私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

最近解禁された夢特性ポケモンについて

とりあえず軽く一覧を。

ペルシアン:緊張感
フーディン:マジックガード
スリーパー:精神力
バリヤード:テクニシャン
ルージュラ:乾燥肌
アリアドス:スナイパー
ソーナンス:テレパシー
サーナイト:テレパシー
ヤミラミ:悪戯心
クチート:力ずく
チャーレム:テレパシー
ブーピッグ:食いしん坊
スカタンク:鋭い目
エルレイド:正義の心

<10/1追記>
抜けがありましたので補足しておきます。
ドータクン:ヘヴィメタル
ジュペッタ:呪われボディ
ヘルガー:緊張感
バルビート:悪戯心
イルミーゼ:悪戯心
ミカルゲ:すりぬけ

以上です。太字&下線にしたフーディンとヤミラミが個人的に強いと思います。
○フーディンのマジックガード
ランクルスやピクシー、シンボラーと比べると耐久は低いんですが、それでも珠ダメージがないとか砂嵐&霰ダメージが入らないのでタスキが潰れにくい、など色々効いてきます。
○ヤミラミの悪戯心
これまでミカルゲの陰に隠れてましたが、この夢特性解禁は大きいです。先手鬼火で相手の物理アタッカーを問答無用で機能停止に追い込むなどとても厄介だと思われます。
軽くダメージ計算しましたが、ヤミラミが防御特化で相手を火傷状態にすると、攻撃補正有+命の珠ガブリアスの逆鱗確3で再生が間に合い、陽気鉢巻ガブの逆鱗でも超低乱2なので、最強クラスの物理アタッカーのこいつでも火傷だとほぼ突破が不可能と言えます。・・・これはやばいですね。とても欲しいです。
こいつに関しては今度ゆる考察の記事を書いてみたいと思います。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-30 23:59 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 09月 29日

「ドラクエ10」のオンライン化について

ドラクエ10
参考記事(4Gamer)
参考記事2(yahoo)
発表自体は結構前ですが、「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン」がWii/Wii Uで発売されることが発表されました。
スクウェアエニックスのオンラインRPGといいますと、「ファイナルファンタジー11」もありました。どうしてもオンラインとなるとゲーム中の要素に課金があったり、難しいのではないかという先入観から食指が動かないという方も多いのではないでしょうか。かくいう私もオンラインゲーにはあまり興味がないです。

実際、今回の発表に対しては反発の声が少なくありません。
特に顕著なのはこの発表後、スクエニの株価がすごい勢いで下落したことでしょうか。据置機でのこれまでと同じような純粋RPGを期待していた方も多いはずだったので、オンライン発表に落胆した投資家も多かったということなのでしょう。
大体は参考記事2の方のyahoo!の記事が詳しいのでそちらで。

閃乱カグラ
参考記事(4Gamer)
9/1の記事にて珍しく売り上げがどうなるか注目しましたこのゲーム、ジャンルなどにより厳しいのではないかと思っていたらまさかの初週5万本超え。
8月の3DSの値下げ、9/13のカンファレンスで大型タイトルが発表されたという2点により、3DSというハードの普及がだいぶ進んできたという追い風があったことを考えても予想外の数でした。
内容も概ね佳作との評価のようですね。
・・・まぁ、このゲームがこれだけ売れる日本は平和だな、とつくづく感じましたね。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-29 23:16 | ゲーム | Comments(0)
2011年 09月 28日

ウルガモスを育成してみる

○ウルガモス 85-60-65-135-105-100 虫/炎
d0220451_1723734.gif
種族値合計550の高性能な虫ですね。虫の天敵になりやすい鋼には炎があるため簡単には止まらないポケモンでもありますし、ドレディア同様に蝶の舞が凶悪でもあるのでその辺を中心にちまちまと考察してみます。

能力値&技
特攻種族値が135とかなり高いです。タイプ一致の特殊技としては炎にはオーバーヒート、大文字、火炎放射、炎の舞という選択肢があり、虫は安定のさざめきがあります。更に高めの特防に蝶の舞があるので相手を選んで積めれば無双もありえます。
こいつの弱点は65しかない防御と、タイプ的にステルスロックで約半分喰らうので6on6では使いにくいということでしょうか。
性格は、さざめきで抜群が取れて素早が近いサザンドラの最速を意識したいかどうかで臆病か控えめに決めることになるでしょう。
この時点で炎技/さざめき/蝶の舞はほぼ確定で残り1枠をどうするかです。そこで・・・

めざパ&サブウェポン考察
候補が多いので、タイプと意識できる相手を列挙してみます。
:ガブリアス、カイリュー、グライオン、ボーマンダなど
:炎全般、ガモスミラー、水飛、竜飛
:ギャラドス、スイクン、ブルンゲルなど水系統
:炎全般、テラキオン
:炎全般(特に風船なしヒードラン)、テラキオン
ソーラービーム(めざパ草):水ロトム含めた水系統
サイコキネシス:格闘(テラキ、猿、バシャがメイン)
暴風:格闘

炎と虫両方半減する相手か4倍が欲しい相手を考えて選ぶことになるでしょう。私の今回の育成するのは氷だったりします。

努力値
珠を持たせないなら耐久とか素早調整してもよさそうですが、面倒とかいろいろ理由が重なって控えめCSぶっぱになりました。

まとめ
これまでの考察の中で一番の「厨ポケ」と呼ばれる部類の子の考察でした。正直、私の育成してきているポケモンとは一線を画すレベルの子なので他の子以上に考察が微妙になった気もします。
ただ、物理&岩4倍に気を付ける必要があるので適当に使って強いというのとはちょっと違う気もするので注意が必要だと思います。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-28 23:21 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 09月 26日

勢力図の変化

大相撲秋場所
9/9の記事で見どころとして紹介したところの結果を中心に振り返ってみます。

1:日馬富士の綱取り
序盤で負けが込んで早々に立ち消えとなりました。最終成績も8-7としょっぱくなりました。せめて千秋楽で横綱戦に勝って三つ巴の優勝決定戦を実現させる意地を見たかった感も。

2:鶴竜と琴奨菊の大関取り
鶴竜の方は9-6だったため、完全に出直しとなりましたが、琴奨菊の方が横綱白鵬を2場所連続で破ったうえでの12-3で3場所通算33勝のノルマをクリアしました。横綱戦2連勝の印象がいいこともあってか、大関昇進は間違いなさそうです。

3:白鵬
13-2の成績で20回目の優勝を果たしました。これは素晴らしいことなのですが、これまでとは若干変化がありました。
稀勢の里、琴奨菊に連敗がありました。横綱となって初めて関脇以下の力士に2連敗。稀勢の里には63連勝をしていた時にも敗れていて、琴奨菊には2連敗と、少し勢力図に変化があることを予感させる場所となりました。

4:稀勢の里
先場所が10勝、今場所は12勝という成績を残したため、来場所は大関の座を狙う場所となります。ノルマ上は11勝が目安となるので応援したいですね。

余談「ミュウツー配信」
Wi-Fiでやってますよ。今回のミュウツーのオリジナル技は、なんと!
エ レ キ ボ ー ル
・・・せーの、
いらねぇ
と、あえて全国の廃人達の思っているであろうことを代弁してみます。エレキボールは電気特殊技であり、これには威力95の10万ボルトという安定技があります。
エレキボールの威力の計算は、自分の素早が相手の
1倍未満であれば威力40
1倍以上2倍未満であれば威力60
2倍以上3倍未満であれば威力80
3倍以上4倍未満であれば威力120
4倍以上であれば威力150
となります。ミュウツーの50レベルにおける最速値は200。10万ボルトを超えるなら威力120以上欲しいということになります。ただ、3倍となると、相手の素早は66か67。67という数値は、素早個体値Vで無振りのカバルドンの素早です。最高威力を出そうと思うと、相手の素早50・・・これは、種族値30、電気技を撃ちたい相手と考えるとヤドランの素早Vで無振りの値と同じとなります。これ以上の言葉はいりませんね。
そんなわけで今回の配信はネタにしかならないようです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-26 22:28 | 大相撲 | Comments(0)
2011年 09月 25日

感覚の違い?

連続更新
7/27から続けていた連続更新が59でストップ。理由としては、昨日は大学の補講でその後サークル行って飯行って、そこから徹夜カラオケになったということです。
飯まではまだしもカラオケに行くこととか予想外だったので予約投稿も何もしてなかったのでやむなく更新をやめました。
カラオケは毎度のことながら歌唱力が微妙なのでネタ曲中心でごまかす展開に・・・と思ったらなんか採点機能がONとかガクブル。DAMの採点は厳しいようで、80点以上あれば相当のようです。
記憶の上だと割と採点がよかったのが、「北酒場」「暗闇心中相思相愛(絶望先生ED)」「バラライカ」「味楽るミミカナンバーワン」辺り。後ろ2曲とかネタ以外の意味で入れてないですよもう。

また、今日は本来24自戦記の予定でしたが、お休みします。平日は最近帰ってブログの更新をして寝るという生活で、今日の更新のために週末に指しだめしようと思っていたら上記の顛末だったことが原因です。

キングオブコント2011
ロバートが優勝しましたが、私は今年でこの番組を見るのは最後になると思います。
以前から審査方式をはじめとして不満点の多い番組で、私はいまだに第1回のバッファロー吾郎の優勝には納得がいきませんし。
今年の大会も、2700というコンビの2本目のネタは、ネタを作ってない方の人が冗談交じりかもしれませんが「自分でも何が面白いのかわからない」とか言ってしまうようなネタで高得点をたたき出して2位になってしまったのを見て、少なくとも私の感覚とは合わないことを確信しました。
個人的にはインパルスのような見てて安心できるネタが好きです。あと今回はTKOの2本目も面白かったです。

ともかく、見てて純粋に「面白い」ではなく、個人的に微妙だと思ったネタが高得点で「難儀だなぁ」という感想を持ってしまった時点で、この番組を見る意味はないと感じるので来年からは見ないことにします。
あと、私としては「R-1ぐらんぷり」も見ててつらくなってくるのでキングオブコントとともに大会自体をやめてしまってもいいのかなとは思ってます。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-25 19:07 | その他 | Comments(0)
2011年 09月 23日

ポケモンゆる考察&育成してみるまとめ IN 6世代

第6世代発売後はこの記事にまとめていきます。

パーティ
試作1
第31回つのおふ(XYカロスダブル)
第6回びぶおふ!(XYシングル)
燃えよ!ドラゴンタイプ!
第35回つのおふ(ORAS全国ダブル)

単体考察
・通常ポケモン
ホルード  ハチマキ
マッギョ 概観 配分例
ランドロス霊獣 スカーフ チョッキ ハチマキ
ルチャブル
ローブシン

・メガシンカポケモン
メガカメックス
メガガルーラ
メガバシャーモ
メガリザードンY
メガルカリオ

・禁止伝説(基本的にダブル)


番外編
自分用メモ XY ORAS
ボール考察:その1 その2 その3 その4 その5 その6
進化の輝石補足編 in 6世代
環境まとめ(シングル):シーズン1 シーズン2 シーズン3
環境まとめ(スペシャル):シーズン1(XY新ポケシングル) シーズン2(カロスダブル)
環境まとめ(大会):ジャパンカップ(カロスダブル)
さかさバトル考察:その1 その2 その3 その4
ポケモン配置学:技構成 PT

[PR]

by genbu-toro | 2011-09-23 18:10 | ポケモン考察まとめ | Comments(0)
2011年 09月 23日

ポケモンゆる考察&育成してみるまとめ IN 5世代

これまで結構な数の「ゆる考察」と「育成してみる」の記事を投稿してきたので、まとめとなる記事を作成してみます。

パーティ
第108回九尾杯ベスト4PT(ノオーガブサンダー)
第1回ばくおふ!優勝PT(ノオーガブボルト)

単体考察
※50音順です
アグノム
イノムー
ウォッシュロトム その2
ウルガモス
エーフィ
エルフーン
エンテイ
オーダイル
オクタン
オノノクス
オムスター
カイリュー:マルスケ考察 型紹介など
ガブリアス
ガルーラ
キノガッサ
ギャラドス
ギャロップ
キュウコン
キレイハナ
グライオン
クレセリア
ゴウカザル
ゴーリキー
コジョンド
ゴチルゼル
ゴルーグ
サーナイト その2
サザンドラ
サマヨール
サンダー
ジャローダ
シャンデラ その2 その3
ジュカイン
ジュゴン
シンボラー
スイクン
チャーレム
テラキオン
デンチュラ
ドレディア
ニョロトノ
ヌマクロー
バイバニラ
ハクリュー
ハッサム
バッフロン
バリヤード
パルシェン
ヒートロトム その2
ヒヒダルマ
ヒヤッキー
ファイヤー
フーディン
ブーバーン
フォレトス
フライゴン
ヘラクロス
ペンドラー
ボーマンダ
ボスゴドラ
ボルトロス(化身)
マッギョ その2 その3
マルノーム
ムーランド
ムシャーナ
メタグロス
メブキジカ
モルフォン
モロバレル
モンジャラ
モンメン(Lv1)
ヤミラミ:その1 その2
ユクシー
ラティオス
ランクルス
ランターン
リオル
レジアイス
レジスチル
レジロック
ローブシン 夢ローブシン

番外編
水タイプ 前編  後編
ドラゴンタイプ
格闘タイプ+@
進化の輝石 進化の輝石補足編
キャラランク@2011年11月
キャラランク@2012年6月
キャラランク@2013年3月
天候パーティ
ステータス計算
ケルディオ
S調整ライン
メロエッタ
準伝説

○考察記事に関する注記
・シングル6→3ルールを基本としています。
・リンクの「対戦考察まとめWiki」「徹底攻略」の育成論を参考にしていたり、引用している部分があります。
・ダメージ計算は「トレーナー天国」のツールを使っていて、計算は互いに6Vを前提としています。
・筆者は強くないので参考になる記事かどうかは怪しいです。

この記事は新しくポケモン関連の考察記事を投稿した時に随時更新します。
記事自体は今後の更新で埋もれますが、右側メニューの「カテゴリ」に「ポケモン考察まとめ」を作ったので、そこから飛べるようにしています。

以下、この記事を機に更新したことについてです。
・ポケモン考察記事に「ポケ書」のポケモンドットにあるものは掲載
少し手間をかけて変更を加えています。これで当ブログが少しでも見やすくなっていたら幸いです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-23 18:04 | ポケモン考察まとめ | Comments(0)
2011年 09月 22日

ヒートロトムを育成してみる

○ロトム(フォルムチェンジ後) 50-65-107-105-107-86
※フォルムチェンジによって、水/電、炎/電、草/電、氷/電、飛/電に分岐します。今回取り上げるのは炎&電の通称「ヒートロトム」です。
d0220451_1550305.gif
今回、なんか掲示板で控えめ31-×-31-31-27-29という個体値の子をもらえたので急遽育成してみることにしました。めざパは使えるものじゃないので今回は入れませんが、一応めざパに関しての考察もしてみます。

能力値
耐久値はミカルゲとほぼ同等です。これをどう見るかは人それぞれですが、私個人の感想としては「それなり」だと思います。
フォルムチェンジ前の霊/電のロトムと比べると素早を5落とした代わりにHP以外の能力をアップさせた感じですね。・・・HP伸びてたらウォッシュロトム辺りは今以上に大変なポケモンになってたかもしれません。ヒートロトムが一番特性「浮遊」の恩恵は大きいですね。

技候補
炎技はオーバーヒートのみとやや尖っています。ロトムということで、補助技が結構あります。
まず、炎タイプ唯一のトリック使いです。拘りトリックもいいですし、全ポケ中ただ1匹、火炎玉トリックを火傷のリスクなしかつマイナス特性なしで使うことができます(不器用ミミロップでも一応可能)。
あとは電磁波・鬼火・壁2種・痛み分け辺りが候補でしょうか。

めざパ考察
炎と電気の組み合わせは相性がよく、等倍の範囲がかなり広いですが、それでも両方半減されてしまうポケモンもいるのでそのタイプと代表的なポケモンをリストアップしましょう

水/電(+蓄電) ランターン
水/地 ラグラージなど
炎/地 バクーダ
岩/地 ドサイドン ゴローニャ
竜/地 ガブリアス フライゴン
竜/超 ラティオス&ラティアス
竜/悪 サザンドラ
竜単色 オノノクス クリムガン

私の調べた限りではこの辺りです。バクーダは意識する必要のある対人戦出現率ではないので、他のポケモンを意識してめざパを選定することになります。
ぶっちゃけの2択なわけですよ。

1:草
上の表で、ランターン・水/地・岩/地に抜群となります。範囲としては微妙に見えますが、かゆいところに手は届いている感じがします。
2:氷
炎電だと、ドラゴンの多くに沈黙してしまう怖さがあるので、氷はかなり欲しい気もします。コイツで倒すように意識する必要はあまりないですが、何もないとガブに無償剣の舞とか暴れられてしまうので。
そんなわけで、氷の方が優先度は高いんじゃないでしょうか。

努力値
これが悩みどころ。耐久は高いわけではないので最低限に留めたいんですが、半減物理には後出ししたいので、HPに252振って、いじっぱり攻撃無振り拘り鉢巻持ちシュバルゴのメガホ確3調整というポケモン徹底攻略の調整はかなり有力そうに見えますね。
鉢巻シュバルゴのメガホ、つまり135族の鉢巻持ち半減120技に後出しできるのでいいですね。これは私もマネしようかなと考えてます。
HP252、防28までは確定して、あとは好みで素早調整でしょうか。最速カイリキー抜きくらいで問題ないのかどうか。あるいは、火炎玉トリックでスカーフ入手した時のことを考えてもっと入れるべきか迷いますね。難しいところです。

今回の育成
技:オバヒ/10万orボルチェン/トリック/リフレクor光の壁@火炎玉
努力値:HP252 防28 素早調整 残り特攻
戦う電子レンジとしての活躍を祈って記事を締めてみます。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-22 23:16 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 09月 21日

マルチ発売の功罪

東京ゲームショウ2011
どう記事にするか悩んでましたが、特別記事にしないことで万事解決することに気付きました。
今回は、直前に3DSカンファレンスとSCEJプレスカンファレンスで重大な発表があったのでTGSで大きな発表というのはあまりなかったと思います。
ファミ通や4Gamerにあがっているプレイリポートなどを見る楽しみがあるので私の感想よりもそちらをご覧ください。

ぷよぷよ!!
4Gamerの記事
そんなTGS2011の中で記事にしたいと思ったのがこちらの話題です。
最近のぷよぷよの恒例となっております、複数機種でのマルチ販売がされることが発表されました。3DS/PSP/Wiiにて12/15に発売されます。・・・これまた「モンハン3G」とか「PS Vita」とかの発売日に近いので販売数的には厳しいかもしれませんが。私個人もDS版を買ったのでわざわざ3DS版orPSP版をまた買うのももったいないのと、「スーパーマリオ3Dランド」「マリオカート7」購入予定で金銭的な余裕もないと思われるので見送りが確定しています。
そんなマルチ販売のメリットとデメリットについて。

メリット
・多くの人がやりたいゲームをできる可能性が広がる
・企業はプログラムを使いまわせて、利益を効率的に挙げられる

デメリット
・マルチということは、ハードの特性を活かせていない可能性がある
・使いまわすということは、ゲーム自体の質が低下する懸念もある

ぷよぷよのようなゲームはこのようなマルチによる影響は少なく、メリット部分がより浮き出る好例といえるゲームなのでいいと思うんですが、10/13に発売が予定されている「ACE COMBAT ASSAULT HORIZON」(PS3とXbox360のマルチ)のようなソフトだと、ソフト自体はおそらくXbox360の性能に合わせて作られるので、PS3だと映像表示能力的にPS3専売のゲームよりはやや落ちるのかなぁ、と感じます。シューティングゲームにとってのグラフィックは少なくとも落ち物パズルよりは重要な要素ですし。
そんなわけで、「マルチで販売すべきソフト」と「そうでないソフト」があると感じてるわけですよ。こういう話題に関しては意見が分かれると思うので私の意見はこの辺で。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-21 22:41 | ゲーム | Comments(0)
2011年 09月 20日

3DSの周辺機器のおすすめ良品

1:スライドパッドカバー
d0220451_225628.jpg

3DSのスライドパッド、悪くないけれど白いので使っているうちに手の汚れとかで黒っぽくなってしまう、ということがあります。
そんな悩みを解消した上で操作性も向上させてくれるのがこの商品です。6種類あるので自分でしっくりくるものを選べ、携帯用ストラップもついているといういたせりつくせりな内容。値段も500円以内に収まるなかなかのコストパフォーマンスです。

難点を挙げるならば、装着したまま3DS本体を完全に閉じることができないこと、ストラップにカバーをつけるのはいいんですが、外しにくいところでしょうか。
パッドに対するカバーの着脱はかぶせるだけとラクラクなので、この辺は非常に惜しいところですね。

2:ラバーコートグリップ
d0220451_2311242.jpg

以前は、デイテルジャパンから出ているグリップを使っていたのですが、スタンド部分が壊れたことなどもあって、買い替えることにしました。
その結果選んだのがこれです。以下はデイテルのものとの比較

・デイテルはプラスチックだが、こちらはラバーコーティングされている
・3DSの着脱が圧倒的にやりやすい
・握りやすさもすごくいい

・・・などなど、ものすごいデキですねコレ。ラバー製品というと特有の匂いがあったりするものもありますがこれはほとんどしませんし。これ使っちゃうと以前のものにはもう戻れないですねぇ。
値段が他のグリップに比べると少し高めですが、正直それを考慮に入れたとしてもこのグリップを買うのをオススメしたいぐらい使いやすいです。

気が付くとどちらもサイバーガジェット。そんなわけで、よき周辺機器を使ってよきゲームライフを。
[PR]

by genbu-toro | 2011-09-20 23:16 | ゲーム | Comments(0)