私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 29日

さかさバトル考察 その2:強そうなポケモン 前編

・ノーマルタイプのポケモン(特にメガガルーラ)
その1で申し上げたように、ノーマル技を半減できるポケモンがいない環境なので、普通のシングル以上にメガガルーラゲーとなる可能性があります。
 その他には、無条件で威力140が出せる爆音波使いである、ペラップやバクオングなどにもワンチャンあるかもしれません。
ノーマルは正直統一でもかなり戦えるレベルのタイプだと思います。

・ドラゴンタイプ
これまた半減できるのがドラゴンタイプのみとなるのでかなり強そうです。
主なところでガブリアス・カイリュー・ラティオスなどがいますね。
また、個人的に注目しているのはメガリザードンXとメガデンリュウです。ラティオスを含めてこの3体は、ガブリアスの龍+地という範囲を両方半減以下にできる貴重なポケモンです。
特にメガリザXは炎技(キングドラには4倍)、メガデンリュウは電気技(カイリュー除く、ガブには4倍)でドラゴンに弱点が突けるのもポイントです。

・氷タイプ
弱点が氷タイプのみ、抵抗は鋼・闘・岩・炎の4タイプと優秀なタイプです。
単氷タイプで耐久値が優秀なレジアイス、クレベースはそれなりに使えそうです。それに加え、ムラっけオニゴーリもワンチャンあるかもしれません。
アマルルガは弱点4つ、抵抗6つとなるものの、ノーマルと飛行弱点になるのがややつらそうなところ。
水/氷複合で耐久高めのラプラスは、貯水で弱点の水を補えるので氷4倍弱点のみ。ちなみに、このルールのフリーズドライは冷凍ビームの下位互換です。

・ゲンガー
メガガルーラを上から弱点のゴースト技で殴れる貴重な存在。
1:メガゲンガーで攻撃する場合、無振りメガガルーラであろうと控えめにしないと1発圏内に入らず、多少振られただけで耐えられる
2:余裕を持つなら眼鏡
3:猫騙し(弱点)が非常に怖い
などと、メガガルーラを倒すためのポケモンでも油断できないのがこのルールのメガガルーラの強さを物語ります。

・ファイアロー、リザードン、ボルトロス
このルールではステロダメージが大幅に減ります。
ファイアロー・リザードンはドラゴンに炎技が抜群になる、ボルトロスは地面タイプに電磁波を入れられるなど、通常バトルとは異なる活躍が期待できるかもしれません。

・ラッキー、ポリゴン2、クレセリアなど
タイプによる無効受けがほとんどできないので、受けるならこの辺り圧倒的数値が必要になりますね。
ラッキーポリ2はやはりゴースト以外弱点はないので、メガゲンガーで逃げられないことなんかに注意すればかなり動けるのではないでしょうか。
また、このルールでは地球投げも無効化することができません。

つづく。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-29 19:41 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< さかさバトル考察 その3:強そ...      さかさバトル考察 その1:タイ... >>