私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ポケモン(ORAS)( 62 )


2015年 08月 10日

第36回つのおふ使用PT ~風晴雨混合エルフテラキ~

第36回つのおふに参加してきました。ルールはORAS使用での全国ダブルです。
前回のつのおふは、エルフテラキにやられたこともあり、今回は自分で使ってみたいと思い、自分なりに組んでみました。

d0220451_08514852.png










d0220451_08532479.png








性格:臆病 特性:いたずらごころ
手助け 嘘泣き 追い風 袋叩き@きあいのタスキ
実数値:167(252)-73-106(4)-97-95-184(252)

今回のPTを作るための孵化中に偶然出た色違い。
追い風+袋叩きによるテラキオンとの並び以外でも、色々味方のプラスになる補助技を並べてみました(嘘泣きは主にリザードン、手助けはキリキザンとリザードンの補助目的で採用)。ただし、アンコールと守るを抜いてまで嘘泣きと手助けを両方入れるべきだったかどうかはかなり微妙。
選出率:7/10

d0220451_09035002.png








性格:陽気 特性:正義の心
岩雪崩 インファイト 挑発 守る@ラムのみ
実数値:163-181(252)-110-×-111(4)-176(252) ※非理想

メガガルーラを初速の段階で抜けて、上から一致格闘で叩ける貴重なポケモン。
雪崩インファ守るまでほぼ確定で残り1枠ですが、エルフーンにもボルトロスにも挑発がなく、PTに相手の妨害ができる技がなかったので、コイツに挑発が入るということになりました。
選出率:10/10

d0220451_09183068.png








性格:穏やか 特性:いたずらごころ
10万ボルト 電磁波 雨乞い 守る@オボンのみ
実数値:185-×-98-145-137-131 ※非理想
【特殊耐久】
C178ニンフィア@こだわりメガネのフェアリースキン+全体補正のハイパーボイス1回目でオボン確定発動及び、急所がなければ2発を確定耐え調整。
【物理耐久】
A177メガガルーラのすてみタックルを一撃目→オボン確定発動(急所除く)→二撃目で急所考慮込みで約90%耐える

実はORAS初期に粘ってあった穏やかボルトロスをここで解き放ちました。
このPTにおいては、メガラグラージ選出時の雨乞い+電磁波での補助が主な役割でした。
選出率:3/10

d0220451_09301802.png








性格:意地っ張り 特性:負けん気
はたき落とす アイアンヘッド 不意打ち 守る@命の珠
実数値:141(4)-194(252)-120-x-90-122(252)

エルフと横並びの初手でスカーフランドロスとかち合った場合に、上から縛れる存在。
選出率:10/10

d0220451_09341413.png








性格:控えめ 特性:猛火→日照り
熱風 火炎放射 ソーラービーム 守る@リザードナイトY
実数値(メガシンカ後):185(252)-x-117(148)-211(100)-136(4)-121(4)
【物理耐久】
A177メガガルーラのすてみタックルを、二撃とも急所なければ耐える
A216霊獣ランドロスのダブル岩雪崩を急所なければ耐える

このPTにおける最高火力。
相手も追い風だった場合のメガガルーラ、スカーフランドロスにも動けるように、物理耐久にかなり割いてます。
ただし、相手にモロバレルがいて、こちらがリザードンとキリキザンが横に並んだ場面を考慮すると、Cから2削ってSに振って、味方のキリキザン+1にしておくべきでした(今回はそれが響いた場面はなかったですが)。
選出率:8/10

d0220451_09431186.png








性格:意地っ張り 特性:激流→すいすい
滝登り 地震 けたぐり 守る@ラグラージナイト
実数値(メガシンカ前):191(124)-176(236)-110-x-110-99(148)
実数値(メガシンカ後):191(124)-220(236)-130-x-130-109(148)
【S】
すいすい発動で意地っ張りスカーフランドロス(S214)+4
【A】
10n。ボルトの10万+けたぐりでH199-BD120くらいまでのメガガルーラを確定
【H】
残り。16n-1

エルフーン+テラキオン+キリキザン+リザードンという選出をした場合、相手のヒードランやリザードンといったポケモンへの有効打があるのがテラキオンのみ、という状況になり、負担がかかりすぎるので、裏メガをコイツにしました。
選出率:2/10

対戦結果
・予選
ゆとり大福さん【トルネ化身、メレシー、タブンネ、ヌケニン】(ピッピ、ドーブル):勝ち(エルフ・テラキ・リザ・キザン)
ワカモトさん【エルフーン、ハリテヤマ、バクーダ、シザリガー】(ヨノワール、シュバルゴ):勝ち(エルフ・テラキ・リザ・キザン)
クーウィさん【エルフーン、メタグロス、ヒヒダルマ、カイリュー】(リオル、ギャラドス):負け(エルフ・リザ・テラキ・キザン)→初手プレミ
めいおりさん【メタグロス、ハッサム、カメックス、ヒードラン】(トゲキッス、ニンフィア):勝ち(ボルト、ラグ、キザン、テラキ)→格闘等倍で先制技持ちの鋼が多く、エルフテラキはキツそうなので裏選出
むーさん【フレフワン、ハリテヤマ、ユキノオー、バクーダ】(クチート、ドーブル):勝ち(リザ・キザン・テラキ・エルフ)
ほづみさん【ドラミドロ、パッチール、イルミーゼ、ハガネール】(メガヤンマ、ファイアロー):勝ち(テラキ・リザ・ボルト・キザン)
あぷうさん【ランド霊獣、ゲンガー、ミミロップ、メタグロス】(リザードン、ヒードラン):勝ち(ボルト・ラグ・キザン・テラキ)→ランド・リザ・ドランが全て相手PTにいたため裏選出
モルフさん【サンダー、ローブシン、ヒードラン、サーナイト】(エーフィ、モロバレル):勝ち(テラキ・リザ・キザン・エルフ)→初手で追加効果3割と1割両発動のいわゆる「ズル」して勝ち

予選:7-1(1位通過)

・決勝トーナメント
準決勝 SKさん【ライチュウ、メタグロス、サザンドラ、マリルリ】(ゲンガー、ファイアロー):勝ち(エルフ・キザン・リザ・テラキ)→実質負け試合
決勝 紫苑さん【ランド霊獣、ゲンガー、ヒードラン、ガルーラ】(サンダー、モロバレル):負け(エルフ・テラキ・リザ・キザン)→モロバレルがいたため裏選出に踏み切れなかった+相手の構成の元のブログの内容を知らなかった+構成を読めなかったため完敗

結果:準優勝

予選のほづみさん戦を除いては、エルフーン+テラキオン+キリキザン+リザードンの4匹の基本選出、ボルトロス+ラグラージ+キリキザン+テラキオンの裏選出の2パターン(初手の出し方は色々変えてますが)で戦いました。
決勝の負け方は酷かったですが、そもそも準決勝は拾った形だったので、結果に対しての後悔はありません。前回ベスト4→今回準優勝だったので、今度は優勝を目指したいと思います。

今回つのおふで対戦してくださった皆さま、ありがとうございました。

※おまけ(今回の個人的な想定外ポイント)
・対戦参加17人に対し、ガルーラKP2で、私の予選のタコブロックでは0
・メタグロスが、ヒードランの6に次ぐKP5と謎の大繁殖
・私のパーティにおいては、キリキザンとラグラージはともかく、ボルト化身までもKP1
・パーティ的にキツいハリテヤマ(KP2)がいずれも同ブロック
・ギルガルドを全く見ていない
・前週の広島のえるおふ!(バトルロードグロリア中四国予選)でサナバレルが大量発生していたが、つのおふではサーナイトのKPは1(モロバレルは3)
・準決勝のサザン
・決勝のゲンガー

[PR]

by genbu-toro | 2015-08-10 18:57 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 04月 24日

【雑記】映画前売り券を2枚買い足してアルセウス厳選した結果

W特典伝説の6体が公開となりまして、これまで前売り券は2枚だけ購入していたんですが、W特典で夢特性のディアルガ・パルキアと、グラードンとカイオーガまで欲しかったこと、アルセウスももう数匹持ってても損がないという判断から、もう2枚だけ買い足すことにしました。

【アルセウス厳選結果】

d0220451_17222411.jpg





















A:意地っ張り V-V-V-8-22-V

d0220451_17235046.jpg





















B:穏やか V-3-V-V-V-V

Aは、以前行った厳選で出した意地っ張り個体よりも合計個体値が高く、HABSの4Vです。
Bはなんと、穏やかで50レベルにおいてAが最低値+1というだけの、ほぼ理想個体です。シンクロが有効な普通の伝説厳選でもめったに出ない個体が、配布伝説の厳選で出てしまいました。本当は臆病or陽気を本線、次いで穏やかでいいの出たら採用という感じでの厳選でした。

そんなわけで、あまり想定していなかった穏やかの個体が手に入ったことで、以下の2つの使い方を考えています。

1:瞑想再生
タイプ:無or妖or龍or霊or鋼
技構成:裁きの礫/サブウェポン/瞑想/自己再生@プレート(無ならオボンなど)
配分例:227(252)-113-140-140-166(84)-162(172)
【S】
最速Wキュレム及びレックウザ+1
【D】
残り

シングル想定。高耐久と最速Wキュレムを抜けるSから瞑想を積んで殴ります。

2:滅び
タイプ:無or霊
技構成:滅びの歌 守る 自己再生 リフレクターor光の壁@プレート(無ならオボンなど)
配分例:227(252)-113-142(12)-140-188(244)-140
【特殊耐久】
ゲンシカイオーガの複数体相手の雨下の根源の波動を2耐え

ダブルないしはトリプル想定。
ただし、影踏みとして考えられるメガゲンガー・ゴチルゼル(ゴチミル)などと組み合わせてやるにしても、現環境では相手のクレセリア+ゲンシグラードンの並びでのサポート込みでの高火力や、メガレックウザなども考えると、解禁戦ダブルにおいてはあまり滅びが刺さっていない印象も受けます。

せっかくいい個体を手にしたので、Bの個体については実際に使うことになるまで育成せずに置いておくことになると思います。

[PR]

by genbu-toro | 2015-04-24 18:10 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 04月 15日

フーパと映画前売り券の選べる伝説ポケモンについて


フーパは、フォルムチェンジのかなりいかつい姿が公開になりました。
対戦においては特性「マジシャン」はそのままで、これを活かすのが難しそうな印象があります。
エスパー/悪という複合タイプは、カラマネロと同じであり、禁伝環境では虫4倍は大した問題ではないでしょうが、半減属性が少ないです。種族値次第ではありますが、現状ではあまり強そうな気はしていませんが、手のひら返しできるような性能はあるのでしょうか。


前売り券のW特典としてプレゼントされる伝説の詳細が明らかになりました。レベルはいずれも100。

・カイオーガ
特性:雨降らし
技:潮吹き/雷/絶対零度/れいとうビーム
性格:臆病
持ち物:こだわりスカーフ

・グラードン
特性:日照り
技:ほのおのパンチ/ソーラービーム/アームハンマー/岩雪崩
性格:意地っ張り
持ち物:こだわりハチマキ

・ディアルガ
特性:テレパシー
技:メタルバースト/オーバーヒート/時の咆哮/ラスターカノン
性格:控えめ
持ち物:金剛玉

・パルキア
特性:テレパシー
技:大地の力/波動弾/亜空切断/ハイドロポンプ
持ち物:白玉
性格:臆病

・ギラティナ
特性:アナザーフォルムでテレパシー、オリジンフォルムで浮遊
技:波動弾/流星群/シャドーダイブ/アイアンヘッド
持ち物:白金玉
性格:勇敢

・キュレム
特性:プレッシャー
技:凍える世界/怖い顔/流星群/アイアンヘッド
持ち物:命の珠
性格:ランダム

プレゼントされる6体の伝説のポケモンは、キュレム以外は性格が完全固定で、配布ポケモンとしてはかなり厳選しやすくなってるのがポイント。
目玉は、これまでカロスマークで夢特性のなかったシンオウ三竜。ただ、ギラティナは性格が微妙なので、ディアルガとパルキアに人気が集まりそうな予感がします。次いで、ゲーム中の通常の厳選だとイベントが長めなグラードンとカイオーガも結構有用な感じです。

[PR]

by genbu-toro | 2015-04-15 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 04月 09日

ランダムバトルにおけるNN表示について

4/2に、XY(Ver.1.4)とORAS(Ver.1.3)の更新データがそれぞれ配信となりました。
いずれも「ゲームを快適に遊んでいただけるよう、いくつかの問題を修正しました。」と書かれているのみで、具体的な変更点は明かされませんでした。

ただ、その翌日のメンテナンス後にひとつあからさまに変わった点として
ランダムバトルにおいて、それぞれのポケモンのニックネームが表示されるようになった
というのが挙げられます。

メリットとしては、自分が愛着を持ってつけたNNを、フレンドであったりオフ会などでの直接会っての対戦だけでなく、より多くの人に見てもらえるところです。
ただ、デメリットもあるにはあります。
代表的なのは、複数のポケモンに同じNNをつけての撹乱作戦です。
例えば、ダブルバトルでキリキザンとヒードランを同時に採用していて、同じNNをつけ、片方に風船というアイテムを持たせ、横並びで出したとします。
すると、相手からすると「○○(NN)はふうせんをもっている!」というような表示はされるものの、どちらが風船を持っているかを断定することができません。

その他、自動発生する特性で同じものを持つポケモン、具体例としては威嚇を持つボーマンダ・霊獣ランドロス・ウインディや、プレッシャーを持つサンダー・スイクン・エンテイなど。
これらのポケモンは、同じ特性同じNNで横並びで出した場合、本来なら分かる素早さの順序が、NN表示によって撹乱されてしまうことになります。


公式は、このNN表示を「バグ」と表現しています。
バグというのは想定外のことですし、今後ポケモン名で表示されるように修正される予定であるとのことです。

上記の撹乱を、実際のバトルにおいて行う人がいるのかどうかは分かりません。
NN公開で戦う楽しさはありますし、私自身もNN自体は見たい派なんですが、重複不可などといった制限をつけるなどして撹乱による不平等感が拭えないのであれば、これまで通り、ポケモン名表示で対戦を行うように修正するというのが無難な対応でしょう。

[PR]

by genbu-toro | 2015-04-09 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 04月 05日

第35回つのおふ使用PT ~追い風に打たれながら~

第35回つのおふに参加してきました。
今回は「外」「道」の2リーグで、いつもはくじ引きでブロックを決めるところなんですが、今回はくじがなく、ひとりひとりどちらのリーグに入るかを選択していくという形でブロックが形成されていきました。
これまで全国ダブルは、トリル中心に考えていたのですが、うまくまとまらない事が多かったので、今回は試験的に追い風を組み込んだスタン的なPTを使ってみることにしました。

d0220451_16353481.png










d0220451_19145551.png








性格:意地っ張り 特性:肝っ玉→親子愛
すてみタックル けたぐり れいとうパンチ 猫騙し@ガルーラナイト
メガシンカ前実数値:197(132)-161(252)-101(4)-x-101(4)-125(116)
メガシンカ後実数値:197(132)-194(252)-121(4)-x-121(4)-135(116)
【A】ぶっぱ
【S】メガシンカ後最速キノガッサ抜き、追い風下で最速すいすい雨下ルンパッパ&メガラグラージ抜き
【耐久】C222弱点保険発動ギルガルドのラスターカノン耐え、A216メガボーマンダのすてみタックル耐えなど

Sを削って耐久を少し底上げした格好。霊獣ランドロスが重いので、不意打ちではなくれいとうパンチを採用しました。
選出率:9/10

d0220451_19142363.png








性格:控えめ 特性:フェアリースキン
ハイパーボイス シャドーボール サイコショック 破壊光線@こだわりメガネ
実数値:173(20)-71-102(132)-169(188)-151(4)-101(164)
【S】追い風下でメガゲンガー抜き
【物理耐久】A146ファイアロー@鉢巻のブレイブバード(フレアドライブ)耐え
【C】残り

非めざ地個体で、破壊光線を採用。破壊光線はエンテイを倒すときに1回のみ役に立ちました。今回の対戦ではハイボと破壊光線しか撃ってません。
選出率:8/10

d0220451_19132353.png








性格:意地っ張り 特性:威嚇
地震 岩雪崩 はたき落とす とんぼ返り@突撃チョッキ
個体値:31-31-31-×-30-31
実数値:195(244)-191(68)-115(36)-x-108(64)-123(92)
※シングル用配分の個体を使い回し

拘らないランドロスをダブルで使ってみたくてシングル用の個体を使い回して入れました。
選出率:3/10

d0220451_19124041.png








性格:控えめ 特性:貰い火
熱風 オーバーヒート 大地の力 守る@シュカのみ
個体値:31-×-26-30-30-31
実数値:197(244)-99-124-190(184)-126-107(76)
※シングル用配分の個体を使い回し

対ギルガルド。ただし、今回KPがかなり散って、ギルガルドもキリキザンも多くなかったことで、選出回数は少なかったです。
持ち物はヨプシュカ風船珠の4種で迷ってシュカ。A216霊獣ランドロスのダブル地震を耐えることが可能です。
選出率:3/10

d0220451_19111352.png








性格:陽気 特性:精神力
怒りの前歯 挑発 追い風 ファストガード@メンタルハーブ
実数値:167(52)-110-126(204)-x-100-200(252)
【S】最速
【物理耐久】残りの努力値でA216霊獣ランドロスの岩雪崩の乱数が最も低くなる調整(H163-B130 or H167-B126)のうち、HPが高い方を選択。ダブル岩雪崩を命中と急所考慮で86.6%の確率で2耐えできる

追い風役がファイアローじゃない理由としては
1:自身が怯む心配がなく、岩2倍でもあるので、スカーフ霊獣ランドロスの岩雪崩や猫騙し持ちにも強く出られる
2:メガゲンガー相手に同速ながら先手で挑発を入れるワンチャンがある
3:怒りの前歯により、相手の耐久力に関係なく削り役として一定の期待ができる
といったところです。
悪戯心挑発とかアンコールとかを気にせずにサポートできるようにメンハ採用。直前までブレイブバードを入れるか迷っていたため、この構成でも臆病個体ではなく陽気になってしまいました。
選出率:9/10

d0220451_19103522.png








性格:控えめ 特性:バトルスイッチ
シャドーボール ラスターカノン ワイドガード キングシールド@きあいのタスキ
実数値(シールド):136(4)-56-170-112(252)-170-112(252)
実数値(ブレード):136(4)-146-70-222(252)-70-112(252)

ゲンガーに守られてブレード状態になっても1発耐えられる安心感が魅力のタスキガルド。
キングシールドをあまり使わなかったこと、先制技がパーティにガルーラの猫騙ししかないことから、キングシールド→影打ちに変えてもよかったかもしれません。
選出率:8/10

【PT概説】
見た目からバレバレですが、追い風を軸としたPTです。

そしてガルーラニンフィアという汎用性の高いアタッカーを入れ、その2匹で重くなりやすいゴーストポケモン、特にゲンガーギルガルドがキツいので、削られていなければメガゲンガーに無条件で勝てるタスキギルガルドと、ギルガルドに強いポケモンでありなおかつメガシンカ枠を取らないヒードランを採用しました。
追い風という前のめりなPTということで耐久面で不安が残るので、威嚇役として最後に霊獣ランドロスが入りました。

基本選出はクロバットガルーラニンフィアギルガルドの4体。初手はクロバット+ガルーラorギルガルドのパターンが多くなります。
ただしこのPT、エルフーン+テラキオン+メガゲンガーのPTへの対策がほとんどなく、かなり重くなっています。改良点として考えられるのは
・ファイアローを組み込む
・マニューラなどといった、エルフーン以上のSを持ち、なおかつ先制技のあるポケモンを入れる
・追い風とトリックルームのスイッチPTにする
辺り。ジャパンカップまでに改善策を施します。

【対戦結果】
9人リーグで、運もあって初戦から5連勝。3人抜けということで、この時点でほぼ予選抜け確定かと思いきや、実はモルフさん・ニッツさん・玄米さんに私を加えての4人でかなりの混戦状態となりました。
それでも、予選最終の対ニッツさん戦を6-1の状態で迎え、勝てば単独1位ですんなり通過というところでしたが、負けてしまい、なんと前述の4名が6-2で並んでしまいました。

直接対戦の結果(敬称略)が
モルフ:ニッツ&私に勝ち、玄米に負け→2勝+直対勝ちで1位
ニッツ:玄米&私に勝ち、モルフに負け→2勝+直対負けで2位
私:玄米に勝ち、モルフ&ニッツに負け→1勝+直対勝ちで3位
玄米:モルフに勝ち、ニッツ&私に負け→1勝+直対負けで4位
となり、なんとか3位で初めてつのおふで予選を抜けることができました。
ちなみに、もし私が最終戦勝ちだった場合は、私1位、玄米さん2位、モルフさん3位となっているところでした。

決勝トーナメント1回戦は勝ったものの、準決勝がモルフさんとの再戦となり、重いエルフゲンガーテラキのパーティに再度敗れてしまいベスト4でした。
参加者各位、オフお疲れ様でした。運営各位、対戦してくださった皆さまありがとうございました。

[PR]

by genbu-toro | 2015-04-05 19:58 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 31日

ジャローダについて考える(ORAS) ゴツメ編

・ジャローダ 75-75-95-75-95-113 草

d0220451_18510223.gif








珠アタッカー編はこちら
壁貼り編はこちら

ジャローダにも、ゴツメを持たせる型が登場しました。ゴツメ持ちとして評価される要因は
・リフレクターと再生技を同時採用できる
・その上で、ガブリアスやメガガルーラの上をとって麻痺撒きも可能
・キノガッサに弱くない
といったところでしょうか。その分、耐久面にやや不安のあるポケモンです。

---------------------------------------------------
性格:臆病 特性:天邪鬼
リーフストーム 蛇睨み リフレクター 光合成@ゴツゴツメット
実数値:173(180)-72-135(156)-95-115-170(172)

<調整先>
【S】
最速ガブリアス+1
【物理耐久】
A194メガガルーラのすてみタックルを耐える調整の中でHP最大
---------------------------------------------------

ここでは、110族付近を抜くことを諦め、ガブリアスやメガガルーラといったKP上位の物理メインのポケモンを意識した配分としてみました。対面からなら、この2匹に高確率で勝てるようになっています。
クレセリアや、スイクンといった高耐久ポケモンに比べて、耐久面の数値は落ちますので、扱いには注意が必要です。

対メガガルーラシミュレーション
ここでは、互いに出たばっかりの偶発対面もしくは初手対面の対メガガルーラ(ここでは、H181-B120-D120、A194とする)を想定して、交代がなかった場合の展開をシミュレーションしてみます。
なお、ここでの「勝率n%」はジャローダが倒されずにメガガルーラを倒せる確率とします。

・猫騙しなし
A194メガガルーラのすてみタックルのダメージ量 ※()内は急所ダメージ
通常親:97~115(145~172)、通常子:48~57(72~85)、壁有り親:48~57(145~172)、壁有り子:24~28(72~85)

初手を壁とすると、子のみ急所の場合は145~172ダメージとなるため、HP満タンの状態の場合は親に急所をもらわない限りは耐えます。
急所がない場合、メガガルーラへのすてみタックルの反動ダメージが24~28、ゴツメダメージが30×2=60なので、反動で84~88ダメージ与えられる計算です。

2回で168~176なので、壁張ったあと光合成で粘れば2回反動+リーフストームで勝率約78.6%でCランク+2、3回反動で勝率約83%。

初手でグロウパンチが来た場合は、反動60。A+2になったことで、すてみタックルは子の急所も厳しくなります。
壁→グロウ→光合成→捨て身→リフストの展開で勝率約78%となります。リフストのタイミングで不意打ちが来た場合の勝率は約67.3%。

・猫騙しあり
1:猫騙し(49~59ダメージ)→壁→捨て身→リフストで勝率約78%でCランク+2、リフストのところで不意打ちを撃たれると勝率約53%
2:猫騙し→壁→捨て身→光合成→捨て身で勝率約78.7%

対面からなら、基本的に8割前後の勝率と言えそうです。
ただし、れいとうパンチでの凍りや非接触のれいとうビームや大文字などは、ここでは想定していませんので、実際の対メガガルーラの勝率は少し下がることにはなると思われます。

[PR]

by genbu-toro | 2015-03-31 19:42 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 30日

オリジンギラティナについて考える(ORAS) inダブル

・ギラティナ(オリジンフォルム) 150-120-100-120-100-90 霊/竜

d0220451_13010322.gif








独自のタイプを持ち、特性浮遊もあって、耐性的にはゲンシグラードンに抗えそうなポケモンです。
ただし、フォルムチェンジに必要な白金玉を持たせた上でも火力面に不安が残ります(後述)。

主な技
・攻撃技
シャドーダイブ シャドーボール 影打ち ドラゴンクロー 逆鱗 流星群 地震 ストーンエッジ アイアンヘッド 大地の力 波動弾
・補助技
守る 電磁波 鬼火 追い風

ACとも120なので、物理型も特殊型も可能です。

(ⅰ)物理型
-----------------------------------------------------
性格:意地っ張り 特性:浮遊
シャドーダイブ ドラゴンクロー 影打ち 守る@白金玉
実数値:238(100)-189(252)-121(4)-×-123(20)-127(132)

<調整先>
【A】
ぶっぱ
【S】
・最速バンギラス+3
・追い風発動でスカーフガブリアス抜き
【物理耐久】
A255ゲンシグラードンのダブル岩雪崩を3発耐える
【特殊耐久】
C183ゼルネアスのフェアリーオーラ発動Cランク+2ダブルマジカルシャインを耐える
-----------------------------------------------------

(ⅱ)特殊型
-----------------------------------------------------
性格:控えめ 特性:浮遊
シャドーボール 流星群 大地の力 守る@白金玉
実数値:238(100)-112-121(4)-189(252)-123(20)-127(132)
-----------------------------------------------------

物理と特殊の比較
<物理のメリット>
・シャドーダイブというギラティナの個性を活かせる
・影打ちという先制技が無理なく入る
<特殊のメリット>
・ウェポンにクセが少ない
・ゲンシグラードンに対する打点が上がる

<ダメージ計算>
【物理】A189+白金玉
・シャドーダイブ
H207-B180ゲンシグラードン:41.1~49.3%
H207-B115ゼルネアス:67.2~79.1%
H227-B189クレセリア:72.2~85.5%
・ドラゴンクロー
H165-B120パルキア:103~123.6%
H201-B110ホワイトキュレム:92.5~110.4%
H181-B120メガレックウザ:93.9~112.7%
H171-B150メガボーマンダ(Aランク-1想定):53.8~64.3%

【特殊】C189+白金玉
・シャドーボール
H201-D118ゼルネアス:43.3~51.2%
H227-D151クレセリア:59~71.4%
・流星群
H207-D110ゲンシグラードン:72.9~86%
H207-D121ディアルガ:66.7~78.7%(2連発で落とせる)
・大地の力
H157-D115メガクチート:71.3~85.4%

[PR]

by genbu-toro | 2015-03-30 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 29日

ホワイトキュレムについて考える(ORAS) inダブル

・ホワイトキュレム 125-120-90-170-100-95 竜/氷

d0220451_12271736.gif








特殊技の威力が軒並み下がった影響もあり、5世代ほどの脅威ではなくなりました。
5世代だと、ユキノオーと組み合わせて必中吹雪連打なども可能でしたが、ORASだとゲンシグラードンにより晴れ状態になる率が上がっているため、氷技がれいとうビーム中心になったことによっても、火力が下がっています。
ただし、「燃えよ!ドラゴンタイプ!」においては、ディアルガとともに、メガ枠を使わないドラゴン枠としての価値がありました。

主な技
・攻撃技
流星群 竜の波動 れいとうビーム 吹雪 大地の力 クロスフレイム 気合球 ラスターカノン
・補助技
守る

--------------------------------------------------------
性格:臆病or控えめ 特性:ターボブレイズ
流星群 れいとうビーム クロスフレイム 大地の力@こだわりスカーフ
実数値(臆病):201(4)-112-115(36)-221(244)-121(4)-157(220)
実数値(控えめ):201(4)-112-115(36)-243(244)-121(4)-143(220)

<調整先>
【S】
最速90族/準速90族@スカーフ抜き
【物理耐久】
A255ゲンシグラードンの手助けダブル断崖確定耐え
【C】
余り
--------------------------------------------------------

[PR]

by genbu-toro | 2015-03-29 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 28日

ディアルガについて考える inダブル

・ディアルガ 100-120-120-150-100-90 鋼/竜

d0220451_10422370.gif








ジェネレーションショーダウンのPGLデータを読み解く
・技
ラスターカノン(77.8%)が筆頭。竜技は流星群と竜の波動のどちらかと思われます。稀に時の咆哮。
トリックルームを2体に1体くらいの割合で所持しており、ゲンシグラードンや同族対面、ギルガルドなどへの打点となる大地の力の所持率も高め。
守るは28%程度と、技スペとの相談で切られることも多いですね。
実は重力もできるので、クレセリアではなくコイツでトリックルーム+重力でゲンシグラードンのサポートをすることも可能です。
・特性
プレッシャー:テレパシー≒63:37。
グラードンと組ませるにしても、メインウェポンが味方を巻き込む地震ではなく断崖になったので、PTにもよりますがS判定できるプレッシャーのほうが現在では価値が高いかもしれません。
その他、味方に地震を組み込むならテレパシーも選択肢。ARサーチャー限定。
・性格
概ね控えめと冷静の二択。
冷静が約38%、勇敢や生意気がごくごく少数で、トリックルームが約48%なので、必ずしもトリックルーム所持=S下降性格ではないようです。
・持ち物
かなり分かれる部分。
専用道具の金剛玉、シュカのみ、こだわりメガネ、突撃チョッキ、ラムのみ、オボンのみ、命の珠までが15%未満5%以上の範囲に収まっているという、相手にするとかなり持ち物が読みにくいポケモンです。
金剛玉は、鋼技と竜技がどちらも1.2倍になるという、プレート系の上位互換と言えるアイテムです。

燃えよ!ドラゴンタイプ!のPGLデータを読み解く
ドラゴン必須ということもあり使用率12位。
GSと比べると
・4匹という制限があるからか、トリックルームの所持率がやや低下。
・特性プレッシャー率増加
・トリル率低下と連動してか、性格は冷静が減り控えめが増加
・持ち物は金剛玉が25%ほどに増加

ということで、ここでは金剛玉を持たせた場合の配分例について考えます。

----------------------------------------------------
性格:控えめor冷静 特性:PT次第(味方巻き込み技の有無)で選択
流星群or竜の波動 ラスターカノン 大地の力 第2の竜技or守るorトリックルーム@金剛玉
実数値(控えめ):207(252)-112-141(4)-209(156)-128(60)-115(36)
実数値(冷静):207(252)-125-141(4)-211(172)-130(76)-85

<調整先>
【物理耐久】
・A177メガガルーラのけたぐりを確定耐え(A181までは耐える)
・A243までのゲンシグラードンのダブル断崖を確定耐え
【特殊耐久】
・C232メガレックウザ@珠の流星群を確定耐え
・C222ホワイトキュレムの大地の力を最高乱数を切って耐える(冷静の配分は確定耐え)
【S(控えめの場合)】
同速(ゲンシグラードンなど)の無振りを意識して、ここでは無振り+5
【火力目安(C実数値209)】
・H207-D110ゲンシグラードンを流星群→C-2流星群で落とせる
・竜の波動でH181-D120メガレックウザを確1
----------------------------------------------------

[PR]

by genbu-toro | 2015-03-28 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 27日

ゲンシカイオーガについて考える inダブル

・ゲンシカイオーガ 100-150-90-180-160-90 水
カイオーガ:100-100-90-150-140-90 水

d0220451_10073025.png









ORASでゲンシカイキを手に入れました。
ただし、Aの伸び幅がやたら高いのが難点。グラードンの方はCが伸び、炎タイプがついたことで、炎特殊技に採用の余地が出ましたが、ゲンシカイオーガには技がありません。
新たに得た専用技「根源の波動」は、威力110命中85で相手2体攻撃という性能。グラードンの断崖の剣に比べ、素の威力は劣るものの、天候補正を得られるため、それを含めると断崖以上の威力。
ただし、ゲンシグラードンの特性「終わりの大地」の方が発動した状態だと、水技自体が通らなくなるので、レックウザと組んでメガシンカを遅らせるなど工夫が必要になります。

例えばゲンシグラードンと初手で対峙した場合に
・晴れになった場合:ゲンシカイオーガの水技は全く通らないのでゲンシグラードン側が有利
・雨になった場合:S関係がゲンシグラードン≧ゲンシカイオーガなので、居座った場合でも最低でも断崖一発は食らわせることができる公算が高い
と、グラードン側に有利な条件となりやすいため、ゲンシカイキとして、グラードンよりもやや評価が落ちます。

主な技
・攻撃技
根源の波動 潮吹き ハイドロポンプ 雷 れいとうビーム 絶対零度
・補助技
守る 瞑想

----------------------------------------------------
性格:控えめor冷静 特性:雨降らし→はじまりの海
根源の波動 れいとうビーム 雷 守る@藍色の珠
実数値:191(124)-139-139(228)-242(156)-180-110(冷静最遅なら85)

<調整先>
【物理耐久】
・A189アルセウス@珠の剣舞神速確定耐え
・A189アルセウス@珠の神速2耐え
・A232メガレックウザ@珠のガリョウテンセイ耐え
【特殊耐久目安】
C244Wキュレム@眼鏡の流星群確定耐え
【C目安】
H227-D150クレセリアをダブル雨根源で確2
H157-D115メガクチートをダブル雨根源で、命中急所考慮に入れて約5割で一撃
----------------------------------------------------

[PR]

by genbu-toro | 2015-03-27 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)