。しかし流石にカイリュー対策に偏りすぎな気もします。
バンギラス、ユキノオー
守る(天候ダメでマルスケ潰し)+バンギはストーンエッジor冷凍ビーム、ノオーは吹雪。
ユキメノコ、ラプラス、グレイシア、ルージュラ、フリージオ、マニューラ 、ロトム氷
流石に4倍弱点の氷ポケモンは強化アイテムを持たせたりすればカイリューを倒せます。

実戦ではこういったポケモンを複数組み込むか、簡単に起点にならないポケモンを中心に構成をするなどの工夫をすることが大事になってきます。

まとめ
マルスケによる変態耐久、十分な物理決定力、強化された神速、竜の舞、豊富な特殊技とさしたる隙のないポケモンに成り果てたカイリュー。ガブリアスなどといった他の一線級ポケモンに比べるとやや特性に強さを依存しているのが難点ではあります。しかし、第4世代まではこんなポケモンになるとは思ってませんでした・・・。
[PR]

by genbu-toro | 2011-11-28 22:51 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「マリオカート7」を体験してみた      カイリューを育成してみる ~マ... >>