私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 17日

ケルディオが正式発表&ゆる考察

ケルディオ
参考記事
「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」という、タイプ的にキュレムが三剣士+ケルディオにボコボコにされる画しか想像できない映画にて登場すると発表されました。

「幻のポケモン」の扱いなので、フィオネですら使えないので種族値によらず普通のルールでは使えないものと思われます。
そこを今回は「もし現状のBWシングル環境にケルディオがやってきたら・・・」というもしも話ではありますが考えてみようと思います。

○ケルディオ 91-72-90-129-90-108 水/闘
d0220451_1424389.gif
タイプはこれまではニョロボンしかいなかった珍しい組み合わせ、種族値はテラキオンとAとCを取り換えたものになっています。配分的に無駄は少ないですね。
ただ、特攻寄りになっているので特性「せいぎのこころ」の恩恵は三剣士に比べて低めとなります。

※今回の考察は「ポケモンWiki」の情報を見ながら行っています。

性能
水技はハイドロポンプ・波乗り・ねっとうと一通り揃います。
格闘技の方ですが、これまで特殊格闘というと命中不安定の「きあいだま」とルカリオやコジョンドなど一部のポケモンしか使えない「はどうだん」くらいしかありませんでした。
しかし、ケルディオは教え技で「しんぴのつるぎ」という技を覚えるそうです。性能としては

威力85 命中100 PP10 闘 特殊 DでなくBでダメージ計算を行う

つまり、サイコショックの威力を5上げた格闘バージョンと言えますね。角で切りつける攻撃なのに何故か非接触技です。
でも威力低いし微妙じゃないの?と思って試しにダメージ計算してみました。
ケルディオ:臆病C252振り(C181)を想定
ダメージ計算ツールに「しんぴのつるぎ」が入っていないので、A252振りテラキオンに威力85の格闘物理技を使ってもらうことで代用しました。
------------------------------------------------------------
ずぶといB252振りハピナス(H330-B68) 確定2発(76.9%~91.5%)
ケルディオ@いのちのたまで同じハピを攻撃 確定1発(100%~119%)
------------------------------------------------------------ 
輝石ラッキーはどっちにしろ確2ですが、ここで重要なのは「特殊受けで止まらない特殊アタッカー」であるということです。
特殊を受けようとするポケモンにはノーマルが特に多く、しんぴのつるぎはそうしたポケモンに刺さります。

水・闘の2タイプはかなり範囲が優秀ですが、この2タイプで太刀打ちできないポケモンとしては
ラティオス・ラティアス・ブルンゲル・ヤドラン・ギャラドス・カイリュー・フシギバナ・乾燥肌ドクロッグ・ワタッコ・ナッシー・ヌケニン
この辺りでしょうか。ケルディオはガマゲロゲに続く「れいとうビーム」を覚えない水タイプなので、竜に打点を持つならめざパ氷しかありません。ブルン・ヤドを意識するならめざパ草or電も候補ですね。

単体性能としては、ウルガモス・バンギラス・カバルドン・ドリュウズを1体で見れる点が非常に優秀で「しんぴのつるぎ」の技性能がよく、ラキグライ無道などの受けループにも強いので現環境では結構強い位置になれるんじゃないかと思います。少なくとも使えてたら育てたかったポケモンではありますね。
三剣士と合わせて考えるとテラキオンとコバルオンの間くらいの強さでしょうか。

性格:おくびょう
ハイドロポンプ(なみのり) しんぴのつるぎ めざパ(氷or電or草) きあいだまorちょうはつorめいそう@珠
努力値:CS252 H4
実数値:167-×-110-181-110-176

育成するならほぼこんな感じでしょうが、あくまでも妄想に過ぎないので悪しからず。
[PR]

by genbu-toro | 2012-02-17 21:00 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< ニョロトノ+キングドラについて      マッギョグッズ入手レポート+@ >>