私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

「山賊ダイアリー」を読んでみた

d0220451_227467.jpg












著者の岡本健太郎さんは、岡山出身で東京に移り住んでいたものの、2009年に岡山に戻ってきて狩猟と罠猟の免許を取得します。
このマンガは、その著者と一緒に免許を取得した人たちやその他の人と共に鳥獣の狩猟をし、さばいて調理して食べるところまでが描かれているかなり異色の内容です。
ハト・イノシシなどといったところはポピュラーでしょうが、岡本さんはカラスまで食べてしまいます()

専門性が高いのでそういったところの知識が欲しいと思う人にもいいんでしょうけど、狩猟をする気がない人でも「へぇ~、なるほどな~」と読むのにも面白い内容ですね。私は完全に後者です。
なお、私もかなり田舎に住んでいることもあり、イノシシを食べた経験がそれなりにありますが、かなりおいしいお肉です。

通常のマンガの中で期待される、バトルなどの派手な展開、コメディタッチのマンガのオチ、ラブロマンスなどは一切なく、ただひたすらに狩猟・食事な内容です。
自然に感謝を忘れない狩人たちの人柄が読み取れる、そんなマンガになっていますね。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-30 22:44 | 本の話 | Comments(0)
2013年 06月 29日

「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」攻略:第一階層

発売日に買ったことだし全くやらないのももったいないということでプレイ。買ったけどやってない「世界樹Ⅳ」より結果的に先にプレイすることになりました。

体験版でプレイした範囲での感想はこちらをご覧ください。

※攻略記事なのでネタバレ注意!

製品版を手にして、とりあえず体験版のデータを引き継ぎます。
最初にB3F以降の探索をしようかとも思ったのですが、体験版でやり残した、FOEの岩イノシシ討伐をやってみることにしました。
ガンナーであるフレドリカでヘッドスナイプを試したところ、突進前の力溜めを防ぐことができたので、かなりワンサイドゲームに近い形で倒せました。その前に出てくる鹿ともども頭を封じればかなりラクできます。

B2Fまでの通常モンスターでは、ゼブラテリウムが体力多め・攻撃高めで「アームハンマー」がこちらの複数体を攻撃してくる点に注意が必要なのと、毎作おなじみの毒吹きアゲハは突弱点で主人公・フレドリカの攻撃が突なので倒すのには苦労しませんが、毒がやはり凶悪なので注意。

B3F以降
全てを刈る影は名前を見て勝てる気がしないのでガン無視して進む()
B4F以降はミッションとしても出てくるように、オオカミの類のモンスターが複数登場してきます。

第一階層の後半で注意するべき通常モンスターは、ギラファビートルと暴れ野牛でしょうか。
前者は斬・突・壊という通常攻撃の属性全てに耐性を持つのがやっかい。「突き上げ」は貫通効果を持ち、後列のキャラクターにも大きなダメージが通ってきます。
後者は前述のゼブラテリウムを一回り大きくした感じの能力です。

B5FにてBOSSのスノードリフトを退治。
感想:気持ち悪かった、以上()

ここまで進んだ後グラズヘイムへ赴くイベント発生、それを片付けた後に第二階層の探索に戻り、B7Fに到達するところまで進めました。
階段をタッチしてのスキップ機能は、解禁した範囲であれば複数階を飛ばしていけるので、拠点との行き来が非常に快適で、私のようなチキンプレイを信条としている人間には、往復の移動ばかりのプレイ時間がかなり減っています。

d0220451_22484453.jpg














フレドリカかわいいよフレドリカ。

この画像でもレベルが出ていますが、パーティは全員Lv20まで成長しました。今のところパーティキャラクターは体験版から登場している5人だけなんですが、明らかに職業が多いので、今後どのタイミングで解禁されるかが気になります。
ここもこれまでの世界樹と違うところで、序盤が前衛アタッカー・防御役・回復役・属性攻撃・後列アタッカーの5人で固定されているので、かなり進めやすい印象があります。
体験版でも話として出した「Album」は今のところムービーが4つ見られるだけでBGMやVOICEは聞けません。これもどの辺りで解禁されるでしょうか。

BGMをFM音源と生音の切り替え機能は体験版ではありませんでしたが、製品版で切り替えてみると面白いです。
FM音源でやると、初代の世界樹のことを思い出しタイムスリップしたような気分に浸り、もうあれから6年半経つのかとも思ったりします。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-29 23:18 | ゲーム | Comments(0)
2013年 06月 28日

「角交換四間飛車徹底ガイド」を読んでみた

d0220451_2291925.jpg




















<目次>
・序章 角交換四間飛車の原理 10ページ強
・第1章 飛車先交換への対応 約15ページ
・第2章 先手角交換四間飛車対△8五歩型 約65ページ
・第3章 先手角交換四間飛車対△8四歩型 50ページ弱
・第4章 先手角交換四間飛車対△8三歩型 20ページ
・第5章 後手番での戦い方 約35ページ
・第6章 自戦解説編(2局) 約30ページ

マイナビブックスのページでは「初中級向け」とあったんですが、振り飛車党としては現在以下のような事情があるので、勉強しようと思い購入しました。

振り飛車の後手の戦法というと、ここ5~10年くらいはゴキゲン中飛車が主流というか、ほぼそれしかないという状況が長く続いて来ました。
一時はゴキゲンが大きく勝って、プロ将棋の先後の勝率で後手が勝ち越すという年もあるという隆盛ぶりでした。
しかし、当然といえば当然で対策の方も発達してきて、現在はややゴキゲン苦境とも言える状況になってきました。
決してゴキゲンが無理というほどの戦法ではないんですが、後手でゴキゲン一本というのは相手としても対策を立てやすいというところがあるので、私としても戦法の幅を広げたい、と思いました。
アマチュアとしては、別に後手振り飛車がゴキゲン一本でもそんなに問題ないでしょうけどね。

本書は、後手の形の違いに対応しての角交換四間飛車がどう指すかが明快にまとめられています。
本の大部分は先手番前提ですが、概ね後手番でも問題なく戦えそうです。

コラムでは著者の門倉さんが角交換四間飛車と出会った話が出てきます。
プロでは藤井さんが採用しているイメージが強い戦法ですね。

本自体は読みやすくて、読んで指してみたくなるような構成になっていて良いんじゃないでしょうか。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-28 22:58 | 棋書 | Comments(0)
2013年 06月 27日

「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」を買いました!

d0220451_0205080.jpg














悩みましたが買いました。
やる時間はおそらくないんですが、サントラの確保とかもろもろの事情を鑑みての発売日購入に踏み切りました。

体験版の記事を読み返して、かなり重要な要素として
・マッピングが壁も含めて自動化可能(壁は自分で描く、オートマッピング完全OFFと選択可)
ということを書き忘れてました。これも含め、全体的にこれまでの世界樹よりも導入が親切であるため、これまでのシリーズ作をやってない方の初めての1本としてかなり勧められそうな印象でした(体験版の感想)。

時間が取れるようになったらプレイ日記書きたい作品ではありますがどうなることやら。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-27 23:59 | ゲーム | Comments(0)
2013年 06月 26日

「ピクミン3 Direct 2013.6.26」の感想のようなもの

特設サイト

松本人志&宮本茂という両氏が登場した今日のダイレクトは異色の内容だったといえるでしょう。
映像中に岩田社長が登場せず、内容を詳しく紹介するというよりも2人が対談しながら松本さんがピクミン3をプレイするというものでした。
2人の対談は、2011年の11月にテレビ放映されたものがあるらしいですが、それを知らなかった私としては松本さんがピクミンを知っていてプレイ経験もあるということ自体知りませんでした。

印象に残った点を列挙しますと
・松本さんが楽しそうにプレイしている
・「1人でやりたい・・・」
・「宮本さんがもし亡くなったら・・・」以下の後継者とかを含めた話

ピクミンはプレイ経験もないですし、WiiUの購入予定も今のところないので、手にすることはないゲームのダイレクトだったんですが、予想以上に面白く見ることができました。20分ほどでしたが短く感じられました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-26 21:13 | ゲーム | Comments(0)
2013年 06月 25日

レベルファイブのキャラ人気投票最終結果

キャラクター人気投票100

ついに最終結果が出ました。とりあえず結果を書いておきます。

総投票数:464,333票

1位:飛行機(46,263票)
2位:霧野蘭丸(38,339票)
3位:菜花黄名子(29,325票)
4位:シュウ(27,446票)
5位:白竜(25,683票)
6位:剣城京介(19,289票)
7位:神童拓人(19,013票)
8位:ザナーク・アバロニク(18,180票)
9位:ポーターさん(17,889票)
10位:三国太一(17,427票)

そして毎回載せてきた前回のTOP10の推移も書いておきましょう。

総投票数:387,791→464,333

飛行機:40,751(1位)→46,263(1位)
霧野蘭丸:27,152(2位)→38,339(2位)
菜花黄名子:24,947(3位)→29,325(3位)
白竜:23,787(4位)→25,683(5位)
シュウ:23,347(5位)→27,446(4位)
神童拓人:16,820(6位)→19,013(7位)
三国太一:15,517(7位)→17,427(10位)
剣城京介:15,514(8位)→19,289(6位)
ポーターさん:13,705(9位)→17,889(9位)
円堂守:13,513(10位)→17,259(11位)

飛行機が全体票のうち約10%を集めて逃げ切りました。最終週で2位の霧野蘭丸の票数が増え、1位との差を約13,000票から約8,000票にまで詰めましたが及ばず。
ポーターさんは第2回の中間発表からずっと9位のまま安定でしたが、ザナーク・アバロニクが11位から8位に入り、円堂守が転落するなど、最終週も順位変動が結構ありました。

後日配信予定の壁紙において、飛行機とポーターさんがどういう扱いになるのか楽しみです。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-25 21:00 | ゲーム | Comments(0)
2013年 06月 24日

Vitaの「ニコニコ」のその後

PS Vitaファーストインプレッション
この記事で書いた後のVitaアプリ「ニコニコ」がアップデートされて改善されたところをまとめておきます。

・戻るボタン追加
・マイリスト内の動画削除機能追加
・コミュニティお気に入り登録/解除
・アカウント共通の動画視聴履歴対応
・「twitterでつぶやく」ボタン追加
・ニコニコ動画or生放送orマイリストのURLタップでニコニコアプリ起動機能

大きいと思う機能について触れておきます。
・戻るボタン
ファーストインプレッションの記事でこれがないことについての不満を書きました。
さすがにこのブログのその記事の意見が反映されたとは思えないので、ユーザーの多くの方が同様の不満を持っていて、メーカーに要望を出した方もおられたという解釈でいいんでしょうかね?
ともかく追加されて一番大きくて快適になった機能。

・コミュのお気に入り登録/解除
これもアップデートでかなりお手軽になりましたね。

・URLタップでアプリ起動
例えばTwitterである人が「生放送を開始しました!」という内容でURLつきのツイートをした場合に、「LiveTweet」のアプリでそのURLをタップするとすぐに放送画面に飛べる、というような機能になっています。

これらのアップデートが行われたことで、私が以前感じていた不満は概ね解消されました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-24 23:33 | ゲーム | Comments(0)
2013年 06月 23日

集中できるか否か

今日はアマの将棋大会の地区予選でした。

去年までこの大会の地区予選は地元で出ていたのですが、今年はその前日が飲み会でそちらには参加できませんでしたので、通う大学のあるところの地区予選に出たという形です。
全4戦で予選通過ラインは3勝が確定、2勝の一部が通過という格好。

・第1戦 後手 相振り 負け
春の学生将棋大会の団体戦で当たってボコボコにされた相手に当たりました()
せめて前回よりマシな内容にしようとしたものの、端攻めの対応を誤り潰れ。

・第2戦 先手 石田VS右四間 勝ち
最近サークル内ではびこってる右四間ですが、大会でも当たるとは思いませんでした。
その経験が活きたのかどうかは分からないですが特にケチがつくところもない勝ち。

・第3戦 後手 ゴキゲン中飛車 勝ち
基本的に同星で当てる形式なんですが、人数の関係で1-1の私が0-2の人と当たりました。
銀で王手飛車をかけてから大差の将棋になりました。

・第4戦 先手 先手中飛車 勝ち
人数の関係で2-1の私が1-2の人と当たりました。1回ならまだしも2回星が下の人と当たってなんとも言えない気分になりました。
相手の居飛車穴熊に対して5筋の位を取って中飛車から石田流に組み換え。
その後果たした駒得によって穴熊を攻め倒しました。

勝ち3局の内容が割と大差になりがちだったので、これでいいのかなーとか思いつつ3-1。初戦から順に勝点が大きかったこともあり14位で予選通過しました。
初戦負けたことで後がなくなったのでその分残りを集中していけたところはあるかもしれません。

本日の戦利品

d0220451_2285140.jpg














船江五段の詰め将棋が書かれた色紙をゲット。
将棋を嗜んでいる方は詰め将棋の方も是非解いていただきたいですね。解答はこの下に書いておきます。

色紙詰め将棋解答
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-23 22:25 | 将棋 | Comments(0)
2013年 06月 22日

考:読まれる記事とは?

このブログにおいての話であり、新聞だとかそういうものに対するものではありません。

エキサイトブログには、その日ごとにどの記事がどれだけ読まれたか、とかブログ自体のアクセス数なんかが管理画面で見られます。
その記録が見られるのが3ヶ月前くらいまでのものまでなので、こういう記事を書くのは、自分の記録のためです。4~6月までの記録も2013年第2四半期の記録として7月頭に記事になります。

このブログは自分の書きたいことを取り留めなく書くという趣旨のものなんですが、それでもメインとなっているポケモンの記事が一番読まれているようです。
参考までに昨日までの今月の記事アクセスランキングを載せておきましょう。

1:ノオーガブサンダー模索中
2:「進化の輝石」を持たせるポケモンについてゆるーく考察
3:化身ボルトロスをゆるーく考察
4:クレセリアをゆるーく考察
5:進化の輝石ゴーリキーを育成してみる
6:「新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女」の体験版をプレイしてみた
7:ウォッシュロトムを育成してみる
8:サマヨールを育成してみる
9:サーナイトの努力値考察
10:メタグロスをゆるーく考察

タイムリーであると思われる新世界樹の体験版の記事が急速に伸びているので、6月末まででまだ順位の変動が起こりうると思います。
エキサイトはメニュー右側に「記事ランキング」というものもあります(当ブログではTwitterのつぶやきの下に配置しています)。こちらはより短い期間でのランキングかと思われますがこちらでは新世界樹の記事が1位ですしね。

今年に入ってからの記事で特に読まれているのが
・ノオーガブサンダー模索中(3/29)
この記事はその後の
【九尾杯ベスト4記念】ノオーガブサンダー使用構築紹介(4/21)
「第23回キツネの社神舞奉納祭」の対戦結果(6/16)
に繋がっていくことになりますが、もちろん3月時点ではこういうことになるとは考えてませんでした。使うまでもノオーガブはあまり強いと思ってませんでしたし、使っている今もそんなに強いとは思っていないんですが、私には合っているという評価に変わりました。
この構築を見て今思うと、みがきあローブシンはサンダーを提供してくださった方のニコニコ生放送でのレート対戦を見て興味を持ったので、2/6がその方のお世話になっているということになりますね。

「結果を出した」という記事よりも、それ以前の模索している段階の記事のほうが伸びているというのが私の中では興味深いです。
「模索中」の記事中ではサンダー出しやすいと書いてありますが、今はそういう印象ではないですね。一部のPTに刺さりうる、というくらいの認識です。

パーティ単位での考察が自分の中でまとまりきらないことが多いので、このブログで今の環境でも一応参考にできるPT構築に関する記事はこのノオーガブに関するものだけで、ランキングもその他は単体考察のものが並びますので、ポケモンブログとして微妙だなーと自分で思いました。

・・・結局読まれる記事とは?というタイトルにまつわる感じの話にできなかったんですが、この記事はあまり読まれないということは断言できそうです。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-22 23:30 | その他 | Comments(0)
2013年 06月 20日

「逆転裁判5」の体験版をプレイしてみた

逆転裁判5
公式サイト

7/25に発売予定のこのゲームの体験版が昨日から配信されています。

話の内容についてはネタバレとなりますしここでは触れません。
OPアニメが収録されていて、このゲームの基本である「ゆさぶる」「つきつける」のチュートリアル。
それに加え新要素である「ココロスコープ」も使うことができます。

こういう新要素は説明を見るだけより、体験するほうがどういうものかよく分かりますね。
体験版自体は第1話のいいところで終了。まぁ1話まるまるやってしまったらアレなので仕方ないですね。

第一印象は「グラフィックが微妙かな?」だったんですが、そこまで画像の綺麗さで勝負するゲームではないよなーとも思うのでなんとも。
逆に言うとGBAとテキストの感じが近いとも言えるんですけどね。
[PR]

by genbu-toro | 2013-06-20 22:56 | ゲーム | Comments(0)