私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 16日

メガカイロスについて考える

・メガカイロス 65-155-120-65-90-105 虫/飛
カイロス:65-125-100-55-70-85 虫

d0220451_19283771.png






メガシンカして遅くなるヘラクロスとは対照的に、素早くなり特性「スカイスキン」も得ました。
耐久力が大きく伸び、重戦車となったメガヘラクロスに対しこちらはそこそこ速めのアタッカーという印象になっています。
特性「スカイスキン」により、安定ウェポンである恩返しが102×1.3(スカイスキン)×1.5(タイプ一致)で威力が約198となります。先制技の電光石火やフェイントにも補正がかかるため、そちらもそこそこの威力になります。

主な技
・攻撃技
恩返し 暴れる 空元気 地震 ストーンエッジ インファイト 電光石火 フェイント ハサミギロチン
・補助技
剣の舞 ステルスロック

すてみタックルという技も覚えますが、第3世代限定であるため先制技やインファイトとの両立ができないのが痛く、候補に入れにくいですね。
また、「ヘラコロスマン」的な呼称をされることも多いですが、ヘラクロスは遺伝技の遺伝元であるという関係性も面白いなと感じています(

---------------------------------------------------
性格:陽気 特性:好み()
恩返し 地震 インファイトorストーンエッジ フェイント@メガストーン
努力値:AS252 H4
実数値(メガシンカ時):141-207-140-×-110-172
実数値(通常時):141-177-120-×-90-150
---------------------------------------------------

調整点も調整する意味も見いだせなかったのでAS。
ハサミギロチンもノーマル技なので、メガシンカしてしまえばゴースト技に通ります。通常時型破りなら頑丈にも効いたりするのでそういうかき回しもできなくはないですね。

特性は
かいりきバサミ:ギャラドス・クチート・ボーマンダ・グランブルなどの威嚇ポケモンに多少強くなる
型破り:メガシンカしていない状態でロトム、ゲンガー辺りに地震が当たる
自信過剰:相手のHPが少ない時にメガシンカせずに倒し特性発動→メガシンカでの超火力という可能性
と、それぞれに良さがあるので好みで選択。私は一応型破りで孵化してみましたが。

個人的にS105でメガガルーラやメガリザードン両方、ガブリアスなんかよりも速いので結構評価が高いんですが、ファイアローによってかなり抑制されてしまってるポケモンであると言えますね。
「今後の環境次第では化ける可能性がある」ポケモンの一角として考えてます。
[PR]

by genbu-toro | 2013-12-16 20:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< 第3回電王戦の詳細が決定!      メリープを厳選してみました >>