私的生活空間 -2nd-

siteki2nd.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

さかさバトル考察 その3:強そうなポケモン 後編

・草ポケモン
草タイプに粉技が効かなくなったものの、その草タイプに草技が抜群ということになります。さかさバトルにおける同タイプ同士の対面は、普通のバトルのドラゴン同士の対面に近いものがありますが、草タイプが一番激しい殴り合いになりそうな予感があります。
個人的に注目しているのはキノガッサ、ドレディア、ロズレイドなど。
キノガッサはキノコの胞子+タネマシンガンによるカバー範囲の広さ、ドレディアは蝶の舞+花びらの舞による抜き性能、ロズレイドは毒属性によりメガガルーラやガブリアスなどの地面タイプの攻撃への耐性が上がってる点が注目ポイント。
メガフシギバナも弱くはないと思うのですが、このルールでメガガルーラやメガゲンガーよりも優先採用する理由がほぼないのではないかと思っています。

・神速マッスグマ
その2でのノーマルタイプの項で触れ忘れてました(
腹太鼓を積んでしまえれば、このルールでこのポケモンを止められるポケモンは存在しません(タスキ持ちや頑丈持ち除く)。 
最大の難点は入手難易度の高さ。太鼓アクジェマリルリは解禁したんだから、太鼓神速クマももっと簡単に使えてもいいような気がするんですけどね。

・ヘラクロス
個人的に最注目してるのがこのポケモンです。
格闘技を無効化できるポケモンが存在せず、範囲が広い虫・草技も扱え、対ノーマルに命中安定技のシャドークローを使える(対ノーマルでも威力だけならメガホーンが上ではあります)というのが強いのではないか?と思っています。
ただし、弱点が5つ(虫・悪・地・草・闘)と多いので、メガシンカで使うよりもスカーフのほうが面白く戦えそうなのではないかと考えます。

…とここまで書いてきましたが、やはり環境の中心は間違いなくメガガルーラになるでしょう。
ノーマル技の一貫性を止めるのは無理なので、複数のポケモンで先制攻撃して倒すなどといった対策を入れないといけないでしょう。
その4ではそれを踏まえてサンプルPTを考えてみようと思います。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-30 18:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 04月 29日

さかさバトル考察 その2:強そうなポケモン 前編

・ノーマルタイプのポケモン(特にメガガルーラ)
その1で申し上げたように、ノーマル技を半減できるポケモンがいない環境なので、普通のシングル以上にメガガルーラゲーとなる可能性があります。
 その他には、無条件で威力140が出せる爆音波使いである、ペラップやバクオングなどにもワンチャンあるかもしれません。
ノーマルは正直統一でもかなり戦えるレベルのタイプだと思います。

・ドラゴンタイプ
これまた半減できるのがドラゴンタイプのみとなるのでかなり強そうです。
主なところでガブリアス・カイリュー・ラティオスなどがいますね。
また、個人的に注目しているのはメガリザードンXとメガデンリュウです。ラティオスを含めてこの3体は、ガブリアスの龍+地という範囲を両方半減以下にできる貴重なポケモンです。
特にメガリザXは炎技(キングドラには4倍)、メガデンリュウは電気技(カイリュー除く、ガブには4倍)でドラゴンに弱点が突けるのもポイントです。

・氷タイプ
弱点が氷タイプのみ、抵抗は鋼・闘・岩・炎の4タイプと優秀なタイプです。
単氷タイプで耐久値が優秀なレジアイス、クレベースはそれなりに使えそうです。それに加え、ムラっけオニゴーリもワンチャンあるかもしれません。
アマルルガは弱点4つ、抵抗6つとなるものの、ノーマルと飛行弱点になるのがややつらそうなところ。
水/氷複合で耐久高めのラプラスは、貯水で弱点の水を補えるので氷4倍弱点のみ。ちなみに、このルールのフリーズドライは冷凍ビームの下位互換です。

・ゲンガー
メガガルーラを上から弱点のゴースト技で殴れる貴重な存在。
1:メガゲンガーで攻撃する場合、無振りメガガルーラであろうと控えめにしないと1発圏内に入らず、多少振られただけで耐えられる
2:余裕を持つなら眼鏡
3:猫騙し(弱点)が非常に怖い
などと、メガガルーラを倒すためのポケモンでも油断できないのがこのルールのメガガルーラの強さを物語ります。

・ファイアロー、リザードン、ボルトロス
このルールではステロダメージが大幅に減ります。
ファイアロー・リザードンはドラゴンに炎技が抜群になる、ボルトロスは地面タイプに電磁波を入れられるなど、通常バトルとは異なる活躍が期待できるかもしれません。

・ラッキー、ポリゴン2、クレセリアなど
タイプによる無効受けがほとんどできないので、受けるならこの辺り圧倒的数値が必要になりますね。
ラッキーポリ2はやはりゴースト以外弱点はないので、メガゲンガーで逃げられないことなんかに注意すればかなり動けるのではないでしょうか。
また、このルールでは地球投げも無効化することができません。

つづく。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-29 19:41 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 04月 28日

さかさバトル考察 その1:タイプ相性について

スペシャルレートのシーズン4がさかさバトルのシングルというルールになることが決まりました。
さかさバトルはタイプの相性が逆転するということで、各タイプの弱点と抵抗属性が真逆になります。
フレンドバトルでもランダムバトルでも選択することができず、なじみのないルールでもあるので、数回に分けてさかさシングルがどうなるのかを考えていきたいと思います。
今回はまず、基本のタイプ相性について。


これが逆転するということになりますね。

攻撃時相性
・抜群の数
草&虫:7
闘:6
毒:5
炎&電&氷&鋼:4
無&水&地&飛&超&岩&悪&妖:3
霊&龍:2

・半減の数
無:0
龍:1
電&毒&霊&悪:2
水&草&飛&虫&鋼&妖:3
炎&氷&岩:4
闘&地:5

防御時相性
・抜群の数
無&氷:1
超:2
電&闘&地&虫&悪:3
水&草&飛&岩&霊&龍&妖:4
毒:5
炎:6
鋼:11

・半減の数
草&岩:5
氷:4
炎&闘&地&飛&超&虫&龍&悪&鋼:3
水&毒&霊&妖:2
無&電:1

これを簡単に言うと以下の2つが大きな点です。
・ノーマル技が強い(抜群3つ取れて誰にも半減されない)
・鋼タイプが弱い(弱点11)

さかさバトルでは、特性(浮遊、貯水など)や道具(風船)以外では技を無効化させることができません。
それだけでも前のめりになりやすい環境と言えますね。受けというものはかなり厳しい環境になるでしょう。
あと細かい点を挙げておくと

・ノーマル技環境になりそうなため、「ホズのみ」の需要が上がる可能性が高い
・電磁波が地面タイプに通る

また、ノーマルとともに龍技の通りが良い(龍以外に半減されない)のも特徴ですね。
ノーマルとドラゴンが強いわけですね。つまり、メガガルーラとガブリアスが強い…あれ?シングルと変わっていない…!?

その2ではこのルールで注目すべきポケモンに触れていこうと思います。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-28 17:29 | ポケモン(XY) | Comments(1)
2014年 04月 27日

ドラミドロについて考える

・ドラミドロ 65-75-90-97-123-44 毒/龍

d0220451_20401202.gif








見た目が人気かつ初めての毒龍複合ということで一時期注目されたものの、種族値が明らかになってくると、弱さが目立って結局使用者がほとんどいなくなってしまったポケモンです。

主な技
・攻撃技
流星群 竜の波動 ヘドロばくだん ヘドロウェーブ 気合球 ハイドロポンプ 波乗り 熱湯 雷 10万ボルト シャドーボール
・補助技
毒菱

能力値を見ると、今作600族ドラゴンのヌメルゴン(90-100-70-110-150-80)をひと回り小さくしたような能力となっています。物理耐久は上回るものの、差は微々たるものです。
バトルハウスでのみ出現する夢特性「適応力」が解禁されれば、特殊龍の中で最高レベルの火力にはなるので、強くはなくともまだダブルでトリル下アタッカーなどで戦えるレベルにはなるんでしょうが、現状はどくのトゲと毒手のみ。

------------------------------------------------
性格:控えめ 特性:どくのトゲ
流星群 ヘドロばくだんorヘドロウェーブ 気合球 水技@とつげきチョッキorこだわりメガネ
実数値:163(180)-72-111(4)-163(252)-144(4)-73(68)

<調整先>
【C】
ぶっぱ
【S】
4振りマリルリ+2
残り耐久
------------------------------------------------

…現状だと見れば見るほどヌメルゴンでいいやってなってしまうので、夢特性の解禁が待たれますね。というか解禁してくださいお願いします。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-27 21:16 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 04月 26日

平成26年夏場所の番付が発表!

番付発表されました。
夏場所からは、史上最多の3人同時に外国出身の力士が横綱ということになります。

先場所後の番付予想では、幕内と十両の間で東龍と佐田の海の入れ替えが微妙なところと書きましたが、結果的には入れ替えとなり、佐田の海は歴代8組目の親子入幕となりました。

新入幕はもう一人、荒鷲がいます。
こちらは先場所引退となった琴欧洲と同期という力士で、かなりのスロー出世で幕内の座を射止めました。

そして十両。
大器と目される逸ノ城が新十両となるなど、こちらは入れ替えは予想しやすかったですね。
逸ノ城が果たして遠藤と同等以上のインパクトを与えてくれるのか、気になるところですね。

久しぶりの関取復帰となった土佐豊、幕下6枚目まで戻ってきた栃ノ心といった、怪我からの再起を懸ける力士にも注目したいと思います。
[PR]

by genbu-toro | 2014-04-26 19:38 | Comments(0)
2014年 04月 25日

映画前売り券配布のダークライについて

「ダークライ」特集(ポケモン公式サイト)

前売り券の販売が4/19から始まりまして、それと同時に前売り券に「ふしぎなおくりもの」で受け取るためのコードがついてくるダークライの配信も始まりました。
今回配信となったダークライは

・プレシャスボール入り、ウィッシュリボンつき
・技はダークホール、悪の波動、ゴーストダイブ、夢喰い
・ナゾのみ持ち

ダークライ自体はDP時代に配布があって以来、公式配布がなかったので、需要は高いですし、投票で1位になったのも納得ですね。

私自身はアニメのポケモンは一切見ておらず、映画にもあまり興味はないのですが、ダークライは持っていませんでしたし、XYではタマゴ未発見グループは3V確定ということで、厳選に現実味があるので、ジュニア料金(800円)を支払って前売り券を買いました。

おそらく3~4時間ほど粘って、以下の画像の個体を手に入れました。

d0220451_23590566.jpg


















個体値を測定したところ、臆病V-V-21-V-29-Vでした。
途中出た個体として
・臆病25or26-V-22or23-V-28or29-V
・無邪気V-V-26or27-V-26or27-V
がありましたが、前者は3VのうちAに1つVがあって実質2Vなのが気に入らなくて不採用、後者は技を調べましたが、両刀の余地がなさそうだったので不採用となりました。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-25 23:59 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 04月 21日

ミロカロスについて考える inダブル

・ミロカロス 95-60-79-100-125-81 水

d0220451_14221596.gif








ミロカロスはXYで特性勝ち気を得て、どちらかというとダブルでワンチャンあるくらいのポケモンになったかな?と思います。
そこで、今回はダブルでの勝ち気ミロについて。

主な技
・攻撃技
熱湯 ハイドロポンプ 冷凍ビーム 凍える風 竜の波動 めざめるパワー炎 ミラーコート ドラゴンテール
・補助技
自己再生 守る 身代わり 毒々 催眠術 怪しい光 しんぴのまもり 光の壁

勝ち気さえ発動できればアタッカーとしてのスペックがそれなりとなりますが、基本的に相手の威嚇や凍える風など受動的な発動なのが少し難点(隣のオドシシで相手のポケモンにスキルスワップなど特殊な事例は除く)ですね。
また、濁流を覚えないので、能力が上がろうとも一致技は単体攻撃にしかならないのも惜しいところ。波乗りは味方にも当たる技なので、採用する場合はPT構成に工夫が必要です。

-----------------------------------------------------
性格:控えめ 特性:勝ち気
熱湯 ハイドロポンプ 冷凍ビームor凍える風 守るor自己再生@しずくのプレート(しんぴのしずく)
実数値:191(164)-58-111(92)-167(252)-145-101

<調整先>
【C】
控えめぶっぱ。主な仮想敵を挙げておきます
※基本的にプレート込み+勝ち気1回発動済み

・熱湯
能力上昇なしでH175-D101霊獣ランドロスを確定
H157-D115メガクチートを確定(H157-D116だと最低乱数切り)
H175-D140メガバンギラス(砂嵐状態)を最低乱数以外で1発
・ハイドロポンプ
H175-D136メガリザードンY(日照り状態)を確定(C232ソーラービームは耐える)
H207-D121メガガルーラを最低乱数以外で1発

【物理耐久】
A172メガクチートのじゃれつく確定耐え
A216霊獣ランドロスの地震(ダブルダメージ)を96.9%(急所考慮でも80%以上)の確率で2耐え
【特殊耐久】
C177化身ボルトロス@珠の10万ボルトを最高乱数以外で耐える
-----------------------------------------------------

特性発動さえできれば、という前提付きですがぱっと見結構強そうですね。
熱湯を基本線で計算していたんですが、いろいろ足りていなかったのでハイポン両立としてみました。ハイポン採用しておけば特性発動できなくてもそれなりのダメージは与えられそうですので損はなさそうな気がしました。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-21 18:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 04月 20日

メガチャーレムについて考える

・メガチャーレム 60-100-85-80-85-100 闘/超
チャーレム:60-60-75-60-75-80 闘/超

d0220451_19532750.png









圧倒的に火力補強され、Sもそれなりに補強されたメガチャーレムさん。
単体考察の前に、現環境でこのポケモンがあまり使われない理由を考えます。

・S
メガシンカした状態で現環境で最も多いポケモンであるガブリアスより遅いSで、メガガルーラと同速なのがネック。
・メイン技
飛び膝蹴りは陽気でも無振りガブリアスを一撃で倒すほどの火力を持ちますが、いかんせん命中90なのと、これまた環境に多いゲンガーギルガルド辺りが選出で見えていると安心して撃てないのもネック。
以上の2点を踏まえて考えると、メガルカリオの方が安心して採用しやすいということが考えられます。更に

・特性
威嚇→力持ちとなるクチート、威嚇→型破りとなるギャラドス、肝っ玉→親子愛となるガルーラなどといった、特性変化のあるメガシンカ
ハッサムは特性はそのままですが、課題だった微妙に足りない耐久が補われているメガシンカ
メガチャーレムはいずれでもなく、ただただアタッカー性能を高めただけで、サイクル参加もしにくいので扱いにくいと言えます。

主な技
・攻撃技
飛び膝蹴り ドレインパンチ ローキック 思念の頭突き サイコカッター 岩雪崩 岩石封じ れいとうパンチ かみなりパンチ ほのおのパンチ 毒づき バレットパンチ フェイント 猫騙し
・補助技
ビルドアップ 毒々

使うならできればねばねばネットなどでのサポートも欲しいですし、その上でもファイアローを恐れなければならないなど他のメガシンカより優先して採用する理由も薄いポケモンではあります。

----------------------------------------------
性格:陽気 特性:ヨガパワー
飛び膝蹴り 思念の頭突きorサイコカッター 猫騙し 【選択】@チャーレムナイト
メガシンカ後実数値:135-152(252)-105-×-106(4)-167(252)
メガシンカ前実数値:135-112(252)-95-×-96(4)-145(252)
----------------------------------------------

・準速ガブは抜いておきたいし、最速メガガルーラとも同速ゲーにしておかないと厳しい
・メガルカリオ以上の火力を落とす理由も特にない
ということでASぶっぱ。

ラスト1枠の技は
バレットパンチ:フェアリーに抜群の取れる先制技
れいとうパンチ:ガブは飛び膝でも倒せるので主に対グライオン打点
ほのおのパンチ:対ギルガルドの唯一と言っていい打点
かみなりパンチ:ギャラドスやマリルリへの打点
辺りが有力だと思います。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-20 20:25 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 04月 19日

XYになってからの孵化色違い

XYになってから、色違いが出やすくなったらしいですね。ネット上で調べてみると
通常孵化:1/4096
国際孵化:1/683
通常孵化+光るお守り:1/3080
国際孵化+光るお守り:1/512

この確率を検証しようと思うと、かなり莫大な試行回数が必要となるため、これが正確な確率というわけではないかもしれませんね。
それでも、前作より高くなってるのは間違いなさそうです。
私自身、前作までプレイしてきましたが、孵化で色違いが出たことはありませんでした。それが今作では

・通常孵化(光るお守りなし)
ゼニガメ
ハリマロン
カブルモ×2(うち一体は勇敢C抜け4VS0の理想的な個体)

と、4匹の色違いが生まれました。孵化数が7000強なので運が良かったというのもあるかもしれませんけどね。
しかも、これらのポケモンは6世代で独自の価値があるポケモン(ゼニガメは波動弾竜の波動遺伝、ハリマロンはXY新ポケ、カブルモはドリルライナー遺伝個体であるため)で、5世代乱数では出せないというところが気に入ってるポケモンたちです。
そして、非国際孵化勢ですが、先日また色違いが生まれました。

d0220451_20300967.jpg



















鈍感ヒンバスです。
鈍感は通常特性2であり、これまた6世代新出の要素なので、これまた5世代乱数では出せない個体なので非常に嬉しいです。
なお、性格・個体値は控えめで31-31-31-31-31-29でした。AとSが逆だったら完璧でしたが、自然発生が29と高めの数値でしたし♀なのが個人的にとても嬉しいです。
ヒンバス自体は♀鈍感を狙ってたんですが、孵化数100くらいで出たのは非常に幸運でした。

d0220451_20301892.jpg



















進化後がこちらですが、進化すると勝ち気になりますね。
勝ち気ミロカロスはダブルでワンチャンありそうなので、今度考察してみたいなぁ、と思っています。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-19 20:36 | ポケモン(XY) | Comments(1)
2014年 04月 16日

アトラクション第2弾が解禁!

ポケモングローバルリンク

第1弾「バルーンポッピング」から3ヶ月経ちまして、ついに第2弾アトラクションが解禁されました。
その名も「グラフィティワイピング」で、落書きで汚れたショーウィンドウをきれいにするという内容です。

もらえるアイテム
・Lv1
ポイントマックス
ポイントアップ
赤い糸
パワーリスト
パワーレンズ
ふしぎなアメ
ハートのウロコ
タウリン
リゾチウム
きんりょくのハネ×4
ちりょくのハネ×4

・Lv2
ポイントマックス
ポイントアップ
しあわせタマゴ
パワーベルト
パワーバンド
ふしぎなアメ
ハートのウロコ
ブロムヘキシン
キトサン
ていこうのハネ×4
せいしんのハネ×4

・Lv3
ポイントマックス
ポイントアップ
きょうせいギプス
パワーウエイト
パワーアンクル
ふしぎなアメ
ハートのウロコ
マックスアップ
インドメタシン
たいりょくのハネ×4
しゅんぱつのハネ×4

1プレイ100マイルポイント(以下MP)であるので、ポイントマックス(通常500MP)やふしぎなアメ(250MP)辺りを得られればおトクということにはなりますが、ハズレも多いのでポイントマックスを狙いに行くのはあまり得策ではありません。

また、ゲーム内容も「汚れをクリックやドラッグで消して、出た3匹のポケモンにポイントが与えられて、それに応じてランクが決まる」というもので、あまり面白いものではありません。

私は個人的に2つ持っていたしあわせタマゴの3つ目を入手するためだけにLv2を数回プレイしましたが、もうプレイすることはないと思います。

[PR]

by genbu-toro | 2014-04-16 19:26 | ポケモン(XY) | Comments(0)