私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 03日

マッギョを育成してみる2

○マッギョ 109-66-84-81-99-32 電/地

当ブログを始めた当初に、最初にゆる考察したのがマッギョさんです。(→こちら
最初の方は本当にゆるーく始めたんですが、ある時期からは実数値なども交えて結構ガチ気味に考えて投稿した記事もありますし、育成論もこれまでに3件書きました。
そんな訳で、初期とはまた違うマッギョさんの記事が書けるのではないか?ということで第2弾です。

前回記事で書いてきたような理由により、対戦ではマイナーな立ち位置を崩さない我らがマッギョさんです。
ランダムマッチでパーティに入れてみても、選出するのがなかなか厳しいことが多いです;

最初に育てたのはHC振りのややアタッカー気味+爪持たせて場合によっては爪地割れという運ゲを兼ね備えた型で育成してみましたが、役割としては対電気にある程度持てそうなので今回はHD特化で考えます。

-------------------------------------------------------------
性格:おだやかorなまいき 特性:せいでんき
10まんボルト だいちのちから あくび 選択技@オボンor食べ残し
努力値:HD252 B4
実数値:216-×-105-101-166-52(おだやか)
216-87-104-101-166-46(なまいきHD252 A4振り)
-------------------------------------------------------------
・選択技に入ってきそうな技
じわれ でんじは ストーンエッジ(なまいきの場合)

耐久
電気というと、めざパ氷を搭載しているイメージがありますが、どのくらい耐えるのでしょうか。
C252振りサンダース(C162)のめざめるパワー氷70をサンプルに挙げますと
持ち物なし 確4
いのちのたま 高乱3(ほぼ確3)
ジュエル 使った後を考えると低乱3
これはオボンを考慮に入れていないので、考慮に入れると更に確定数がズレます。
逆にマッギョの無振り大地の力でH4振りサンダースは確2ですし、相当耐久に振り込まないと乱数にすらかからないのでサンダースとしてはあり得ませんので、やはり実質2発。

そんなわけで現実的には電気はマッギョを見ると逃げていくことが多いです。
そしてマッギョさんに有利なポケモンが出てくることを考えると補助技としては欠伸の優先度が最も高いんじゃないかと思います。ガブリアスなど地面が出てくることも多いので。
エッジは対ウルガモスピンポイントですが、他に打点がなく積みの恰好の起点となりかねないので。

将棋の記事についてもそうですが、私の場合好きなものについて書く場合、とてもまとまりのない文章になってしまいます。今回もその例にもれずグダグダな感じになってしまいましたがこの辺で。
[PR]

by genbu-toro | 2012-03-03 21:00 | ポケモン(BW) | Comments(0)


<< 「外天楼」を読んでみた      最近の3DSの動向など >>