私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 01日

メガルカリオについて考える

・メガルカリオ 70-145-88-140-70-112 闘/鋼
ルカリオ:70-110-70-115-70-90 闘/鋼

d0220451_215365.gif





やたらにリオルを孵化してるので、メガルカリオについて考えてることを書き留めておきます。
ルカリオからACが上がった上に特性が「てきおうりょく」となり、ルカリオからの火力の上昇は相当なものと言えます。

Sも112という数値は高めですが、第6世代でこれ以上の数値のポケモン(ゲッコウガ、オンバーン、ルチャブル、メガライボルトなど)も出てきていますので過信は禁物。
また、メガシンカしたターンは元のS(90)での判定になるので、その部分でも扱いに注意を要するポケモンと言えます。

主な技
・物理
インファイト(飛び膝) バレットパンチ 神速 噛み砕く ストーンエッジ じしん れいとうパンチ
・特殊
波動弾 ラスターカノン 真空波 シャドーボール 悪の波動 サイコキネシス 竜の波動
・補助
剣の舞 悪巧み 身代わり

技はなかなか豊富にありますが、現在私が考えてるのは陽気AS物理一本or無邪気AS両刀or無邪気CS両刀。
通常時のルカリオの特性は精神力、不屈の心、正義の心とありますが、基本的にすぐにメガシンカするポケモンなので交代際に発動する可能性のある正義の心が若干優先度が高いかな?という程度。
ただし、悪も1/4ではなくなりましたし、耐久自体もメガシンカではあまり伸びてないので注意。

型考察
1:物理一本
性格:陽気
インファイト 神速 バレットパンチ 剣の舞@ルカリオナイト
努力値:AS252 H4

特に変哲のない物理型。この技構成は最も「抜き」を意識したものになっています。
対応力を求めるなら先制技のどちらかか、剣の舞を切って噛み砕くなりエッジなりが入ってくることになるでしょう。

2:AS両刀
性格:無邪気
インファイト シャドーボールor悪の波動 神速orバレットパンチ ストーンエッジ@ルカリオナイト
【努力値案】
壱:AS252 C4
弐:A228 S252 C28
参:A204 S252 C52

以上のC調整はH201-D101ヤドランに対する乱数がズレる数値で分けています。
シャドーボールor悪の波動で壱は93.4%、弐は98.4%、参は100%の確率で2発で倒すことができるようになっています(4振りがないと乱数は84.8%にまで落ちます)。

両刀というよりも、シャドーボールでヤドランやパンプジンに対して役割破壊をしようという構成。
噛み砕くだとASでも確定数が物足りないため、超霊に対する破壊技は特殊技のほうが優先されると考えます。

3:CS両刀
性格:無邪気
インファイト ラスターカノン シャドーボールor悪の波動 神速or真空波@ルカリオナイト
努力値:CS252 A4

特殊に振ったところで、波動弾よりもインファイトのほうが入るのでエアームドなんかを意識しない限りはインファイト採用になるのかな、と考えます。
この型の利点は、ラスカノという技のデメリットのなさと、この技が後出しの考えられるメガフシギバナにも通るところとなります。

とにかく孵化しまくってるので色々な型を試してみたいところ。
[PR]

by genbu-toro | 2013-12-01 22:14 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< 2013年の流行語大賞が決定!      「菅井ノート 実戦編」を読んでみた >>