<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 25日

4周年迎えてました

2日連続広島ポケモンオフに行っている間に、当ブログ4周年を迎えてました。
今月は、想定以上に更新頻度が落ちてしまっていて、いるのかどうか分からないですが、毎日見に来てくださっている方には申し訳なく思います。
節目の数字(訪問者数や周年)の時に、これまで特に何もしてこなかったのですが、今回は3月の1ヶ月間を使って、以下の企画を考えております。

1ヶ月毎日更新企画

元々は、基本的に毎日更新を目標にしていたブログなので、一時的に原点回帰したいと考えています。
更新内容としては、普段通りのものが中心ですが、最近あまり棋書について更新していないので、私が所持していて、まだブログで触れていない、やや古い棋書の紹介をする、などといったものも織り込むことを考えています。

[PR]

by genbu-toro | 2015-02-25 19:39 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 24日

第8回ちゃもオフ&第10回びぶおふ!(中四国真皇杯予選)レポート

この度、2つのオフに参戦してきましたので、覚えている範囲でオフレポにまとめていきたいと思います。
なお、今回は構築記事の執筆予定はありません。

ちゃもオフ
初参戦してきました。
ルールが事前に明かされなかった今回のちゃもオフは、お昼からの開催ということで、朝は岡山から鈍行で広島まで行くことにしました。
Twitterの方で、昼食を一緒に食べる人を募集している方がいたので、一緒に行くことで迷子回避もできるとの考えで一緒させていただきました。

1:自己紹介
オフ会恒例。
私自身は、今回はマッギョのぬいぐるみとデデデamiiboを持ち込み、好きなものを言葉だけでなく物体で表現する作戦を採りました。

2:ペーパーテスト
4つのブロック分けのために、抜き打ちテストが実施されました。問題内容はこちらにて公開されています。
全体的にかなりニッチな内容で、難易度が高い問題でした。
私は、Q1の中の「ひかりのいしで進化するポケモン」を全て正解し、Q2の技の問題は20点満点で18点(連続技の専用技で「とげキャノン」をパルシェン専用と勘違いし誤答)を稼いだものの、味と上昇ステータスの関係とか町の名前とかはまるで分からず、無意識のうちに、直接バトルに関係しない要素を記憶に残してないか、排除してしまっていることに気付かされました。
結果は、100点中53点で全体42人中8位。

3:コンテスト
ブロック分けの上、ペーパーテストの点数が近かった4名で、コンテストバトルを行いました。
南瓜さん、ナオキさん、日月さんの3名とかっこよさで争いました。私の使用ポケモンはライボルトでした。
ただ、私はコンテストを全くプレイしておらず、他の方とコンディションにかなり差があったため、アピール内容だけでは逆転が難しく、4人中3位に終わりました。

4:対戦
今度はペーパーテストの結果で順位が1つ違いの相手と、くじびきによりシングル/ダブル/ローテーション/トリプルを抽選し、対戦。私の相手は日月さんでした。
選ばれたのはローテーションでした。シングル用のポケモンでも比較的戦いやすいルールで、普段使わないポケモンであったり、過去作産のポケモンをこの機会に使うことにしました。
使用ポケモンは、サーナイト/ガブリアス/ローブシン/ギルガルド/ウインディ/バクオング。ギルガルドの剣舞影打ちとローブシンがキモとなり、この対戦は勝ち。

次に、もう1回くじを引き、同じ相手と変則的なルールでの対戦を行います。
私が引いたのは「先ほどの対戦とポケモンを変えずにもう一度対戦」で、ルールの方のくじは「シングル」が出ました。ただ、こちらの方は初手の対面及び最後の1匹の選出に問題があり、敗戦となりました。

5:結果
コンテストと対戦の結果により勝ち点を計算し、最も高い点数のブロック全員が優勝という形式でした。
私の所属したアチャモブロックは、4ブロック中2位という結果になりました。

6:自由時間~二次会
主に初対面の方とのマルチバトル及び、スマブラ対戦を楽しみました。
その後、二次会の会場に移動しました。今回は立食ビュッフェスタイル。ドリンクの注文の際には、カウンターへ移動して直接頼む形式で、否が応でも移動が増えるため、自然と多くの方と会話ができる、良い形式での二次会だったのではないかと思います。

びぶおふ!
去年行われた「バトルロードグロリア」と連日開催だった第6回以来1年ぶりに参戦。今回は非公式全国大会「真皇杯」の中四国予選ということで、普段の3倍~4倍ほどの人数での大会となりました。
こちらも午後からの開催で、午前中は特にすることがなかったので、フタバ図書3Fで、同じネットカフェに泊まった方たちのポケモンカード対戦を観戦していました。

私はマーズブロック。使用ポケモンはメガガルーラ/メガゲンガー/ニンフィア/水ロトム/霊獣ランドロス/ローブシンで結果は3-6と奮いませんでした。
13ブロックあり、各ブロック2位までに加え、3位13名のうち6名が決勝トーナメント進出。進出者決定のじゃんけんは、大きなハイライトでした。
本戦出場を決めた@コさん、ノブさんおめでとうございます。本戦での活躍も期待しています!

この2日間のオフの主催のむーさん、トルンさんをはじめ、2日間のオフに参加して対戦及び、マルチ・スマブラなど交流してくださった皆様ありがとうございました。

[PR]

by genbu-toro | 2015-02-24 18:56 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 02月 20日

平成26年度順位戦最終局を前にしての状況

今年度は、事前に予想したので、それと照らし合わせながら見ていきます。

A級
・挑戦者争い
2 行方尚史八段 6-2 最終戦VS森内俊之九段
7 久保利明九段 6-2 最終戦VS渡辺明二冠
3 渡辺明二冠 5-3 最終戦VS久保利明九段
9 広瀬章人八段 5-3 最終戦VS三浦弘行九段

混戦ですが、ダークホースとして見ていた行方さんが1番手で来ています。
久保-渡辺の直接対戦がかなり重要となりそうです。

・降級争い(2人)
8 郷田真隆九段 4-4 最終戦VS阿久津主税八段
1 森内俊之九段 3-5 最終戦VS行方尚史八段
6 三浦弘行九段 3-5 最終戦VS広瀬章人八段
10 阿久津主税八段 0-8(降級確定) 最終戦VS郷田真隆九段

A級初参戦の阿久津八段が全敗で既に降級が確定しています。
前期名人で、順位戦及び名人戦の強さに定評のある森内九段がまさかの苦戦。
三浦九段:●で降級、○でも森内○かつ郷田○で降級
森内九段:●で三浦○なら降級、○なら残留
郷田九段:●で森内○かつ三浦○で降級、○なら残留
こちらも混戦で、4-5降級もありえます。

B1級
・昇級争い(2人)
12 佐藤天彦八段 9-2(昇級確定) 最終戦VS丸山忠久九段
1 屋敷伸之九段 8-3(昇級確定) 最終戦VS村山慈明九段

・降級争い(2人)
10 藤井猛九段 3-8(降級確定)最終戦VS飯塚祐紀七段
11 飯塚祐紀七段 0-10(降級確定)最終戦VS藤井猛九段

B1は、最終局を待たずして昇降級ともに確定。佐藤さんと屋敷さんの順位争いとなります。
予想で本命に推した豊島さんは開幕2連勝の後3連敗で失速。

B2級
・昇級争い(2人)
11 稲葉陽七段 8-1(昇級確定) 最終戦VS森下卓九段
4 先崎学九段 7-2 最終戦VS阿部隆八段
13 北浜健介八段 7-2 最終戦VS窪田義行六段
15 阿部隆八段 7-2 最終戦VS先崎学九段

予想で出した稲葉-糸谷の対局は糸谷さん勝ちでしたが、稲葉さんがそれ以外全勝で昇級確定。
竜王を獲得した糸谷さんは、鈴木八段と中田八段に星を落とし、8-2ですが今期昇級してきたという順位の悪さも相まって昇級の目はありません。
最終局は、先崎-阿部の直接対局がポイント。
先崎九段:○で昇級
北浜八段:○かつ阿部○で昇級
阿部八段:○かつ北浜●で昇級

・降級点争い(5人)
16 青野照市九段(降級点1) 4-5 最終戦VS中田宏樹八段
17 畠山成幸七段 4-5 最終戦VS鈴木大介八段
20 中川大輔八段 4-5 最終戦VS安用寺孝功六段
23 窪田義行六段(降級点1) 4-5 最終戦VS北浜健介八段
24 安用寺孝功六段(降級点1) 4-5 最終戦VS中川大輔
25 島朗九段(降級点1) 4-5 最終戦VS佐々木慎六段
8 森下卓九段 3-6 最終戦VS稲葉陽七段
10 豊川孝弘七段 3-6 最終戦VS野月浩貴七段
2 高橋道雄九段 2-7 最終戦VS飯島栄治七段
5 中田宏樹八段 2-7 最終戦VS青野照市九段
9 杉本昌隆七段 2-7(降級点確定) 最終戦VS中村修九段
14 泉正樹八段(降級点1) 1-8(降級確定) 最終戦VS井上慶太九段

成績下位に順位上位者が多いため、降級点の可能性の残る人が多くなっています。
2014年、左穴熊の著書を出した杉本さん、NHK将棋講座で現在講師を務める豊川さんが苦戦。

C1級
・昇級争い(2人)
4 菅井竜也五段 8-1 最終戦VS高野秀行六段
30 澤田真吾五段 8-1 最終戦VS浦野真彦八段
3 中村太地六段 7-2 最終戦VS塚田泰明九段
6 船江恒平五段 7-2 最終戦VS脇謙二八段
9 千葉幸生六段 7-2 最終戦VS片上大輔六段
21 金井恒太五段 7-2 最終戦VS神谷広志七段

菅井さんが佐々木さんに負けた以外落とさず前評判通りの強さでトップ。最終戦に勝つか澤田さん中村さんいずれか負けで昇級と有利な状況です。ただし、澤田さん中村さんの最終局の相手は今期C1順位戦の成績下から2人ですので、できれば勝って決めたいところでしょう。
澤田さんはC2からの連続昇級に自力の状況。
もう1人本命の中村さんは他力で、今回も頭ハネになるかもしれません。

・降級点争い(6人)
1 南芳一九段 2-7 最終戦VS富岡英作八段
14 北島忠雄六段 2-7 最終戦VS平藤真吾七段
15 宮田敦史六段 2-7 最終戦VS大石直嗣六段
17 佐藤秀司七段 2-7 最終戦VS日浦市郎八段
19 脇謙二八段(降級点1) 2-7 最終戦VS船江恒平五段
27 神谷広志七段 2-7 最終戦VS金井恒太五段
28 塚田泰明九段 2-7 最終戦VS中村太地六段
18 浦野真彦八段 1-8(降級点確定) 最終戦VS澤田真吾五段

B2に比べてかなりシンプルな状況。

C2級
・昇級争い(3人)
7 千田翔太四段 9-0(昇級確定) 最終戦VS横山泰明六段
11 横山泰明六段 9-0(昇級確定) 最終戦VS千田翔太四段
14 中村亮介五段 8-1 最終戦VS村田顕弘五段
21 岡崎洋六段(降級点1) 8-1 最終戦VS永瀬拓矢六段
8 村田顕弘五段 8-1 最終戦VS村田顕弘五段

予想で名前を出した永瀬さんが5-4…本当にC2は読めません。
注目の千田さんがここまで全勝で既に昇級を決めています。最終戦は同じく全勝で昇級を決めている横山さんとの順位争いの一局となります。
中村-村田(顕)の直接対戦がありますので
中村五段:○で昇級
岡崎六段:○かつ村田○で昇級
村田五段:○かつ岡崎●で昇級

・降級点争い(10人)
42 上村亘四段(降級点1) 4-5 最終戦VS勝又清和六段
49 星野良生四段 4-5 最終戦VS田中魁秀九段
50 宮本広志四段 4-5 最終戦VS遠山雄亮五段
1 小林健二九段 3-6 最終戦VS加藤一二三九段
32 伊藤真吾五段 3-6 最終戦VS八代弥四段
39 勝又清和六段(降級点1) 3-6 最終戦VS上村亘四段
40 門倉啓太四段(降級点1) 3-6 最終戦VS森けい二九段
44 石川陽生七段(降級点2) 3-6 最終戦VS田中悠一四段
4 加藤一二三九段 2-7 最終戦VS小林健二九段
17 藤原直哉七段(降級点1) 最終戦VS内藤國雄九段
18 小倉久史七段(降級点1) 2-7 最終戦VS中座真七段
35 森けい二九段 2-7 最終戦VS門倉啓太四段
41 増田裕司六段(降級点2) 2-7(フリークラス確定) 最終戦VS吉田正和五段
6 村田智弘六段(降級点1) 1-8(降級点確定) 最終戦VS阿部光瑠四段
45 田中魁秀九段(降級点1) 1-8(降級点確定) 最終戦VS星野良生四段
36 内藤國雄九段 0-9(降級点確定) 最終戦VS藤原直哉七段

内藤九段は、この3月をメドにして引退を発表されました。
新四段も降級点争いに巻き込まれる、いつもながら魔のC2級。

[PR]

by genbu-toro | 2015-02-20 18:00 | 将棋 | Comments(0)
2015年 02月 16日

【最終レート1700突破】ジェネレーションショーダウン使用PT ~こごかぜグラゼルネ~

バレタインデーを挟んだ週末に開催された、今回のGS大会。普段、公式のネット大会は数戦だけして参加賞を貰うだけのプレイングをすることの多い私ですが、バレンタインにチョコが貰えなかった悲しみを晴らすためには、参加賞だけでは飽きたらなくなったのでフル参戦してきました(血涙)

d0220451_10532571.png










・グラードン 性格:意地っ張り 特性:日照り→終わりの大地
断崖の剣 オーバーヒート 岩雪崩 守る@紅色の玉
実数値(ゲンシカイキ後):186(84)-229(68)-180-147-142(252)-123(100)
※HADSの4V。B個体値が30、C個体値が18のため努力値4余り。

・ゼルネアス 性格:臆病 特性:フェアリーオーラ
マジカルシャイン ムーンフォース ジオコントロール 守る@パワフルハーブ
実数値:223-129-115-156-112-166
バトルレジェンドで使用した微妙個体を使い回し

・クレセリア 性格:図太い 特性:浮遊
凍える風 電磁波 手助け 重力@メンタルハーブ
実数値:223(220)-81-176(156)-96(4)-152(12)-120(116)

・ゲンガー 性格:臆病 特性:浮遊
シャドーボール ヘドロばくだん 凍える風 挑発@気合いのタスキ
実数値:136(4)-63-80-182(252)-95-178(252)

・ボーマンダ 性格:臆病 特性:威嚇→スカイスキン
ハイパーボイス 流星群 大文字 守る@ボーマンダナイト
メガシンカ後実数値:171(4)-148-150-172(252)-110-189(252)
メガシンカ前実数値:171(4)-139-100-162(252)-100-167(252)

・ガルーラ 性格:意地っ張り 特性:肝っ玉→親子愛
猫騙し すてみタックル けたぐり 噛み砕く@ガルーラナイト
メガシンカ後実数値:201(164)-179(140)-121(4)-x-128(60)-138(140)
メガシンカ前実数値:201(164)-146(140)-101(4)-x-108(60)-128(140)

【PT解説】
ゲンガーorクレセリアで凍える風サポートを行い、相手PTによってはクレセの重力も絡めて残り4体のアタッカーを使い分けて殴り勝つことがコンセプトのPT。
構築としてはゲンシグラードン+ゼルネアスから入って、凍える風サポート、メガ枠アタッカーの順に組んでいきました。
ゲンシグラードン単体だと、浮いているクレセリア、オリジンギラティナ辺りに打点が薄いので、クレセリアを選出できなくても困らないように、残りのアタッカーを選択していきました。

基本選出はグラードン+ゼルネアス+ゲンガー+あと1匹。
グラードンとゲンガーの選出率は100%、ゼルネもほぼ選出してました。
残り3匹の実戦での選出率は、ガルーラ>クレセリア>ボーマンダでした。

【個別解説】
・ゲンシグラードン
このルールにおける問答無用の最強ポケモン。Aと物理耐久は元々の種族値でかなりの水準なので最低限に留め、特殊耐久とSに割いた形にしました。
C個体値はやや甘えてますが、特に不足感はありませんでした。
先発から出していくと、猫騙しや威嚇などといった妨害を喰らう可能性が高くなってしまうので、初手は残り5匹に任せて、グラードンは後ろに温存しておいて後から出す、というプレイングをすることが多かったですし、その方が安定して戦えると思います。
<調整先>
【S】
こごかぜ1回で最速115族(主にメガレックウザ)抜き
【A】
ダブルダメージ断崖で、CSゼルネアスを確2
【特殊耐久】
C232メガレックウザ@珠の流星群を確定耐え

・ゼルネアス
微妙個体でも、特に不満を感じたこともないので、厳選し直す気になれないポケモン。
HSベースですが、環境的にかなり物理寄りになってきているので、BSベースで振り直したい感もあります。

・クレセリア
こごかぜサポート要員その1。電磁波と打ち分けてS方面のサポートを行います。
重力により、命中不安技しかないゲンシグラードンの命中補佐をするとともに、浮遊や飛行タイプのついた相手にも断崖を当てていくことが可能となっています。
ファイアロー、化身ボルト、ゲンガーなどといったポケモンから挑発が飛んでくることが多いという環境予測をしたので持ち物はメンタルハーブ。Sは、同ターン内で重力→断崖と動けるように、ゲンシグラードンより速くした方が良かったかもしれません。
<調整先>
【S】
こごかぜ1回で化身ボルト抜き
残りHB

・ゲンガー
実は今大会MVPはこのポケモン。非常に選出しやすかったです。
挑発でクレセリアやゼルネアスをメタり、この2体に対するそこそこの打点も持ち、こごかぜサポートもこなせる万能ポケモン。
守るを切っていることもあり、挑発した後には不意打ちメガガルーラに縛られてしまう点には注意が必要ですが、かなり活躍してくれました。

・ボーマンダ
威嚇役としてだけではなく、素の状態同士でレックウザより速く、メガ状態同士でメガレックウザより速いドラゴンとして採用。よって最速。
本当はハイパーボイスではなく、すてみタックル採用の両刀にしてゼルネアスへの打点を高めたかったんですが、両刀はシングル用にやんちゃを孵化したのみで、無邪気の孵化ストックがなく、採用を決めた段階から大会までに孵化する気力も時間も足りなかったので、臆病ハイボ個体で妥協した結果になりましたが、怪我の功名とまでは言いませんがそこまで悪い選択でもなかったように思います。

・ガルーラ
問答無用の最強一般ポケモン。このGS大会のためだけにかなり気持ち悪い配分、やや珍しい技採用としています。
噛み砕くは、オリジンギラティナがガルーラの隣のポケモンに影打ちしてきた場合でも普通に殴れるようにする意味合いと、クレセリア相手に削れたくない場合に撃てる技、ゲンガーが補助技を撃ってきても殴れる技として採用しました。
コイツを選出している=ボーマンダは選出していない、ということなので、メガレックウザにメガられた後でもなるべく確実に行動したかったので、以下の配分です。
<調整先>
【S】
こごかぜ1回で最速135族抜き
【特殊耐久】
C232メガレックウザ@珠の流星群を最高乱数切り耐え。H4振りメガガルーラを確1調整の珠流星なら確定耐え
【物理耐久】
A232メガレックウザ@珠のガリョウテンセイを確定耐え
A233までのゲンシグラードンのダブルダメージ断崖で2ターン瀕死率が2割を超えない
【A】
残り。最低限陽気の最大値(177)は超えられるだけは確保

【対戦結果】
初日:7-3
2日目:8-2
3日目:6-1
3日間計:21-6

d0220451_14520547.jpg






レート1700突破で181位でした。

<私が27戦で出会った対戦相手の禁止伝説のKP>
グラードン17
レックウザ、ゼルネアス各6
Wキュレム4
ルギア2
ゼクロム、ホウオウ、ディアルガ、ミュウツー、オリジンギラティナ、カイオーガ、イベルタル各1
禁伝なし5人
禁伝1匹2人

第6世代に入ってからのネット大会に初めてフル参戦した気がしますが、一定の結果が残せて嬉しく思います。
GS楽しいので、この記事を見たみなさんも是非始めましょう!

[PR]

by genbu-toro | 2015-02-16 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 02月 07日

ジョウト夢御三家が解禁決定!

特別なメガニウム・バクフーン・オーダイルをプレゼント!

今回はイッシュ御三家の時と違い、ポケモンバンクでの解禁となります。期間は2/27~11/30。
どうやら1ROMでもらえるのは、3匹のうち1匹どれかランダムのようなので、残りの2匹は交換で貰うなりなんなりになるでしょう。

・オーダイル
夢特性は「ちからずく」で、適応技としては滝登り・噛み砕く・れいとうパンチ・岩雪崩といったところが主で、ラインナップとしては恵まれている方でしょうか。
ただし、A種族値が105と微妙で、力ずく込みの滝登りが、力持ちマリルリの滝登りとほぼ同火力(いずれもA特化として計算)。
元々ギャラドスやマリルリといった優秀な水タイプのポケモンに押され気味でしたが、今回の夢特性でも、その2匹を置いて採用するかと問われると、首を縦には振れません。

それでも、龍の舞or剣の舞という積み技、アクアジェットという先制技と、サブ技含めて不足感はない攻撃技が揃ってはいます。
流行はしないでしょうが、今後のオーダイルの中での分布としては力ずくのほうが多くはなると思います。

・バクフーン
夢特性「もらいび」は、受動的な特性であり、能動的に活用していける強力な特性が多い現在では、あまり魅力的な特性とはいえません。
同特性のヒードランとは、耐久とC種族値で劣り、炎技無効の恩恵もヒードランのほうが大きいです(ヒードランは等倍→無効、バクフーンは1/2→無効のため)。

上手く発動させた上で、上から噴火を撃てるような状況にできれば強そうですが、難易度は高いです。

・メガニウム(リーフガード)
はい。

このジョウトの夢特性解禁により、御三家の夢特性が全て解禁されることになります。
夢特性が解禁されていないのは、いわゆる準伝説(ランドロスなど、5世代までは登場していたものも含む)や、アマルルガなど本当にごく一部ですね。
少なくともアマルルガに関しては、そう遠くない未来に、チゴラス同様に大会景品という形で解禁されるような気がします。

[PR]

by genbu-toro | 2015-02-07 19:50 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 02月 06日

平成27年1月のアクセス分析

アクセス数:10,471(先月比:減)

記事アクセスランキング
※()内数字と矢印は先月分順位と、順位の上昇下降の意味

いずれも12月中旬に書いた、チョッキランドとチョッキエンテイの記事がランクイン。
今月は真皇杯という、非公式ながら全国規模のシングルバトルの大会の中四国予選に参加する予定なので、大会前の期間としての記事更新は、敢えてポケモンを避けていくことになるかもしれません。


[PR]

by genbu-toro | 2015-02-06 18:26 | アクセス分析 | Comments(0)