私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 28日

実数値計算の方法

ポケモンのステータスの計算、ツールを使うのも悪くないですが、それだとPCや携帯電話を使わないと算出することが出来ません。
電車での移動中とかに脳内計算して努力値振りのシミュレーションすることも趣味化している私のステータス実値の計算法を紹介いたします。
なお、この計算法はLv50で基本的に6V前提でのお話です。

例:ガブリアス 種族値:108-130-95-80-85-102
HPの計算法
よく「201ガブ」とか「205ガブ」とか聞くけど、実際どれぐらい振るものなの?
これは以前、初心者時代の私が抱いていた疑問です。いまひとつどのくらい振るかイメージできないでいました。
そんな私も今や計算法を自分で編み出してしまうまでになってるのだから怖ろしいものです()

無振り・・・種族値+75(ガブの場合183)
能力上昇に必要な努力値・・・8n-4(nはステータスの上昇値)
つまり、205ガブを作る場合のHPは205-183で実数値22上昇させるわけなので8*22-4で172振ってあげるとこの数値になることが分かります。
また、252全振りの場合は32上昇することも覚えておいて損がありません。

HP以外の計算法
ここではガブの最速値を計算してみましょう。

無振り・・・種族値+20(ガブのSの場合122)
能力上昇に必要な努力値が8n-4で、全振りで32上昇する点はHPと同じとなります。

ガブリアスの最速値の計算は
102+20+32=154
まずここまでで補正なしの全振り、つまり準速の値です。最後にこれを1.1倍してやります。
154*1.1=169.4
ポケモンのステータスは小数点以下は切り捨てなので、169という値が出てきます。

※注意点
めざめるパワー採用の場合、一部の個体値が30が理想の場合があります。
この場合は無振り時のステータスはVの時と変わりませんが、ステータス上昇に必要な努力値計算が8n-4ではなく、8nとなりますのでご注意ください。

以上を踏まえれば簡単に脳内でステータス計算ができるようになります。
興味を持ってくださった方のために練習問題です。

(1)種族値85-80-90-105-95-60の6Vのポリゴン2にH244 B140 C92 D20 S12という努力値を施し、性格が「ずぶとい」である時のLv50時のステータス実数値はいくつか?なお、攻撃の数値は無視できるものとする。

(2)種族値81-92-77-85-75-85である6Vの性格「ひかえめ」のニドキングのLv50時のステータスが171-×-124-136-96-109である時、どのような努力値振りが施されているか?

(3)種族値60-60-75-60-75-80である6Vの特性「ヨガパワー」であるチャーレムに「こだわりスカーフ」を持たせた型を育成したい。
以下の条件を満たす努力値振りを行った場合、性格は選択肢のうちどちらがいいか?
条件:素早は最速115族を抜く調整、攻撃は飛び膝で無振りラティオス確2になる107を確保し、残りを耐久に回す
A:いじっぱり
B:ようき

即興で作った問題ですが、ツールを使わずとも計算できるようになりたいなら、この辺は基礎問題と言えると思います。
こういった計算が最近めっちゃ楽しい辺りは私は理系なんだなぁ、と改めて思うところではあります。
答えはMore部分にて発表です。



解答と解説

(1)
正解:191-×-140-137-118-82

解説
種族値:85-80-90-105-95-60
努力値:H244 B140 C92 D20 S12
HP:85+75+{(244+4)÷8}=160+31=191
防:90+20+{(140+4)÷8}=110+18=128、128*1.1=140
特攻:105+20+{(92+4)÷8}=125+12=137
特防:95+20+{(20+4)÷8}=115+3=118
素早:60+20+{(12+4)÷8}=80+2=82

防御の性格補正を忘れずに乗せてあげましょう。

(2)
正解:H116 B212 C148 D4 S28

解説
種族値:81-92-77-85-75-85
実数値:171-×-124-136-96-109
HP:171-(81+75)=15 15*8-4=116
防:124-(77+20)=27 27*8-4=212
特攻:136*0.091=12、136-12=124、124-(85+20)=19、19*8-4=148
特防:96-(75+20)=1 1*8-4=4
素早:109-(85+20)=4 4*8-4=28

上昇補正の逆算に注意。1.1倍のものを1倍に戻すので、0.09をかけてやると約1/11が出てくるので大体補正分の値が出てきます。
これを引いてやった後は他と同じとなります。

(3)
正解:Bのようき

解説
種族値:60-60-75-60-75-80

まず、Sのライン「115族抜き」を計算してみましょう。
最速115族は(115+20+32)*1.1=183
つまりスカーフ時に184の確保、通常時には184*(2/3)=123が必要となります。
この結果により、素早123と攻撃107を確保するのに必要な努力値を算出しましょう。

A:いじっぱり
攻:107*0.091=9、107-9=98、98-(60+20)=18、18*8-4=140
素早:123-(80+20)=23、23*8-4=180
140+180=320(必要努力値の合計)

B:ようき
攻:107-(60+20)=27、27*8-4=212
素早:123*0.091=11、123-11=112、112-(80+20)=12、12*8-4=92
212+92=304

となり、ようきの方がいじっぱりに比べ努力値が16も少なくて済むことが分かります。
同じ数値を確保するなら努力値が少ない方が効率がいいわけなので、Bのようきが正解となります。

まぁ、こんな面倒なことをしなくても「種族値の高い能力に補正をかける」のが基本だと覚えて頂ければ問題ありません。
・・・問題作る方も疲れてしまいました()
[PR]

by genbu-toro | 2012-01-28 21:35 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「逆転裁判5」制作決定 など      ボスゴドラを育成してみる >>