私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 23日

「菅井ノート 先手編」を読んでみた

d0220451_17192782.jpg


















本日発売となりました本書を早速購入し、ひとまず一通り読みましたのでレビューします。
速読した、つまりナナメ読みなので、何か追記することがあったらこの記事は何回か修正することにはなると思います。
※後手編以上に記事が長くなることだけ予告しておきます。

菅井ノート 後手編」はゴキゲン中飛車に対する先手の超速にほぼ絞った内容でしたが、本作は石田流・先手中飛車・相振りに触れています。

第1章 石田流急戦 約60ページ
初手から▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8四歩 ▲7八飛に「△8五歩」とする居飛車側としては最強の一着です。

・▲7四歩型急戦
鈴木流は手順に触れて「旗色が悪い」とした上で、▲7四歩 △同歩 ▲4八玉とする展開について書かれています。
「変化も複雑になるのでゆっくり読んでほしい」とあるように、石田流の急戦は△4五角の筋がつきまとうので非常に難解な変化が多く出てきます。



個人的に印象に残った局面がこれ。▲4八玉以下、△8八角成 ▲同銀 △4五角 ▲7四飛 △6七角成 ▲5五角 △7三歩 ▲6二歩と互いに妥協なく進めたところです。
以下は馬を取りに行って互角との見解を示しています。
また、▲7四歩に△同歩ではなく△6二銀が見直されていることにも触れられています。

・▲4八玉型
いわゆる升田式石田流。
この戦型に関しては「石田流の基本【早石田と角交換型】」で詳述されていますが、本書でも同様の変化は出てきます。
その升田幸三実力制第四代名人が指した▲6七角が現在有力手となっているという戦法ですね。

・▲7六飛早浮き型
実戦で初めて指したのが著者自身ということで「菅井流」と呼ばれます。しかし、この手は江戸時代に既に指されていたという記録もある手だそうです。このことについて「100年以上の時を経て▲7六飛を復活させることができたことは、現代に生きる棋士として大きな誇りでもある」と述べています。
第1号局の対谷川浩司九段戦に触れ、△4五角と打つ形はこの棋譜をベースに進行します。なお、第1号局は先手負けだったのですが、本書の研究では△4五角は先手良しの結論となっています。

難解なのが▲7六飛に△2二銀とする形です。これには早い動きで7筋交換してから玉を囲って互角です。

第2章 石田流持久戦 約40ページ
今度は後手が左美濃のような持久戦策に出た場合です。

・△3一玉型左美濃
まずは先手が7七桂+9七角の形に組んだ形と左美濃の対抗から。
細かい工夫を見せた後固め合いとなりますが、この場合後手には穴熊まで組まれています。先手はダイヤモンド美濃ですが、堅さ的にはやや劣っておりうまく指す必要が出てくるので▲7七角型の方が魅力的とのことです。

・▲7七角型
主流となっている局面がこちら。



この△5四歩が強敵で、これをいかに攻略するかが先手の課題となります。
ここでの候補手として
▲6五歩
▲4六歩
▲4五銀
と順に検証されていきますが、結論から言うと全て振り飛車が良くなりません。

そこで登場するのが▲9六歩です。これは特に狙いを秘めた手という訳ではなく、後手の動きを一手待ってから動こうという態度を保留した手です。
実際△2三銀なら▲6五歩、△5五歩には▲4五銀~6五歩~7四歩~3六飛と角頭を狙う手があるので後手としても動きが難しいのです。
よって△9四歩と端の突き合いとなりますが、こうすることで端を絡めた攻めが可能となるため攻め筋が広がります。
しかし、これに対しても居飛車側にうまい対応があり先手が攻め切れないということで、この戦型は後手持ちの空気になっているようです。
しかし、著者の研究は△9四歩に対し▲9八香と更にもう一手待つ指し方に言及します。
この▲9八香は実戦例は少ないものの著者自身も2012年11月の順位戦C2組の斎藤慎太郎四段戦で採用しており、本書でもこの実戦に触れて解説がしてあります。

なおP86で「第三の手段▲4五銀」P96で「第三の手段▲9六歩」とあるので、後者は「第四の手段」の誤植と思われます。

第3章 石田流VS角交換型 約30ページ
・後手角交換型
まずは▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩に角交換する形。
角交換に▲同飛は一時期注目されましたが、研究量が必要であり1八に飛車が残ることになるので減少気味です。
▲同銀 △4二玉には▲6八飛以下穏やかになります。先手は機を見て向かい飛車に変化するのが狙いとなります。

最近増えているのが△8八角成 ▲同銀に△5四歩とする形です。
これに▲6八飛には後手は相振り飛車にするのが狙いで、こうなると先手の7五の歩が伸びすぎになるきらいがあります。

・振り飛車の修正策
△5四歩に▲6八飛は不満とあって、▲7七銀が指されるようになりました。
以下先手は5六歩~5八飛と中飛車に構えるのが本筋となります。

第4章 石田流VS△1四歩型 約15ページ
・最新の△1四歩型
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △1四歩として先手に打診してくる策です。
ここでは▲7八飛と構え、その瞬間に角交換してくる指し方に重点が置かれています。角交換から△3二銀と上がる構想が優秀で大変です。

なお、△1四歩に▲1六歩と突き返すのは相振り飛車にされるのが嫌味で、▲7八飛に△1五歩なら振り飛車が穴熊に潜って十分との見解です。

・△1四歩の対抗策


△3二銀に▲1六歩がそれ。
順位戦C1組の▲佐々木慎六段-△金井恒太五段戦で出現しました。
これには△4五角が成立して後手良しが定説でしたが、本書では菅井研究の秘手が出てきます。

第5章 先手中飛車VS△6四銀 約60ページ
・△6四銀対抗型-△2二玉型
後手が2手目△8四歩を突いてきて石田流を牽制した場合は中飛車が主流です。
この戦型では▲7五銀として銀交換をぶつけるのが常識化している手ですね。
2二玉型は中央が薄いのが弱みと言えます。

・△6四銀対抗型-△3二玉型
まずは△3二玉+4二金型に触れ、細かい攻防で攻め切るかどうかギリギリの変化も多いですが、振り飛車させる展開になるということらしいです。
そこで登場するのが郷田新手△5二金右。この手は将棋の手としては普通なのですが、この戦型では▲7一角などのキズが残るため指されることのなかった手です。
これがまた難敵ですが、これにも菅井研究の一手があります。

第6章 中飛車VS持久戦 約25ページ
・中飛車対△5四歩型持久戦
やはり実戦的には堅い玉が好まれるため、居飛車側の持久戦策について。
これにも菅井流と呼ばれる▲1六歩があります。▲1五歩と突くことで、穴熊でありながら端攻めを見せて後手の穴熊を牽制している意味合いがあります。
これが面白くないので後手は銀冠に組むのが本筋です。これにあまり悠長なことをすると端から逆襲を喰らってしまうので、先手も早めに動いていくことになります。具体的には▲4八飛を早めにするのが有力です。

第7章 中飛車VS一直線穴熊 約20ページ
・中飛車対一直線穴熊
「後手編」でも出てきますが、対先手中飛車でも有力です。この場合は▲5五歩と位を取らせることになります。
これには早めに▲5四歩と突く手が勧められています。

第8章 相振り飛車 約25ページ
・定跡編


現在の最新形について触れられています。

・実戦編
相振り飛車の自戦解説2局があります。
・2011年7月 第5回大和証券杯ネット将棋最強戦 対豊島将之六段戦
・2011年11月 第25期竜王戦6組 対甲斐智美女流王位戦

【まとめ】
「後手編」がほぼ超速本だったわけですが、本書は石田流と中飛車に触れられています。
要は「前著は狭く深く、本書は広く浅くな内容なのだろう」と思っていた節もありましたが、本書も非常に濃ゆい内容となっていました。
随所に著者独自の研究手が飛び出してきます。そのため私はまだ脳内でうまく整理ができていません。そのため記事が長大になりました。申し訳ありません。

著者は現在順位戦C2組で現在トップの成績です。前期は1敗で終えながら全勝3人という珍事で頭ハネを喰らっただけに、今期は必ずや昇級してくれるものと思い応援しています。これからの活躍に期待です。
[PR]

by genbu-toro | 2013-01-23 23:59 | 棋書 | Comments(0)


<< 「Wii U Direct N...      PS4のうわさ >>