私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 07日

メガミミロップについて考える

・メガミミロップ 65-136-94-54-96-135 無/闘
ミミロップ:65-76-84-54-96-105 無 A+60 B+10 S+30

d0220451_19000036.png









ミミロップはORASでメガシンカを得て、Aが大きく上がり、格闘がつき、飛び膝蹴りを習得という大幅なテコ入れがされました。
これまでどちらかというと、使われるにしてもサポート寄りの技(猫騙し、アンコール、癒しの願い、マジックコート、すりかえ、手助けなど)を活かした構成にするくらいしかありませんでしたが、アタッカーとしての道が大きく切り開かれました。

候補技
・攻撃技
飛び膝蹴り 恩返し 空元気 猫騙し 電光石火 れいとうパンチ かみなりパンチ ほのおのパンチ
・補助技
アンコール 身代わり 毒々 電磁波

----------------------------------------------
性格:陽気 特性:どれでも(柔軟が最優先)→肝っ玉
猫騙し 飛び膝蹴り 恩返しor空元気 れいとうパンチ@ミミロップナイト
メガシンカ前実数値:141(4)-128(252)-104-×-116-172(252)
メガシンカ後実数値:141(4)-188(252)-114-×-116-205(252)
----------------------------------------------

結局ぶっぱ。HBDに4ずつ分けて配分してAを1落とすことで合計能力値を上げる方法があるんですが、ミミロップはメガシンカということを考えるとAが特段高い訳ではなく、ギルガルド辺りへの乱数も動くので、ぶっぱ安定です。

・火力目安
ギルガルド盾を飛び膝蹴りで下2つ切りの乱数1
飛び膝蹴りでナットレイをB↑性格でなければ確1
れいとうパンチでH183-B116ガブリアスを確1
・耐久目安
A200ガブリアスの逆鱗、A200キノガッサ(テクニシャン)のマッハパンチをそれぞれ最高乱数切り耐え
C222メガゲンガーのヘドロウェーブ確定耐え

技構成は上記(ノーマル技は恩返し)がおそらくテンプレ。
メガシンカするとメガゲンガーが抜けます。恩返しで確2ですが、鬼火対策も兼ねて空元気にすると、H振り(H167-B100)のメガゲンガーが低乱2まで落ちます。恩返しは恩返しで鬼火が怖くなるので一長一短。

どうせノーマル技を持っても対メガゲンガーは微妙なところなので、4つの技の中では恩返しor空元気の枠が一番採用優先度は低いです。
なので、そこの枠を他の候補技に差し替えるのは有力だと思います。
かみなりパンチ:対ギャラドスマリルリ
毒々:呼びやすいクレセリアやヤドランに交代読みで刺すイメージ
アンコール:ギルガルド対面で割と有利な読み合いに持ち込める
身代わり:鬼火読みで出せればアドを取れる

この記事の執筆段階でPGLでのシングルレーティングバトルで使用率12位に食い込んでいるミミロップですが、この人気が発売直後だけのものなのか、今後も一定の存在感を示し続けるのかには注目したいところです。

[PR]

by genbu-toro | 2014-12-07 20:04 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)


<< ゲッコウガについて考える 物理...      これまでの伝説厳選まとめ その2 >>