<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

「ポケモンスマッシュ!」最終回について

録画してたのを今日見ました。
普段ポケスマは見ませんが、今回のバトルを見る限り実力的なものは、優勝した山本隊員がずば抜けていると感じました。
レパルダス+Lv1ココドラの組み合わせは強力でしたし、トノグドラもいい感じに動いていた感じです。
決勝で戦ったしょこたんとも結構差があるように感じられました。

そしてこちら(参考記事)。

今回の最強決定戦で優勝したニョロトノ&キングドラがポケモンセンターで配信されます。
親名はいずれも「ヤマモト」。プレシャスボール入りです。
なお、今回の配信は
ニョロトノ:31-13-31-5-31-5(おだやか)
キングドラ:31-17-8-31-11-31(臆病)
で個体値と性格が固定のようです。山本隊員の使用個体に合わせてあるんでしょうか?

この2匹、配信時間が異なりますので、受け取る予定の方はご注意を。

そして同じくポケスマ最終回の中で、XYのエキシビションマッチがありました。
メガバシャーモ+カラマネロでバシャーモがオバヒ→カラマネロひっくりかえす、というコンボをやってましたが、やっぱりひっくりかえすで流星群とかオーバーヒートで下がったCを上げたり、ばかぢからを使って下がったABを上げたりといった使い方が主になるのかな、と思ってます。
まぁメガバシャは加速なのでひっくりかえすとの相性は悪そうでしたが。

エフェクトなんかも派手になってて、見た目的にも楽しめそうでワクワクが止まりません。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-30 22:10 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 09月 29日

平成25年秋場所総括と来場所の番付予想

総括
・白鵬
14-1で優勝。
優勝を決めた稀勢の里との取組で左眉の辺りが数センチ割れ、今日見るとまぶたがかなり腫れて、左目の視界が狭そうな感じでしたが、難なく日馬富士を小手投げで下しました。
優勝インタビューでは、2020年の東京五輪(白鵬35歳)まで現役で取ることが目標であることを語りました。もしそれが現実のものとなるのであれば、優勝回数は途方もない数字になることでしょう。
今場所、白鵬に次ぐ成績が11-4だったので、3つ星の差がつきました。

・日馬富士:10-5
・稀勢の里:11-4
12日目の段階で、白鵬との星が1つという状況での直接対戦があった2人。
日馬富士はこの相撲、立ち合い直後の土俵際での執念は見せたものの、その後有利とも思われた体勢から勝ち切れず敗戦。その翌日の琴奨菊戦ではもう気持ちが切れているように見えました。
稀勢の里はこの直接対戦には勝ったものの、彼もまた直接対戦の翌日の豪栄道戦に敗れたことが幕内優勝の興味を大きく削いでしまいました。
11勝という数字は大関としてはかなり優秀なんですけどね。

・豪栄道:11-4
関脇という地位でこの勝数ということで、大関取りへの起点になりそうです。
先場所が8勝止まりだったので、「3場所合計33勝」という目安を来場所達成するためには14勝以上が必要ということでやや現実味に欠けるので、九州場所・初場所の2場所合計22勝以上を狙うことになるでしょうか。

・遠藤:9-5-1
捻挫により14日目から休場。千秋楽と合わせて2つ星を落とすことにはなりました。
期待が大きいですが、地道に力をつけて上位で活躍するためには、成績が抑えられたのは却ってプラスとなる可能性もあるかもしれません。

番付予想
・三役
妙義龍(東関脇) 6-9
高安(西小結) 5-10
この両者が陥落することが確実。それにかわって上がってきそうなのは

松鳳山(東前頭筆頭) 8-7
隠岐の海(東前頭2) 8-7
松鳳山は日馬富士戦勝利後の涙が印象的。敢闘賞を獲得しました。
隠岐の海は千秋楽に安美錦休場による不戦勝で勝ち越し。厄介な相手だっただけに運も味方に付けた感じ。
また、東小結だった栃煌山も8-7で勝ち越し。

よって、豪栄道(東関脇) 栃煌山(西関脇) 松鳳山(東小結) 隠岐の海(西小結)となるでしょう。

・幕内
これが非常に難しそうなんですが・・・。
落ちる可能性が高い力士
旭日松(東前頭16) 5-8-2
若の里(東前頭15) 4-11

そして西前頭15で7-8の玉飛鳥をどうするかというところでしょうか。

上がる可能性のありそうな力士
貴ノ岩(東十両2) 8-7
旭秀鵬(西十両3) 11-4
大砂嵐(東十両4) 10-5
千代鳳(東十両5) 10-5
鏡桜(西十両8) 12-3

この中から2~3人となります。
おそらく一番優先度が低いのは貴ノ岩。千秋楽で9勝目を挙げられなかったのが致命的。
鏡桜も、千秋楽勝って13-2で優勝なら有望だったでしょうが、千秋楽負け+優勝決定戦も負けたのが響きそうな感じがします。千代鳳との比較が微妙なライン。
旭秀鵬と大砂嵐は幕内昇格が確実と言えます。

・十両
落ちる可能性が高い力士
栃ノ心(西十両筆頭) 全休
北はり磨(西十両14) 7-8
隆の山(西十両12) 5-10
丹蔵(東十両12) 6-9

今場所は、さらに把瑠都が引退したため5枠ほど空きそうです。幕下力士の星次第では丹蔵は残れる可能性が多少あるかもしれません。

上がる可能性のありそうな力士
琴弥山(西幕下2) 4-3
木村山(東幕下3) 5-2
肥後ノ城(西幕下4) 4-3

以下微妙なライン
入江(東幕下6) 4-3
栃飛龍(西幕下6) 5-2
川成(東幕下8) 5-2
荒鷲(東幕下10) 6-1

下から上がるほうが微妙なところなので、この編成もかなり難しそうな感じです。
微妙なラインで挙げた4人の中から十両に上げるかどうかに注目したいところです。

※(22:40追記)
十両の予想の中で引退の把瑠都と全休の栃ノ心を考慮に入れるのを忘れていたので追記しました。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-29 19:55 | 大相撲 | Comments(0)
2013年 09月 28日

10/10、3DSに新色が登場

ニンテンドー3DSカラーバリエーション

10/10に、ピュアホワイト・クリアブラックの2色が発売されるようですね。表面に光沢処理してあるようです。
3DS LLではなく3DSです。
3DSで白と黒というと過去にコスモブラック・アイスホワイトという色が発売されていましたが、現在は生産が終了しています。

現在も生産されている範囲のカラーバリエーションをまとめておきます。
3DS
グロスピンク
ライトブルー
メタリックレッド
ピュアホワイト(10/10~)
クリアブラック(10/10~)

3DS LL
ホワイト
シルバー×ブラック
レッド×ブラック
ピンク×ホワイト
ブルー×ブラック
ブラック
ミント×ホワイト

3DSの方が発売されたカラー数は多いんですが、アクアブルー&コスモブラック~コバルトブルーまでの6色が生産終了となっています。
そのため現行では3DSが3色から10/10で5色、3DS LLが7色での展開となります。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-28 22:29 | ゲーム | Comments(0)
2013年 09月 27日

ヒトツキの進化した姿が公開!

ニダンギル(公式サイト)

とうけんポケモン
タイプ:鋼/霊
特性:ノーガード
技:せいなるつるぎ

剣が2本になった以外は分類、タイプ、特性ともに進化前のまま。
せいなるつるぎで、ちいさくなるラッキーに強いぞ!と思ったんですが、特性の時点で技が必ず当たるので、イメージには合いますがこの技が対人戦時に採用されるかどうかはよく分かりません。

『ポケットモンスター X・Y』発売記念イベント

発売日である10/12から10/14まで、全国のイオンモールのうちの一部で発売記念イベントがあるようですね。
体験コーナーはもちろんですが、メガバシャーモを使える対戦コーナーもあり、2連勝で景品があるようなので、会場が近いという方は参加してみてはいかがでしょうか。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-27 21:56 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2013年 09月 26日

「広瀬流穴熊 終盤の極意」を読んでみた

d0220451_20143045.jpg
















広瀬七段の実戦から
相穴熊:5局
振り穴VS銀冠:3局
相振り:3局
居飛穴:3局
という全14局を選び、終盤の戦い方を伝授していく形式の本です。

アマ初段レベルのアシスタントの質問に答えるという、対話形式で進行していきます。
つまり、対象棋力も大体その付近、ということになるでしょうか。
広瀬さんというと、処女作「とっておきの相穴熊」でもアマ強豪の遠藤正樹氏との対話形式を採用しています。この形式が著者に合っているということかもしれません。

「とっておきの相穴熊」はなかなか高度ですが、本書はアマ初段への回答なので、かなり噛み砕いた感じの説明になっていると思います。
1局あたり15~20ページ、見開きで大体4図あるので盤に並べずとも進行が分かりやすくもなっています。

・特に金の価値を重視する
・玉の近くに香などの安い駒を打たない
・大駒を切る手を常に考慮に入れる
・(相振り限定)玉を2八から逃げ出すことも考慮に入れる

などといった著者の終盤感覚が言語化されています。
そして巻末に扱った14局の棋譜が参考棋譜として掲載されています。
「とっておきの相穴熊」「広瀬流四間飛車穴熊勝局集」「四間飛車穴熊の急所」「四間飛車穴熊の急所2」と、どちらかというとアマ有段者以上に向けた良著を出してきた著者ですが、本書はやや対象棋力を下げて終盤の急所に焦点を絞っての説明に終始します。

プロ実戦譜の解説なので、有段者でも参考になる部分が大いにあります。
穴熊特有の終盤を身につけたいなら持っておいて損はないでしょう。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-26 20:35 | 棋書 | Comments(0)
2013年 09月 25日

【個人的メモ】これまでのジムリーダー、四天王

これまでのジムリーダーと四天王がどんなタイプを使ってきてるかが気になったのでまとめてみます。
きっかけとしては、そういえばこれまで悪タイプのジムリーダーっていないなー、と思ったところから。

赤緑
・ジムリーダー
岩→水→電→草→毒→超→炎→地
・四天王
氷→闘→霊→龍

金銀
・ジムリーダー
飛→虫→無→霊→闘→鋼→氷→龍
・四天王
超→毒→闘→悪→龍

RS
・ジムリーダー
岩→闘→電→炎→無→飛→超→水
・四天王
悪→霊→氷→龍→鋼

DP
・ジムリーダー
岩→草→闘→水→霊→鋼→氷→電
・四天王
虫→地→炎→超→バラバラ

BW
・ジムリーダー
炎/水/草→無→虫→電→地→飛→氷→龍
※BW2で毒、水が加わり炎/水/草、氷が抜ける
・四天王
霊、悪、超、闘→虫?

タイプ毎まとめ
※BWの最初のジムの3タイプは1/3として計算、BW2で追加されたタイプも数に含んでます。また、エメラルドはミクリがチャンピオンになったことを考慮(アダンはどっちにしろ水ですし)

・無
ジムリーダー:3
四天王:なし

・炎
ジムリーダー:2+1/3
四天王:1

・水
ジムリーダー:4+1/3
四天王:1

・電
ジムリーダー:4
四天王:なし

・草
ジムリーダー:2+1/3
四天王:なし

・氷
ジムリーダー:3
四天王:2

・闘
ジムリーダー:3
四天王:3

・毒
ジムリーダー:2
四天王:1

・地
ジムリーダー:2
四天王:1

・飛
ジムリーダー:3
四天王:なし

・超
ジムリーダー:2
四天王:3

・虫
ジムリーダー:2
四天王:2

・岩
ジムリーダー:3
四天王:なし

・霊
ジムリーダー:2
四天王:3

・龍
ジムリーダー:2
四天王:3

・悪
ジムリーダー:なし
四天王:3

・鋼
ジムリーダー:2
四天王:1

だいたいこんな感じ。
格闘が全世代でジムリーダーor四天王で使い手がいる皆勤タイプとなっていますね。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-25 21:05 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 09月 24日

ニンドリ11月号から読み取れることまとめ

ニンテンドードリームの11月号を買いました。
小冊子が付録としてついていて、増田・森本両氏のインタビューが収録されています。
その中から、XYでの新しい要素について語られていて、私が気になったところを抜粋して紹介します。

・対戦中のカメラワークに力を入れた
→大会の決勝などで選手が考慮中も対戦を見ている人が飽きにくい工夫。自分のポケモンも正面から見られる。
・「バトレボ」よりもファンタジー寄り(サイズ感など)
→ポケモンの魅力を全面に出す
・メガシンカについて(※1後述)
・ゲームフリークで社内大会
→メガリザードンが活躍していた
・メガバシャーモは別の特性も検討されていた
→好きなタイミングでメガシンカできるので、加速してからメガシンカで別の特性を得たら強すぎる、ということで加速のままに。
・タイプ相性について
元の相性はなるべくいじりたくなかったが、ドラゴンや鋼が強い状況を変えたかったが、フェアリーが鋼に弱くなったことでバランスを取るための調整
・育成について
1:ライトユーザー向けに「ガンバロメーター」などで敷居を下げる工夫。
2:学習装置の仕様変更(※2後述)
3:ポケモンを捕まえた時にも経験値が得られる
4:育て屋で貰ったタマゴから生まれるポケモンの能力の引き継ぎ方も変更あり
・バトルの調整について
→威力のインフレを抑える方向(特に特殊技)

おおまかにはこんな感じでしょうか。

※1 メガシンカ
ポケモンを更に強くしたいけど、単に強くするとバランスが崩壊するために現在公開された形のアイデアになってきたようです。
メガシンカしても使用できる技に変化はなく、特性・タイプ・能力が変わります。メガシンカは好きなタイミングでできますし、いつ誰がメガシンカするか、ということも戦略の内になります。

※2 学習装置
これまでの学習装置の仕様は、「持たせたポケモンに経験値が分配される」というものでした。
これがXYでは「ポケモンに持たせなくても手持ち全員が経験値をもらえる」というものに変化します。
具体的にはバトルに出たポケモンは100%、出てないポケモンは50%の経験値を、分配することなくもらえます。

発売まで20日を切ってきましたね。新たな戦略性とか、より手軽にできるようになったとか謳われている部分を早く体感したい気持ちがウズウズしてます(
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-24 20:58 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2013年 09月 23日

「ポケモンホーンテッドナイト」のグッズ

ポケットモンスターオフィシャルサイト

9/14からポケモンセンターで発売になった、「ポケモンホーンテッドナイト」と銘打たれたグッズたち。
Amazonでも取り扱いがあり、9/20に発売となりました。
予約受付が開始されて、私も注文しようと思った時には既に売り切れてるグッズもあったりしましたので、私が購入したのは以下の写真の4つとなりました。

d0220451_2383639.jpg














・Dr.Grip CL(ボールペン)
・シール
・ブックマーカー
・ハンドタオル

本当はステンドグラス風メタルチャームも欲しかったんですが仕方ないですね。また入荷するのを待ちたいと思います。
基本的にこのグッズたちはシャンデラ推しのものが多いです。

写真だとイマイチ分からないですが、ブックマーカーの細工の感じが好きなので、特に大切にします。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-23 23:22 | ポケモン(BW2) | Comments(0)
2013年 09月 22日

遠藤への期待値

新入幕の遠藤が注目を集めています。「遠藤」の四股名の書かれた紙を掲げて応援している人も多く見受けられます。

・所要3場所という、幕下付出し力士史上最速での入幕
・そのことが影響して、まだ大銀杏が結えない
・新入幕らしからぬ堂々とした相撲

とにかく話題に事欠きませんし、大物感も出ています。
しかし、言ってしまえばぺーぺーの力士にこれだけの熱視線が注がれるのには、近年の大相撲の勢力図と無関係ではないでしょう。

白鵬が横綱となって6年が経過しました。
大関時代に3回、横綱になってから23回の優勝を重ね、幕内優勝回数では上に千代の富士・大鵬の2人しかいないという状況にまで登りつめています。
抜群の安定感に加え、いわゆる「品格」でもケチをつけるような部分のほとんどないところを見ると、理想の横綱像として君臨しているように思います。

その偉大な横綱に畏敬の念を抱きつつも、あまりにも長いその天下により、停滞感があるのもまた事実でしょう。
その長い天下の間に期待された(されている)力士は

把瑠都:巨漢力士の弱点であるケガに泣かされ、28歳の若さで引退
日馬富士:豊響戦の変化なども見る限り、横綱相撲ではなく必死で取っている感じ。それに対するブーイングが少ないのは期待度の低さの現れでもある
稀勢の里:強い相撲と負けるときの相撲の波があり、綱取りを期待しきれない
豪栄道:稀勢の里以上に波があり安定感を欠くため、大関取りを期待しきれない

このように、上位陣の番付であるとかいったところがここ最近は変化に乏しい状況になっています。
遠藤に対する声援の大きさはこのことから来ているのではないか?ということです。

この停滞感を打破しうる存在が、しかも日本人の中で現れたという事実。
栃東以来出ていない日本人の幕内優勝、2代目貴乃花以来出ていない日本人横綱に現状で最も近いのは稀勢の里でしょうが、久しぶりに近いうちに上位をかき回してくれる期待度の高い新人が出てきたのです。盛り上がらないわけはありません。

しかし、そこはプロになって3場所目の力士。今のところは実力以上に期待されているという感じがあります。
いつだったか、NHK中継の解説で、「学生相撲出身の力士は、自分より力量が下の者に勝つ術は優れているが、上の者を倒すのは苦手」というようなことを言っていました。

学生相撲で将来を嘱望されながら、やや期待はずれとなってしまった力士としては、一昔前の武蔵川部屋で大関を経験した、武双山・出島・雅山が真っ先に浮かびます。
私も遠藤には期待していますが、彼の実力とかけ離れたレベルで期待し過ぎ、プレッシャーのかけ過ぎで潰したりしてしまわないように注意してみていくべきだと考えます。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-22 21:19 | 大相撲 | Comments(0)
2013年 09月 21日

XYでの切断・放置対策

「ポケットモンスターX・Y」のポケモングローバルリンクについて

リンク先の「対戦マナーについて」の部分が加筆されました。

---------------------------------------------------------
※1 残ったユーザーの方は基本的に「勝ち」になります。但し、双方の通信状況次第では「無効試合」となる場合もございますのでご了承ください。
※2 『ポケモンX・Y』ではインターネット通信対戦における、1試合あたりの対戦時間を30分とさせていただきます。(なお、特殊なレギュレーションにおいては、上記の対戦時間が変更となる可能性があります。)
---------------------------------------------------------

以上が加筆部分の引用。

・1について
どういう状況になった場合に「無効試合」扱いになるのか気になるところ。お互いエラーとかでしょうか?
まぁ、環境初期から切断された状況で残った側のプレイヤーが勝ちになる状態で始まるという点では間違いなく前進はしてるんですけどね。

・2について
これまで60分だったのが30分に短縮。PSSでは60分でした(※こちらの記事のリンク先のPV参照)が、ランダムでは違うようで。
シングルは30分あれば普通に終わりそうですが、ダブルバトルは考慮する点が多く、ポケモン選出数も多いのでもう少し長く、40分くらいあっていいかな、と思うんですがその辺りは「特殊なレギュレーション」がどこを指すかにもよりそうです。

私は第5世代よりも快適に対戦できるのであれば何も言うことはありません。
[PR]

by genbu-toro | 2013-09-21 22:48 | ポケモン(XY) | Comments(0)