2015年 03月 14日

メガレックウザについて考える inダブル

・メガレックウザ 105-180-100-180-100-115 竜/飛
レックウザ:105-150-90-150-90-95 竜/飛

d0220451_10393597.png











ORASでメガシンカを得ました。
メガシンカの条件が、メガストーン所持ではなく、ガリョウテンセイを覚えていることであり、タスキ・珠・鉢巻などの持ち物を持たせながらにしてメガシンカできる点がぶっ壊れポイントです。
能力値は、メガガルーラのようなバランス上昇で、悪くありません。

主な技
・攻撃技
ガリョウテンセイ 流星群 ドラゴンクロー 神速 Vジェネレート(※過去配布限定) オーバーヒート 大文字 地震 岩雪崩 滝登り アクアテール 気合球 大地の力
・補助技
守る 龍の舞 剣の舞

(ⅰ)物理一本
------------------------------------------------------
性格:陽気 特性:エアロック→デルタストリーム
ガリョウテンセイ 神速 【滝登り、守る、オーバーヒート、地震、ドラゴンクロー辺りから2つ】@珠orラムorタスキ
メガシンカ後実数値:181(4)-232(252)-120-x-120-183(252)
メガシンカ前実数値:181(4)-202(252)-110-x-110-161(252)
※珠ダメージ量を考慮して、H個体値28~29にしてH実数値179にする選択肢もあり(その場合4振りはBDどちらかに)
------------------------------------------------------

素直な物理構成。
天候さえ取れれば、ゲンシグラードンに対する打点となるため、意識する場合は水技は搭載したいところです。
ただし、ゲンシグラードンの耐久がありすぎるため、H207-B181ゲンシグラードンに対し、持ち物補正なしの滝登りはおろか、アクアテールでもゲンシグラードンは1発では倒せません。
珠滝登りで1ターンで倒せる確率が約94%の乱数です。珠アクアテールなら確定ですが、命中が90%であること、滝登りの怯みの追加効果を考えると、水技なら滝登りに軍配が上がります。
Aを1でも動かすと滝登りの乱数が動くため、ASぶっぱ安定。

(ⅱ)両刀
-----------------------------------------------------
性格:無邪気 特性:エアロック→デルタストリーム
ガリョウテンセイ 流星群 神速 守るor炎技@珠(タスキの選択肢もありますが珠推奨)
メガシンカ後実数値:180-206(44)-120-227(212)-108-183(252)
メガシンカ前実数値:180-176(44)-110-197(212)-99-161(252)
※珠ダメージ量を考慮して、H個体値28~29にしてH実数値179にする選択肢もあり

<調整先>
【S】
最速
【C】
H181-D120メガガルーラを珠流星群で確定
【A】
残り
-----------------------------------------------------

Aぶっぱガリョウでも確定にならないH4振りガルーラを、珠流星により落とす両刀。
水技がなくとも、ゲンシグラードンに対しても高打点を叩き込めるものの、C232珠流星耐えまでされてる可能性も高いので要注意。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-14 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 13日

スイクンについて考える(ORAS)

・スイクン 100-75-115-90-115-85 水

d0220451_17222408.gif








ORASレートで、零度と神速が取り上げられましたが、採用率はXYよりも伸びているように思います。
クレセリアに比べ、耐久の安定感ではやや落ちるものの、熱湯という技の性能での誤魔化しが可能で、受けポケでありながら、吠えるによる起点回避や瞑想で抜きの展開も作ることが可能な点が評価されてのことだと思います。

主な技
・攻撃技
熱湯 ハイドロポンプ 波乗り れいとうビーム 凍える風 ミラーコート
・補助技
瞑想 眠る 吠える 毒々 守る 身代わり 寝言 リフレクター

---------------------------------------------------------------
性格:図太い 特性:プレッシャー
A:熱湯 瞑想 眠る れいとうビームor吠える@カゴ
B:熱湯 眠る 寝言 れいとうビームor吠える@ゴツゴツメット

実数値:207(252)-72-182(244)-111(4)-136(4)-106(4)
---------------------------------------------------------------

ゴツメを持って凍える風を採用して対ガブリアスに強くする場合はS60振り(実値113、こごかぜ1回で最速ガブ抜き)以上が推奨されます。
スイクンは、PGLのランキングではまだ上位に入ってきていないものの、各地のシングルのオフではKPの2番目とか3番目に来ることもあるなど、上位の人気を誇ります。
ガブリアス・メガボーマンダ・バシャーモ・ファイアロー辺りに強く出ることができ、前述したように瞑想眠るの型であれば場合によっては抜きも可能で、ゴツメ型であれば、メガガルーラなど接触技中心のポケモンを削る役としても機能します。

今後もおそらく人気を保ち続け、そのうちPGLのシングルレーティング使用率でも12位内に顔を出してくるのではないか?と予想します。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-13 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 12日

平成26年度順位戦結果まとめ

※敬称略
A級の結果はこちら参照。
プレーオフは2局終わって、久保九段が連勝で勝ち上がって、行方八段との挑戦者決定戦に駒を進めています。

最終局前の状況はこちら

B1級
昇級を決めていた佐藤(天)八段が勝ったことにより1位昇級。同じく昇級が決まっていた屋敷九段は2位昇級。
松尾・山崎というB1級常連の2人はまたも昇級ならずも、順位は上のほうなので来期に期待します。

降級は、こちらも最終局前に決定していた藤井九段と飯塚七段。最終局の直接対決は飯塚勝ちで全敗は回避。

B2級
昇級を決めていた稲葉七段は最終局も勝って1位昇級。
2番手争いをしていた中で、先崎VS阿部戦で先崎九段勝ちで2位昇級を決めました。
北浜八段は最終局勝ちだったので、阿部八段勝ちなら昇級でしたが、昇級ならず。

降級点は杉本・豊川・高橋・中田(宏)・泉の5名で、泉八段は降級点2回目により降級となりました。

C1級
自力昇級が懸かっていた菅井・澤田の両名が共に勝って昇級。
中村(太)六段は3位の位置で8-2も、またも頭ハネ。

降級点は佐藤(秀)・脇・北島・神谷・塚田・浦野の6名で、脇八段が2回目の降級点により降級となりました。

C2級
最終局前に昇級を決めていた、横山-千田の全勝直接対決は横山六段の勝ちで、横山1位千田2位での昇級。
残り1枠の争いで、重要だった中村(亮)-村田(顕)の直接対決は村田五段の勝ち。
また、村田五段よりも順位が上だった岡崎六段が、永瀬六段に敗れたことにより、村田五段が逆転昇級となりました。

降級点は勝又・増田・石川・加藤・村田(智)・小倉・森(けい)・田中(魁)・西川(慶)・内藤の10名。
うち、増田・石川・西川の3名がフリークラス転出、内藤九段は今期限りで引退となりました。
また、勝又・村田・小倉・田中の4名は2回目の降級点です。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-12 18:00 | 将棋 | Comments(0)
2015年 03月 11日

「神創世界グリンシア」レビュー

・クラニンのポイントがあと5ポイントだけ欲しかった
・ちょうどセールで1,080円→500円で買える
という事情により、購入しました。


内容としては、かなり王道というか普通のRPG。フィールドや戦闘画面は、SFCの頃のRPGと言われても信じてしまうくらいのグラフィックですが、各キャラに今風のキャラ絵がついています。
各キャラの特徴を簡単に書いておきます。

・主人公
DQシリーズにあるような、選択肢(はい、いいえ)以外喋らない無口キャラ。
性能的にも、中速中火力で、通常攻撃も魔法もそれなりに使えるバランスキャラ。PTからは外せません。
・グリーグ
主人公の父親。戦士キャラであり、やや低速で、単体でも全体でも結構な高火力を出せます。
父親だけど死ぬこともなく、唯一のオヤジ成分としての役割を全うします。
・ミルカ
主人公の妹。弓使いで、後列から威力が下がることなく通常攻撃を撃てます。
・エリシア
巫女見習い。ソフトのアイコンに描かれており、PTの回復役。実は杖での通常攻撃も弱くないため、雑魚戦では前列に置くのも手。
・ディンゴ
まだ子どもの海賊で、高速キャラ。
・オレアナ
学者で、強力な魔法を操ります。このキャラ加入の前後でザコ戦のゲームのバランスが大きく変わる存在。
加入前:通常攻撃中心に各個撃破していく
加入後:他のキャラを前衛でガードさせて、オレアナで全体攻撃で一掃する
という具合に変わるぐらいの戦闘力があります。

私は、主人公・グリーグ・エリシア・オレアナ(加入まではミルカ)というPTで進行。
ザコ戦はオレアナ以外前衛で3人ガードで相手の攻撃を耐え、オレアナ全体攻撃で片付けていきました。そして移動中にオレアナのMPを回復させます。

なお、このゲームには上記以外に2人、PTに加える事ができる隠しキャラが存在します。
・ヒーロー
ネズミ。素早く、単体火力は全キャラ中最強。外海に出た後の最初のダンジョンの森がある島からまっすぐ南に進んだ先にある孤島で、エンカウント率が上がるチーズを使用して戦闘に入ると登場し、倒すと仲間になります。
武器と防具が装備できませんが、通常攻撃の火力は十分ですし、防御もそこそこ。普通のキャラは武器・防具・アクセサリ2つですが、このキャラは武器防具がない分、アクセサリを4つ装備できるという強みがあります。
私は、このキャラ加入後はグリーグと入れ替えて進めていきました。
・ローレン
皇帝を倒した後、やたら面倒な手順を踏んで仲間にできますが、性能的に主人公と被るので、パーティに入れる必要性はあまり感じません。

オレアナ加入までは、ザコ戦でも結構手応えがある、王道的な古きよきRPG、加入後は全体魔法で吹っ飛ばすRPGとなります。
ストーリーもかなり王道的で、良くも悪くも普通。RPGをそれなりにプレイしている人にとっては、特に想定外の展開もないでしょう。

セーブはどこでもでき、レベル上げは道中でエンカウントするザコ敵を普通に倒していけば、そこまで不足感なく進められ、アイテムもかなりドロップするので、そういう面ではストレスは感じにくいつくりになっています。

グラフィックやシステム面の古めかしささえ気にならなければ、普通に遊べるゲームです。
元のアプリが800円でしたが、3DS版の通常価格が1,080円なので、やや割高感はあるかもしれません。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-11 18:00 | ゲームレビュー | Comments(0)
2015年 03月 10日

NHK杯での橋本崇範八段の二歩について

【この記事を書くにあたっての流れ】
・Twitter上で橋本八段が「明日のNHK杯ではとんでもないことが起こる!?」と予告
・その時間は出かける用事があったので「なんかインタビューでやったのかな?」と思いつつ録画予約を入れる
・出かけの用事から帰ってきたら、Yahoo!ニュースで「橋本八段二歩で負ける」というニュースの文字
・事の顛末を確かめるために、録画したNHK杯を見る

二歩というのは、将棋において犯してしまいやすい反則の第1位に挙げられます。
NHK杯という舞台においては、過去に豊川孝弘、松尾歩の両氏が経験したことがありますが、いずれも1回戦でのものであり、準決勝という舞台での反則は異例です。

当初、「とんでもないこと」に該当しているのではないか?と思っていたインタビューは、過去にやっていたモノマネ系ではなく「激辛坦々麺」「準決勝進出者で一番華があるのは自分」「決まった…」など、独自のものでしたが、「とんでもないこと」というほどのものではありませんでした。

将棋の内容は、先手行方八段の居飛車に対し、橋本八段が角交換型の四間飛車を採用しました。
とにかく動きの難しい将棋で、中盤がすごく長い将棋。その中で先手が角を好所に打ち据えた後、▲5五角の牽制で争点を作り、5筋の歩を交換して手を作りました。
後手は千日手含みの手順を繰り返していましたが、このままではジリ貧と見てか、△6七歩の勝負手を絡めて動いていきました。しかし、先手がうまく対応し、解説の木村一基八段も先手良しとの見解を示し始めたところで、勝負手の△6七歩が残った状態のまま△6三歩と打ってしまい、二歩の反則となりました。

今回、二歩ということになってしまいましたが、反則手を指してしまった原因として考えられるところとしては
・長い中盤で持ち時間を互いに使いきり、切迫していた
・その中で形勢をやや損ねてしまい、二歩を打った局面では指す手があまりなかった
・初の決勝進出を懸けた一番で、気負いがあった(?)
辺りでしょうか。

本人も、前述の「前日予告」だけでなく、放送後にも対局内容に触れるツイートを複数件更新しており、「反則負けで恥ずかしいとかはないです」と強調されていますし、対局の敗戦に対する気持ちの整理はできている様子でした。

間違いなく記録だけでなく、強烈に記憶にも残る「とんでもないこと」でした。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-10 18:00 | 将棋 | Comments(0)
2015年 03月 09日

映画前売り券のアルセウスについて

映画特別前売券 アルセウスのここがスゴい

3/7より、フーパが主役の今年のポケモン映画の前売り券の販売が開始となり、それとともに、その特典のアルセウスの配信(受け取り期間は3/7~8/31)が開始となりました。

----------------------------------------------
レベル:100
おや:デセルシティ
ID:03075
ボール:プレシャスボール
技:さばきのつぶて/ブラストバーン/ハイドロカノン/だいちのちから
----------------------------------------------

また、各種プレート(ノーマルタイプにプレートはないのでシルクのスカーフ)のうちいずれかをランダムで持っています。
更にその18種の他に、色違いも出るらしく、それもシリアルを打ち込んでの受け取り段階で判別でき、その段階であれば色違い確定で配達員厳選ができるようです。

色違いは黄色くて新鮮に見えますが、過去配布限定技(時の咆哮、亜空切断、シャドーダイブ)がないことがバレるので注意。
私は、大雑把に物理用と特殊用に厳選するために2枚だけ購入しましたが、色違いではありませんでした。

土日で必要箇所に3Vで他必要箇所20以上くらいを目安に厳選して、以下の個体を採用することにしました。
・意地っ張り:31-31-26-8-31-20
・控えめ:31-0-22-31-25-31

意地っ張りの方は、神速を使うこともありSを妥協。これでも無振りで最速70族+1はあるので、最低限という感じです。
控えめの方はA0が出たので、気分的には実質4V。ただし、特殊型でも採用の余地がある神速は入れにくい難点はあります。
意地っ張りはHA、控えめはCSベースで振る予定です。

今回の前売り券の特典はアルセウスだけではありません。
もう1つの特典は、前売り券についてくる引換券を、引き換え会場に持って行くことで、6匹の伝説ポケモンから1匹を選んでもらえる、というものです。
選べるポケモンの内容は4/15に発表、引き換え期間は6/20~8/31です。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-09 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)
2015年 03月 08日

「ダンジョン飯」を読んでみた

d0220451_12004698.jpg















これまで、短篇集のみの発刊が続いていた九井諒子さんの、初の長編連載となる本書の1巻を読んでの、内容紹介と感想です。

古きよきRPGのような形でダンジョンに潜るファンタジーで、死亡しても亡骸があれば蘇生が可能な世界観です。主人公のパーティは、道中で食料を失い、空腹のところをレッドドラゴンに襲われ、有り金に加え、主人公の妹まで丸呑みにされてしまいます。
妹が呑まれる瞬間に発動した脱出魔法により、妹以外のパーティメンバーは生還。レッドドラゴンは1ヶ月に1度しか目覚めない分、消化も遅いとされるので、妹が消化される前に助けに行きます。
しかし、前述のとおり有り金を失ってしまい、食料を揃えるお金がないので、仕方なく道中で倒した魔物を調理して食して進んでいくことになります。

<主な登場人物>
ライオス:主人公で、剣を振るう戦士キャラ。元々魔物に興味があり、魔物を食べてダンジョンを進むという案も彼のもの。
マルシル:エルフの魔法使いの女性。攻撃だけでなく回復系の魔法も使える。魔物を食べるという案に難色を示す。ドジっ娘。
チルチャック:ハーフフットの鍵師の男性。戦闘は得意でないが、開錠や罠の扱いに長ける。多分PT内では一番常識人に近い。
センシ:道中で出会ったドワーフの男性。迷宮で10年以上魔物食の研究をしている。
・ライオスたちの調理を見かねた
・魔物食に興味を持ってもらえることが嬉しい
・レッドドラゴンを調理するのが夢
という事情もあり、主人公たちに同行を申し出る。かなりマイペースな性格。
ファリン:ライオスの妹。糸目で僧侶系の職業。

魔物を調理する様子が、かなり丁寧にレシピとして描かれているのが特徴です。無論マネができる代物ではないですが…。
ファンタジーでありながら、妙に生活臭があったりするマンガです。。全体的にコメディチックですが、レッドドラゴンが潜むかなり下層まで進んだ経験のある主人公PTの戦闘力は高めであることも描かれています。
ファンタジーもの、(マネできない)グルメもの、コメディもの、いずれとしても読める内容になっていて、今後の展開も楽しみです。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-08 18:00 | 本の話 | Comments(0)
2015年 03月 07日

【棋書バックワード】島ノート

d0220451_17305122.jpg















私が、将棋の上達のために利用してきたのが棋書です。いわゆる教室のようなものがあるほど都会に住んでるわけでもなかったため、必然的に本を読み込んで実戦で試すという、半ば独学と言える方法です。
将棋始めたのは15年近く前、ブログは4年前。新しく買った本は当ブログでもレビューを書いてたりしますが、空白の11年の間に買った本については触れることがなかったので、「棋書バックワード」と題し、この機会に改めて振り返ってみたいと思います。
1発目は、名著として名高い「島ノート」です。

本書出版は2002年で、私はまだ小学校の高学年か中学に入りたてくらいだったように思いますが、表紙とタイトルに惹かれて、お小遣いをはたいて購入した覚えがあります。
内容としては、当時の最先端の藤井システムや、ゴキゲン中飛車だけではなく、鬼殺しやメリケン向かい飛車、カメレオン戦法など奇襲戦法にも触れています。
各項に「基本」「発展」の解説があり、基本だけなら級位者でもまだ読める内容ですが、発展を読み込んで理解しようと思うと、有段~高段向けにかなり難しくなっています。

<目次>
向かい飛車
鬼殺し向かい飛車(桂捨て作戦、筋違い角鬼殺し向かい飛車)
新・升田流向かい飛車(鈴木スペシャル、やまびこ飛車)
△3二金型向かい飛車(小倉流△2三飛、三浦流一手得作戦、△5二金左型VS穴熊)
△3二銀型向かい飛車
メリケン向かい飛車
三間飛車
新・早石田(先手早石田VS△4二玉・VS△5四歩、先崎流後手早石田破り、3・4・3戦法)
新・石田流(久保流棒金破り、森内流引き角棒金、穴熊破りダイヤモンド美濃)
中田功XP
中飛車
ゴキゲン中飛車(丸山ワクチン、田村流、青野新手、飛先即交換型、森下流ゴキゲン破り、先手5筋位取り型)
カメレオン戦法
四間飛車
藤井システムVS穴熊(△3二銀型、△4三銀型VS▲8八玉・VS▲5五歩・VS▲8六角、△3二飛型、▲5五角戦法、2002年型早囲いVS△7四歩、先手藤井システム最前線)
藤井システムVSカマボコ(穴熊組み替え作戦、陽動カマボコ)
藤井システムVS急戦(羽生流右▲4六銀、対右△6四銀終盤一気作戦)
鈴木システム(対▲6八角型穴熊、▲5九角型穴熊、飛車殺し作戦)
相穴熊(銀冠穴熊▲2四歩作戦、2002年型9筋逆襲作戦、ガッチャン銀)
右四間(穴熊破り右四間返し、穴熊破り石田流、矢倉はずし▲5七銀、三浦流早仕掛け)
居飛車城跡外戦法(新・鳥刺し、新・かまいたち、地下鉄飛車、高田流逆棒銀)

これだけ多くの戦法について言及しているにも関わらず、全てが濃厚。
1冊の戦術書で全480頁近いボリュームは異例といえるでしょう。

著者本人が、本書のための研究も兼ねて公式戦で後手早石田を指し、本書掲載の「先崎流後手早石田破り」の前に29手で投了したという伝説を残しています(本人はそこまで指したのも「往生際が悪かった」としている)。
この戦法の項では、将棋について「勝負を考えなければこんなに楽しいゲームはない」と語っており、結果を追い求めなくてはならない棋士としての本音が垣間見えます。
私が棋書としてはかなり初期に買った本ですが、今でも強烈に印象に残っている思い出の一冊です。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-07 18:00 | 棋書 | Comments(0)
2015年 03月 06日

A級順位戦が終わっての状況

こちらの記事で、最終局前の状況を整理しましたが、「将棋界の一番長い日」ことA級順位戦最終局が3/1に行われました。

対局結果は
森内俊之九段-行方尚史八段:森内勝ち
渡辺明二冠-久保利明九段:渡辺勝ち
深浦康市九段-佐藤康光九段:深浦勝ち
広瀬章人八段-三浦弘行九段:広瀬勝ち
阿久津主税八段-郷田真隆九段:郷田勝ち

以上により、状況としては、挑戦争いは行方・渡辺・久保・広瀬の4名が6-3の成績で並び、プレーオフとなります。
4名によるプレーオフは、23年ぶりという珍事です。ちなみに、23年前に並んだのは谷川浩司九段(当時竜王)、南芳一九段、高橋道雄九段、大山康晴十五世名人で、挑戦権を得たのは高橋さんでした。
プレーオフは順位に応じてのパラマス方式で行われるため、まず3/5に久保-広瀬が指されまして、久保勝ち。よって3/10に久保-渡辺、3/16に勝者-行方と指され、16日の対局に勝った人が挑戦、ということになります。

降級の方は、降級争いをしていた中で一番下位だった三浦さんが敗れ、降級となりました。
ただし、降級争いの対象の森内さん、郷田さんともに勝ったため、結果的には「勝っていても降級」という状況ではありました。

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-06 18:00 | 将棋 | Comments(0)
2015年 03月 05日

バクオングについて考える(ORAS)

・バクオング 104-91-63-91-73-68 無
d0220451_19233253.gif








5世代までは特筆するような性能はなかったのですが、6世代で肝っ玉爆音波というアイデンティティを手に入れ、地味にD種族値が10伸びたポケモンです。

主な技
・攻撃技
爆音波 オーバーヒート 大文字 火炎放射 気合球 波乗り 吹雪 冷凍ビーム
・補助技
寝言 毒々 挑発

基本的に、相手の物理受け(クレセリアやポリゴン2など)を起点に眼鏡爆音波で圧力をかけていくのが主な活用法となります。

---------------------------------------------------------------
性格:控えめ 特性:肝っ玉
爆音波 オーバーヒートor大文字 れいとうビーム 気合球or寝言@こだわりメガネ
実数値:183(28)-86-87(28)-144(156)-112(148)-107(148)

<調整先>
【S】
4振りクレセリア+1
【C】
・H227-D151クレセリアを爆音波で確2
・H191-D116ポリゴン2@輝石を爆音波で確2
【物理耐久】
A200ガブリアスの逆鱗確定耐え
【特殊耐久】
C125ポリゴン2の不一致威力90技(れいとうビームや10万ボルト)を急所考慮込みで約8割の確率で4耐え
---------------------------------------------------------------

[PR]

# by genbu-toro | 2015-03-05 18:00 | ポケモン(ORAS) | Comments(0)