私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 04日

【スペシャル】レーティングシーズン1の環境まとめ

レーティングシーズン1結果(PGLサイト)

シングルと同様に、スペシャルルールのシーズン1も一応資料としてまとめておこうと思います。
ルールは「XYで新しく登場したポケモン限定でのシングルバトル」でした。
主にシーズン1シングルでの情報と比較して行きたいと思います。

1:ホルード
・技
地震(100%)、電光石火(82%)、恩返し(78.3%)、蜻蛉返り(41.4%)、ストーンエッジ(20.5%)、剣の舞(17.7%)、岩雪崩(16.7%)、岩石封じ(12.8%)、ワイルドボルト(6.4%)、毒々(4%)
・特性
力持ち(100%)
・性格
意地っ張り(72.7%)、陽気(26.7%)
・持ち物
きあいのタスキ(28.8%)、こだわりスカーフ(21.9%)、ラムのみ(21%)、オボンのみ(5.2%)、ノーマルジュエル(5.2%)、命の珠(4.2%)

シングルでも活躍するファイアローを抑えまさかの1位。ギルガルドを意地っ張りAぶっぱの地震で75%の確率で倒せ、圧倒的に有利なのが大きいのかもしれません。
シングルに比べてスカーフが少なく、ラムが多くなっています。

2:ファイアロー
・技
ブレイブバード(97.2%)、フレアドライブ(87.5%)、蜻蛉返り(65.2%)、鬼火(42.3%)、羽休め(17.3%)、鋼の翼(17%)、剣の舞(14.3%)、寝言(11.8%)、オーバーヒート(10.7%)、挑発(9%)
・特性
疾風の翼(99.6%)、炎の体(0.4%)
・性格
意地っ張り(56.4%)、陽気(33.9%)、腕白(3.1%)、無邪気(2.7%)
・持ち物
こだわりハチマキ(42.6%)、命の珠(31.1%)、ゴツゴツメット(5.8%)、※あおぞらプレート(5.5%)、オボンのみ(5.3%)、ラムのみ(5%)

あらゆるルールで暴れ狂う鳥ポケモン。
フシギバナという存在がないからか、寝言の比率が低く、鋼の翼が多くなっています。

3:ギルガルド
・技
影打ち(90.1%)、キングシールド(82.9%)、シャドーボール(59.6%)、聖なる剣(44.5%)、ラスターカノン(41.9%)、アイアンヘッド(36.4%)、剣の舞(28.6%)、シャドークロー(4.2%)、身代わり(4.1%)、諸刃の頭突き(1.6%)
・特性
バトルスイッチ固定
・性格
冷静(43.2%)、勇敢(30.6%)、意地っ張り(17.2%)
・持ち物
弱点保険(46.3%)、風船(24.8%)、ラムのみ(7.9%)、食べ残し(5%)、命の珠(3.7%)、シュカのみ(3.1%)

他ルールでも強いポケモンその2。
ホルード意識からか、風船持ちが多めです。

4:ゲッコウガ
・技
冷凍ビーム(85.9%)、悪の波動(49.5%)、水手裏剣(40%)、草結び(39.3%)、波乗り(39.2%)、ハイドロポンプ(26.2%)、蜻蛉返り(22.7%)、影打ち(20.2%)、毒菱(12.5%)、熱湯(9.5%)
・特性
変幻自在(96.6%)、激流(3.4%)
・性格
臆病(43.1%)、無邪気(27.2%)、せっかち(13.4%)、陽気(5.9%)、控えめ(5.1%)
・持ち物
きあいのタスキ(73.9%)、命の珠(11.1%)、達人の帯(3.9%)、こだわりスカーフ(3.3%)

他のルールでは類を見ない水手裏剣の採用率が目を引きます。
ファイアロー、スカーフorタスキホルードの存在を意識する必要が有るためですね。

5:ブロスター
・技
水の波動(90.9%)、悪の波動(88.1%)、竜の波動(72.7%)、アクアジェット(56.3%)、波動弾(54.2%)、冷凍ビーム(16.2%)、ヘドロウェーブ(9.8%)、熱湯(5.2%)、ヘドロばくだん(4.3%)、毒々(0.6%)
・特性
メガランチャー固定
・性格
控えめ(86.8%)、冷静(11.9%)
・持ち物
とつげきチョッキ(66.1%)、オボンのみ(9.7%)、こだわりメガネ(9.1%)、達人の帯(5.8%)、命の珠(4.1%)

ゲッコウガと両立はあまりされないため、水特殊というカテゴリで違う性能を持つため選択肢となっているポケモンということでしょうか。
シングルに比べて波動弾持ちが少なく、アクアジェットが多いのが特徴。

6:ヌメルゴン
・技
竜の波動(61.8%)、10万ボルト(59.6%)、大文字(58.8%)、流星群(52.2%)、火炎放射(34.2%)、ヘドロばくだん(33.5%)、ヘドロウェーブ(31.7%)、カウンター(11.4%)、冷凍ビーム(9.3%)、濁流(6.6%)
・特性
草食(55.4%)、ぬめぬめ(43.3%)、うるおいボディ(1.3%)
・性格
控えめ(68.8%)、穏やか(12.7%)、図太い(8.1%)、臆病(4.2%)
・持ち物
とつげきチョッキ(57.5%)、こだわりメガネ(15.9%)、オボンのみ(6.5%)、食べ残し(5.4%)、達人の帯(4.6%)

やはりフシギバナの存在の有無の違いからか、ぬめぬめがだいぶ多め。
そして竜技がこちらのルールでは竜の波動の方が多くなっています。

7:クレッフィ
・技
イカサマ(79.5%)、身代わり(67.4%)、電磁波(51.3%)、威張る(50.7%)、リフレクター(28%)、守る(26.6%)、光の壁(23.1%)、毒々(20.6%)、ラスターカノン(9.6%)、ドレインキッス(8.5%)
・特性
いたずらごころ(100%)
・性格
図太い(46.1%)、穏やか(32.7%)、腕白(8.2%)、慎重(4.2%)、臆病(3.7%)
・持ち物
食べ残し(68.4%)、光の粘土(17.8%)、オボンのみ(4.6%)、脱出ボタン(4%)

メタモンがいなくとも威張るイカサマ型が主流。
一応夢特性にマジシャンという特性もありますが、食べ残しが主流であることもあって、珍しく特性複数あるポケモンで100%。力持ちが夢なホルードも100%な辺りは人口の少なさからかな?とも思わないでもないですが。

8:オンバーン
・技
流星群(94.8%)、火炎放射(83.8%)、エアスラッシュ(61.3%)、すり替え(42.3%)、爆音波(36%)、蜻蛉返り(29.5%)、怒りの前歯(14.6%)、暴風(7.4%)、挑発(7.3%)、身代わり(6.3%)
・特性
お見通し(67%)、すり抜け(32.9%)、テレパシー(0.1%)
・性格
臆病(96.2%)、控えめ(2%)
・持ち物
こだわりメガネ(60.1%)、命の珠(11.7%)、きあいのタスキ(9%)、ラムのみ(7.7%)、レッドカード(4.5%)

ゲッコウガ以上のSを持つドラゴン。
シングルに比べるとすり抜けの率が上がっています。

9:エレザード
・技
10万ボルト(89.4%)、ボルトチェンジ(71.5%)、波乗り(62.1%)、悪の波動(46%)、気合球(35.1%)、破壊光線(32.5%)、蛇睨み(14.9%)、めざめるパワー(11.3%)、身代わり(7.6%)、草結び(7.2%)
・特性
乾燥肌(96.6%)、サンパワー(1.9%)、砂隠れ(1.5%)
・性格
臆病(59.5%)、控えめ(39.6%)
・持ち物
こだわりスカーフ(45.6%)、きあいのタスキ(25.8%)、命の珠(10.8%)、こだわりメガネ(5.9%)、ノーマルジュエル(3.5%)

シングルに比べてボルトチェンジ、悪の波動、気合球辺りの比率が上がっています。
ゲッコウガやフレドラ選択時のファイアローに先手を取る目的からか、スカーフが一番人気なのもこのルール特有です。

10:クレベース
・技
雪雪崩(97.4%)、地震(94.5%)、自己再生(82.4%)、ミラーコート(34.5%)、毒々(23.8%)、ストーンエッジ(15.8%)、鈍い(15%)、岩雪崩(13.4%)、ジャイロボール(5.2%)、岩石封じ(4.7%)
・特性
頑丈(57.2%)、マイペース(41.5%)、アイスボディ(1.2%)
・性格
腕白(37.8%)、意地っ張り(21.5%)、勇敢(20%)、のんき(15.1%)
・持ち物
ゴツゴツメット(58.2%)、ラムのみ(9.2%)、オボンのみ(6.7%)、とつげきチョッキ(6.6%)、オッカのみ(5.8%)、食べ残し(4.8%)

特性の頑丈もマイペースもこのルールでは貴重な存在。
クレッフィメタのためかマイペースの比率がこのルール限定で高くなっています。

11:ガチゴラス
・技
地震(70.1%)、噛み砕く(47%)、龍の舞(42.9%)、諸刃の頭突き(38.4%)、ステルスロック(35.1%)、ドラゴンクロー(34.8%)、こおりのキバ(29.7%)、ストーンエッジ(27.7%)、岩雪崩(16.3%)、ほのおのキバ(11.9%)
・特性
頑丈顎固定
・性格
陽気(66.4%)、意地っ張り(28.1%)、腕白(3.1%)
・持ち物
ラムのみ(32.8%)、こだわりスカーフ(20.5%)、きあいのタスキ(18.1%)、ゴツゴツメット(6.4%)、命の珠(3.8%)、こだわりハチマキ(3.7%)、オボンのみ(3.2%)

このルールでは貴重なステロ要員であり、耐性的にファイアローに後出しも可能なポケモン。
このポケモン自体が評価されたというよりも、以上の要素が評価されたということなのだと思います。

12:ニンフィア
・技
ムーンフォース(74.6%)、シャドーボール(59.1%)、電光石火(30.2%)、瞑想(28.4%)、欠伸(25.4%)、ドレインキッス(24.5%)、願い事(20.2%)、サイコショック(18%)、守る(16.5%)、破壊光線(15.6%)
・特性
フェアリースキン(50.4%)、メロメロボディ(49.6%)
・性格
控えめ(36.2%)、穏やか(24.8%)、図太い(21.6%)、意地っ張り(5.9%)、慎重(3.3%)
・持ち物
食べ残し(23.3%)、オボンのみ(22.8%)、とつげきチョッキ(17.6%)、カゴのみ(11.2%)、ゴツゴツメット(7.3%)、こだわりメガネ(4.8%)

ヌメルゴンやオンバーンといったドラゴンに強めで、ゲッコウガ辺りにも殴りあって勝つことが期待できるポケモン。
ハイパーボイスがないので、特性は電光石火や破壊光線を入れるかどうかで選択という感じでしょうか。

非常に選択肢の狭い環境であるため、普通のシングルなどと違うところも多いという意味では面白い環境だったかもしれませんね。
[PR]

by genbu-toro | 2014-03-04 21:14 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< 購入検討中のゲームソフト      【シングル】レーティングシーズ... >>