私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

「第2回電王戦のすべて」を読んでみた

d0220451_2311856.jpg




















第2回電王戦も最終戦が終わって3ヶ月が経ちました。
そこで、やはりというべきか、まとめとも言える本が発売になりました。
この本は、全5局に対して

・プロ棋士の自戦記
・開発者への50の質問
・対局ソフトのポイント局面の自己分析
・対局後インタビュー
・ポイント局面の激指分析とPonanza分析(Ponanzaは対局した第2局はここでは除く)
・観戦記

がひとまとめにぎゅぎゅっと詰められている本です。それに
・巻頭画像集
・羽生善治直前インタビュー
・柿木氏と棚瀬氏対談
が加わった内容になっております。

各対局にドラマがあったし、その部分はこの紙面のまとめでも伝わってくる部分はありました。
ただ「まとめ」であり、それ以上でもそれ以下でもないので、電王戦を全局追っかけた方には目新しい部分はほぼありません。

私は観戦記を初めて読んだのですが、第1局・第5局夢枕獏氏のものは、両方ともそうですが特に第1局は対局自体に関係ない話題が殆どであり、これは公開直後は賛否両論だったろうなー、と思いますね。個人的にはかなり興味深く読んだんですけどね。

第1局のプロの研究量、そして勝ち切るまでの完璧な指し回し
第2局の逆転につぐ逆転。そして公式の場での現役男性プロ棋士初の対CPU戦敗北
第3局のCPU側のまさかのミスと勝ち切れなかったプロの無念
第4局のプロの敗勢からの執念、そして引き分けになってからの涙
第5局のCPU側の新手とも言える順からの敗因の分からない将棋

それぞれに違ったドラマがありましたし、それが存分に味わえる本にはなっていると思いました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-31 23:37 | 棋書 | Comments(0)
2013年 07月 30日

【自分用メモ】ランク補正まとめ

すごい今更感ですが。

攻撃・防御・特攻・特防・素早
+6:8/2(4)
+5:7/2(3.5)
+4:6/2(3)
+3:5/2(2.5)
+2:4/2(2)
+1:3/2(1.5)
0:2/2(1)
-1:2/3(0.67)
-2:2/4(0.5)
-3:2/5(0.4)
-4:2/6(0.33)
-5:2/7(0.29)
-6:2/8(0.25)

ランク0の2/2を基準に
上昇:分子を1ずつプラス
下降:分母を1ずつプラス
するようになっていますね。

命中・回避
-6:3/9(0.33)
-5:3/8(0.38)
-4:3/7(0.43)
-3:3/6(0.5)
-2:3/5(0.6)
-1:3/4(0.75)
0:3/3(1.0)
1:4/3(1.33)
2:5/3(1.67)
3:6/3(2)
4:7/3(2.33)
5:8/3(2.67)
6:9/3(3.0)

こちらは3/3を基準に
上昇:分子を1ずつプラス
下降:分母を1ずつプラス
となります。

ちいさくなるを1回するだけで相手の技の命中率が6割になるわけですね。強いですね(白目)
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-30 22:40 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 07月 29日

最近聴いてる曲の話

とりあえず、私の音楽とのこれまでの付き合い方について。
中学の頃は部活動で音楽に関わることを複数していて、それまでの音痴を克服しました。多分()
大学、サークルに入って初めてカラオケというものに出会います。
行くのはサークルの飲み会後くらいのものですが、かなり好きになりました。採点すると80~85点くらいのものですけどね。
中学卒業後は自分で演奏することから離れ、聴くだけだったので、カラオケで自分で歌うということはストレス解消にもなっていいなと思ってます。

本題の最近聴いてる曲について。
カラオケに一緒に行くサークルの人間の影響もあって、アニソンをかなり聴くようになり、聴くようになったことで好きにもなりました。
ここで重要なのは「アニソン」が好きであるということであり、「アニメ」自体を好きにはなっていないということですね。歌っている曲のアニメは見ていないということがほとんどです()

最近ハマっている曲は
・紅蓮の弓矢
・現状ディストラクション
・わんわんわんわんN_1!!
辺りでしょうか。

「紅蓮の弓矢」は進撃の巨人というアニメのOP曲。歌詞の中にドイツ語が多いのでカラオケで歌うのが難しそうという印象はありますが、とてもかっこいい曲でその印象を持った上でも歌いたいという気持ちが強いです。
「現状ディストラクション」は今年の銀魂の映画の主題歌。最近のアニメのOP曲だった「サクラミツツキ」と同じくSPYAIRというグループの曲であり、これもかっこいいですね。
「わんわんわんわんN_1!!」は「犬とハサミは使いよう」というアニメのOP。ネタ曲というかクソ曲だなーと思いつつ聴いてたんですが、中毒性がある曲でハマりました。

好きになった曲はiTunesでDLできるのでいい時代ですねぇ。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-29 23:59 | その他 | Comments(0)
2013年 07月 28日

Twitterアカウント、復活

昨日、びぶおふ!から帰ってきてPC開いてTwitter確認したら凍結解除されてました。
結局原因もよく分からずじまいですが、どうやらアカウントを凍結させるアプリのようなものがあるらしいとのことなので、それが原因なのかな?と思ってます。

あとは昨日のオフのシングルのポケモン対戦に関係ない部分の日記でも書きます。
オフ当日は5時に起きてないといけないので、寝ると寝過ごす公算が高いので、いつも徹夜して参加してます。
電車の中で2時間強寝られるので、それなりに回復してオフに乗り込めます。

毎回恒例の自己紹介ではTwitterアカウントが凍結されたネタを使い、それなりにウケました。多分私の過去の自己紹介中では一番だったような気がします。

~対戦~

昼食の時間。
ざるブロックは対戦消化が早く、12時の段階で、ラス1戦残して全勝者同士が対戦中である以外は対戦が終わってました。ブロックに長考勢がいなかったことが要因でしょうね。
昼食は焼きそばと巻き寿司1本という食べ合わせ的に微妙な組み合わせ。しかも飲み物はリプトンミルクティーとますますよく分からない組み合わせ。しかし、今回はお土産を持参してくださった方がいて、お菓子を配布してくださったので、結果的にミルクティーは悪くないチョイスだったように思います。

予選終了後は決勝T進出者のバトルを見てました。
対戦終了後はこれまた恒例のフェスミッション。今回もてんとりサウザンドを達成しました。びぶおふ!って本当に素晴らしいですね(媚び

更にそこからマルチバトル。
これまではジュゴンが零度をそれなりに当ててましたが、今回は沈黙。オフの対戦でユキノオーが2連で零度当てた反動が来たのでしょう。
今回ジュゴンに代わり活躍したのはオクタン。
ムラっけで回避率2段階上昇した後攻撃を2回かわし、相手のポケモンを殲滅していきました。恐ろしいですね。

二次会は本当は参加したいのですが、参加すると帰宅がめちゃくちゃ遅い時間になるor広島で宿泊する必要があるので毎回泣く泣く諦めています。
今回もそんな訳で帰途につきます。疲れたこともあり、帰りの電車内でもずっと寝てました。電車に乗ると反射的に寝るのが普段の通学時のクセになってしまってるのが幸いしてか、降りる駅に着く直前にはバッチリ目が覚めましたけどね。

最寄り駅に到着してから1人で夕食を食べに飲食店に立ち寄りました。
この店はマンガが置いてあるので、待ち時間の間にこれまで一切読んだことがなかった「デスノート」の1巻の途中まで読みました。そういう設定なんだーとか思ってたら頼んだものが来たので1巻の最後まですら読んでませんが()

帰宅して風呂に入ったあと、寝室へ。
でも電車で寝ちゃったし夜はあまり寝られないかな?と思ってましたが、前日徹夜+疲労によりすぐに寝ることができました。

今回のオフで、近く開催されるオフの宣伝がいくつかされていました。
来月、高松で「ばくおふ!」なるものが開催されるらしく、私にとってはびぶおふ!よりも大幅に安い費用と短い時間で行くことができる距離なので、予定が合えば参加しようかな?と思っているところです。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-28 23:59 | 日記 | Comments(0)
2013年 07月 27日

第4回びぶおふ!使用構築

びぶおふ!参加してきました。
予選3-3で7人中3位で予選落ちでしたが楽しめました。途中までは予選抜けの可能性があって、始めて予選抜け争いが多少できましたし。

正直過去びぶおふ!はPTで迷走してしまっていた感じがあったので、今回は自分の中で一番納得がいっているノオーガブで挑むことは決めてました。

ベースはこの記事で書いた構築なんですが
・ガブリアス、ウルガモスめんどい
・こだわり3つ揃い踏みで扱いにくい
などの理由があり、サンダーを化身ボルトロス@電気ジュエルに変えました。

もう1つ、最速グライオン、最速めざ氷ウルガモスに対して龍ジュエルガブリアスで先手を取るために、記事中では意地っ張りだった個体を同じ技構成、ASぶっぱで陽気に変えました。もうこの構築で龍ジュエル意地っ張りガブを使うつもりはないので、意地っ張りの方はスカーフorハチマキで使えるように技を変更してしまいました。

3勝と1敗は運が結構絡みましたが、2敗の部分は私が原因(残りの1敗も初手出し負けの時点でアレだったので正直3敗全て反省点)なので、この負けを次に繋げたいと思います。これまで色んなものに対するメタとしてきあパン武神を使って来ましたが、今後変更するかもしれません。

今回びぶおふ!に参加された皆様お疲れ様でした。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-27 23:40 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 07月 26日

Twitterアカウント、凍結

ヘルプセンター
Twitterルール

私のTwitterアイコンが本日、凍結されました。
なんか過ちを犯したのかと思い、ルールを読んでみたのですが、全く心当たりがありません。
心当たりのないところで何か問題があったのか、他のユーザーの凍結する際に運営側のミスで巻き込まれたか何なのか、メールで問い合わせてみました。

回答は2~3日で来るようなので、大人しく待つしかないですね。
まぁ、Twitterもブログよりも後に始めたこともあり、書きたいことは大体ここで書くのでそこまで大きなダメージはないっちゃないんですけど、タイミングはあまり良くないな、と思いました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-26 23:35 | 日記 | Comments(0)
2013年 07月 25日

十両昇進者が決定!

参考記事

こちらの記事で予想した通りに5人が十両昇進が決まりましたね。
新十両は千代丸と、若三勝改め照ノ冨士の2人ですね。
照ノ冨士の四股名は、第38代横綱照国+師匠の現役時代の四股名旭冨士から。
192センチ、167キロの体格のモンゴル出身力士ということで注目。
千代丸は先に十両に上がっていた千代鳳の兄であり、史上17組目の兄弟関取となります。

それはともかく、ここ数日の記事アクセスランキングで直近の名古屋場所総括よりも夏場所総括の方が上位にある理由が気になる今日このごろです。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-25 23:33 | 大相撲 | Comments(0)
2013年 07月 24日

「マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー」レビュー

1周クリアしてしまったのでレビュー的なものを書きます。

基本的な面白さの部分はこれまでのシリーズ作を踏襲しています。
攻撃&防御時にアクションコマンドが存在するため、よくあるRPGのようなコマンドを選ぶだけのバトルではないのでバトルに緊張感が出ますね。
まぁ、通常攻撃のジャンプとかハンマーはコマンドも簡単なので緊張感というほどのものでもないかもしれませんが。

通常攻撃が簡単な分、ブラザーアタックとミラクルアタック(夢世界での強力な攻撃)は難しいものが多くなっています。
特にジャイロセンサーを用いた攻撃は、ボタン操作での代替が利かないので面倒です。練習することはできます。

夢世界について。
レンドーパーツという要素での謎解きは、難しさはあまりないですが、なかなかよくできていて思ってたよりは楽しかったです。
ただ1人でのバトルになるので、かえって現実世界でのバトルより難易度が高い印象があります。
巨大化バトルは「3!!!」でもありましたが、また違ったアクションで楽しめますね。

1周するのに私がかかった時間は38時間ほど。
パズルやマクラノ族救出などのサブイベントをそれなりにやってこれですが、おそらく普通にやって最低30時間はかかるゲームではあると思います。

その他のやりこみ要素としては、ブラザーアタックやミラクルアタックのスコアアタック、特定の敵のノーダメ撃破などで貯まるポイント獲得などになりますね。
また、ゲームクリアでサウンドテストが出現します。
ハードモードはまだやってないですが、通常の難易度でも結構難しいので今のところあまりやる気がありません()
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-24 23:59 | ゲームレビュー | Comments(0)
2013年 07月 23日

ゲーフリが新作を発表!

公式サイト(7/31オープン予定)
参考記事

昨年9月に3DS向けのDL専用ゲームとして「リスムハンターハーモナイト」を送り出した、ポケモンでおなじみのゲームフリークが新たな3DSDLゲームを発表しましたね。

その名も「ソリティ馬」(そりてぃば)。
・・・なんじゃこりゃ。

以下記事引用
-----------------------------------------------
本作のレースは「ソリティアフェーズ」と「コントロールフェーズ」に分かれており,この2つのフェーズを繰り返して進めていく。
 「ソリティアフェーズ」は,ソリティアをうまくプレイすることで,馬との“折り合い”が良くなり,その分だけ馬の力を引き出せる。
 「コントロールフェーズ」は,タッチペンを使って線を描き,馬の進路をコントロールできる。能力やレースの状況に応じて馬を適切に誘導できれば,きっと勝利に近づけるだろう。
 そして,レース終盤の直線では,それまでに溜めたパワーや,勝負を有利に進められるアイテムカードを駆使しつつ,ムチを使ってラストスパートをかけられることになる。
-----------------------------------------------
引用終わり

ふむ。
このまさかでよく分からない組み合わせが、新たな面白さを生み出すのか、それとも本当によく分からないゲームになるのか興味があります()
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-23 23:59 | ゲーム | Comments(0)
2013年 07月 22日

「ポケモンが生きる意味を教えてくれた」を読んでみた

d0220451_2339565.jpg
















「しょこたん」こと中川翔子さんが自身のポケモンとの付き合い方などを書いた本が発売になりました。

最初は初代「赤緑」の発売に関して。自身の当時辛かった中学時代の告白も含めて語られます。
以降、アニメの放送開始、「ポケモンサンデー」「ポケモンスマッシュ!」の番組参加、映画の声優挑戦などについて語られていきます。
文量としてはゲームよりもアニメや番組に関してのほうが多いでしょうか。

途中には
・ゲームソフト歴代一覧表
・しょこたんが選ぶアニメ名作BEST5、アニメ歴代シリーズ一覧
・ポケモン映画歴代作品一覧
が載っていますので、その辺りの資料的な価値もそれなりにあるでしょうか。

最後にはしょこたんが株ポケの社長である石原恒和さんにインタビューと言う形での対談の文章が10ページほど。
テーマであるとか、初代のデバック作業の辛さなどについて石原社長が語ってくれています。

巻頭と巻末にはしょこたんの写真が約10枚ずつ、計20枚くらい掲載されていて、ちょっとした写真集という趣もありますね。
私にとっても非常に大切な存在であるポケモンについて振り返るいい機会になる本だな、と思いました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-07-22 23:59 | 本の話 | Comments(0)