<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 28日

「ポケモン バトルレジェンド」使用PT紹介

この3日ほど行われたバトルレジェンドに参加しました。
ルールは、レーティングで禁止されている伝説のポケモンを2匹まで入れられる6体見せ合いで4体選出のダブルバトルです。
30戦までできるところを、時間がうまく作れず5戦しかできませんでしたが、PTは気に入っているので記録のために需要とか度外視で書かせて頂きます。

d0220451_16591019.png










※大会中は自動的にレベル100となりましたが、ここでの実数値は便宜上レベル50のものとさせて頂きます。

d0220451_17004967.gif








ダークライ 性格:臆病 特性:ナイトメア
悪の波動 ダークホール 自己暗示 守る@ラムのみ
個体値:31-31-21-31-29-31
実数値:175(236)-99-106(4)-157(12)-110(4)-194(252)


d0220451_17033587.gif









ゼルネアス 性格:臆病 特性:フェアリーオーラ
マジカルシャイン ムーンフォース ジオコントロール 守る@パワフルハーブ
実数値:223-129-115-156-112-166(個体値は失念してしまったが、概ねHSベースの配分)


d0220451_17063505.gif








ゴウカザル 性格:無邪気 特性:猛火
インファイト 熱風 猫騙し ファストガード@きあいのタスキ
実数値:151-144(156)-91-137(100)-75(※個体値17)-176(252)


d0220451_17082993.gif






クチート 性格:勇敢 特性:威嚇→力持ち
じゃれつく アイアンヘッド 不意打ち 守る@クチートナイト
メガシンカ前実数値:157(252)-150(252)-105-x-76(4)-49
メガシンカ後実数値:157(252)-172(252)-145-x-116(4)-49


d0220451_17110786.gif







ボルトロス(化身) 性格:陽気 特性:負けん気
ワイルドボルト 馬鹿力 はたき落とす 挑発@命の珠
実数値:155(4)-167(252)-90-x-100-179(252)


d0220451_17124004.gif





ロトム(ウォッシュ) 性格:控えめ 特性:浮遊
ハイドロポンプ 10万ボルト 自己暗示 守る@オボンのみ
実数値:157(252)-76-128(4)-171(248)-128(4)-106(※めざパ炎個体)

【PT解説】
ゼルネアスが軸で、暗示もチラつかせるPTとなっています。
禁伝はXYのものしか持っていなかったということもあり、ダークライ+ゼルネアスの並びは即確定しました。

先頭の2匹の基本選出は
1:ゼルネアス+ダークライ
相手に先制技(特に猫騙し)がなく、なおかつ悪戯心で挑発を使ってきたりファイアローがいない場合に主に選出。
2:ゼルネアス+ゴウカザル
一番使いやすい選出。相手にアルセウスやガルーラやファイアローがいる場合に特に出していきたい並び。
3:ゼルネアス+クチート
相手のミュウツーをクチートで牽制できる。相手にフェアリー技が刺さっている場合はこの2体でゴリ押しも可能。

【個別解説】
ダークライはHS振りであってもタスキが採用されることが多いですが、このPTではゴウカザルにタスキを優先したいため、タスキ以外の候補を探ることになりました。
考えた結果、ボルトロスなどの電磁波やトリル展開からのモロバレルの胞子、ダークライミラーでの同速負けして先手を取られてのダークホールに対しての一応の保険となるラムに最終的に行き着きました。
悪技はバークアウトも考えましたが、ゼルネアスと並べた時にギルガルド(特にワイドガード持ち)の処理が面倒になりますし、炎技持ちのゴウカザルも熱風でワイドガードに防がれることもあり、悪の波動を採用しました。

ゼルネアスもHSベースに振ることで、なるべく積む機会を増やしたり、積んだ後の行動回数を増やすことに重きを置きました。
ダークライと水ロトムの自己暗示でCDS2段階アップがコピーできますが、積極的に狙うのではなく、やる暇があれば、というイメージで入れてます。

ゴウカザルはガルーラより早い猫騙し要員でありながら、H振りノーマルアルセウスをインファイトで2発で落とせる程度の火力があるのと、ダークゼルネの並びを見て出てきやすいファイアローのブレイブバードに加え、アルセウスの神速や悪戯心ポケモンの威張るなどの補助技をファストガードで防げることと、ゼルネアスのフェアリー技が通りにくい鋼タイプに対し、炎技と格闘技両方持つポケモンというのは大きいです(クチートなどには炎技、ヒードランにはインファイト)。

メガクチートは、相手にもゼルネアスがいた場合の一定の圧力であり、ゼルネアスと横に並べることで元々高いじゃれつくの火力を更に高めることが可能です。
このパーティにはトリックルーム要素はないですが、相手がトリル+クチートだった場合に同速を取りたいために最遅個体を採用しました。
技はじゃれつく不意打ち守るまで確定として残り1枠ですが、ゼルネアスに対する最高打点となるアイアンヘッドを採用しました。ゼルネアスがH振りであっても確1が取れ、命中100技なのも魅力です。

ボルトロスは、カイオーガに対する打点を高くすることを主目的とするため負けん気の個体にしました。
トリルに対してはメガクチートくらいしか対抗馬がおらず対策が薄いので、負けん気でも挑発採用としました。その代わり、ルール上持ち上げられるポケモンが減っているので、フリーフォールを外してあります。

ウォッシュロトムは、耐性面でのカイオーガとファイアロー対策のために入れました。
このポケモンの自己暗示はダークライと異なり、場合によっては相手のゼルネアスのジオコントロール読みで相手のゼルネに対し撃つことも想定してありますし、今回の5戦の中でも相手のゼルネにジオコン暗示が決まる場面がありました。

今回は5戦のみでしたが、結果は5-0ということでもし30戦できていたらどうなっていたか、と考えると少し心残りな部分はありますね。また今度ORAS辺りで禁伝戦がありましたら、カイオーガやグラードンも含めて考察し、なるべくフルで戦えれば、と思います。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-28 19:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 27日

平成26年名古屋場所総括と来場所の番付予想

・優勝争い
白鵬が自滅のような形で豪栄道と稀勢の里に屈し2敗したことで、優勝争いは面白くなりました。
終盤まで優勝争いに加わったのは鶴竜・琴奨菊・豪栄道・高安。鶴竜は13日目に日馬富士に敗れ一歩後退し、14日目に白鵬に敗れ優勝が消えました。高安は14日目に琴奨菊戦が組まれて敗れ、千秋楽の豪風戦にも敗れた時点で結びを待たずに優勝が消滅しました。
豪栄道-琴奨菊の一戦は立ち合いしっかり当たって自分の形を作った豪栄道に軍配が上がり、琴奨菊が3敗になったことで、白鵬が勝てば優勝、負ければ琴奨菊と豪栄道を加えた3人での優勝決定巴戦という状況になりましたが、白鵬がきっちり結びを締め、13勝2敗の成績で大鵬・千代の富士に次ぐ30回目の優勝を果たしました。

・豪栄道の大関昇進
なんだか千秋楽の昼に降って湧いたような話ですが、千秋楽は豪栄道が勝てば大関昇進が確実という状況だったようです。
今回の大関昇進について、+面と-面を考えますと

○ポジティブポイント
1:3場所連続殊勲賞、特に2場所連続で白鵬を倒すなど上位力士に勝てる
2:14場所連続関脇を維持するだけの地力を持つ
3:直近3場所は12勝・8勝・12勝と、12勝が2回あり爆発力がある

○ネガティブポイント
1:場所前に全く大関取りの話もなく、終盤になっても大関取りという面ではイマイチ盛り上がりがなかった(=大関取りの緊張感を経験していない)
2:上位総当りの地位での2場所連続での2桁勝利の経験がない(=安定感にやや欠ける)
3:直近3場所の合計勝利数は32勝(昇進の目安と言われるのは33勝)

個人的には上げてしまってもそこまで甘くはないのかな?とは思っています。
大関が現状2人しかいないことと、今後様子を見る場合、直近3場所となると秋場所では夏場所の8勝が残るため九州場所まで見る必要があること、というやや消極的な理由もありますが、現状の上位陣の中で白鵬を連続で破るような力士はそうはおらず、それだけでも大関にふさわしいのではないか?と思わせるには十分な魅力がある力士だと思うのです。また、先場所の鶴竜戦はマゲを掴んでの反則を取られましたが、内容的には勝ちなので33勝と見てあげてもいいのではないか?というのも多少あります。
あとは下位への取りこぼしをなくすために、しっかりと自分の型さえ確立できれば課題の安定性も身についてくるでしょう。

番付予想
・三役
関脇は豪栄道が大関昇進、栃煌山は途中休場。小結は安美錦と碧山が共に負け越したため、4枠全てが入れ替わることが有力となっています。
また、前頭筆頭~3枚目の力士が全員負け越していることもあり、大きく勢力図が変わることになります。

妙義龍(西前頭6) 11-4
豪風(西前頭4) 9-6
常幸龍(西前頭7) 10-5
照ノ富士(東前頭6) 9-6
千代大龍(東前頭8) 10-5

妙義龍の東関脇、豪風の西関脇、常幸龍の東小結までは特に問題なく決まりそうな感じですが、あとは照ノ富士の東6の9勝と千代大龍の東8での10勝の比較となりそうです。

・幕内
若の里(東前頭16) 5-10
臥牙丸(東前頭15) 5-10
鏡桜(東前頭14) 6-9
徳勝龍(東前頭10) 4-11

逸ノ城(西十両3) 13-2
貴ノ岩(東十両3) 12-3
佐田の富士(西十両筆頭) 9-6
栃ノ心(東十両12) 13-2(優勝)
阿夢露(東十両6) 10-5

幕内の下位に低成績の力士が少なく、どうあがいても4枠までしか空かなそうな状況。
幕内から落ちる力士が多ければ西十両4枚目で9勝の誉富士にもチャンスはあったんでしょうけど。
普通は12枚目の13勝と6枚目の10勝の比較は難しいですが、優勝がついているので栃ノ心の復活再入幕となると予想します。

・十両
希善龍(東十両14) 4-11
若乃島(東十両13) 4-11
栃飛龍(西十両14) 7-8
天鎧鵬(西十両10) 5-10

魁(東幕下筆頭) 6-1
芳東(西幕下2) 5-2
北はり磨(東幕下4) 5-2
若荒雄(東幕下3) 4-3

十両と幕下の入れ替えはこの4人となりそうな状況です。
スロー新十両で話題となった若乃島は星取的には十両の壁に阻まれてしまった形となりました。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-27 20:58 | 大相撲 | Comments(0)
2014年 07月 21日

オンバーンについて考える

・オンバーン 85-70-80-97-80-123 竜/飛

d0220451_20105635.gif








XY新出のドラゴンポケモン。合計種族値は600族ではなく535なので、BWのオノノクス(種族値合計540)に近い立ち位置のポケモンといえるでしょう。
オノノクス(97)サザンドラ(98)ボーマンダ(100)ガブリアス(102)ラティオス&ラティアス(110)と激戦のドラゴンのSにおいて、一歩どころか二歩抜きん出る123という数値が目を引きます。
ただし、535という合計種族値のうちの多くをSに回してしまっている分、それ以外の能力は並程度と控えめになっています。

主な技
・攻撃技
流星群 竜の波動 暴風 エアスラッシュ 爆音波 火炎放射 気合球 シャドーボール 怒りの前歯 蜻蛉返り 
・補助技
挑発 追い風 すり替え

-----------------------------------------------------
性格:臆病 特性:お見通し優先
流星群 エアスラッシュor暴風 火炎放射 すり替えor攻撃技(爆音波や竜波など)@こだわりメガネ
実数値:161(4)-67-100-149(252)-100-192(252)
-----------------------------------------------------

ラティオスと比べて火力が2割ほど低いのが大きな難点。ただ、ゲッコウガを抜ける点は他のドラゴンにはない利点です。
ただ、その分努力値はほぼCSぶっぱしか選択肢がなく、並程度ある耐久を伸ばすなどといったことはしにくいですね。
一応、161(4)-67-110(76)-139(172)-101(4)-192(252)という配分でA146ファイアローの鉢巻ブレバを確定耐えできるので、調整するにしてもこのくらいに留めておくことになるでしょう。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-21 20:49 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 20日

ガマゲロゲについて考える(XY)

・ガマゲロゲ 105-95-75-85-75-74 水/地

d0220451_19291041.gif








水地複合の5匹の中においては、最も素早いのが特徴といえるポケモン。
XYでAの種族値が85→95と10強化されました。
今作では、ファイアローとの組み合わせ通称「ゲロゲアロー」で、多くはないものの一定数見るようにはなりました。

主な技
・攻撃技
<物理>地震 毒づき 岩雪崩 岩石封じ れいとうパンチ ドレインパンチ はたき落とす
<特殊>ハイドロポンプ 波乗り 熱湯 大地の力 気合球 草結び ヘドロウェーブ ヘドロばくだん
・補助技
ステルスロック 守る 身代わり 毒々

水タイプでありながら、物理技では滝登りを覚えず、特殊技ではれいとうビームを覚えないというポケモンです。

-----------------------------------------------
性格:臆病 特性:貯水
熱湯 毒々 守る 身代わり@食べ残し

<調整案>
(ⅰ)209(228)-90-95-105-99(28)-138(252)
(ⅱ)209(228)-90-95-105-111(124)-125(156)
(ⅲ)209(228)-90-95-105-115(156)-121(124)

<調整先>
【H(共通)】
Hは209(16n+1)、食べ残し回復量13、身代わりが地球投げを確定耐え

(ⅰ)
【S】
最速
【特殊耐久】
C126ポリゴン2のれいとうビームを身代わりが急所考慮込みで約88%の確率で耐える

(ⅱ)
【S】
最速バンギラス+1
【特殊耐久】
C95クレセリアのサイコキネシスを身代わりが急所考慮込みで約88%の確率で耐える

(ⅲ)
【S】
無振り100族+1
【特殊耐久】
C95クレセリアのサイコキネシスを確定耐え
-----------------------------------------------

こういう毒まもみがのような型では、(ⅰ)のように最速にするのが普通というか基本ではありますが、今の環境では(ⅱ)の125との間で抜けるポケモンが多くない上に、いたとしてもキノガッサのようなあからさまに不利なポケモンだったりすること、ガマゲロゲの耐久がそこまで高くないことから、(ⅱ)の配分がテンプレとなっています。
(ⅲ)くらい特殊耐久を確保すると安定感は増すものの、役割対象であるゴツメサンダーに抜かれる危険性をはらみます。
スイクンと比較すると、地属性との複合と特性により、水と電気タイプの攻撃を無効化できる点が大きく、その2属性が弱点であるファイアローとの相性の良さに繋がります。また、ファイアローが弱点の岩も半減にできます。

ちなみに、H209-B115-S121という配分(ⅲのDを丸々Bに回す)にすると、A90一致イカサマを身代わりが耐えますが、一致イカサマ使いがブラッキーとバルジーナとカクレオンくらいとややピンポイントなのと、本来起点にできるポリゴン2やクレセリアなどといった低火力高耐久のポケモンは特殊攻撃をしてくるポケモンが多いため、あまりB方面は優先されません。
A種族値が85のままならB103(60振り)で身代わりが一致イカサマ確定耐え、B100(36振り)で最高乱数切り耐えだったので、この型においてはA上昇はややマイナスということにはなってしまいますね。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-20 20:41 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 17日

カクレオンについて考える(XY)

・カクレオン 60-90-70-60-120-40 無

d0220451_15441370.gif








ゲッコウガの影に隠れていますが、このポケモンもXYで新しく夢特性で「変幻自在」を手にしました。
技の範囲が異なりますし、耐久にガン振りして使う選択肢もあるポケモンなので、その辺りで差をつけていく形となります。

主な技
・攻撃技
<物理技>イカサマ 恩返し 岩雪崩 シャドークロー 不意打ち 影打ち 猫騙し フェイント
<特殊技>大文字 れいとうビーム
・補助技
自己再生 毒々 電磁波 マジックコート 金縛り トリック トリックルーム 横取り ステルスロック(変幻自在と両立不可)

変幻自在型でキモになるのはイカサマ。
S無補正の性格であれば個体値25以下、S下降補正であればVでも最遅ギルガルドに先手を取られるため、ブレードフォルムにイカサマを当てて一撃で倒すことが容易なポケモンです。
・A222ギルガルドの聖なる剣を耐えるには実数値H167-B108が必要
・A222ギルガルド@命の珠(シーズン4で所持率3.6%)の聖なる剣はH167-B134(HB特化)でも乱数で急所考慮込みで24%弱の可能性で倒される
拘り鉢巻(シーズン4で所持率7.7%)持ちは流石に確定で倒されてしまうので注意が必要です。ラスターカノンはH振りだけでもほぼ2耐えするくらいの耐久はあるので、イカサマを入れる場合はHB方面に振るのが基本となるでしょう。

---------------------------------------------------------
性格:のんき 特性:変幻自在
イカサマ 影打ちor不意打ち れいとうビーム 大文字@ゴツゴツメットorとつげきチョッキ
実数値:167(252)-110-134(252)-80-141(4)-54

<調整先>
HBぶっぱ。
【物理耐久目安】
・A185までのガブリアス@鉢巻の逆鱗を確定耐え
【特殊耐久目安】
・C222ギルガルドのラスターカノン2発を急所考慮込みで約85%の確率で耐える(チョッキの場合は3発を約76%の確率で耐える)
【火力目安】
・H181-A177-B120メガガルーラをイカサマ+ゴツメダメージ2回+不意打ちで確定
・れいとうビーム+影打ちでH183-B116-D105ガブリアスを両方最低乱数を引かない限り倒せる
・大文字でH181-D137ナットレイに81.7%~99.4%
---------------------------------------------------------

ここではフルアタとしましたが、変幻自在による必中毒々、回復技である自己再生などを使っての補助技+イカサマのような構成も有力。
Cは無振りではあるものの、変幻自在による補正が大きく、役割破壊としては十分な威力を発揮できます。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-17 19:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 14日

ギルガルドについて考える

・ギルガルド(シールド) 60-50-150-50-150-60 鋼/霊
・ギルガルド(ブレード) 60-150-50-150-50-60 鋼/霊

d0220451_18055029.gif








特性「バトルスイッチ」による種族値変化が大きな特徴。シールド状態ではBDが高く、攻撃時にはACが高くなります。
鋼/霊のタイプは12個のタイプに耐性があります。鋼の耐性変化で弱点が4つありますが、これまたこのポケモンの為にあるような気もするアイテム「弱点保険」の存在も考えると、弱点の増加がプラスになる場面も存在するとも言えます。まぁ弱点2つだったらさすがにこのポケモンは強すぎた気もしますね。

主な技
・攻撃技
<物理技>アイアンヘッド シャドークロー 影打ち 聖なる剣 諸刃の頭突き 岩雪崩 燕返し
<特殊技>シャドーボール ラスターカノン めざめるパワー(氷or炎)
・補助技
キングシールド 剣の舞 ラスターパージ 身代わり 毒々

キングシールドを入れるか否か
効果は「攻撃技を防ぎ、接触攻撃の場合は相手のAランクを2段階下げる」というものであり、ブレードフォルム→シールドフォルムに戻すためにも使われます。
現在この技の採用率は約7割といったところです。私の中でこの技を入れる優先度の高い主なギルガルドの型を順に並べますと

毒まも型>特殊型>物理型>>>拘り(フルアタ)

毒まも型は型の性質上守る技はほぼ確定。物理型よりも特殊型のほうが優先度が高い理由としましては、剣の舞を入れるスペースと技範囲の相談でキングシールドを入れるスペースが厳しいということが言えます。

Sの考え方
・最遅
相手よりもなるべく後に動くことで、特性・弱点保険とのシナジーがあり、体力満タンでのギルガルド同士の対面では後攻有利ということで採用されます。

・下降補正2~V、無補正無振り
単に両刀で使う目的だからSはなるべくあったほうがいいという考え(前者)だったり、ギルガルド対面で削れてる場合は先手を取れたほうがいいという考えにより採用されます。

・S82~83
主に無振り付近のポリゴン2やバンギラスに対して先手を取りたい場合に採用されます。

・S101~最速
意表をつくスカーフ型、弱点保険を持たせてボディパージさせたりする場合には大きくSに割くことになります。

---------------------------------------------------------
性格:意地っ張り 特性:バトルスイッチ
シャドークローorアイアンヘッド 影打ち 聖なる剣 剣の舞@弱点保険or防塵ゴーグル
実数値(シールド):165(236)-112(252)-170-×-170-83(20)
実数値(ブレード):165(236)-222(252)-70-×-70-83(20)

<調整先>
【S】
4振りバンギラス+1
そしてAぶっぱ残りH。
---------------------------------------------------------

おそらく剣の舞を使う物理型のテンプレに近いと思われる型。
1枠目のタイプ一致技の選択肢を2つ挙げましたが
シャドークロー:アイアンヘッドに比べ威力-10だが急所率高めであり、物理型と分かった場合に呼びやすいギャラドスやサンダーにもある程度刺さる
アイアンヘッド:フェアリーに抜群を取れるものの、あまり範囲が広くない
ということで、個人的にはシャドークロー+影打ちを両立するのが好きです。ただ、剣の舞+キングシールド+影打ちの3つの技を入れる場合は、ガルーラに全く打点がないのはまずいので、残り1枠はアイアンヘッドか聖なる剣の選択ということになります。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-14 20:16 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 12日

ユレイドルについて考える(XY)

・ユレイドル 86-81-97-81-107-43 岩/草

d0220451_12241743.gif








第5世代では特性による天候が無限ターン継続だったために、砂下の特殊耐久ポケモンとして使われていたポケモン。
しかし、XYでは天候5ターン制限がつき、ドリュウズのようなアタッカーでも厳しくなったので、受け寄りのこのポケモンで天候の恩恵を活かすことは難しくなりました。
数値はナットレイの下位互換と言ってしまっても過言ではないですので、自己再生をはじめとした技を使っていくことになります。

主な技
・攻撃技
<特殊>エナジーボール ギガドレイン 草結び 原始の力 大地の力 ヘドロウェーブ ヘドロばくだん まとわりつく ミラーコート
<物理>ストーンエッジ いわなだれ 岩石封じ タネばくだん タネマシンガン 地震 地ならし
・補助技
自己再生 ステルスロック 毒々 鈍い 蓄える バリアー ど忘れ 剣の舞 怪しい光 守る

技は一見豊富ですが、攻撃技は全体的に威力が控えめで、補助技は耐久を上げる積み技がとにかく多いのにやどりぎのタネを覚えなかったりするので惜しい感じがします。

特性は吸盤と呼び水の2種。基本的には、積み技を積んで居座るつもりなら吸盤、居座りにそんなにこだらない(ステロ撒く、電気などの特殊を受けて粘り強く攻撃するetc)場合は呼び水でいいと思います。ウォッシュロトムに繰り出せる点が優秀なので、どちらかというと呼び水が優先されるでしょうか。

-------------------------------------------------------
性格:穏やかor図太い
(ⅰ)エナジーボールorギガドレイン 原始の力orミラーコート ステルスロック 自己再生(特性呼び水)@たべのこし
(ⅱ)まとわりつく 毒々 エナジーボールorギガドレインorミラーコートor守る 自己再生(特性どちらでも)@たべのこし
実数値(穏やか):193(252)-90-126(68)-102(4)-165(180)-64(4)
実数値(図太い):193(252)-90-163(252)-101-128(4)-63

<調整先>
・穏やか
【H】
ぶっぱで16n+1で食べ残し回復量12
【特殊耐久】
C197霊獣ボルトロス@こだわりメガネのめざめるパワー氷2連を食べ残し込み+急所考慮で90%くらいの確率で耐える
【物理耐久】
A200ガブリアス@こだわりハチマキの逆鱗を耐える

・図太い
HBぶっぱすることで、A146ファイアロー@こだわりハチマキ2連を食べ残し込み+急所考慮で70%くらいの確率で耐える
※守るで1ターン回復を稼げば88%くらいの確率で耐える
-------------------------------------------------------

ここでは入れませんでしたが、A下降の性格(実数値90)でも地震でHぶっぱ(H198-B127)のヒードランを2発圏内なので、PTで重い場合とかユレイドルである程度見れるようにしたい場合は入れてもいいかもしれません。
岩技は生意気やのんきにして、ストーンエッジや岩雪崩を搭載するのも手ですが、外しは怖いこともあり、対ファイアロー打点としては個人的には原始の力推し。
C4振りだとHぶっぱ(H185-D89)のファイアローすらもほぼ落とせない火力ですが、命中100であり鉢巻ブレイブバードの反動込みだと流石に倒せることと、鬼火されると面倒というのが推す理由です。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-12 19:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 10日

ファンシービビヨンの厳選終了!

d0220451_17132233.jpg



















性格・個体値・特性のすべてがランダムでとにかく厳選が面倒なファンシー柄のビビヨンの厳選が終了しました。
バトル検定でレベル50にして測定したところ

------------------------------------------
性格:臆病
H:16~17
A:10~11
B:28~29
C:26~27
D:24~25
S:31
-------------------------------------------

という個体でした。特性が元々はりんぷんだったので、特性カプセルを使用して複眼にしました。
私の場合は二台体制で厳選を行いましたが、厳選開始時に思っていたよりもかなりいい個体で厳選終了することができました。
レベル12ビビヨンの臆病の5VA0の実数値を載せておきますと
H:44(個体値24~31)
A:15(0~4)
B:20(25~31)
C:30(29~31)
D:20(25〜31)
S:33(V確定)
もし厳選される場合は参考までに。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-10 18:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 08日

「ファンシーなもようのビビヨン」が配信開始!

GTSポケモン交換数“1億匹突破”記念!「ファンシーなもようのビビヨン」をプレゼント!

今回配布となったビビヨン、模様以外の情報を列挙しておきますと

-----------------------------------------------
レベル:12
技:かぜおこし/光の壁/虫の抵抗/手をつなぐ
親:GTS
ボール:プレシャス
性格・個体値・特性:ランダム
-----------------------------------------------

映画前売りのダークライと違い、タマゴグループが「タマゴ未発見」でないため、個体値が完全ランダムであるため、臆病最速を狙うだけでも、1/(25*32)=1/800という確率。ましてや高個体値を狙うのは相当な低確率となります。

今回のビビヨンが覚えている技「手をつなぐ」の効果ですが、ゲーム中の説明文が
「味方の ポケモン 同士が 手をつなぐ。 とっても 幸せな 気持ちに なれる。」
というもの。ダブル以上専用技ですが、対戦中に使っても特に効果はありません。

なんとか使い道を挙げるとすれば、「プラズマシャワーをした蓄電or避雷針の仲間に手をつないで特性の効果を発動させる」というものです。相手の蓄電や避雷針には吸い寄せられないようですが、味方2体を動かしてまでやることではないので、「おいわい」などと同様に配布ポケモンが覚えている効果がない技という認識で問題ないですね。

余談
結構前にmiiverseが更新されて「投稿をサイトに埋め込む」機能が追加されましたが、エキサイトブログではこの機能が使えなくて私は悲しいです。

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-08 18:24 | ポケモン(XY) | Comments(0)
2014年 07月 06日

ホルードについて考える ハチマキ編

・ホルード 85-56-77-50-77-78 無/地

d0220451_16271213.gif








命の珠編はこちら

前回は珠だったので、今回は拘り鉢巻を持たせた場合の配分メモ。
ハチマキホルードの魅力はとにかく数値での受けをほぼ許さない火力です。
A特化(実数値118)まで振った場合、恩返しでも地震でもHB特化(H187-B192)のメガフシギバナを確2、HB特化(H227-B189)のクレセリアを2ターンで突破できる確率が88%強などとなっています。
その分、珠などのアイテムに比べ、恩返し→石火と使う、というようなことはできないので柔軟性は劣ります。序盤は蜻蛉などの技でかき回して温存し、終盤には石火で掃除役をするという、ハチマキハッサムに近い運用法も可能です。

---------------------------------------------------
性格:意地っ張り 特性:力持ち
恩返し 地震 蜻蛉返り 電光石火@こだわりハチマキ
実数値:189(228)-116(236)-97-×-97-104(44)

<調整先>
【S】
準速マリルリ(S102)+2。マリルリ抜き意識してるメガフシギバナ意識の意味合いもあり。
【H】
ゴツメダメージが気になるポケモンなので191ではなく6n-1の189
物理耐久目安:A200ガブリアスの逆鱗+鮫肌ダメージ1回耐え
特殊耐久目安:C238メガサーナイトのハイパーボイスを82%以上の確率で耐える
【A】
残り
---------------------------------------------------

[PR]

by genbu-toro | 2014-07-06 18:00 | ポケモン(XY) | Comments(0)