<   2011年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 28日

運ゲーはしかけるだけで楽しい

投稿は日付をまたいでしまいましたが4/28付の更新ということで。
今、大会で遠征しているので携帯からです。大会の結果とかは終わってからPCからじっくり書きます。

本題。今日は昼休みに後輩とBWでポケモンバトルをやりました。一回目は66のフルバトルのつもりがワイヤレスは自動的に6→3になることを忘れてしまい、二回目は赤外線から66バトルをやりました。結果は一勝一敗。
敗因は何だろう、と考えるとフシギバナが妙にきつい変なパーティ使ったこととそのバナに対してマッギョさんが地割れ4回外しをやってのけたことでしょうか。しかし、これは部内でポケモンバトル大会をやってみたくなってしまう今日この頃。まぁ、けじめはつけるべきなので計画立ててみようかなぁ、と。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-28 23:59 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 04月 27日

「!」が増加

http://www.4gamer.net/games/132/G013200/20110407063/

hを抜かずとも自動リンクにならないことに今さら気付きました。
20周年記念の「ぷよぷよ!!」がニンテンドーDSで発売されることが発表されました。15周年記念が「ぷよぷよ!」だったので「!」が増量しました。その分内容もパワーアップしてるのかどうかは分かりません。
ぷよぷよ7にあった「だいへんしん」は削除されるようですね。結構面白いと思うんですが・・・。個人的にはフィーバーよりは好きです。
私のぷよぷよレベルがどのくらいかというと、連鎖自体はWi-Fi実戦でも10連鎖〜12連鎖くらいは出ますが、後折り階段しか組めないので隙が多いというへっぽこぷよらーです。
正直この作品、「なんだよ、7月にDSか・・・。3DSでパワーアップが出るまで買わなくていいや。」とか思ってたんですが、公式サイトに載ってるアニバーサリーボックスなるものを見るとそれが欲しくなってしまいました。しかし、限定版は8000円近くするというかなりの出費。正直この時期の発売のDSゲームのWi-Fiが盛り上がるかどうかもよく分からないのでしばし考えることにします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-27 12:44 | ゲーム | Comments(0)
2011年 04月 26日

モロバレルをゆるーく考察

○モロバレル 114-85-70-85-80-30 草/毒
d0220451_1642298.gif
3匹目の「キノコの胞子」を使うポケモン。100%眠りというぶっ飛んだ性能かつ個性でもあります。


攻撃面
覚える技は典型的な草タイプで草と毒タイプの技ぐらいしか覚えません。また、こういう種族値のポケモンだと「宿木の種」も欲しくなりますがこの子は覚えません。
ギガドレインとかでじわじわ押していくことがメインになります。

防御面
弱点   飛 超
抵抗    草
※メジャーと思われる攻撃技タイプは太字になってます
毒タイプが入ることで耐性が多少まともになっています。耐久をどちらかに特化する場合どちらにするかは結構難しい問題です。防御だと対格闘が割と安定しますし、特防だとよく飛んでくる大文字や冷凍ビームを割と耐えたりします。これはパーティ次第としか言えないですね。まぁ、特殊に関してはHP振りだけでC125の不一致大文字を耐えたりするものはありますんでそれ以上にしたいかどうかが重要といえると思います。

ダブルに関して
私はダブルをやらないので知識があまり無いですが、この子はイッシュ限定ダブルだとかなりメジャーなポケモンのようで。
胞子に怒りの粉があって耐久も信頼できるというのが大きいんでしょう。

まとめ
眠らせてじわじわがメイン。積みには一応クリアスモッグがあったりしますし結構嫌らしく立ち回れるんじゃないかと思います。これまでの胞子使いの2匹ともだいぶ違う性能のポケモンなので面白いんじゃないかと。
タマゲダケから「どうしてこうなった」って感じの進化ではありますが、個人的にはモロバレルの方が好きだったりします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-26 11:08 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 04月 25日

四間飛車穴熊といえば・・・

ttps://www.asakawashobo.co.jp/products/detail.php?product_id=33
※誤アクセス防止のため頭のhを抜いています

以前「振り穴勉強中」とかチラッと書きましたが、この本を研究に役立てています。
「振り穴王子」の異名をとる広瀬王位が書いた振り穴のエッセンスが詰まったこの一冊。多数の急戦と銀冠との戦いのコツが詰まっています。
銀冠穴熊と相穴熊戦は続編に譲るようですが、アマでも非常に読みやすいように工夫された本だと思いました。穴熊だと組む前に戦いを起こされるといやなものですが、振り飛車の場合角交換を挑めるのでなかなか急戦はうまくいかないようです。そこでプロでも銀冠やら相穴熊で固めあう将棋が主流になっています。
それでも急戦対策も知っておかないと潰されてしまいそう(特にスピード斜め棒銀)なので知っておくべきでしょう。
これまで穴熊は「ただ固める」だけの戦法かと思っていましたが、本書内に「穴熊はいかに攻め味を残すかが生命線」というようなことが書いてあったのには結構驚きましたし、ただ固めるだけの単純穴熊は相手が動いてこないと何もできないので絶滅したようです。
振り飛車党だけど美濃ばっか指してて穴熊の感覚が分からないという人にオススメの名著。というか私自身がこれ。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-25 12:47 | 棋書 | Comments(0)
2011年 04月 24日

過去のゲームを振り返る ~ヨッシーアイランド~

○スーパーマリオ ヨッシーアイランド 発売日:1995/8/5
一応スーパーマリオワールドの続編と位置づけられている作品。同じマリオ系列のアクションではありますがゲーム性は大きく異なります。この作品は操作はヨッシーですのでアクション自体にマリオとは異なるものがたくさんあります。ベロを出して敵を食べてタマゴにして投げるというアクションがこのゲームのキモ。
発売の時期的には既にプレイステーションとかセガサターンの方に注目が集まっていたとは思いますが、このゲームの絵本風のグラフィックは他のゲームには無い温かみを感じます。
6ワールド×8コースで隠しステージも存在しています。各コース毎にスター30枚、赤コイン20枚、フラワー5枚(1枚10点)を集めることで合計100点満点までのスコア判定があります。先ほど出した隠しステージを出現させるためには100点を取る必要があります。
クリアするだけならライトゲーマーでもさくさく進めますが、100点を取ろうと思ううとなかなか歯応えのあるゲーム性が個人的に好きですね。万人受けするゲームかと。お助けアイテムのようなものもあったりするのもいいです。

○ヨッシーアイランドDS 発売日:2007/3/8
前述のSFC版から12年の歳月を経て続編という位置付けで発売された作品。5ワールド×8コースなのでコース数自体は減少していますが、難易度はかなり上昇しています。
基本的なアクションはそのままですが、マリオ・ピーチ・DK・ワリオ・ベビィクッパの5種類の赤ちゃんによってアクションが変化する新要素が登場し、特定のベビィでないと重要アイテムが取れない仕掛けも満載。
・難易度上昇要素
1:お助けアイテムの削除
2:1つのコースが長くなった
3:ベビィの使い分け
グラフィックは悪くないですし、基本的なゲーム性も変化は無いですが個人的に一番このゲームで不満なのが音楽です。
SFC版は彩り鮮やかな音楽がゲームを盛り上げてくれるのですが、DSでは音楽というものがありません。・・・これは語弊があったかもしれませんが、ほぼ空気のような音が延々と流れます。ボス戦なら燃える曲が普通のはずなのに何故か拍子抜けのような音が続きます。結局ダメージ時のベビィの声のうるささと併せて無音でプレイしてしまいます。
また、2画面の間の枠の部分(要は何も映っていない)に判定というか、繋がっているのもマイナスポイント。
DSの方が容量的には上のはずですが、ゲームとしてはSFC版の方が面白いです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-24 10:47 | ゲーム | Comments(0)
2011年 04月 23日

飛び出る、揺れる。

ttp://www.4gamer.net/games/131/G013168/20110414019/
※誤アクセス防止のため頭のhを抜いています

マーベラスが発表したこの「閃乱カグラ」。詳しいゲーム内容は分かっていませんが、“奥行き&臨場感たっぷりに乱舞する”とのことなのでアクション系統かRPGといったところなんでしょうか。
ジャンルが「爆乳ハイパーバトル」ということで、人を選ぶとかそういうことを気にしない冒険してる感がありますね。
DSだと「スーパーロボット対戦 無限のフロンティア(タイトルこれだっけか?」がおっぱいとかお尻とかを強調してるゲームという印象がありましたが、3Dになることですごいことになりそうな気もします。
買う、買わない以前にこのゲームがどういう方向性に向かうのかということと、CERO審査はどうなるかということに注目してみます。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-23 18:57 | ゲーム | Comments(0)
2011年 04月 22日

レビューについて

ゲームだとmk2のように「レビューサイト」なるものがあります。存在意義としては、まだ購入していないけれど買うか迷っている物がある人が他人がそれに対する感想を参考にすることにあります。
また、これは私個人の趣味ですが、自分が買った物に人がどんな感想を持ったかを見るのもなかなか楽しいです。

私も時折レビューを書きます。名前は「あまとろ」ではないですが、文章の作り方はこのブログと変えてないので見れば分かるかなと。まぁ、スパ4とかツクールDSのようなこのブログで話題に挙げるソフトは書きました。
レビューは前述した人向けでありつつ、自分の感想を文章化することで改めて気付くこともあるので、書いてても楽しかったりします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-22 20:55 | その他 | Comments(0)
2011年 04月 21日

もうすぐ終わる宴

○RPGツクールDS
昨日、今回のFullコンテストの最終更新となる125作品が公開されました。
最後ということは締め切りギリギリまで作り込んだ作品が多いと思われます。つまりはクオリティが高い可能性が高い訳ですね。

しかし、先週の11期は不運でした。最大となる130作品が公開となり、☆1荒らしも出現したことで、わずか1週間で70作品が駆逐されました。

○余談
青紫蘇物語はおそらくラストまで残ると思われます。まだまだプレイしていたたければ幸いです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-21 20:10 | ゲーム | Comments(0)
2011年 04月 20日

SUPABOYは欲しいかもしれない

とあるサイトの文章を編集してみる。

持ち歩けるスーパーファミコン「SUPABOY」が近日中に発売されることが明らかになりました。

海外の製品ですが日本のスーパーファミコンのカートリッジとも互換性があり、捨てられずためこんでいたソフトをいつでもどこでも遊ぶことが可能です。
また、AV出力やコントローラーの接続もできるようになっているため、据え置き機と同様の使い方もできるマルチな用途を持つハードとなっています。

「SUPABOY」のスペックなどは以下。
スクリーンは3.5インチ、バッテリーは5.5時間持続(無音テスト)。本体の大きさは約21.59×10.16×3.81センチ、重さは約326グラム。ステレオ音声でAV出力可能、ヘッドホンジャックと音量調整ボタンがついているとのこと。

モバイル機器でありながらコントローラー用のコネクタが2つ付属していて、SNESのコントローラーや銃型コントローラー、「Mario Paint」のマウスなど、コントローラーポートに接続できる物ならほとんど動作するということです。テレビに映像を出力してコントローラーをつなぎ、普通のスーパーファミコンとして使うこともできそうです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-20 20:46 | ゲーム | Comments(0)
2011年 04月 19日

ぼやきは健康にいいとの噂

○3DS
買って2ヶ月程ですが、操作の激しいスパ4やってるからか十字キーの部分の塗装が一部剥がれてきました。
操作自体に問題がないので、修理の間3DSが出来ないというデメリットと直るメリットを天秤にかけることになるわけです。多分出さない気がします。

○大相撲
蒼国来と星風が非認定から一転認定されたことを機に調査を打ち切ったようで。
これで収束に向かうかというと多分向かわないと思われます。この2人は提訴するようですし。

○将棋
某王位の影響を受けて四間飛車穴熊を研究中。実戦はサークル内で一戦試して作戦自体は成功しました。結果は終盤グダって負けましたが。
これまで美濃メインだったので堅さを活かす戦いというのはあまりしてこなかったので新鮮な感じがします。

○RPGツクールDS
なんか先週の火曜日に130作品とかふざけた数が公開されました。1週間やそこらでプレイが出来るはずもないですし、このままだと作品の大半が評価が悪い関係で落ちてしまいます。
エンターブレインの方針はよくわからんね。普通にコンテスト延期じゃダメなんでしょうか?

○青紫蘇物語
凡ミス多すぎだろ・・・。四天王の2人目と3人目に負けたときのゲームオーバーを設定し忘れてるとかもうね。
評価数45は最近公開された作品と比べれば多いですが、3期という早めの公開の作品のなかでは下位です。理由は明らかで、説明文とか自分が作者じゃなくてこれを見たら絶対プレイを避ける類のものにしてしまったのが悔やまれます。ゲームタイトルももうちょっとはっちゃけてもよかったですね。「青じそバンザイ!」とか。

なるほど、ぼやきはストレス解消になっていいですね。
[PR]

by genbu-toro | 2011-04-19 11:10 | いろいろ | Comments(0)