私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 25日

6世代のマッギョさんを考えてみる

・マッギョ 109-66-84-81-99-32 地/電

d0220451_19365447.gif






今日は、考察というよりも5世代に比べてマッギョという存在がどうなのか、ということだけ考えます。そういうことなので努力値はまた別の機会に考察します。

12月発売の図鑑でまた新たに判明するかもしれませんが、現段階で判明している今作新たに習得した技は以下の5つ。
・まとわりつく
・ないしょばなし
・かいでんぱ
・さきどり
・ミラータイプ

このうち、ないしょばなしはかいでんぱの下位互換、さきどりは技の性質上Sが遅いマッギョには合わないので採用されることはない技でしょうし、ミラータイプもあまり合ってないと考えています。

残るはまとわりつく、かんでんぱの2つ

・まとわりつく(虫 特殊 威力20 命中100)
「まきつく」「マグマストーム」などのようないわゆる拘束技。
この技と「どくどく」「あくび」といった状態異常技と併せて嫌らしく攻めることは可能。
現在私が考えているのはまとわりつく/毒orあくび/眠るor10万/大地@カゴorオボンのような構成。

・かいでんぱ(電 変化 命中100)
相手の特攻2段階ダウン。
基本的に特殊電が役割対象だったりするので、その役割をより強くするなら採用の余地はあるかもしれません。
しかし、呼ぶのがガブ・グライオンなど物理寄りなのでそれを考えると微妙。

かいでんぱのところで呼ぶポケモンについて出しましたので、現環境で呼ぶポケモンなどについても考えておきます。
5世代で辛かったのはラティオス・ガブリアス・サザンドラ・グライオン・キノガッサ・ウルガモス(エッジ非所持の場合)辺りでした。

現在はラティオスはいないですが、その他について考えますと

・5世代に比べ増加傾向
ガブリアス、グライオン

・減少傾向
サザンドラ・キノガッサ・ウルガモス

・その他6世代で増えてきたつらいポケモン
ウォッシュロトム・メガフシギバナ・ヌメルゴン・パンプジンなど

全体的にはマッギョは6世代の方が動きやすいのではないかと考えています。
キノガッサ・ガモスと、起点にされてしまうと終了に近かったポケモンが減少しましたし、その代わりに6世代で増えてきたマッギョに強いポケモンはそういう性能のポケモンではないので。

現状考えているのはマッギョ+バルジーナ+パルシェンという組み合わせ。ガブグライなどをパルシェンで牽制させてみたいと思ってます。
この3匹だと水ロトムが重くなるので、あとはなるべくロトムが重くならないようにして、ポケバンク解禁後に1回パーティにしてみたいと考えてます。
[PR]

by genbu-toro | 2013-11-25 20:17 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< 「nanoblock」なるもの...      平成25年九州場所総括と来場所... >>