私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 14日

ヒヒダルマを育成してみる

○ヒヒダルマ 105-140-55-30-55-95 炎
d0220451_14202546.gif
なんかすごく今更感があるような気もしますが、ようやくヒヒダルマを育成してみました。
発売前の情報で種族値を知って「コイツやばくね?」みたいなことをサークルの先輩と話していたわけですが、発売後にフタを開けてみると確かに火力が高くて初期は注目されました。
しかし、段々と環境的に辛くなってきたところがありますのでその辺も含めて考察します。


性能
ちからずく+フレアドライブの組み合わせが強力です。
火力の目安としては
-----------------------------------------------------------------
いじっぱりA252振りヒヒダルマ(A211)のフレアドライブ
H252振りカバルドン(H215-B138) 確定2発(62.7%~73.9%)
-----------------------------------------------------------------
この辺りでしょうか。珠や鉢巻を持たせるといよいよえげつないことになりますが、今度は半端なSが足を引っ張ります。

技としては他に
とんぼがえり、ばかぢから、いわなだれ、じしん、アンコール(非スカーフ時)
辺りが候補となりますが、フレアドライブとの威力差が大きいので基本的に実戦ではフレアドライブととんぼがえりの2択になることが多いです。

なぜ減ったか?
火力の高いヒヒダルマですが、先日行われた100人が参加した大規模オフである「シングル厨のつどいオフ」のKPを見てみますと、ヒヒダルマは0でした。同じく高火力として初期の注目をさらったシャンデラは1。
何故これだけの火力を持ちながら採用されないか、ですが

1:繰り出し性能
基本的にスカーフ持たせて先発で蜻蛉ってのが一番多い運用なのですが、蜻蛉で引いた後はほぼ死に出ししかできません。
また先制蜻蛉はパの他のメンツに負担がかかることにもなります。

2:止まりやすさ
炎が半減で、サブウェポンでも抜群の取れない水・龍にとにかく弱いのが難点です。
ブルンゲル・ガブリアス・スイクンなどですね。
更に追い討ちをかけたのが以下の2体の出現です
・あめふらしニョロトノ
相手のパーティにいた時点でほぼ選出できない=腐ってしまう
・マルチスケイルカイリュー
拘りフレドラ状態に出されると起点にされてあぼん。

とにかく環境に多いポケモン全体にあまり刺さるイメージがありません。
そして相手のスカーフにも弱いのはキツイですね。

性格:いじっぱり
フレアドライブ ばかぢから いわなだれ とんぼがえり@こだわりスカーフ
努力値:AS252 H4

育成に関してもほぼこんな感じになってしまうので、面白味がないのも使われない理由かもしれません。
逆に初心者の方にとっては個体値はほぼASのみ粘ればOKで、運用の仕方も分かりやすいのでとりあえず作ってみるにはいいポケモンだと思います。
[PR]

by genbu-toro | 2012-02-14 21:00 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< Lv1モンメンをゆるーく考察      2つの公式Wi-Fi大会が開催決定! >>