私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 08日

メタグロスをゆるーく考察

○メタグロス 80-135-130-95-90-70 鋼/超

d0220451_20195064.gif






現環境におけるメタグロス
火力がないと厳しい時代になってきています。メタグロスにおいても同様。
物理のドラゴン共は逆鱗(威力120)をぶっぱなしてきますが、メタグロスは最高打点(大爆発除く)が威力100+タイプ一致のコメットパンチ。しかもタイプは鋼なのであまり優秀とはいえません。
そんなわけで、個人的にメタグロスに持たせる物はこうてつプレート(メタルコート)かこだわりハチマキしかないかな、と思っています。
今回はこだわりハチマキを持たせる前提で考えてみました。

技考察
火力を求めてハチマキを持たせているので、タイプ一致物理の最高威力であるコメットパンチと思念の頭突きは確定です。
残り2枠の選択はバレットパンチ・アームハンマー・トリック辺りが有力ですね。
ハチマキ思念でもHB振りスイクンは3発かかってしまうので、そういったポケモンを呼ぶグロスにトリックというのは非常に有用ではあると思います。求めてきた火力がやや落ちるのは仕方ないですね。

努力値振り
【S】
鉢巻コメットで1発で倒せるため、ある程度バンギラスを意識しておきたいところ。
準速バンギラス(113)を抜ける114が最低ラインなので188振りは確定。
【A】
一番意識するのは、いつも環境の中心にいるラティオスですね。
H4B4振りラティオス(H156-B101)を1発で倒すのに必要な努力値は116(実数値187)。
【特殊耐久】
こちらもラティオスに合わせて調整しておきたいところ。
メガネりゅうせいぐんの連撃では落とされない数値に調整しておきたいですね。
ついでにH16n-1調整も兼ねてH156(実数値175)。これで連撃は耐えられますが、Bにも振る5点振りなので、Dにも余りの4は振っておきます。
【物理耐久】
残った努力値のうち36振ることで
・A200のガブリアスのじしんを確定耐え
・A181のテラキオン@いのちのたまのストーンエッジ+インファイトを確定耐え
の2つを実現させることができます。

8余った分は、Aのハチマキ補正の1.5倍が効率が良くなる偶数になるように振ってやりたいと思います。
以上をまとめますと

-----------------------------------------------------
メタグロス 性格:いじっぱり 特性:クリアボディ
コメットパンチ しねんのずつき 【トリック・バレットパンチ・アームハンマー】から2つ@こだわりハチマキ
努力値:H156 A124 B36 D4 S188
実数値:175-188-155-×-111-114
-----------------------------------------------------

猛威を奮っていると言う訳でもなく、かと言って消える訳でもなくそれなりに存在感はある、という感じのポケモンかなぁと思っています(
1回この配分で育成して使ってみたい気はします。
[PR]

by genbu-toro | 2012-09-08 21:01 | ポケモン(BW2) | Comments(0)


<< 「すぐ勝てる!先手中飛車」を読...      「リズムハンター ハーモナイト... >>