私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 27日

ボスゴドラを育成してみる

○ボスゴドラ 70-110-180-60-60-50 岩/鋼
d0220451_2065580.gif
岩・地・鋼タイプの元々「がんじょう」を持っていた子はすべからく今作の頑丈強化の恩恵を受け大なり小なり強化されました。
この子の場合はHGSSから「もろはのずつき」を使えるようにもなったのでもう1つの特性「いしあたま」にも有用性が出てきましたし、この子自体をそれなりには見かけるようにはなりました。



性能
上で述べたように「もろはのずつき」を使えるのが特長。ボスゴドラの諸刃の威力は、ドサイドンの「ストーンエッジ」の約1.3倍ほどとなります。この技を無反動で使えるのはジーランスとこの子のみ。特性はどっちを選ぶか悩みどころですね。

攻撃技
もろはのずつき(ストーンエッジ) じしん ばかぢから けたぐり れいとうパンチ ほのおのパンチ がむしゃら メタルバースト ドラゴンテール
補助技
ボディパージ(ロックカット) でんじは

攻撃技が前作教え技率は高いものの結構豊富ですね。エッジは頑丈採用の際に。
ボディパージとロックカットは正直どちらでもいいわけですが、「ヘビーボンバー」を使わない以上は一応ボディパージの方が上位の性能と言え、自力習得でもあるのでロックカットを推す理由はないですね。

型サンプル
---------------------------------------------------------------
性格:いじっぱり 特性:いしあたま
もろはのずつき じしん がむしゃら ボディパージ@きあいのタスキ
努力値:AS252 H4
---------------------------------------------------------------
第4世代教え技を一切使わない構成ながら、このぐらいシンプルでいいんじゃないかと思います。
岩+地の2ウェポンだけでも範囲としては十分ですし。時々この子が岩/地だったらとか思いますけど、ボスゴドラのかっこよさは鋼じゃないと出ないものと思いますし仕方ないですね。
先制技に弱いのはタスキや頑丈共通の弱点なので仕方ないですが、岩を半減されて弱点を突かれる格闘にも注意を要します。ローブシンとか。
その辺は普通に交代orタスキで耐えるターンにがむしゃらして交代して後続に任せるしかなさそうです。

ボスゴドラもそうですし、考察しようとしたところ努力値に悩んで結局断念したキリキザンもそうですが、タスキorがんじょう+メタルバーストは使う手もありますが、相手が勝手に警戒するところを別の動きをするという手もあります。
がんじょう+メタルバーストを使うなら勇敢で最鈍仕様にすることになると思います。メタルバーストは優先度0ですし。

余談
ブーバーン、種族値合計540あるのに考察してても全然強く感じられないとはどういうことなんでしょうか()
今作のバイバニラ(535)よりも火力という長所がある分はいいんでしょうけどねぇ。
差別化は10万と、やるきでフシギバナへの後出しが安定するくらいしかなさそうな気がしてます。
[PR]

by genbu-toro | 2012-01-27 21:09 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 実数値計算の方法      マニューラ+シャンデラの組み合わせ >>