私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 31日

サンダーをゆるーく考察

○サンダー 90-90-85-125-90-100 電/飛
d0220451_1838849.gif
今更ながらファミ通カップの上位100人のKPに関する記事とかをちょいちょいナナメ読みして、一番驚いたのがこの子の多さでした。
19/100で8番目の使用率となりました。弱くはないですけど、ここまで使いたいポケモンとは思ってなかったです。そんなこの子のスペックを検証してみたいと思います。



性能
(参考)ボルトロス 79-115-70-125-80-111 電/飛
今作現れた一番のライバルと思われるボルトロス。Cの値が同じで「いたずらごころ」と、高いSが特長です。
サンダーとしては「ねっぷう」の存在や耐久差などでの差別化が主となります。
特性「プレッシャー」は、エッジなどPPの少ない技を枯らすのにも有用ですが、それ以上にニョロトノ・ユキノオー・バンギラスなどといった天候メンツと先発でかち合った時の特性発動のタイミングで、相手がスカーフ持ちかどうかの判別に使えるのもポイントとなります。
今回はファミ通カップ上位100人の統計の結果、一番多かった「拘り眼鏡」を持たせることを前提として考察してみます。

技候補
雷 10万ボルト ボルトチェンジ 熱風 目覚めるパワー(飛・氷) 寝言

今回は拘りなので、基本的には攻撃技で固めることになります。
めざパですが、少なくとも拘っている時には飛行の優先度の方が高いと考えます。
・格闘に対する遂行速度
・一貫性の高さ
が魅力となります。

努力値考察
性格は控えめ
めざパ飛のため、31-(4n-1)-31-30-30-30で計算します。
技:ボルトチェンジ 熱風 めざパ飛 雷@メガネ
技を入れ替えるなら雷を寝言にするくらいでしょうか。

素早
ガッサに勝てるのに抜けないのは問題があるので、135(120振り)は最低限確保。これ以上振るかどうかは火力や耐久との兼ね合いになります。
火力、耐久
この2つの兼ね合いが非常に難しいのが眼鏡サンダーです。ここでは私の好みの配分を。

H196 C40 D56 S216
実数値:190-×-105-165-117-147
火力:H4振りニョロトノ(H166-D120)をボルトチェンジで乱数下2つを切って1発(87.5%)
物理耐久:A補正ありA252振りバシャーモ(A189)@命の珠のフレアドライブ耐え
特殊耐久:C252振りラティオス(C182)@命の珠の流星群耐え
素早:最速ギャラドス抜き

最初はHPが16n-1になるH191-D116の振りを考えていたら、珠ラティ流星が最高乱数だけかかってしまうので1つずらしました。
耐久は悩みどころです。ラティ@眼鏡の流星群を耐えようとすると火力とSに入れた分をほぼ持って行かれてしまうのでここでは諦めています。
それでも物理・特殊共に大きいものを一発耐えます。ニョロトノと先発対峙した場合でも、特性発動で相手のスカーフ判定ができ、ハイドロポンプを耐えてボルチェンで高確率で倒せる流れにはできますね。

・・・ただ私は乱数勢ではないので、現実にこの子の育成ができないのは残念ですが。
[PR]

by genbu-toro | 2012-01-31 21:01 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< ファミ通カップ上位100人のパ...      「幻想ネーミング辞典」を読んでみた >>