私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 30日

さかさバトル考察 その3:強そうなポケモン 後編

・草ポケモン
草タイプに粉技が効かなくなったものの、その草タイプに草技が抜群ということになります。さかさバトルにおける同タイプ同士の対面は、普通のバトルのドラゴン同士の対面に近いものがありますが、草タイプが一番激しい殴り合いになりそうな予感があります。
個人的に注目しているのはキノガッサ、ドレディア、ロズレイドなど。
キノガッサはキノコの胞子+タネマシンガンによるカバー範囲の広さ、ドレディアは蝶の舞+花びらの舞による抜き性能、ロズレイドは毒属性によりメガガルーラやガブリアスなどの地面タイプの攻撃への耐性が上がってる点が注目ポイント。
メガフシギバナも弱くはないと思うのですが、このルールでメガガルーラやメガゲンガーよりも優先採用する理由がほぼないのではないかと思っています。

・神速マッスグマ
その2でのノーマルタイプの項で触れ忘れてました(
腹太鼓を積んでしまえれば、このルールでこのポケモンを止められるポケモンは存在しません(タスキ持ちや頑丈持ち除く)。 
最大の難点は入手難易度の高さ。太鼓アクジェマリルリは解禁したんだから、太鼓神速クマももっと簡単に使えてもいいような気がするんですけどね。

・ヘラクロス
個人的に最注目してるのがこのポケモンです。
格闘技を無効化できるポケモンが存在せず、範囲が広い虫・草技も扱え、対ノーマルに命中安定技のシャドークローを使える(対ノーマルでも威力だけならメガホーンが上ではあります)というのが強いのではないか?と思っています。
ただし、弱点が5つ(虫・悪・地・草・闘)と多いので、メガシンカで使うよりもスカーフのほうが面白く戦えそうなのではないかと考えます。

…とここまで書いてきましたが、やはり環境の中心は間違いなくメガガルーラになるでしょう。
ノーマル技の一貫性を止めるのは無理なので、複数のポケモンで先制攻撃して倒すなどといった対策を入れないといけないでしょう。
その4ではそれを踏まえてサンプルPTを考えてみようと思います。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-30 18:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< さかさバトル考察 その4:サン...      さかさバトル考察 その2:強そ... >>