私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 01日

さかさバトル考察 その4:サンプルパーティ

d0220451_16503347.png










強そうなポケモンとして触れたポケモンでサンプルパーティとしてみました。
しかし、フレンドバトルなどで試運転ができないので、強さは保証しかねます。一応想定している構成だけ書いておきます。

・メガガルーラ 性格:意地っ張りor陽気 特性:早起きor精神力
猫騙し 恩返し 地震orグロウパンチ 不意打ち@ガルーラナイト

・ドレディア 性格:控えめ 特性:マイペースor葉緑素
花びらの舞 自然の力 蝶の舞 眠り粉@きせきのタネor風船

・ファイアロー 性格:意地っ張り 特性:疾風の翼
ブレイブバード フレアドライブ 蜻蛉返り 鬼火@命の珠

・ガブリアス 性格:陽気 特性:鮫肌
逆鱗 地震 ドラゴンクローorダブルチョップ ストーンエッジ@こだわりハチマキ

・ヘラクロス 性格:意地っ張り 特性:根性or自信過剰
インファイト メガホーン タネマシンガン シャドークロー@こだわりスカーフ

・ゲンガー 性格:臆病 特性:浮遊
シャドーボール ヘドロばくだん 気合球 エナジーボール@こだわりメガネ

【個別の印象】
・メガガルーラ
言うまでもないノーマル技の圧倒的範囲。猫騙し+恩返しが強すぎますね。
草や虫なんかに抜群の取れる地震または無効化されることがないグロウパンチに加え、先制技の不意打ち採用してのこの型が普通に強そうです。
特性は肝っ玉の必要性がないので残り2つでの選択となります。
努力値はASぶっぱもいいですが、弱点のゴースト技を意識してDに厚く振る選択肢がありそうです。

・ドレディア
積みアタッカー。
普通のバトルだとファイアローに弱いですが、このルールでは飛も炎も半減にできるので安心感があります。
自然の力は通信対戦では不意打ちを透かして「トライアタック」ができる技となります。

・ファイアロー
このルールでも、メガガルーラとガブリアスに先制できるというのが強そうですし、ステロに強くなっている点もうれしいですね。

・ガブリアス
普通のバトルでも使えそうな構成の鉢巻ガブを使いまわせそうな気がします。
エッジは何よりも対ガブ打点として重宝しそうな気がします。

・ヘラクロス
この4つの技による範囲が魅力的な気がします。
ただ、メガガルーラ・ガブリアス・ラティオスなどより遅いのでスカーフを持ちたいところ。

・ゲンガー
ここまでの5匹だと、ドレディア辺りに風船を持たせない限り地面が一貫してしまっているので、それを軽減する枠。
メガガルーラに死に出しから狩るには眼鏡が必要となります。
主力技のシャドーボールを半減するゴースト対策に一致技のヘドロばくだん、同じくシャドボ半減のエスパーへの最大打点の気合球。
最後の1枠が悩みどころですが、暫定的に範囲の広そうなエナジーボール採用としてみました。

全体的に、特別にさかさバトルを意識せずに育成しやすい構成で固めてみました。
実際にレートが始まってからどんな構成が流行するのか非常に興味があります。

[PR]

by genbu-toro | 2014-05-01 18:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)


<< ダークライについて考える inダブル      さかさバトル考察 その3:強そ... >>