2016年 10月 15日

EXフィギュア性能まとめ【その5】

d0220451_17411186.png

 【ライコウ】
 特性ノンストップは
 ・PCからの復活時
 ・ヤミカラスのふきとばし、ルギアのツイスター、ミュウツーのサイキックブローなどの紫技
 などと、発動場面が広く非常に優秀。
 金技80は、出てしまえばかわされない限りルギアに確定勝ち。

 …しかし、金技の範囲が狭く、実戦ではルギアメタとしての機能はほぼしません。
 白50技+ミスでルーレットの約58%を占めてしまっており、強特性によって性能が犠牲になったコマ。

 <オススメマス拡張>
 サンダーブロー






d0220451_17493013.png
d0220451_17500595.png

 【ラティオス&ラティアス】
 MP3でありながら、MP1や2でも持ってないポケモンも多い、100オーバーの火力を出せる存在。
 この2体の違いをまとめますと
 ・全体の1/4を占める範囲がかわす/飛ぶ
 ・ラスターパージ/ミストボールの火力が120/110
 ・サイコキネシスの火力が60/50
 白技の性能ではややラティオスが上で、青技と紫技の違いに関してはラティアスの方が攻撃的。

 ただし、「バトルで気絶させられるとデュエルから完全に排除される」という非常に大きいマイナス特性
 がついており、相手にプレートを使って攻められる機会が多いため、使ってみると扱いは難しいです。
 
 非常に強力な性能に加え、プレート「ハードルジャンプ」と併用されやすいため、速攻対策は必須。

 <オススメマス拡張>
 ラスターパージ/ミストボール
 


d0220451_17580629.png

 【バクフーン】
 現状では、倒されることなく火傷にできる唯一の存在。
 MP1としては性能が抑えめですが、PCにいるポケモンの数だけ移動性能が上がります(つまり最大3)
 MP3となれれば攻守に活躍できる破格の性能と言えますが、爆風は全隣接ポケモンに効果を発揮するため、扱いに注意が必要です。

 <オススメマス拡張>
 大文字










d0220451_18031333.png

 【ブーバーン】
 紫技のフレイムガンで1回のバトルで2つのコマを撃墜し得る稀有な存在。相手のコマを並べる形を牽制できます。
 ほのおのパンチは、数値こそ60と控えめですが、仮に撃破されても相手に火傷させられる保険がついているのが強みです。
 この2つの技の効果により、麻痺/火傷に弱いカメックスに積極的に攻めかかることのできる数少ない存在。
 フレイムガンの効果は味方にも発動してしまうので、攻めに使うべきコマ。

 <オススメマス拡張>
 フレイムガン










d0220451_18525417.png

 【オーダイル】
 環境初期の頃にリーグマッチランク5の報酬で配布されたコマ。
 そのためかミスが広すぎるなど性能が非常に低く、現環境で語るべき部分はありません。

 <オススメマス拡張>
 ハイドロポンプ












・マテリアル交換できないEXについて

d0220451_18464188.png
d0220451_18465645.png 
 【グラードン&カイオーガ】
 ※画像は私の所持コマ。グラがLv2、オーガがLv3でチェイン1。
 グラードンは110の範囲が非常に広いのが特長。
 対してカイオーガは、グラと比較すると高火力技の幅を狭めた代わりに120と威力が上で、
 かわすが無い代わりに紫技があり、ミスの幅が小さめ。
 個人的にはオーガの方が性能的には好み。

 <オススメマス拡張>
 グラードン:ハンマー
 カイオーガ:初期でミス除く3つの技がいずれも28の幅なので、Lv5まで上げる場合は
      火傷/麻痺を考えると個人的にはハイドロポンプに3、高波に1振りたいです。
      
 






d0220451_19090048.png

 【エレキブル】
 ※画像は私の所持コマ。Lv3でチェイン2。
 ブーバーンに近しいので性能比較しますと
 ・白技の気絶時に相手に付属させる状態異常が異なる(火傷の方がダメ10減らす分上位互換)
 ・初期のルーレットが紫技/白技でブーバーンが28/52、エレキブルが32/48(ミスの幅は同じ)
 
 現状ではブーバーンの劣化と言わざるをえない状況です。
 ただ、実装が明言されている進化システムが来たら、そのサポート用のコマとして光が当たる可能性はあります。

 <オススメマス拡張>
 エレキブラスト







【ダークライ】
※マテリアル交換不可かつ私が未所持なため画像なし

<性能>
タイプ:悪
特性:ナイトメア(このポケモンの隣のコマは気絶[※移動中除く])
MP:2

ナイトヘッド(白40、幅28)
悪の波動(白70、幅28)
ミス(8×2)
ダークリープ(紫☆☆、幅24)2歩離れた場所に移動+ウェイト

特性は固有のものですが、自身で眠りにできるわけではないですし、ルーレットが完全にホウオウの劣化なため現状では出番はないでしょう。

<オススメマス拡張>
ダークリープ

[PR]

# by genbu-toro | 2016-10-15 19:34 | ポケモンコマスター | Comments(0)
2016年 10月 13日

EXフィギュア性能まとめ【その4】

d0220451_18464067.png

 【エンペルト】
 ルーレットの内容は、金技こそあれどEXの中で最弱に近いものとなっています。
 しかし、特性により、序盤の対ゴースの処理が任せやすいなど、速攻に対応するために有用な場面も多くあります。

 <オススメマス拡張>
 ・ルカリオ/ルギアとの引き分け率を高めたいならハイドロポンプ
 ・MP2のミュウ的感覚で使うならアクアジェット














d0220451_18502554.png

 【ルカリオ】
 紫技の波動弾は、バトル相手ではないコマを選んで気絶させられる貴重な技。
 ただし、☆1なのでカメックスのミラーコートで返り討ちに遭ってしまいます。
 かわすの幅が割と広いこともあり、どちらかというと守備寄りの性能のコマ。

 <オススメマス拡張>
 波動弾













d0220451_18535665.png

 【ボスゴドラ】
 このゲームの性質上、大半のMP1のコマは、プレート「ロングスロー」「ポケモン入れ替え」を利用するなどしないとなかなか活躍が
 できない場合が多いです。
 しかし、このコマはバトルを強いることができるので、工夫せず単にエントリーに出すだけでもある程度仕事ができる貴重なMP1コマ
 と言えます。
 幅は広くないのに、相手にすると何故かカウンターを引きまくってくる印象があるので個人的に苦手かつ割と評価が高いコマ。

 <オススメマス拡張>
 カウンター










d0220451_18582031.png

 【ゴウカザル】
 バトルで勝利した時に相手のいたマスに移動するドライブキックがとにかく強力。
 エントリーにいる相手、ゴールにいる相手をこの技で倒せれば大きいです。
 金技40は、出せればニョロモ(かわす除く)・ヤミカラスを確定で落とせる水準。

 <オススメマス拡張>
 ドライブキック












d0220451_19292332.png

 【ドダイトス】
 地震の追加効果があり、なるべく味方はミスの少ないコマで固める必要があるのでデッキを選びます。
 特性自体は自身でエントリーを抑えつつ他のコマを出撃させられるのでそれなりに有用ですが、その分白技がMP1の割に数値不足かも。

 <オススメマス拡張>
 地震

[PR]

# by genbu-toro | 2016-10-13 19:37 | ポケモンコマスター | Comments(0)
2016年 10月 10日

EXフィギュア性能まとめ【その3】

d0220451_19110616.png

 【レックウザ】
 ミス+50白技の幅が全体の約46%を占めており、MPも1しかありません。しかし
 ・120という全体で最強の金技使い
 ・紫技が相手の2歩離れた場所にまで飛べるため、場合によってはMP1とは思えない機動力を発揮可能
 かなりギャンブル性の高いコマですので、プレート『ダブルチャンス』と併せて使いたいですね。

 <オススメマス拡張>
 神速











d0220451_19224652.png

 【ジガルデ】
 うまいことグランドフォースが使えれば、戦わずしてカメックスやルギアなどといった難敵を倒せる可能性を持つコマ。
 ただし、グランドフォース自体の幅は広くなく、MP1としては単純な戦闘性能も低め。

 <オススメマス拡張>
 このコマの採用理由を考えるとグランドフォース・・・?(自信なし)













d0220451_19254981.png

 【カビゴン】
 このコマは通常のEXのマテリアル交換(4000)よりも安い(3000)のが特徴。
 ただし、バトルになると結構な確率で自身が眠ってしまうデメリットが大きく、対人戦で見かけたことはありません。

 <オススメマス拡張>
 のしかかり













d0220451_19281851.png

 【ギラティナ】
 ルーレットはディアルガとやや似た内容で、特別強いとは言えないですが、特性によりトリッキーな動きが可能です。
 ゴースやジュペッタと違い、特性発動した場合は元のMPよりも多い歩数動かせるのが魅力ですね。

 <オススメマス拡張>
 シャドークロー
 














d0220451_19343935.png

 【ガブリアス】
 プレート『プラスパワー』が、ダブル飛行発動直後の再戦でも発動できるため、絶対に倒したい相手に粘着したい時に便利。
 難点は、プレートを使わない場合ミスを引いてくれないとカメックスに勝てない割に、自身もミスが大きいところ。

 <オススメマス拡張>
 ドラゴンダイブ

[PR]

# by genbu-toro | 2016-10-10 19:43 | ポケモンコマスター | Comments(0)
2016年 10月 09日

EXフィギュア性能まとめ【その2】

d0220451_17333749.png

 【ホウオウ】
 特性により、互いにPCに2体いるような状況から自身がやられることで数的優位の状況を作り出すことができます。
 レインボーウィングは、ラティアスや配信初期に暴れたオニスズメの「とぶ」と違い、相手を飛び越す必要がないので
 移動先の選択肢が広いのが利点。
 あらゆるデッキに入れやすい優良コマ。

 <オススメマス拡張>
 チェインなしならレインボーウィング
 チェインにより大文字が101以上なら、大文字とレインボーウィングで選択











d0220451_17420104.png

 【リザードン】
 白技オンリーながら、平均的に出せる火力としては全コマ中でも最強クラス。
 かわすなどといった青技すらないので、紫技に完全に無力なのが難点。

 <オススメマス拡張>
 炎の渦














d0220451_17450435.png

 【フシギバナ】
 ミスが小さく、高火力かつ眠り粉があるので防御面は割と優秀。
 
 <オススメマス拡張>
 個人的には粉よりもソーラービーム優先














d0220451_18045706.png

 【ミュウツー】
 サイキックブローは
 ・相手がゴール周辺に複数のポケモンを配置していても、横から発動させればまとめて送り出せる
 ・左右両端の直線で相手を自陣に押し込んで時間を稼ぐ
 フィールドの四角形の辺に当たる位置での効果が大きい技で、攻防ともに有用です。
 白技の威力が70ということもあり、相手を倒すことはやや苦手にしているコマ。

 <オススメマス拡張>
 サイキックブロー














d0220451_18211560.png

 【ミュウ】
 現状で唯一EXでマイナス特性の無いMP3コマ。
 金技の範囲が広いため、ダメージ技の数値で勝っている相手でも安易には殴りにくいコマも多いです(例:ルギア、カメックス)。
 金技30はニョロモにかわされなければ勝ち、ヤミカラスも白技30引かれなければ勝ちなので、紫技が強いMP3コマの天敵。
 青技は一見完全なマイナス技に見えますが、ミュウツーと違いウェイト効果はないため、相手ターンで発動する分にはデメリット面は
 少ないと言えるでしょう。
 また、ミュウツーの消滅同様、ベンチに戻る際に状態異常を回復できるので、プラスになる場面もなくはないです。

 <オススメマス拡張>
 ハイパーソニック

[PR]

# by genbu-toro | 2016-10-09 18:42 | ポケモンコマスター | Comments(0)
2016年 10月 08日

EXフィギュア性能まとめ【その1】

今年4月に配信開始されたアプリ『ポケモンコマスター』。半年経過し、マテリアルで交換できるだけでも、最高のレアランクであるEXのキャラクターは25体を数えるほどとなりました。
そんなEXキャラクターの性能を何回かに分けてまとめておきたいと思います。

d0220451_19562361.pngd0220451_2051293.png
 
 【ディアルガ、パルキア】
 初期からいたEX。元はMP1でしたが、あまりに弱すぎたためMP2に強化されました。
 環境の中心にいるカメックスの白技が100なので、いずれも最高打点では勝てるのが強みと言えば強み。
 ただし、マイナス特性が大きく実際にはかなり使いづらい印象があります。
 現環境ではこの特性はなくしてしまっても問題ないくらいの性能な気がします。

 <オススメマス拡張>
 ディアルガ:時の咆哮
 パルキア:亜空切断













d0220451_20123059.png 
 【メタグロス】
 MP1ですが、最高打点が連続技や強化を除いた中では最強の150。
 初期ミスが4(レベル5にすればミスなし)なので、しっかり強化すれば信頼できる部類のコマと言えるでしょう。

 <オススメマス拡張>
 破壊光線














d0220451_20225759.png
 
 【ルギア】 
 カメックスを問答無用でベンチ送りにできるツイスターがあるため、相対的に評価が高くなっていると言えるコマ。
 ややミスの枠が大きいものの、攻守に万能と言える性能を発揮します。
 EXコマでも50~60の白技が設定されていることが多いため、白技もそれなりの数値と言えます。

 <オススメマス拡張>
 ツイスター













d0220451_20282765.png 
 【カメックス】
 守備寄りの性能で、現在最強と言い切ってしまっても良いコマ。
 白技の設定が100オンリーと安定していますし、フシギバナもリザードンもMP1なのに対して、謎のMP2設定。
 紫技は、相手を倒すよりも相手の白技に対して時間稼ぎをする意味合いが強いです
 ※ルカリオ、フシギバナ、バクフーンやグレイシアブラッキー、ヤミカラス等といった☆1紫技持ちには刺さる可能性があります

 <オススメマス拡張>
 麻痺/火傷を考えるとハイドロポンプ優先

[PR]

# by genbu-toro | 2016-10-08 20:38 | ポケモンコマスター | Comments(0)
2015年 08月 10日

第36回つのおふ使用PT ~風晴雨混合エルフテラキ~

第36回つのおふに参加してきました。ルールはORAS使用での全国ダブルです。
前回のつのおふは、エルフテラキにやられたこともあり、今回は自分で使ってみたいと思い、自分なりに組んでみました。

d0220451_08514852.png










d0220451_08532479.png








性格:臆病 特性:いたずらごころ
手助け 嘘泣き 追い風 袋叩き@きあいのタスキ
実数値:167(252)-73-106(4)-97-95-184(252)

今回のPTを作るための孵化中に偶然出た色違い。
追い風+袋叩きによるテラキオンとの並び以外でも、色々味方のプラスになる補助技を並べてみました(嘘泣きは主にリザードン、手助けはキリキザンとリザードンの補助目的で採用)。ただし、アンコールと守るを抜いてまで嘘泣きと手助けを両方入れるべきだったかどうかはかなり微妙。
選出率:7/10

d0220451_09035002.png








性格:陽気 特性:正義の心
岩雪崩 インファイト 挑発 守る@ラムのみ
実数値:163-181(252)-110-×-111(4)-176(252) ※非理想

メガガルーラを初速の段階で抜けて、上から一致格闘で叩ける貴重なポケモン。
雪崩インファ守るまでほぼ確定で残り1枠ですが、エルフーンにもボルトロスにも挑発がなく、PTに相手の妨害ができる技がなかったので、コイツに挑発が入るということになりました。
選出率:10/10

d0220451_09183068.png








性格:穏やか 特性:いたずらごころ
10万ボルト 電磁波 雨乞い 守る@オボンのみ
実数値:185-×-98-145-137-131 ※非理想
【特殊耐久】
C178ニンフィア@こだわりメガネのフェアリースキン+全体補正のハイパーボイス1回目でオボン確定発動及び、急所がなければ2発を確定耐え調整。
【物理耐久】
A177メガガルーラのすてみタックルを一撃目→オボン確定発動(急所除く)→二撃目で急所考慮込みで約90%耐える

実はORAS初期に粘ってあった穏やかボルトロスをここで解き放ちました。
このPTにおいては、メガラグラージ選出時の雨乞い+電磁波での補助が主な役割でした。
選出率:3/10

d0220451_09301802.png








性格:意地っ張り 特性:負けん気
はたき落とす アイアンヘッド 不意打ち 守る@命の珠
実数値:141(4)-194(252)-120-x-90-122(252)

エルフと横並びの初手でスカーフランドロスとかち合った場合に、上から縛れる存在。
選出率:10/10

d0220451_09341413.png








性格:控えめ 特性:猛火→日照り
熱風 火炎放射 ソーラービーム 守る@リザードナイトY
実数値(メガシンカ後):185(252)-x-117(148)-211(100)-136(4)-121(4)
【物理耐久】
A177メガガルーラのすてみタックルを、二撃とも急所なければ耐える
A216霊獣ランドロスのダブル岩雪崩を急所なければ耐える

このPTにおける最高火力。
相手も追い風だった場合のメガガルーラ、スカーフランドロスにも動けるように、物理耐久にかなり割いてます。
ただし、相手にモロバレルがいて、こちらがリザードンとキリキザンが横に並んだ場面を考慮すると、Cから2削ってSに振って、味方のキリキザン+1にしておくべきでした(今回はそれが響いた場面はなかったですが)。
選出率:8/10

d0220451_09431186.png








性格:意地っ張り 特性:激流→すいすい
滝登り 地震 けたぐり 守る@ラグラージナイト
実数値(メガシンカ前):191(124)-176(236)-110-x-110-99(148)
実数値(メガシンカ後):191(124)-220(236)-130-x-130-109(148)
【S】
すいすい発動で意地っ張りスカーフランドロス(S214)+4
【A】
10n。ボルトの10万+けたぐりでH199-BD120くらいまでのメガガルーラを確定
【H】
残り。16n-1

エルフーン+テラキオン+キリキザン+リザードンという選出をした場合、相手のヒードランやリザードンといったポケモンへの有効打があるのがテラキオンのみ、という状況になり、負担がかかりすぎるので、裏メガをコイツにしました。
選出率:2/10

対戦結果
・予選
ゆとり大福さん【トルネ化身、メレシー、タブンネ、ヌケニン】(ピッピ、ドーブル):勝ち(エルフ・テラキ・リザ・キザン)
ワカモトさん【エルフーン、ハリテヤマ、バクーダ、シザリガー】(ヨノワール、シュバルゴ):勝ち(エルフ・テラキ・リザ・キザン)
クーウィさん【エルフーン、メタグロス、ヒヒダルマ、カイリュー】(リオル、ギャラドス):負け(エルフ・リザ・テラキ・キザン)→初手プレミ
めいおりさん【メタグロス、ハッサム、カメックス、ヒードラン】(トゲキッス、ニンフィア):勝ち(ボルト、ラグ、キザン、テラキ)→格闘等倍で先制技持ちの鋼が多く、エルフテラキはキツそうなので裏選出
むーさん【フレフワン、ハリテヤマ、ユキノオー、バクーダ】(クチート、ドーブル):勝ち(リザ・キザン・テラキ・エルフ)
ほづみさん【ドラミドロ、パッチール、イルミーゼ、ハガネール】(メガヤンマ、ファイアロー):勝ち(テラキ・リザ・ボルト・キザン)
あぷうさん【ランド霊獣、ゲンガー、ミミロップ、メタグロス】(リザードン、ヒードラン):勝ち(ボルト・ラグ・キザン・テラキ)→ランド・リザ・ドランが全て相手PTにいたため裏選出
モルフさん【サンダー、ローブシン、ヒードラン、サーナイト】(エーフィ、モロバレル):勝ち(テラキ・リザ・キザン・エルフ)→初手で追加効果3割と1割両発動のいわゆる「ズル」して勝ち

予選:7-1(1位通過)

・決勝トーナメント
準決勝 SKさん【ライチュウ、メタグロス、サザンドラ、マリルリ】(ゲンガー、ファイアロー):勝ち(エルフ・キザン・リザ・テラキ)→実質負け試合
決勝 紫苑さん【ランド霊獣、ゲンガー、ヒードラン、ガルーラ】(サンダー、モロバレル):負け(エルフ・テラキ・リザ・キザン)→モロバレルがいたため裏選出に踏み切れなかった+相手の構成の元のブログの内容を知らなかった+構成を読めなかったため完敗

結果:準優勝

予選のほづみさん戦を除いては、エルフーン+テラキオン+キリキザン+リザードンの4匹の基本選出、ボルトロス+ラグラージ+キリキザン+テラキオンの裏選出の2パターン(初手の出し方は色々変えてますが)で戦いました。
決勝の負け方は酷かったですが、そもそも準決勝は拾った形だったので、結果に対しての後悔はありません。前回ベスト4→今回準優勝だったので、今度は優勝を目指したいと思います。

今回つのおふで対戦してくださった皆さま、ありがとうございました。

※おまけ(今回の個人的な想定外ポイント)
・対戦参加17人に対し、ガルーラKP2で、私の予選のタコブロックでは0
・メタグロスが、ヒードランの6に次ぐKP5と謎の大繁殖
・私のパーティにおいては、キリキザンとラグラージはともかく、ボルト化身までもKP1
・パーティ的にキツいハリテヤマ(KP2)がいずれも同ブロック
・ギルガルドを全く見ていない
・前週の広島のえるおふ!(バトルロードグロリア中四国予選)でサナバレルが大量発生していたが、つのおふではサーナイトのKPは1(モロバレルは3)
・準決勝のサザン
・決勝のゲンガー

[PR]

# by genbu-toro | 2015-08-10 18:57 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 05月 24日

平成27年夏場所総括と来場所の番付予想

今月はこの記事だけの更新になってしまいます。

・優勝争い
白鵬が、肘の故障もあってか、終盤に失速。
その間に星を重ねた照ノ富士が12-3で、優勝決定戦もなく優勝を決めました。
日馬富士の白鵬戦の相撲は、先場所の千秋楽最後の取組以上の意気込みを感じましたし、感動しました。

照ノ富士の優勝により、来場所は大関昇進となる見込みです。
ここ3場所の成績は、8勝(東前頭2)・13勝(優勝次点)・12勝(優勝)で、3場所とも三役というわけではなかったものの計33勝。
さらに言えば、この2場所は優勝次点と優勝というところを見ると、もし大関であれば横綱に推挙されてもおかしくない成績を挙げたことを考慮すると、大関昇進させるのは妥当なところだと言えると思います。
三役経験2場所での大関昇進は年6場所制以降初、初土俵から初優勝までの場所数と初土俵から大関昇進までの場所数は幕下付け出しを除いていずれも歴代3位というスピード出世です。
今場所の白鵬の不振は、稀勢の里にとってもチャンスでしたが、特に栃ノ心に落とした星が痛かったですね。

番付予想
・三役
照ノ富士(東関脇) 12-3(優勝)
妙義龍(西関脇) 7-8
栃煌山(東小結) 8-7
逸ノ城(西小結) 8-7

照ノ富士の昇進が濃厚なこと、負け越したのが妙義龍のみで、一点の負け越しであることを考えると、空く枠は1~2。

宝富士(東前頭筆頭) 9-6
栃ノ心(西前頭筆頭) 9-6

昇進する可能性があるのはこの2人。
おそらく栃煌山が東関脇、逸ノ城が西関脇、宝富士が東小結まではほぼ確定で、西小結が妙義龍になるか栃ノ心になるかがかなり微妙な情勢。
ただ、栃ノ心の今場所の成績を見ると、栃ノ心が三役復帰、妙義龍は東前頭筆頭という番付になる可能性のほうがやや高いように思います。

・幕内
荒鷲(東前頭12) 2-13
千代丸(西前頭13) 3-12
富士東(東前頭13) 3-12
蒼国来(東前頭7) 1-4-10
常幸龍(東前頭15) 5-10
千代鳳(東前頭4) 0-2-13
貴ノ岩(東前頭16) 7-8

今場所は幕内下位で負けが込んだ力士が多く、休場力士も含めると6~7人は落ちそうな状況です。
貴ノ岩は十両の上位力士の成績次第では残留も可能そうな星取。

時天空(東十両筆頭) 10-5
英乃海(東十両5) 11-4
千代大龍(西十両2) 9-6
青狼(西十両筆頭) 8-7
鏡桜(東十両9) 12-3(優勝)
里山(東十両4) 9-6
大栄翔(東十両7) 10-5

上記の幕内成績を鑑みると、千代鳳と里山までの入れ替えはほぼ確実そうな状況。
その次の大栄翔の成績だと、貴ノ岩との入れ替えは起こらないように思います。

・十両
出羽疾風(東十両12) 4-11
土佐豊(西十両14) 7-8
大翔丸(西十両12) 6-9
明瀬山(西十両11) 6-9

空く枠は3~4。

御嶽海(東幕下3) 6-1
高木(東幕下10) 7-0(優勝)
徳真鵬(西幕下筆頭) 4-3
正代(西幕下2) 4-3

徳真鵬まではほぼ確定。
4番手の正代ですが、最後の相撲が14日目に明瀬山戦で、この入れ替え戦とも言える取組に敗れたため、おそらく昇進はないと思います。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-05-24 20:32 | 大相撲 | Comments(0)
2015年 04月 24日

【雑記】映画前売り券を2枚買い足してアルセウス厳選した結果

W特典伝説の6体が公開となりまして、これまで前売り券は2枚だけ購入していたんですが、W特典で夢特性のディアルガ・パルキアと、グラードンとカイオーガまで欲しかったこと、アルセウスももう数匹持ってても損がないという判断から、もう2枚だけ買い足すことにしました。

【アルセウス厳選結果】

d0220451_17222411.jpg





















A:意地っ張り V-V-V-8-22-V

d0220451_17235046.jpg





















B:穏やか V-3-V-V-V-V

Aは、以前行った厳選で出した意地っ張り個体よりも合計個体値が高く、HABSの4Vです。
Bはなんと、穏やかで50レベルにおいてAが最低値+1というだけの、ほぼ理想個体です。シンクロが有効な普通の伝説厳選でもめったに出ない個体が、配布伝説の厳選で出てしまいました。本当は臆病or陽気を本線、次いで穏やかでいいの出たら採用という感じでの厳選でした。

そんなわけで、あまり想定していなかった穏やかの個体が手に入ったことで、以下の2つの使い方を考えています。

1:瞑想再生
タイプ:無or妖or龍or霊or鋼
技構成:裁きの礫/サブウェポン/瞑想/自己再生@プレート(無ならオボンなど)
配分例:227(252)-113-140-140-166(84)-162(172)
【S】
最速Wキュレム及びレックウザ+1
【D】
残り

シングル想定。高耐久と最速Wキュレムを抜けるSから瞑想を積んで殴ります。

2:滅び
タイプ:無or霊
技構成:滅びの歌 守る 自己再生 リフレクターor光の壁@プレート(無ならオボンなど)
配分例:227(252)-113-142(12)-140-188(244)-140
【特殊耐久】
ゲンシカイオーガの複数体相手の雨下の根源の波動を2耐え

ダブルないしはトリプル想定。
ただし、影踏みとして考えられるメガゲンガー・ゴチルゼル(ゴチミル)などと組み合わせてやるにしても、現環境では相手のクレセリア+ゲンシグラードンの並びでのサポート込みでの高火力や、メガレックウザなども考えると、解禁戦ダブルにおいてはあまり滅びが刺さっていない印象も受けます。

せっかくいい個体を手にしたので、Bの個体については実際に使うことになるまで育成せずに置いておくことになると思います。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-04-24 18:10 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 04月 15日

フーパと映画前売り券の選べる伝説ポケモンについて


フーパは、フォルムチェンジのかなりいかつい姿が公開になりました。
対戦においては特性「マジシャン」はそのままで、これを活かすのが難しそうな印象があります。
エスパー/悪という複合タイプは、カラマネロと同じであり、禁伝環境では虫4倍は大した問題ではないでしょうが、半減属性が少ないです。種族値次第ではありますが、現状ではあまり強そうな気はしていませんが、手のひら返しできるような性能はあるのでしょうか。


前売り券のW特典としてプレゼントされる伝説の詳細が明らかになりました。レベルはいずれも100。

・カイオーガ
特性:雨降らし
技:潮吹き/雷/絶対零度/れいとうビーム
性格:臆病
持ち物:こだわりスカーフ

・グラードン
特性:日照り
技:ほのおのパンチ/ソーラービーム/アームハンマー/岩雪崩
性格:意地っ張り
持ち物:こだわりハチマキ

・ディアルガ
特性:テレパシー
技:メタルバースト/オーバーヒート/時の咆哮/ラスターカノン
性格:控えめ
持ち物:金剛玉

・パルキア
特性:テレパシー
技:大地の力/波動弾/亜空切断/ハイドロポンプ
持ち物:白玉
性格:臆病

・ギラティナ
特性:アナザーフォルムでテレパシー、オリジンフォルムで浮遊
技:波動弾/流星群/シャドーダイブ/アイアンヘッド
持ち物:白金玉
性格:勇敢

・キュレム
特性:プレッシャー
技:凍える世界/怖い顔/流星群/アイアンヘッド
持ち物:命の珠
性格:ランダム

プレゼントされる6体の伝説のポケモンは、キュレム以外は性格が完全固定で、配布ポケモンとしてはかなり厳選しやすくなってるのがポイント。
目玉は、これまでカロスマークで夢特性のなかったシンオウ三竜。ただ、ギラティナは性格が微妙なので、ディアルガとパルキアに人気が集まりそうな予感がします。次いで、ゲーム中の通常の厳選だとイベントが長めなグラードンとカイオーガも結構有用な感じです。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-04-15 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 04月 09日

ランダムバトルにおけるNN表示について

4/2に、XY(Ver.1.4)とORAS(Ver.1.3)の更新データがそれぞれ配信となりました。
いずれも「ゲームを快適に遊んでいただけるよう、いくつかの問題を修正しました。」と書かれているのみで、具体的な変更点は明かされませんでした。

ただ、その翌日のメンテナンス後にひとつあからさまに変わった点として
ランダムバトルにおいて、それぞれのポケモンのニックネームが表示されるようになった
というのが挙げられます。

メリットとしては、自分が愛着を持ってつけたNNを、フレンドであったりオフ会などでの直接会っての対戦だけでなく、より多くの人に見てもらえるところです。
ただ、デメリットもあるにはあります。
代表的なのは、複数のポケモンに同じNNをつけての撹乱作戦です。
例えば、ダブルバトルでキリキザンとヒードランを同時に採用していて、同じNNをつけ、片方に風船というアイテムを持たせ、横並びで出したとします。
すると、相手からすると「○○(NN)はふうせんをもっている!」というような表示はされるものの、どちらが風船を持っているかを断定することができません。

その他、自動発生する特性で同じものを持つポケモン、具体例としては威嚇を持つボーマンダ・霊獣ランドロス・ウインディや、プレッシャーを持つサンダー・スイクン・エンテイなど。
これらのポケモンは、同じ特性同じNNで横並びで出した場合、本来なら分かる素早さの順序が、NN表示によって撹乱されてしまうことになります。


公式は、このNN表示を「バグ」と表現しています。
バグというのは想定外のことですし、今後ポケモン名で表示されるように修正される予定であるとのことです。

上記の撹乱を、実際のバトルにおいて行う人がいるのかどうかは分かりません。
NN公開で戦う楽しさはありますし、私自身もNN自体は見たい派なんですが、重複不可などといった制限をつけるなどして撹乱による不平等感が拭えないのであれば、これまで通り、ポケモン名表示で対戦を行うように修正するというのが無難な対応でしょう。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-04-09 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)