私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 26日

【シングル】レーティングシーズン2の環境まとめ

レーティングシーズン2結果(PGLサイト)

シーズン2が終了し、レーティングのランキングのみならず、各ルールでの使用率上位12位までのポケモンの表示や技の所持率、特性の比率、性格の比率、持ち物の比率、倒す時に使った技の割合、倒された時に使われた技の割合まで細かく表示されるようになっていますね。
これを基にシーズン2の環境を探ってみたいと思います。

使用率上位12体のポケモン名、技の所持率上位、特性、性格上位、持ち物上位をまとめておきます。

使用率上位12体
1:ガブリアス
・技
地震(99.8%)、逆鱗(88.9%)、剣の舞(39.5%)、ストーンエッジ(36.9%)、岩石封じ(27.9%)、大文字(13.7%)、岩雪崩(13.4%)、ステルスロック(12.8%)、アイアンヘッド(12.6%)、毒づき(10.9%)
・特性
鮫肌(91%)、砂隠れ(9%)
・性格
陽気(80.1%)、意地っ張り(13.2%)、無邪気(5.4%)
・持ち物
きあいのタスキ(38.4%)、こだわりスカーフ(18.0%)、こだわりハチマキ(14.8%)、ラムのみ(12.3%)、ゴツゴツメット(4.8%)

やっぱりガブがナンバーワン!
技は地震と逆鱗はほぼ持っていて、残り2枠が割れている感じ。持ち物はタスキが最多ですが、ラムまでは一定数見かけます。
5世代までそれなりの数いた砂隠れと、持ち物の食べ残しや光の粉も同時に激減。

2:ギルガルド
・技
影打ち(90.6%)、キングシールド(84.9%)、シャドーボール(78.3%)、聖なる剣(66.7%)、ラスターカノン(29.9%)、剣の舞(15.6%)、アイアンヘッド(13.4%)、めざめるパワー(8.7%)、シャドークロー(2.9%)、身代わり(2.8%)
・特性
バトルスイッチ固定
・性格
冷静(64.1%)、勇敢(22.2%)、意地っ張り(7.7%)
・持ち物
弱点保険(67.1%)、風船(9.6%)、食べ残し(4.6%)、命の珠(4.3%)、防塵ゴーグル(4.0%)

冷静でシャドーボール/影打ち/聖なる剣/キングシールド@保険というテンプレがそのまま割合に出ている感じです。

3:ガルーラ
・技
不意打ち(73.7%)、恩返し(72.5%)、地震(70%)、グロウパンチ(54.6%)、猫騙し(27.5%)、噛み砕く(18.2%)、岩雪崩(16.9%)、すてみタックル(9%)、大文字(8.6%)、身代わり(6.1%)
・特性
肝っ玉(79%)、早起き(20.7%)、精神力(0.4%)
・性格
陽気(52.2%)、意地っ張り(40.6%)、控えめ(2%)
・持ち物
ガルーラナイト(99.9%)

このポケモンの情報で一番大きそうなのは性格でしょうか。
意地っ張りよりも陽気が多いということは、このポケモンを見た時は最速である可能性が高いと思っていたほうがいいということになりますね。

4:ファイアロー
・技
ブレイブバード(98.7%)、フレアドライブ(84.2%)、蜻蛉返り(69%)、鬼火(36.4%)、寝言(23.9%)、羽休め(21.9%)、挑発(13.4%)、剣の舞(13.4%)、追い風(11%)、鋼の翼(8.8%)
・特性
疾風の翼(99.8%)、炎の体(0.2%)
・性格
意地っ張り(77%)、陽気(17.7%)、腕白(2.4%)
・持ち物
こだわりハチマキ(50.5%)、命の珠(23.9%)、ゴツゴツメット(7.1%)、※あおぞらプレート(5.8%)、オボンのみ(2.8%)
※同効果「するどいくちばし」の数値(1%)を加算した数値としている。

ヒードランを物ともせずに上位に食い込んでくる序盤鳥。
シーズン2では陽気の方が多くなるかとも思っていたのですが、結局意地っ張りのほうが多数派ですね。

5:バンギラス
・技
噛み砕く(61.5%)、ストーンエッジ(42%)、ステルスロック(36.8%)、岩雪崩(34.1%)、地震(30.8%)、追い討ち(29.3%)、吠える(21.6%)、電磁波(19.1%)、龍の舞(17.3%)、冷凍ビーム(14.2%)
・特性
砂起こし(99.9%)、緊張感(0.1%)
・性格
意地っ張り(45.6%)、慎重(17.7%)、陽気(17.3%)、控えめ(7.5%)
・持ち物
バンギラスナイト(20%)、とつげきチョッキ(15.8%)、食べ残し(14.1%)、オボンのみ(11.9%)、こだわりハチマキ(5.2%)、こだわりスカーフ(5.1%)、ラムのみ(5%)、きあいのタスキ(4.9%)、弱点保険(4.8%)、ヨプのみ(4.8%)

見ただけでは型が読みづらいポケモン。
地震の割合が意外と高い辺りにギルガルドの影響力を感じますね。とつげきチョッキとこだわり2種を考えると約1/4はフルアタということになるんでしょうね。
ラティが減ったのに意外と追い討ち持ちがいるのはゲンガーの影響が大きそうな感じですね。

6:ウォッシュロトム
・技
ハイドロポンプ(98.4%)、ボルトチェンジ(87.6%)、10万ボルト(64.2%)、鬼火(50.9%)、トリック(36.2%)、めざめるパワー(15.3%)、光の壁(12.9%)、リフレクター(10.8%)、電磁波(7.8%)、眠る(3.4%)
・特性
浮遊固定
・性格
控えめ(50.8%)、図太い(29.8%)、臆病(12.6%)、穏やか(6.3%)
・持ち物
オボンのみ(32.5%)、こだわりスカーフ(23.6%)、こだわりメガネ(18.8%)、光の粘土(7.8%)、ゴツゴツメット(5.2%)、食べ残し(5%)、カゴのみ(3.1%)

生きる負け筋だけど便利なポケモン。
シーズン1に比べ、拘り率が上昇しています。
壁の2種の間に少し差があるのは、ハイドロポンプ/電気技/光の壁/鬼火というカスタマイズをしているロトムもいるということの現れでしょうか。

7:ゲンガー
・技
シャドーボール(83.5%)、道連れ(64.4%)、ヘドロばくだん(53.5%)、鬼火(33.4%)、身代わり(32.5%)、滅びの歌(19.3%)、マジカルシャイン(17.9%)、守る(17.7%)、挑発(14.7%)、金縛り(13.8%)
・特性
浮遊固定
・性格
臆病(97%)、控えめ(1.2%)、せっかち(0.8%)、むじゃき(0.5%)
・持ち物
ゲンガナイト(50.9%)、きあいのタスキ(32.9%)、※くろいヘドロ(13.4%)、命の珠(1%)、こだわりメガネ(0.7%)
※毒タイプにとっては同効果の「食べ残し」の数値0.1%を加算している

シーズン1に比べかなり人気が上昇しているポケモン。
持ち物はメガストーンとタスキの2大勢力ですが、メガストーンがリードしている状態。
ゴースト技が鋼に通るようになったこともあり気合球は優先されなくなったので、持っているゲンガーと当たった場合は事故と言えるでしょうか。

8:クレセリア
・技
冷凍ビーム(74%)、サイコキネシス(70.1%)、月の光(68%)、三日月の舞(43.2%)、電磁波(41.9%)、毒々(18.5%)、瞑想(17%)、トリックルーム(14.7%)、ムーンフォース(12.4%)、めざめるパワー(12.1%)
・特性
浮遊固定
・性格
図太い(88.6%)、穏やか(3.5%)、臆病(3.1%)、控えめ(2.1%)
・持ち物
ゴツゴツメット(83%)、オボンのみ(8.4%)、食べ残し(4.1%)、カゴのみ(0.8%)、光の粘土(0.8%)

現状はいわゆる「月光乱舞」が多い状況。
5世代はエアームド=ゴツメというイメージでしたが、今ではクレセ=ゴツメと言っても過言ではないくらいの割合になってますね。

9:マリルリ
・技
じゃれつく(99%)、アクアジェット(97.9%)、馬鹿力(66.1%)、腹太鼓(51.1%)、滝登り(38.1%)、アクアテール(22.5%)、はたき落とす(7.7%)、瓦割り(3.2%)、地ならし(2.4%)、滅びの歌(2.1%)
・特性
力持ち(99.2%)、草食(0.7%)、厚い脂肪(0.1%)
・性格
意地っ張り(92.6%)、勇敢(2.6%)、腕白(2.5%)
・持ち物
オボンのみ(61.2%)、とつげきチョッキ(17.6%)、風船(6.4%)、こだわりハチマキ(6.1%)、ラムのみ(3.4%)

約半分がぽんぽこ。
そのため、一致技の滝登り・アクテの採用率がそこまで高くないですね。

10:フシギバナ
・技
ヘドロばくだん(94.3%)、ギガドレイン(88.3%)、光合成(58.4%)、眠り粉(49.7%)、めざめるパワー(37.4%)、やどりぎのタネ(34.4%)、地震(9.3%)、吠える(7.5%)、エナジーボール(4.9%)、毒々(3.6%)
・特性
深緑(70%)、葉緑素(30%)
・性格
図太い(32%)、穏やか(31.4%)、控えめ(30.9%)
・持ち物
フシギバナイト(96.9%)、※くろいヘドロ(2.3%)
※毒タイプにとっては同効果の「食べ残し」の数値0.1%を加算している

技は基本的にはやどりぎのタネまでは警戒したいところですが、ヒードラン意識の地震、眠りリセットは無くなりましたが眠り粉吠えるの可能性も捨てきれないポケモン。
性格は図太い穏やか控えめの差が殆ど無いため、努力値振りの個性がかなり分かれていると思われます。

11:リザードン
・技
ソーラービーム(52%)、龍の舞(42.3%)、フレアドライブ(41.7%)、逆鱗(34.7%)、エアスラッシュ(28.4%)、火炎放射(24.7%)、オーバーヒート(22.8%)、瓦割り(22%)、気合球(22%)、大文字(19.6%)
・特性
猛火(91.9%)、サンパワー(8.1%)
・性格
臆病(39.5%)、意地っ張り(24.6%)、陽気(18.7%)、控えめ(11.9%)
・持ち物
リザードナイトY(52.5%)、リザードナイトX(47%)

実質2種のポケモン。
メガシンカの人気がほぼ五分五分なので非常に読みにくいですね。
Yは最速である可能性が高く、Xはやや意地っ張りが多め。

12:ギャラドス
・技
地震(81.7%)、滝登り(77.4%)、こおりのキバ(75.1%)、龍の舞(74.6%)、挑発(23%)、アクアテール(14.8%)、ストーンエッジ(13.7%)、電磁波(11.8%)、身代わり(11.4%)、毒々(2.7%)
・特性
威嚇(99.5%)、自信過剰(0.5%)
・性格
意地っ張り(52.7%)、陽気(33.9%)、腕白(10.4%)
・持ち物
ギャラドスナイト(61.9%)、ゴツゴツメット(18.7%)、ラムのみ(6.6%)、食べ残し(5.2%)、オボンのみ(1.9%)

パーセンテージを見ると、意地っ張りで滝登り/地震/こおりのキバ/龍の舞@ギャラドスナイトがテンプレでしょうか。
逆鱗の所持率が毒々の2.7%よりも低いというのはやや意外な気もします。

・・・ここまでを踏まえ、シーズン2で多かったポケモンでPTを作ってみますと

d0220451_19404342.png









実はこの上位6体、順位こそ違えどシーズン1でも6位内だった6体であり、実はムーバー解禁してもそこまで大きく環境は変化していないのでは?と思わないでもないですね。
多かった特性・性格・技を構成として並べてPT風に書いて終わりにします。

・ガブリアス 性格:陽気 特性:鮫肌
地震 逆鱗 剣の舞 ストーンエッジ@きあいのタスキ

・ギルガルド 性格:冷静 特性:バトルスイッチ
影打ち キングシールド シャドーボール 聖なる剣@弱点保険

・ガルーラ 性格:陽気 特性:肝っ玉→親子愛
不意打ち 恩返し 地震 グロウパンチ@ガルーラナイト

・ファイアロー 性格:意地っ張り 特性:疾風の翼
ブレイブバード フレアドライブ 蜻蛉返り 鬼火@こだわりハチマキ

・バンギラス 性格:意地っ張り 特性:砂起こし
噛み砕く ストーンエッジ ステルスロック ※地震@バンギラスナイトor食べ残し
※本来4番目の岩雪崩はストーンエッジとの選択であると思われるため、5番手の地震を繰り上げ。また、ガルーラがメガシンカすることとステルスロックが使用率上位であることを考慮し、2番手のとつげきチョッキではなく3番手の食べ残しを併記しました。

・ウォッシュロトム 性格:控えめ 特性:浮遊
ハイドロポンプ ボルトチェンジ 10万ボルト 鬼火@オボンのみ
[PR]

by genbu-toro | 2014-02-26 19:53 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< 【スペシャル】レーティングシー...      平成26年春場所の番付が発表! >>