私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

キュウコンを育成してみる

○キュウコン 73-76-75-81-100-100 炎

d0220451_21151862.gif





ばくおふ!の参加賞として臆病めざ格ロコンを頂いたので、初めてキュウコンというポケモンを育成してみることになりました。
個体的に、眼鏡を持つことを前提として配分とか技を何となく考えました。

---------------------------------------------
性格:臆病 特性:ひでり
オーバーヒート 火炎放射 ソーラービーム めざめるパワー格闘@こだわりメガネ
個体値:31-2-30-30-30-30
努力値:H36 C248 S224
実数値:153-73-95-132-120-162

※調整先
【S】
最速95抜き
【C】
ぶっぱ
【H】
残り
---------------------------------------------

大体CSぶっぱ。めざめるパワー格闘個体でなく、最速であるならばCSぶっぱでいいと思います。他に振るほどのスペックでもないので。

他に考えられる構成としては
オバヒ/火炎/ソラビ/寝言
というもの。ソーラービームは寝言で出ない技なので、眠り対策として機能しなくはないと思います。
ただ、私自身が拘り寝言が嫌いなので、この構成にするなら別の道具を持たせてもうちょっと別の調整を施すような使い方をするかもしれません。

久しぶりの考察記事でした。5世代も終わりですが、これを機にキュウコン入りも考えてみようかな、と思いました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-31 21:55 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 08月 30日

「ファミ通と僕 1998-2000」「ファミ通と僕 2000-2002」を読んでみた

d0220451_20505324.gif
d0220451_2052068.gif


週刊ファミ通にて1998年から15年に渡り連載されている「伊集院光 接近につきゲーム警報発令中」をまとめたコラム本が2巻同時に出ました。
第1巻が1998年10月~2000年10月、第2巻が2000年10月~2002年10月と、それぞれ2年ずつまとめられています。
週刊誌なので、2年分=100本ほどのコラムが1冊に入っていることになります。

内容は、それぞれの週のコラム+今の伊集院さんがこのコラムを読んで思うこと+掲載週のファミ通の注目記事
で構成されています。それに加えて、その年に起こった出来事であるとか、発売されたゲームの年表も載っています。
当時の連載は6割ほどがパワプロの記事で、量だけでなく熱量も一番感じられるのがパワプロのコラムですね。

ゲーム好きであり、なおかつこの辺りの年代について、「懐かしい!」と思える年齢層の方にはオススメできる内容ではないでしょうか。
しかし、出ると聞いてから実際に出るまでのスパンが結構長かったので、この続編が出るとしたらいつになるんだろう、と思うところはあります()
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-30 21:23 | 本の話 | Comments(0)
2013年 08月 29日

「Nintendo 2DS」が出るらしい

昨日は焼肉食べて帰りが遅かったので昨日もブログ休みでした。
さて、北米で発売されるニンテンドー2DSが話題となっています。
最初はどう見てもコラ画像にしか見えませんでしたし、ネーミングも嘘っぽいと思ったんですが、公式に載っちゃったものは仕方ないですね。

公式サイト(海外)

3DSのゲームに対応したハードですが、3DSから
・3D表示機能
・折りたたみ機能
の2つを大胆にもカットした代物。

d0220451_20242650.jpg






















・・・すっごく持ちにくそうです。
ボタン類は中心付近に置かれていますが、LRはハードの上部に付いています。うまく押せるイメージが湧かないです()

値段は130ドル。
日本で15,000円の3DSが170ドル、18,000円の3DSLLが200ドルほどなので、2DSが日本で出るのであれば、11,000円程度になることが予測されます。出るかどうか知らないですけど。

DSや3DSを真っ平にしてゲームをしている人を見たことがないので、純粋にゲームがやりにくそうでもあります。
折り畳めないので、持ち運ぶのに結局ポーチ類がほぼ必須になるため、折りたたみ機能排除が果たしてどの程度コストダウンとして意味をなしているかも疑問が残ります。

あと、ポケモンのオフ会などでこれを使うと、向かい合っていても相手の画面が見えかねない、ということになるので、私も食指が伸びません。

この嘘のような本当に出るハード、2DS。果たして何台売れるんでしょうか?
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-29 20:32 | ゲーム | Comments(0)
2013年 08月 27日

第30回つのおふレポート

8/24に第30回というキリのいい回数のつのおふがありました。
前回に引き続き、ダブル初心者の私が殴りこんできました。

メンツと技だけ書いておきます。

d0220451_2112266.png









・モロバレル 特性:再生力
ギガドレイン キノコのほうし いかりのこな まもる@脱出ボタン

・ムシャーナ 特性:シンクロ
サイコキネシス てだすけ いばる トリックルーム@ひかりのこな

・ローブシン 特性:鉄の拳
アームハンマー マッハパンチ れいとうパンチ いわなだれ@ラム

・メタグロス 特性:クリアボディ
コメットパンチ アームハンマー バレットパンチ まもる@オボン

・ウォッシュロトム
ハイドロポンプ かみなり ボルトチェンジ トリック@こだわりメガネ

・サザンドラ
りゅうせいぐん あくのはどう かえんほうしゃ ストーンエッジ@タスキ

内容としてはトリパ。
理想展開は、初手バレル&ムシャーナで、バレルいかりのこな&ムシャーナトリル選択。
相手の攻撃でバレルが脱出し、ブシン召喚してトリル発動。
そしてムシャーナが味方のブシンに威張ってラム回復から無双。

というような流れですね。そうそう実現させてもらえませんけどね。
反省点は、守るを切りすぎて動きにくかったこと。ウルガモスが重いのでサザンは迷った末にエッジ搭載しましたが、つのおふ環境にガモスがほとんどいないので、結果的にまもるの方が良かったです。

結果は2-7。しかし、2勝のうちの1人が途中棄権されたため、実質1-7。それでも目標の2勝はできたのでそこまで不満はありません。
決勝ではらだいこニョロトノ+ふいうち持ちじこあんじラティアスが見れたので非常に楽しかったです。

d0220451_21104632.jpg











つのおふは参加者の方が持ち寄った景品を順位の高い人から選びます。
棄権された方を除き、リーグ内最下位だった私はホルモンうどんのたれを選択。
これを翌日のばくおふ!に持ち込んで、岡山のうどんを香川といううどん県の方にアピールしながら対戦しました()
結果的にこの景品が私を優勝に導いてくれたと言っても過言ではないかもしれません。

オフが終わった後はラーメン屋へ。9人でしたが店の都合上6人と3人に別れ、私は3人側へ。
かけら集めなどのフェスミッションをちまちまやってました。6人側のほうはマルチバトルをやってたようです。

そんなわけで帰宅が23時を過ぎ、翌日に多少影響は与えたとは思いますが、その翌日のオフで良い結果を残せたことは昨日の記事の通り。
昨日と今日の記事で順番が前後しましたが、レポートは以上です。

運営、参加者の皆様お疲れ様でした。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-27 21:23 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 08月 26日

第1回ばくおふ!レポート

土日とポケモンオフに参加して夜遅くに帰ってきたのでブログお休みしてました。

恐らく初めてじゃないかと思われる、香川開催のポケモン対戦オフに参加してきました。
とりあえず、当日の様子を交えつつレポートみたいなものを。
つのおふの方は明日にでも。

----------------------------------------------
前日のつのおふから帰宅したのは23時半。そこから風呂&就寝、そして6時起き。
雨が降っていたので、瀬戸大橋線が止まってないかとヒヤヒヤするも、通常運行との情報を受け安心。
マリンライナーの高松駅到着は8:50。定刻通り。
集合時間もまた8:50。改札を抜けるまでの時間を考えると数分遅れることはほぼ確定してました;

それでは今回の使用PTを紹介します。

d0220451_21175260.png









私はもう5世代ではノオーガブ以外を使う気はないので、大体いつものメンツで行きました。
それぞれの型詳細を書いておきます。

・ユキノオー 性格:おっとり 特性:ゆきふらし
吹雪 ギガドレイン めざパ炎 いわなだれ@きあいのタスキ
実数値:175-132-86-157-98-74

・ガブリアス 性格:陽気 特性:さめはだ
逆鱗 地震 火炎放射 剣の舞@ドラゴンジュエル
実数値:183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

・ボルトロス(化身) 性格:臆病 特性:いたずらごころ
10万ボルト めざパ氷 ばかぢから 電磁波@命の珠
実数値:159(36)-108-102(96)-161(124)-100-179(252)

・メタグロス 性格:意地っ張り 特性:クリアボディ
コメットパンチ 思念の頭突き バレットパンチ トリック@こだわりハチマキ
実数値:175(156)-188(124)-155(36)-×-111(4)-114(188)

・ウルガモス 性格:ひかえめ 特性:炎の体
大文字 虫のさざめき めざめるパワー地 蝶の舞@むしのジュエル
実数値:161(4)-×-86(4)-204(248)-125-152(252)

・ローブシン 性格:意地っ張り 特性:鉄の拳
ドレインパンチ マッハパンチ れいとうパンチ かみなりパンチ@ラムのみ
実数値:189(68)-205(212)-131(124)-×-98(100)-65

※個別解説
【ユキノオー】
自己孵化産なので個体値微妙。それでもめざパ炎70。
努力値の意味としてはAを岩雪崩でH191-B86のウルガモスを一撃で落とせる値に引き上げ、Cはぶっぱ(248)、残った努力値を適当に耐久に振りました。調整先は特に無いです()
今回の対戦ではめざ炎を使う機会はなかったですが、これまでスカーフノオーしか使ってなかったので、タスキの安定感は大きいな、と感じました。

【ガブリアス】
こだわらないガブリアスの方が強いと思い込んでるので、今回もまたジュエル。
エアームドがいなかったので、火炎→身代わりorダブチョにしたいと思ってます。
S155以上のめざ氷ガモスとかを考えて陽気最速。

【化身ボルトロス】
迷った末に、ばかりきを搭載させることに。
しかし、ボルトロスは1体しか持っておらず、A個体2ということでバンギに対するダメージも考えて珠採用。
努力値配分も帯配分のまま。
一応HP全快でA200ガブの逆鱗を確定で耐えるので、削れてなければ一定の仕事量は期待できます。
今回はフライゴンの攻撃を耐える時にこの謎配分が活きたような気がします()

【メタグロス】
特に変更点無いので特筆すべき点なし。普通に強いハチマキ構成。

【ウルガモス】
使用個体自体はいつも通りですが、いつものラム→虫ジュエルに変更。
あまり信頼していないポケモンですが、今回は結構選出する機会が多かったです。

【ローブシン】
みがきあ個体→ドレパン吸収効率を重視した配分の普通のブシンに変更。
あえて残り4を振らずに、Sに振ってあるブシンに後攻を取りに行ってます。ビルド持ちは他で対処。

※PT全体について
ラム持ちをガモスからブシンに変えたことでガッサに弱くなりました。
ユキノオー(きあパン除く)・ボルト(ばかりき除く)以外はバンギに弱くはないポケモンが並んでいるので、ボルトにばかりき搭載するかどうか、ガッサ意識で挑発入れるかなど悩みましたが結局ばかりき採用。

私自身、オフの対戦でメモを取らなくなって久しいので、対戦ログはありません。
ただ、最終戦のBVはアップしてありますので、興味のある方は58 25015 85560をご覧ください。

こういうPTですが、対戦参加10人の総当り戦の末、7-2で私ともう1人の方が並びました。
しかし、直接対戦で私が勝っていたため、この第1回ばくおふ!で優勝することができました。
少人数でのオフでしたが、初めて優勝という実績を手にすることができ、本当に嬉しいです。
それでも、勝ちを拾わせて頂いた感じの試合が2試合、負けた2試合も勝てそうな流れだったので、その辺りが反省点として残りました。

また、少人数であることで、よりお一人お一人と話を多くすることができたように思いますので、これもよかったかなと感じています。
とても楽しかったです。主催・スタッフの皆様、そして対戦、見学参加者の皆様ありがとうございました!
第2回以降も期待しています。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-26 22:05 | ポケモン(BW2) | Comments(2)
2013年 08月 23日

GSDの改造検挙について思うこと

ポケモングローバルリンク

【「2013 Global Showdown」のランキング発表について】というページのところに書いてあるように、今回は改造ポケモンのチェックが行われ
ジュニア:68名
シニア:335名
マスター:1,155名

以上、計1,558名がランキングから除外されました。
マスターが一番多いわけですが、やはり以前書いたようにポケクリエイターの存在が大きいのかと思いました。
スマホとか持ってるのも大人のほうが多いでしょうしね。

で、これまでは特に公式のチェックがなかった改造について、今回チェックが行われた意味を考えましょう。
おそらく、今回チェックが行われた理由は
・禁伝ありの大会であり、主力が入手難度が多いポケモンなので、普通の大会に比べて改造が露見しやすい
ということはあったと思います。

そしてこうして公式が改造を除外して、改造に対して厳しい姿勢を見せたことで、今後の大会での改造ポケモンに対する抑止力にもなっているとも言えるでしょう。
XYを前にこうした策を公式が取ってくれたことは嬉しく思います。XYでは改造も切断もないクリーンな環境で対戦が楽しめることを期待しています。

作らない・持たない・交換して広めない、という非核三原則ならぬ公式の「非改造三原則」を肝に銘じていきたいものです。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-23 22:30 | ポケモン(BW2) | Comments(2)
2013年 08月 22日

「第3回電王戦」開催決定!

電王戦公式サイト

第2回からちょうど1年となる来年の3月~4月に、第3回電王戦が開催されます。
出場棋士は、順位戦A級在籍の屋敷伸之九段が大将という立ち位置での出場が決定。また、今回もタイトルホルダーは出場しないということも決まっています。

参加するコンピュータは、第2回は世界コンピュータ選手権の結果からでしたが、今回は「将棋電王トーナメント」と題し、11/2~4の日程で電王戦に出場するソフトを決める戦いが行われます。

さらに、8/31には、第2回電王戦で戦ったプロ&コンピュータが手を組んでのタッグ戦が行われるようです。
プロ棋士はコンピュータの最善手を確認しながら対局を行うとのことで、プロがどのくらいコンピュータの指し手を参考にするか、というところが注目点になるんでしょうね。

今後もニコニコと将棋の組み合わせでの企画には期待しています。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-22 22:52 | 将棋 | Comments(0)
2013年 08月 21日

「日本国憲法を口語訳してみたら」を読んでみた

d0220451_237174.jpg
















近年、日本国憲法を改正するだのしないだのという話が盛んに行われています。
まぁ、だからある程度知っておきたいと思ったため読んでみることにしました。

この本を読む時にとりあえず注意しておくべきことは、若者言葉が多用されているため、かなり人を選ぶというところでしょうか。高校生くらいの年齢層に向けて書かれたかのような感じです。
それもそのはず、著者は愛知大学の法学部の学生であり、20代という年齢です。また、元々ネットに書いていたものだったようなので、そういう言葉遣いになっていたというところもあるかもしれませんね。

前半は憲法の原文と口語訳です。見開き右ページが口語訳、左ページが原文なので、比較しながら読めます。
後半はコラム。
現代的な憲法が歴史的にどうできてきたか、日本国憲法がどのような流れでできたか、などといったことが口語訳と同じような文体で書かれています。

個人的にはこういう文体はかえって辛いなぁ、と思うところはありましたが、分かりやすくはありますので、「とりあえず憲法というものをさらう」という意味では有用な本ではあると思います。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-21 23:25 | 本の話 | Comments(0)
2013年 08月 20日

「第2回電王戦」のDVDが発売!

マイナビ GAME WEB 商品ページ

出るんですね。
全5局の様子がDVD2枚組、234分に編集されているようです。

「生放送では流れなかったシーンも使用し、対局の流れや勝負のポイントがわかりやすいよう編集しています。そのため、将棋初心者でも有段者でも楽しめる内容です」
とのことで、ファンにとっては永久保存版とも言えるものになっているのではないでしょうか。

一般の店頭での販売はなく、このマイナビのサイトでの販売のみなのでそこはご注意を。
発売は8/23です。私は買いません()
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-20 21:35 | 将棋 | Comments(0)
2013年 08月 19日

「サトシにメールしよう!」が中止

こちらの記事でちょこっと触れた、「サトシにメールしよう!」が、開始2日ほどで中止という事態になりました。

理由はサイトでは「アクセスが集中したため」とあったんですが、実際には別の理由があるようです。
少なくとも私は、Twitterにて、このメールの返信内容を改ざんしたコラ画像をいくつか見ました。

その中のいくつかは、サトシのイメージと異なるような内容であり、キャラクターイメージを損ねかねないようなものでした。
よって中止ということなのでしょう。

この企画自体は悪くなかったとは思うのですが、返信の画像が簡単にいじれることとかが相まって、こういう結末になってしまいましたね。
企画側・ユーザー側両方に問題があったということなのでしょう。

今度、こういう企画をする時は、何らかの対策がなされることを望みます。
[PR]

by genbu-toro | 2013-08-19 23:55 | ポケモン(BW2) | Comments(0)