私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 03日

キレイハナを育成してみる

リンクに入れている育成論サイトに投稿してきました。
前回のバリヤードと同様にこちらに転記しておきます。はっきり言って長いです()

d0220451_22333881.gif





育成論ページ
○キレイハナについて
種族値:H75 A80 B85 C90 D100 S50
鈍足かつ耐久寄りの種族値を持つ草単色のポケモンです。
タイプが不遇であり、ねむりごな+ほえるで起点を作れて種族値でも完全敗北しているフシギバナの存在が大きく、採用理由を見出すのが難しいポケモンです。
そんなこの子の可能性をなるべく引き出そうというのが本論の趣旨です。

○性格&努力値
性格は慎重
努力値はH236 A12 B4 D148 S108を確定欄としました。
実数値は180-102-106-×-152-84となります。
特性は夢特性「いやしのこころ」はシングルでは効果を発揮しないので、「ようりょくそ」一択です。

持ち物:オボンのみ
パの競争率が高いですが、これ前提の調整ですので確定です。

H:オボン効率を考え4n調整
H-D:控えめC252振りキングドラ(C161)@こだわりメガネのりゅうせいぐんをC下降考慮で2耐え
S:4振りバンギと20振り60族抜き
A:余り

Sですが、60族にはラグラージ・ブルンゲル・ラプラス
と、先手を取れる意義のあるポケがいますので、好みで抜いておいてもいいと考えての配分です。

確定欄はあくまで一例ですので、以下の調整例に挙げたところからパに合わせて取捨選択してください。
例えば上記のH-D調整をロトム@メガネとラティオス@珠などに崩されるのが嫌ならAやSから削ってDに厚く振ってください。

○調整例
・A
92振りでH252ラグラージ確1、H4バンギラス確2
100振りでH252B4振りラグラージ確1

・H-D(H236振りとオボン前提)
D76振り
C252振りラティオス@こだわりメガネの流星群耐え
D116振り
・C252振りラティオス@いのちのたまの流星群をC下降考慮で2耐え
・控えめC252振りウォッシュロトムのボルトチェンジ→C252ラティオス@いのちのたまのりゅうせいぐん確定耐え
D124振り
控えめC252振りニョロトノのれいとうビームを確定2耐え
D132振り
・C252振りバンギラスの大文字2発と砂ダメ1回確定耐え
・控えめC252振りキングドラ@こだわりメガネのりゅうせいぐんをC下降考慮で連続最高乱数以外2耐え(D148振りで確定耐え)
D188振り
控えめC252振りFCロトム@こだわりメガネのボルトチェンジ→C252振りラティオス@いのちのたまの流星群耐え
D236振り
C252振りフーディン@いのちのたまのサイコキネシスを連続最高乱数以外で2耐え

・S
92振りで4振り60族&無振りバンギラス抜き
108振りで4振りバンギラス抜き抜き&20振り60族抜き

○技構成
リーフブレード しびれごな 選択技2つ

<確定技>
リーフブレード
ギガドレインと確定数が変わる相手も多いですし、急所率も考慮してこちら。
ただ、弱点を突ける水・岩・地の3タイプのうち岩と地は物理耐久の方が高いポケが多く、水もHBベースに振る子が多いのできっちり仮想敵を定める必要があります。
本論ではバンギラス、ニョロトノ、フーディンに対するギガドレインとの確定数の変化を重視しています。
しびれごな
フシギバナが覚えなくてこの子が使える貴重な技です。役割を持てるポケの流し際に当てるプレイングが主となります。

<選択技>
ねむりごな
眠りも強力で、ジャローダなどとの差別化に重要となります。「しびれごな」との撃ち分けが必要になります。
基本的には高速アタッカーには痺れ、受けポケには眠り優先で撃つことになります。
にほんばれ
相手の雨や砂を解除します。ラティオスをヒードランで見る際に波乗りの被ダメージを抑え、炎技の威力を挙げるサポートの意味も持ちます。
積極的に使ってアタッカー気質に使うならこの子である意味はありませんので運用にご注意ください。
みがわり
自分より遅い子の補助技回避、読みの負荷軽減など。使いどころは難しいです。これを入れるならH244振りで実数値を4n+1にした方がいいでしょう。
どくどく
HB特化ブルンゲルは確3で「のろわれボディ」があり、安定しないので候補になります。
つきのひかりorこうごうせい
日本晴れを使うならそれなりに有効かもしれませんが、この子を場持ちさせる意味がある場面はそうそう訪れません。

○採用理由
・多くの攻撃を耐えての麻痺撒きなどの補助が可能
・リーフブレードで役割の持てる相手に対する一定の確定数の確保が可能
・かわいい

○差別化
1:フシギバナ
難しいのですが、
・「しびれごな」の存在
・ラティオス、フーディンなどのエスパーに対する型が分からない状態での行動回数確保
この辺りでしょうか。ただ、対エスパーの後出しは不可能です。

2:ドレディア
かわいさで差別化できない難敵
・耐久の違い
・「はなびらのまい」で行動が縛られるようなことがない

3:ジャローダ
ラティに対して先手を取って麻痺撒きできるのが特長です。
・「ねむりごな」の存在
・「リーフブレード」でのバンギラスなどへの確定数の変化
ジャローダはほぼ最速かそれに準ずる振りが確定なので、特殊耐久でも勝ることになります。
エルフーンとの差別化もほぼ同じとなります。

○ダメージ計算
被ダメージ(確定数はオボンを考慮に入れていません)
・特殊
C無振りブルンゲル(C105)
シャドーボール 乱数5発(18.3%~21.6%)
れいとうビーム  乱数3発(27.7%~33.3%)
C無振りライコウ(C135)
めざめるパワー氷70 確定4発(26.6%~32.2%)
C172振りサンダース(C152)のめざパ氷70
持ち物なし 乱数3発(30%~35.5%)
いのちのたま 確定3発(38.8%~46.1%)
こおりのジュエル 44.4%~53.3%(消費した後を考えると確定3発)
C上昇補正252振りウォッシュロトム(C172)のめざめるパワー氷70
持ち物なし 確定3発(35.5%~42.2%)
こだわりメガネ 確定2発(50%~60%)
※こだわりメガネの場合でもオボン発動確定なので2発耐えます
C上昇補正252振りニョロトノ(C156)
れいとうビーム 確定3発(41.1%~48.8%)
C252振りフーディン(C187)のサイコキネシス
持ち物なし 確定3発(35%~41.6%)
いのちのたま 乱数2発(45.5%~53.8%)
C12振りヤドラン(C122)
れいとうビーム 確定3発(33.3%~40%)
だいもんじ 乱数2発(42.2%~50%)
C252振りバンギラス(C147)
だいもんじ 確定2発(50%~60%)
※砂、オボン考慮しますと大文字×2と砂ダメ×1を高乱数耐えです。
C252振りラティオス(C182)のりゅうせいぐん
持ち物なし 確定2発(52.2%~62.2%)
いのちのたま 確定2発(67.7%~81.1%)
こだわりメガネ 確定2発(78.8%~93.3%)

・物理
調整していませんので目安程度です。
A上昇補正252振りラグラージ(A178)
じしん 確定4発(26.1%~31.1%)
れいとうパンチ 確定2発(53.3%~63.3%)
※じしん→れいとうパンチを確定で耐えますので、後出しから勝てる可能性はあります
A4振りラプラス(A106)
こおりのつぶて 確定4発(26.6%~31.1%)
A252振りガブリアス(A182)
げきりん 確定2発(65%~76.6%)
じしん 確定4発(26.6%~31.6%)
こだわりハチマキ+じしん 確定3発(40%~47.7%)
A上昇補正252振りドリュウズ(A205)
いのちのたま+つばめがえし 確定2発(65%~76.6%)
いのちのたま+シザークロス 乱数1発(85%~101.1%)

与ダメージ
H252B4振りラグラージ(H207-B116) 乱数1発(92.7%~110.1%)
H4振りフーディン(H131-B65) 確定2発(61.8%~73.2%)
H252振りウォッシュロトム(H157-B127) 確定2発(53.5%~62.4%)
H4振りニョロトノ(H166-B95) 確定2発(66.2%~79.5%)
H252振りニョロトノ(H197-B95) 確定2発 (55.8%~67%)
H4振りバンギラス(H176-B130) 乱数2発(47.7%~55.6%)
H252振りバンギラス(H207-B130) 確定3発(40.5%~47.3%)
H148B4振りサンダース(H159-B86) 確定3発(40.2%~47.7%)
B上昇補正HB252振りブルンゲル(H207-B134) 確定3発(38.6%~46.3%)
防御上昇補正HB244振りヤドラン(H201-B177) 乱数3発(29.8%~35.8%)
※被ダメージ・ゴツゴツメットの可能性と合わせて考えますと、ヤドランに後出しから役割は持てません。
H252振りライコウ(H197-B95) 乱数3発(27.9%~33.5%)

○運用
耐性的に水・地・電辺りに繰り出したいところです。
しかし、水は冷凍、電はめざパ氷を搭載していることが多いので要注意です。
実戦におけるこの子は自身で相手を倒すというよりも、「しびれごな」などによる補助技で味方を動きやすくする役割の方が大きいです。
草ということで範囲が狭いので捨てどころはしっかり見極めましょう。
補助メインのポケモンの泣き所ですが、唯一の攻撃技リーフブレードの相性が悪く、この子より速いポケモンの「みがわり」には注意が必要となります。

○相方
・ヒードラン、エンペルト
草との相性補完に非常に優れていて有力候補です。
格闘が怖いので残り1体はヤドランやランクルス辺りを勧めます。

・ウォッシュロトム
この子と組む場合は残り1体は草を処理できるポケモンを入れましょう。
カイリューやガブリアスなどといった龍がオススメです。
ラティオスも重いので、ハッサムなどの鋼も候補になります。
キレイハナの「にほんばれ」との相性が悪いのが難点です。

ほら、やっぱり長くなりました()
育成論サイトの方もご覧になって、評価やコメントを入れてくだされば幸いです。
[PR]

by genbu-toro | 2012-01-03 22:50 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「超クソゲー1+2」を読んでみた      24名人戦初日結果 >>