私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 15日

Lv1モンメンをゆるーく考察

○モンメン 40-27-60-37-50-66 草
d0220451_10533827.gif
Lv1戦術としては他にココドラやダイノーズ(Lv2)がいますが、モンメンもかなりできる子だと最近気づきました。
・・・気づくのが遅かったわけですが、その分結構マジメに考えてみました。



概要
性格:不問 特性:いたずらごころ
個体値:H19以下で他不問
努力値:0
実数値:11-×-×-×-×-5or6
持ち物:きあいのタスキ

Lv1ココドラがS上昇性格で36振りしてると実数値6なのでこちらも7にしてもいいかな、とも思ったのですが実現にはS上昇性格で148振りが必要です。
インドメタシン×10、しゅんぱつのハネ×48必要なのは別にいいんですが、ココドラと対峙したところでこちらが撃つのは特性の恩恵を受ける技がメインですし、がむしゃらは先攻でも後攻でも特に意味はないこともあり、努力値は不要です。
トリルココドラを警戒するならむしろS下降性格にして実数値5にするという手もあります。

技構成
やどりぎのタネ/みがわり/がむしゃら/選択技

低すぎるHPにより、身代わりで減ったHPをやどりぎで回収できます。
HP個体値をわざわざ低くして11にしたのは身代わりでの消費HPを2にし、満タン時から身代わりを5回貼れるようにするためです。そして、当然身代わりは特性の恩恵で先手で出せます。
あと我武者羅は確定。我武者羅+やどりぎで霊・草以外は倒せることになります。

最後の1枠候補
おきみやげ、わたほうし、まもる、ちょうはつ、アンコール、しびれごな、どくどく

猫騙し警戒の守る、挑発防止用の挑発と対積み技用のアンコール以外は仕事が終わった後の後続サポート用の意味合いが強いです。
置き土産→後続に積みアタッカー
綿胞子→後続にキノガッサ
毒毒→後続にまもみがなど
痺れ粉→一番万能?

まぁ遺伝さえ用意すれば育成の手間はかからないので数パターン作ってみましょうか。

弱点
Lv1戦術はハマれば恐ろしいですが、無論弱点はあります。このモンメンの場合
草タイプ、特性「マジックガード」「マジックミラー」「そうしょく」
※宿木無効。
特性「ヘドロえき」
※宿木が効くものの、逆にダメージを受けてしまいます。この特性を持つのはドククラゲとマルノームだけ。
草・マジガ・マジックミラー・そうしょく・ヘドロえきのポケモンにはがむしゃら撃ち逃げになると思います。
とんぼがえり、ボルトチェンジ
※宿木を解除されつつタスキを潰されてしまいます。
先制技
※タスキが潰れた状態だと要注意です。猫騙し持ちは更に要注意。
連続技
※タスキ貫通されてしまいます。
挑発
※主にがむしゃら効かないブルンゲル

こう見ると弱点だらけなんですが、意外と環境には刺さってるような気がしなくはないです。
昨日ちょこっとお話として出した「シングル厨のつどいオフ」ですが、運営の方がモンメン軸のパで準優勝しているのは注目すべきなんじゃないかと思いました。
[PR]

by genbu-toro | 2012-02-15 21:00 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< マッギョグッズ入手レポート+@      ヒヒダルマを育成してみる >>