私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

プレイバック 2011

いよいよ2011年の大晦日となりました。今年あったもろもろを振り返ることにいたします。
多分記事として長くなります。

3・11
今年を振り返ろうと思った時にトップで扱う話題はこれしかないと思いました。
今年の漢字は「絆」。これも東日本大震災によるものですね。あれからもう9か月以上経ちました。
一つの出来事で万単位の人が亡くなったこの出来事は深く心に刻まれ、今も爪痕を残したままです。
来年は少しでも穏やかな年になることを願ってやみません。

訃報
今年は多くの大物が亡くなった年でもあります。
今年の前半に国内で亡くなった方は以前振り返りましたので、今回は海外&後半に亡くなった方を。
・立川談志
・北杜夫
・森田芳光
・ビンラディン
・スティーブ ジョブズ
・カダフィ大佐
・金正日
名前を挙げるだけで凄いメンツですね。リビアのカダフィと北朝鮮の金正日が亡くなったことで、独裁国家2つの動向は注目されるところです。そうでなくとも2011年はエジプトなど中東で民主化の動きもありましたし。

将棋
プロ棋界のタイトルは
竜王・王座 渡辺明
名人     森内俊之
棋聖・王位 羽生善治
棋王・王将 久保利明
という状況になりました。今年度に久保さんの持つ2つのタイトル戦が残るので、そちらがどうなるのかに注目です。
私自身を振り返ってみると、棋力はおそらくさほど変わっていないと思いますが、多少アマ棋戦に出たのは一歩前進かもしれません。今後も真剣勝負の場をもっと味わっていきたいですね。ただ、最近は24でbonkrasの将棋を見ることが自分で将棋指すより楽しくなってるんですよね・・・。

ポケモン
BW発売から1年以上経つわけですが、今年も環境は激しく変化していてついていくのが大変でした。
恐らく来年も揺れ動く状況が続きますし、BWのマイナーチェンジで教え技が来るとその流れがより激しさを増すことになります。
昨日予告しましたキレイハナの育成論は大体構想はまとまっていますが、育成論のサイトの方が冬休みで荒れ気味なので、投稿は休み明けの10日以降になります。

ゲーム
2/26に3DSが発売されました。私が今年買ったゲーム振り返り。
・ストリートファイター4 3Dエディション
・デッドオアアライブ ディメンションズ
・ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
・ぷよぷよ!!(DS版)
・スーパーマリオ 3Dランド
・マリオカート7
折角3DS買って、ブログをやっているのに一切フレンドの募集をしてないことに今更気付いたので右上のブログ紹介の部分に追加しましたので、もしフレンドになってくださる方がいましたらコメントにてよろしくお願いします。

当ブログ訪問者数
本当は開設当初からアクセスカウンターを設置したかったのですが、エキサイトブログではどうも無理なようなので諦めました。
そんなわけで当ブログの訪問者数をこの場で発表するという形で代えさせて頂きます。
総アクセス数:4,700(本日19時現在)
まぁ、私自身が毎日アクセスして300程増えているので大体4,400ヒットですね。アクセス数の推移ですが、11月以降「スーパーマリオ 3Dランド」「マリオカート7」と発売直後のゲームの記事を書いた際に1日60以上アクセスがあって驚くということがありました。
最近は大体1日平均30アクセス頂いています。ありがとうございます。来年も当ブログをご愛顧いただければこれに勝る喜びはありません。
なお、この記事が300件目の記事となりました。

来年の目標
・囲碁将棋部の部長になったので、職務を全うする
・24名人戦でまずは予選突破
・マイナーで部内ポケモンバトルで優勝してみたい()
あと、ブログは特にこれまでと変わらず続けていきたいですね。

それでは皆さんよいお年を。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-31 19:28 | いろいろ | Comments(0)
2011年 12月 30日

ライチュウをゆるーく考察

○ライチュウ 60-90-55-90-80-100 電
d0220451_19233143.gif
進化前がアニメの主人公、ゲームでも専用道具を持つピカチュウの影に隠れがちという稀有な最終進化ポケモンと言えるこの子。
夢特性を得たことなどと合わせて考えていきたいですね。

能力・技
火力は進化前に勝てないものの、それ以外の能力では勝ります。また、気合玉など進化前では覚えられない重要な技があります。
また、ピカチュウ&ライチュウの夢特性は避雷針です。
この特性、第4世代まではダブルでしか効果の発揮されないものでしたが、BWにて「相手の電気技を無効化し、特攻が1段階上昇する」と強化されました。また、遺伝技に「アンコール」があるので相手がヘタをすれば
先手を取れる相手に電気技読み降臨→特攻上昇→アンコール→特攻上昇
という流れもあり得ます。無論、相手がアンコを読んで交代してくる可能性も高いのでアンコ安定ではないですけど。
攻撃技は雷(10万)、めざパ氷、草結び、気合玉とそれなりにはありますし、補助技もアンコの他に悪巧みなどがあります。

努力値・技構成例
耐久調整してる余裕のある種族値はしていないので、素直にCS252一択ではないでしょうか。性格は臆病と控えめの選択です。よって、こんな感じになるんでしょうね。
---------------------------------------------------------------------------------------------
性格:臆病or控えめ 特性:避雷針
雷 気合玉 めざパ氷or草結び アンコール@命の珠
努力値:H4 CS252
---------------------------------------------------------------------------------------------
珠を持たせるのは勿体ない気もしますけど、火力が完全に足りてないので仕方ないと思います。その意味でも10万よりは雷という気がします。攻撃回数も稼げないでしょうから。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-30 21:02 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 12月 29日

24名人戦のリーグ表発表!など

24名人戦
先日リーグ表が発表されました。それで、同リーグの人の棋譜を検索して棋風を調べてみたので当ブログにメモしておきます。

現在Rは12/28の14時頃のもので、コメントは5局ほど棋譜を見てのものです。
二段dリーグ
1:kettlesys 現在R1339
※相当な変則将棋。居飛車寄り。△2二金+3二玉の独自のシステムを愛用しているようです。
2:Bad-Arch 現在R1717
※振り飛車と居飛車両方指す正統派寄りの印象。
3:ina45412 現在R1577
※居飛車党かつ持久戦寄りの棋風。
4:dai4shogi 現在R1703
※矢倉党。四間飛車に対しては急戦を仕掛けてきます。最近の勝率が高く調子がいいと思われます。
5:mitsuru-w 現在R1457
※居飛車党。対振りは飯島流一本。
6:f1fish 現在R1467
※居飛車急戦党。
7:moralogist 現在R1641
※棋譜が残っておらず、棋風不明。
8:jade250 現在R1589
※角交換振り飛車と飯島流を多用している印象。
9:milkpan 現在R1590
※四間飛車穴熊が中心で相振りも指しています。
10:himbo28 現在R1548
※石田流、陽動振り飛車、居飛車と多彩な棋譜が残っています。
11:geoger 現在R1655
※振るときは後手番で相手が居飛車の時に向かい飛車採用。概ね居飛車。
12:yuumo226 現在R1663
※棋譜が1つでそれも相手が筋違い角採用なので棋風は謎。
13:Trumpet(私) 現在R1653
※この時期に棋譜が残る頃に1局指してしまったのは失敗かもしれません。
14:hagemame2gou 現在R1627
※居飛車党。残ってる棋譜5局中4勝しています。
15:Capuri 現在R1492
※急戦よりの居飛車党。11/28から見るとRが200点下降しています。

予選通過を目指して頑張ります。戦前予想としては私が振り飛車一本なので対抗形が多くなると思われます。明日と明後日は早指しで何局か指して勘を取り戻しておく予定です。

PlayStation Vita
週間販売ランキング
先日ファミ通の記事を紹介しましたが、4Gamerのランキングでも「マリオカート7」と「スーパーマリオ 3Dランド」の2作品がミリオン販売を達成しています。
3DSは先週は38万台、今週も48万台と2週で約86万台という勢いですが、Vitaが7万台と失速し、前世代機のPSPよりも売り上げが下という不思議な結果になりました。ソフトの方も先週ランクインした4本は全て圏外になりました。
この結果になった理由を私なりに考えてみますと

・PSP時代も売れたのは「モンハン」でハードメーカーのSONYにキラータイトルがない
・その「モンハン」は次回作「4」も3DSで製作されることが決定していて、PSVでの発売予定がない
・初期不良に関する話題がニュースになった
・そうでなくともSONYのハードには初期不良のイメージが強いので買い控え
・携帯機にここまでのスペックを求めない人も多い
・PSPとの互換性が微妙&メモリーも専用

この辺りでしょうか。3DSも互換性はあまり良くないですが、SDカードが使えるという点はいいですね。
「キラータイトルでハードを売る時代は終わった」とかいうのは聞いたことがありますが、やっぱり魅力的なタイトルがないとハードにも食指が伸びないものなのでしょう。2万5千円+ソフトとメモリーほぼ必須なので安い買い物ではないですしね。
今年中は50万台売れるかどうかというぐらいの勢いなので、今後のアップデートや発売ソフトの影響で来年末にどうなってるかに注目でしょうか。

※12/30追記
3DSが50万台売れたのは先週ではなかったので修正しました。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-29 20:57 | いろいろ | Comments(0)
2011年 12月 28日

体験版をプレイしての感想

体験版
昨日の予告通り、先日ニンテンドーeショップにて配信が開始された体験版4本をプレイしてみての感想を書いてみます。

シアトリズム ファイナルファンタジー
体験版の内容はチュートリアル&FF6のバトル曲「決戦」を「基本」「熟練」「究極」の3段階の難易度でプレイできるというものです。
タッチ操作での音ゲーというと個人的にはDSの「押忍!闘え!応援団」シリーズ2作をプレイしましたが、また違ったプレイ感覚を楽しめます。
応援団→マーカーを追いかけてその部分をタッチやスライドさせる
シアトリズム→画面内ならどこでもOK
ただ、シアトリズムが難しいのは上画面を見ながらの操作を迫られることと、「応援団」よりも瞬間的なスライドを求められるというところでしょうか。難易度「究極」は確かに難しいですが、応援団の「華麗に応援」以下で、「太鼓の達人」で言いますと鬼の☆7くらいの難易度のイメージな気がしました。分かりづらいですね;
以下の点を押さえると私はプレイしやすくなりました
・非イヤホンの方がやりやすい
・慣れるとタッチ成功音OFFの方がベース音が聞きやすく合わせやすい
あくまでも個人的なポイントですのでマネするとやりやすいかどうかは個人差があると思います。
想像していたよりも面白いゲームです。

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの秘宝
プレイ感覚の違う4つのステージを体験できます。
1:他のダンサーの手と同じ方向にタッチペンで下画面をスライド
2:彫刻の色に合わせて下画面の4つのパネルをタッチ
3:ステージを見ながらA&Bボタンを押し分け
4:飛んでくる敵に合わせてAボタンと十字ボタン押し分け
悪くない爽快感で遊べるリズムゲームですね。タイトルで流れるテーマ曲が好きなんですが、一度始めてしまうとタイトル画面に戻れない仕様はパッケージ版にはないと思いたいです。
これはスルーするつもりだったのに思ったより面白くて購入候補に戻ってきてしまいました・・・。

バイオハザード リベレーションズ ※シリーズ未体験
始めてみると画面の綺麗さに驚きますね。これまでの3DSソフトとは段違いではないでしょうか。
結構攻撃する部位によってゾンビを倒せるスピードが変わりますね。シリーズ未体験なのと腕がポンコツなのと恐怖心が合わさって死にまくりで体験版すらクリアできてないという()

メタルギアソリッド スネークイーター3D ※シリーズ未体験
こちらもグラフィックは綺麗なものの、やや動きがカクカクしている印象が残ります。
とはいえ、下画面に収められた武器変更などの操作パネルは使いやすいと思いました。ただ、小島監督の態度が嫌いなので買わないですけど()

体験版をやって「リズム怪盗R」が思ったより良かったので購入候補に復活。これにより
・ラビリンスの彼方(1/19)
・リズム怪盗R(1/19)
・シアトリズム(2/16)
・初音ミク and Future Stars Project mirai(3/8)
の4本で決めかねることに。1本に絞れないのでもしかしたら2本買ってしまうかもしれません。とはいえ、私にとってはどのゲームもポケモンと並行してプレイすることが前提で、今はマリオカート7もやっているので時間がないですね。・・・大学生の長い春休みを活かせば出来そうではありますが、しばらく悩むことになりそうです。

4Gamerプレゼント企画
記事はこちら
「パルテナ」の前に2本ゲームを買ってしまうと金銭的に辛いかもしれないので、こちらでプレゼント企画に参加。複数メールアドレスを持っていれば複数口できるので、
・PCメールアドレス→リズム怪盗R
・Yahoo!メール→3DS版「ソニック」
に応募しました。ラビリンスの彼方は当選1名なので避けました。

当選発表は2/4ということは、それまではリズム怪盗Rを購入するという選択肢はない訳ですね。とりあえずテストが終わってから考えることにします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-28 20:07 | ゲーム | Comments(0)
2011年 12月 27日

「Nintendo Direct 2011.12.27」まとめ

Nintendo Direct
今日の正午から約40分間ユーストリームやニコニコ生放送などで放送されました。その内容についてまとめたいと思います。
映像は公式だとこちらから見ることが出来ますので是非ご参照ください。やや重いですけど;

スーパーマリオ 3Dランド
マリオカート7
モンスターハンター3G

3本揃ってミリオン出荷されました。こちらの記事によると前者2本は販売も100万本突破しました。「発売10か月でミリオン3本はビデオゲーム史上初」だそうで。

キキトリック 1/19発売予定
Wiiにて発売される予定の本作の「社長が"聞く"」の映像が流れました。監修の坂本氏と「メイドインワリオ」チームの開発により、濃くてくだらないながらも"聞く"ことにスポットを当てた新しいゲームという印象でした。私はWii持ってないですけどね()

マリオ&ソニックATロンドンオリンピック:発売日が3/1に決定

新・光神話 パルテナの鏡 3/22発売予定
来るかとは思っていましたが、本当に発売日発表来ましたね。
マルチプレイの映像や仕様の紹介に加え発表されたのが、「ネットプレイ」ですね。マルチプレイの内容をそのままWi-Fi通信にてフレンドとやったり「だれかと」も出来ちゃうのはいいですね。
購入確定していますので、今から3か月後を楽しみに待ちます。

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産 1/19発売予定
バイオハザード リベレーションズ 1/26発売予定
シアトリズムファイナルファンタジー 2/16発売予定
メタルギアソリッド スネークイーター3D 3/8発売予定

この4本は体験版をダウンロードしましたので、明日にでもまとめて感想を書きます。

ガールズRPG シンデレライフ 3/8発売予定
この映像見るまで小さい女の子向けと思って全く興味がなかったのですが、映像で思わず大爆笑してしまいました。キャラクターと無駄に(褒め言葉)コラボしてます。
映像で確認できるのはタキシード仮面・ガラスの仮面(速水真澄)・円堂守・鬼道有人・喪黒福造・サラリーマン金太郎・のだめの千秋真一・カイジ・矢吹丈・ルパン三世・峰不二子・範馬勇次郎
・・・と、売りたい客のターゲット層のよく分からないキャラクターが名を連ねています。声優さんも本物が演じています。嘘だと思うなら映像見てくださいとしかw
更にはナレーションは森本レオさんを起用していることでよりターゲットが分からなくなりました・・・。もう許してください・・・。

初音ミク and Future Stars Project mirai 3/8発売予定
3D映像が2本公開されました。なかなかキレイに見えるものですね。

真・三國無双VS:発売日が3/15に決定

ファイアーエムブレム覚醒 4/19発売予定
正式タイトル&発売日が発表されました。また、映像にてシステムまわりについて説明されています。個人的に気付いた点としては戦闘時にカットインや掛け声が入っているところ。これはこれまでのFEシリーズにはなかったと記憶してます。

個人的には「パルテナ」発売日の発表、そして4本のゲームの体験版配信はもちろんのこと、予想外の「シンデレライフ」の破壊力が印象に残るプレゼンとなりました。
来年もよきゲームライフが待ってる予感がします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-27 21:56 | ゲーム | Comments(0)
2011年 12月 26日

「BLEACH DS」について

予告通り「BLEACH DS」二作品について。
BLEACH DS 蒼天に駆ける運命 発売日:2006年1月26日
「超クソゲー3」では6ページ割かれて紹介されています。
ジャンルはこの漫画を基にしたゲームでは数多い対戦格闘ですが、特殊効果を発動する「霊符」や、短距離をワープする「瞬歩」で爽快感とアクセントが加わっているのが特徴です。
ただ、この霊符システムがWi-Fi対戦をカオスに仕立てあげることになります。
主な凶悪カードを紹介しますと
・一定時間相手のガード禁止
・普段はゲージ消費の超必殺技を一定時間無限に使える
・一定時間無敵
・敵味方の体力を平均化する
辺り。これらを利用した凶悪な戦法が発売されると瞬く間に開発されていきました。
またキャラは20数名ですが、キャラ間のバランスも相当悪いです。原作で最強設定の藍染がメチャクチャなのはまだいいとして(弱→ダッシュ→弱→ダッシュ→弱が簡単な永久コンボ)、原作ではほとんど活躍しない「草鹿やちる」がやたら強いです。朽木白哉は原作でも強いですが、ワープ斬り連打で強いのがストレスだったり。
砕蜂は爆発する部下を召喚できますが、使われてしまったら攻撃を与えてもキャンセルされないので強い(主に部下が)ですね。夜一と併せて機動力のキャラ2人は優秀です。

こういった粗さはありますが、DS発売1年ちょっとの段階でこれだけのデキの4人で格闘ができ、割と自由度の高い動きができる良作です。

BLEACH DS 黒衣ひらめく鎮魂歌 発売日:2007年2月15日
なんと、前作「蒼天」から僅か1年で出された続編です。(「超クソゲー3」の蒼天の記事では「もう少しマイルド調整になった続編」と表現されています)
基本システムはそのままに、登場キャラ数が40名以上となったりバランス面での見直しが主な変更点となっています。
霊符は平均化など一部のものが廃止され、霊符構築デッキに制限が加えられるなどの調整がなされました。
前作で凶悪だったキャラクターの調整点
・藍染→通常攻撃全てが変更。ゲージ1消費超必殺技の威力減など大きく弱体化
・やちる→蒼天では通常だった防御力が低くなり、ダッシュ中にこける可能性があるなど正しく弱キャラ化
・白哉→タッチパネルで同じ技の連打不可、ワープ斬りの隙増加など前作では信じられないレベルの弱さに
・砕蜂→部下召喚がダメージでキャンセルされる正しい仕様に

また、他のBLEACH格ゲーではお目にかかれないネタキャラが揃います。
・たつき(主人公の幼馴染。空手で全国インターハイ2位だが、他のキャラが持つ特殊な能力はない一般人)
・コン(ぬいぐるみ)
・ボニーちゃん(イノシシ)
・志波空鶴(戦闘能力はあるものの花火師)
・ドン観音寺(インチキ霊能力者)

この他に、救護班員や敵キャラに使役されるチビキャラ、一番弱いキャラとしては本編では初期段階にて死んだ一般的な子どもキャラが出てきます。
「黒衣」発売の段階では単行本は23か24巻辺りだったと思いますが、この最弱キャラは初出が2巻か3巻。その後一切出て来ず9巻か10巻辺りで1回ちょこっと出ましたがそれ以降は完全に出番なしという記憶に残ってるかどうかも怪しいレベルのキャラだったりします。
その割にこの段階である程度メインを貼ることが予想できていた敵キャラ、グリムジョーやウルキオラなどは一切登場しませんでした。
そんな良バランス化された「黒衣」の一番の難点は、ストーリーモードが蒼天に比べて圧倒的に面倒になったことでした。

今更この2本を買ってみようと思っている人がいるかどうかは分かりませんが、今から買うなら「黒衣」一択でしょうか。流石にもうWi-Fi対戦にはほとんど人がいない状態だと思いますのでオフ専となるでしょうけど、オフだけでもそれなりに遊べます。
私は2作を通じて砕蜂が1番好きです。というかBLEACHのキャラの中でも砕蜂が一番好きです。多分少数派です()
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-26 21:13 | ゲーム | Comments(0)
2011年 12月 25日

「超クソゲー3」を読んでみた

超クソゲー3
d0220451_20451227.jpg

この本は「超クソゲー」「超クソゲー2」の続編です。
「超クソゲー1+2」の感想はこちらです。

この本はタイトルに「超クソゲー」とついてはいますが、レビューの対象となっているゲームの中には普通に楽しめるがツッコミどころの多い良作、いいデキなのにイロモノとして見られたために日の目を見なかったゲームも多く紹介されています。
「はじめに」と「あとがき」にいいことがたくさん書いてあったので引用させて頂きます。

・どこかの誰かがネットに公開した動画を見ただけで「これはクソゲー」とレッテル貼りしてわかった気になる・・・
クソゲーを舐めるなーッ!!クソゲーの神に許しを乞えーッ!!
クソゲーとは魂と魂の正面切ってのぶつかり合いだ。つまらなさに身悶え、それでも隠れた面白さがないか粘りに粘り、ゲームに深くダイブして、その奥底にいる開発スタッフの人格と斬り結ぶ真剣勝負である。無傷で得られるクソゲー体験はない。
・クソゲーのレビューを執筆することは、身体と魂をとことんすり減らせる荒行である。凡百のゲームが裸足で逃げ出すつまらなさでも、クソゲーハンターは逃げ出すわけにはいかない。どこがどうつまらないか、底なし沼の底までどっぷり浸かる義務がある
・本書で取り上げたのは単なる「クソゲー」ではなく「超クソゲー」。「ただの工業製品として作られた」、そんな言葉が当てはまらないゲームたちです。(「思いが込められたゲーム」と表現してあります)

・・・とまぁ、こんな熱い思いを持った40代男性3人の「超クソゲー」のレビューをたっぷり楽しめるのが本書です。
途中、『「ゲーム批評」という雑誌がなくなったワケについて』というインタビュー文がありますが、その中で「ゲーム批評」の末期に編集長を務めた奈良原氏を交え、このような話もされています

「ゲームはプロの世界にまっとうな批評がなされる場を作ることが出来なかった」

これは非常に不健全な状態です。「ファミ通」はレビューは載っていますが、宣伝広告を載せる商業誌という側面を持つ以上、大作ゲームをプッシュせざるを得ません。「ファミ通のクロスレビューで参考になるのは低い点数のみ」はよく聞く言葉ですし。平均8点以上を獲得する作品は面白いかどうかの基準にはならないことが多いです。
アマチュアが評価を書くネットの世界はどうでしょうか。自分が遊んだタイトルの評価を見てみようと検索してみれば、大手ブログが酷評する記事がトップに出てくる状態です。

こんな状態を憂いています。ただ、憂いているだけでは進歩が何もないので、私はゲームのどこが楽しかったか、面白いか。どこがつまらなくて、退屈か。きちんと書いているつもりですし、これからもそうしていきますのでよろしくお願いします。

この本でレビューされているのはPSP・DS・PS2&PS3・Xbox&Xbox360・Wiiと最近のゲーム機が対象となっており、全部で50本近いゲームに2~6ページの記事がみっちりと書かれています。
大手ネット掲示板「2ちゃんねる」住人が決める「クソゲーオブザイヤー2007」の大賞作品「四八(仮)」のような生粋のクソゲーから、「BLEACH DS 蒼天に駆ける運命」のようなWi-Fi対戦のカオスさを除けば普通に遊べる良作ゲームまで盛りだくさんです。

しかし私がプレイした経験があるのは「BLEACH DS」だけなので、他作品に関しては冒頭で引用した部分による通り、買ってプレイしなければけなす資格もないので割愛します。BLEACH DSは2作ともやったので、後日単独記事でも書いてみようと思います。
本書レビュー中で個人的に「やってみたい」と思えた作品
・勇者30(PSP)
・DRAGONBALL EVOLUTION(PSP)
・キモかわE!(DS)
・対戦!!加トちゃんのころろんぺ!(DS)
・THE 落武者 ~怒獲武サムライ登場~(SIMPLEシリーズ、PS2)
・ドラッグオンドラグーン(PS2)
・斬撃のレギンレイヴ(Wii)
やったことないので何とも言えませんが、この中でもクソゲーと良作が入り混じってるんでしょうね。実写版「ドラゴンボール」を元にしたDRAGONBALLとドMサムライはホントにクソゲーっぽいですが・・・。
DSかPSPのものはどれか1本買って遊んでみたい気もしますね。

本の方は商業誌とは一線を画すレビューが掲載されていて、読むだけで面白いので興味のある方は是非手に取ってみてください。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-25 21:39 | 本の話 | Comments(0)
2011年 12月 24日

無限に広がる趣味パの世界

今日は聖夜前日ですが、そんな日に私が一番書きたかったであろう趣味パの世界について書いてみます。少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。

趣味パ
甘美な響き、それが趣味パ。
他人が考えたテンプレと呼ばれるパーティをマネしてみて動かしてみるのも楽しみ方の1つですしそれを否定するつもりもないです。というか私自身もそういうプレイもしている人間ですし。
ただ自分しか使わないような6匹をパとして組み、それを必死に動かして勝利をつかみ取る快感もまたいいものです。
無論勝率は安定しないですが、そこは割り切るしかないですね。
そんなわけで最近私が作り上げてランダムフリーで回しているパーティをご紹介します。

d0220451_19285410.png










個別解説
ドーブル 性格:陽気 特性:ムラっけ
キノコの胞子 小さくなる バトンタッチ 守る@気合のタスキ
努力値:S252 耐久はオノノクスのダブルチョップ意識で調整

このパーティの軸となります。ムラっけと小さくなるで上がった能力を他の子に回します。
攻撃が中心に上昇→オノノクス
攻、特攻両方それなり→オクタン
回避率が完全に上昇→モルフォン
に回すのがメインです。この3体とドーブル全てを選出はできないのでそこは相性を見ることになります。守ると胞子でターン数をなるべく稼いで運要素はなるべく減らしたいところではあります。
弱点は挑発とアンコールとマジックミラーと草食ですね。

オクタン 性格:生意気 特性:ムラっけ
熱湯 大文字 ロックブラスト 守る@食べ残し
努力値:HDぶっぱ

ドーブルからバトンせずとも自身で能力を上げることが可能です。
火力に一切振らなかったので、ムラっけで攻撃系統の能力が上がらないと厳しいところはあります。
かわして熱湯の火傷を引けばウザいことこの上なしにはなります。

オノノクス 性格:意地っ張り 特性:型破り
逆鱗 地震 ダブルチョップ 竜の舞@ドラゴンジュエル
努力値:S調整 耐久調整 残りA

1体だけ浮いてますね;
本当なら昨日更新したフライゴン@タスキを入れたかったのですが、ドーブルと持ち物が被ってしまったので、ドラゴンの中では性能が微妙なこの子に。
それでも火力は全ポケ中でも最高レベルなので頼りになっちゃいますね。

バリヤード 性格:控えめ 特性:テクニシャン
サイコキネシス 凍える風 めざパ炎59 トリック@拘りメガネ
努力値:H20 B60 C224 D4 S200

努力値の意味などはこちらを参照してください。
私が書いた育成論通りのバリヤードです。可も不可もない性能ですね。

モルフォン 性格:臆病 特性:色眼鏡
虫のさざめき 蝶の舞 金縛り 身代わり@黒いヘドロ
努力値:S調整 残りHBベース 余りC

基本的にドーブルのバトンの受け手となる率が一番高い子です。高めた回避率を活かせる身代わりを搭載し、そのことを考慮して身代わり+ヘドロの構成にしました。
この子も一応バトンはできるものの、バトン役複数にするつもりもなかったので割とスタンダードに。身代わり貼って蝶の舞で更に自身の強化が可能ですし、バトン受けなくても戦えます。「バトンしなくても戦える」のは上で挙げた受け手3体に共通するポイントです。

ゴーリキー 性格:意地っ張り 特性:ノーガード
爆裂パンチ 岩雪崩 冷凍パンチ バレットパンチ@進化の輝石
努力値:Hベースに耐久調整 残りA

この子はノーガードなので小さくなるバトンの受け継ぎ手にはなりません。
全体的に相性が微妙な風船ヒードラン(風船潰せばオノノクスでも一応処理可)とかラッキー(バリヤードのトリックで一応見てます)辺りに厚くする意味も持たせてます。

昨日はこのパーティ2戦やって1勝1敗でした。どちらの相手も結構な趣味パでしたねぇ。ゴルバットとかキャモメとかピカチュウ・・・私には使いこなせる気がしません。
私も見習って更に精進することにします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-24 21:14 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 12月 23日

フライゴンを育成してみる

○フライゴン 80-100-80-80-80-100 地/竜
d0220451_20244071.gif
第3世代で登場したこの子。当時もボーマンダの影に隠れてはいた気がしますが、それ以降第4世代で同タイプのガブリアスが登場。それでもまだとんぼ返りの使える竜はこの子だけだぜーとか思ってたら第5世代でサザンドラが登場してどんどん肩身が狭くなっていくこの子を考察してみます。

能力・差別化
フライゴン自体は攻・素早が高めで他は平均的といえます。ただ、比較対象となるポケモンが強力です。
(参考)
ガブリアス:108-130-95-80-85-102
サザンドラ:92-105-90-125-90-98

サザンドラは一応出しましたが、素早と地面技が一致するか否かとかその辺で簡単に差別化できるのでそこまで気にする必要はなさそうです。それでもフライゴンの採用理由を奪っていくポケモンであることは間違いないですが;
ガブリアスには種族値では完全に負けているので、技での差別化をするしかありません。特性「浮遊」で地面技が効かないという点は1つ大きい点だとは思います。

差別化に使えそうな技
フェイント・とんぼ返り・地割れ・追い風
辺りでしょうか。それぞれは単体なら他の竜ポケモンも使えるものの、全てを兼ね備えているという点は特徴といえるでしょう。
フェイントは威力30、優先度+2という技。守るを貫通するという点を除けば神速の劣化という技ではあるんですが、神速を使えるのはトゲキッス・ルカリオ・ウインディ・カイリューくらいのものなので仕方ないですし、神速を使えるカイリューとはやはり地面技の一致とか砂無効で差別化できていると判断します。

技構成例
性格:耐久↓でC↑
流星群/大地の力or地震/大文字・地割れ・フェイント・とんぼ返りから2つ@タスキかジュエル
努力値:S調整 残りAとC
最後の枠の候補4つのうち、大文字以外の3つはどれか1つは入れないと特性の違いはあっても流石に劣化ガブリアスと言わざるを得ないので1つは入れることになります。
地面技は
大地:抜群の取れる鋼・岩は特防の方が低いポケが多い
地震:電は防の方が低いポケが多い、流星群の後でも威力が落ちない
とそれぞれに長所があるので好みですね。

S調整ラインですが、無補正だと252振りでも抜けるのは最速86族(FCロトム)まで。
この技構成で勝てるポケモンを考えると、85族にはニドキング・ドクロッグがいて、80族にはマンムーやシャンデラがいます。
ニド・マンムー(特にマンムー)はタスキも多いので、フライゴン側もタスキ持ちでないと勝てないですが、調整ラインとしてはこの辺りでしょうか。85族抜きはほぼ全振り(244)、80族抜きは204振りとなります。
サザンドラ・オノノクスに抜かれるのが嫌なら最速仕様にするのも手。

まとめ
個人的にドラゴンの中での可愛さNO.1だと思うこの子。登場した後から強力なドラゴン仲間がバンバン出てきてしまっていますが・・・。
それでも器用さがドラゴンの中ではある方なので、そこを活かして上手く立ち回りたいところです。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-23 21:31 | ポケモン(BW) | Comments(0)
2011年 12月 22日

「PS Vita」を体験してみました

PS Vita
12/17に発売されました。電器店にて何回か体験版を触ってみたので簡単な感想を。
みんなのゴルフ6
PSPの「みんなのゴルフ ポータブル」しかプレイしたことがなかったので、グラフィックの進化とかキャラの頭身の変わりっぷりに驚きました。
体験版は3ホールプレイでキャラは男女キャラ2人。一応カスタマイズが多少できる状態なのである程度好みのコスチュームにできます。ややインパクトの決定のミスショットにならないセーフゾーンが狭いとは感じましたが概ね安定のデキっぽいですね。
真・三國無双Next
ワラワラ感がすごいのと、ダメージがHPゲージではなく攻撃をある程度受けると画面が赤点滅になってどこでやられるかが分からないのは緊張感があっていいと感じました。
ただ、敵の奇襲をモーションセンサー&タッチスクリーンを使って撃退する要素は、変化がついてると言えば聞こえはいいですが、個人的にはいらないんじゃないかと思いました。
アルティメット マーヴル バーサス カプコン 3
「スパイダーマン」などで知られるマーブルと「ストリートファイター」などで知られるカプコンのキャラクターが入り乱れて戦う格闘アクションゲームです。今作では「逆転裁判」のナルホドくんが参戦することなどで注目を集めています。
手触りとしてはスピード感が結構ある2D格ゲーという印象です。3DS「ストリートファイター4 3Dエディション」をそれなりにプレイした私はしっくりくるゲームではあります。

本体
前評判通り画質がPS3の一歩手前のレベルにキレイであることには素直に驚かざるを得ません。携帯機としては大きい画面と相まって引き込まれます。その分ボタンがやや小さめなので、手が大きい方には不満が残る操作キーであるかもしれません。私はそこまで気になりませんでしたが。
「デュアルアナログスティック」は流石ソニーだけあってかなり操作しやすい印象でした。これも人によってはやや小さいかもしれないですけど。
PSPのネックであったUMDの読み込み音はゲームカード採用により解消され、体験版なので製品版とは異なるかもしれませんがロード時間も概ね3DSと同程度で5秒以内である場面が多かったですね。

ネットでの「Vita」の評判
ソフト販売ランキング
PSVは12/17発売で、このランキングは12/18集計のもの。発売2日でPSVは32万台の出だし。3DSの初週とは発売時期などから単純な比較はできないものの、好調な出だしと言えるのではないでしょうか。
ソフトの方は「みんゴル6」の6万本を筆頭に4本がランクイン。

しかしこちらの記事を見てみると、初期不良と思しきトラブルが起こっているという報告が多くされているようです。
それも問題ですが、公式の「20秒以上ボタンを押していったん電源を切り、再度ボタンを5秒押して再起動させる」とか「数時間放置して画面が消えてからアフターサービスをお申し込みください」という対処法はどうなのかと思いました。
更にこちらでは「起動できなくなった」という報告まであります。
体験では手応えがあったのでかなり購入に傾きましたが、こういったトラブル報告が一段落するまで私は購入を様子見することにします。
[PR]

by genbu-toro | 2011-12-22 20:24 | ゲーム | Comments(2)